Margatroid’s blog

ホーネット250でのツーリング日記

■ツーリング記録一覧はこちら

山梨・秩父・伊豆ツーリング May.2017 二日目 ~ 西伊豆スカイライン・河津七滝ループ橋・天城山隧道・浄蓮の滝 ~

ツーリング二日目。

 

7時に起床。昨日の500kmでちょっと身体が疲れているかなあ。

顔を洗ってサッパリする。

部屋の窓からは富士山が見えた。

f:id:Margatroid:20170801181938j:plain

f:id:Margatroid:20170801181939j:plain

 

朝食をとりに2Fのレストランへ。

朝はバイキング方式だが、主たるメニューを選び、

残りの総菜などをバイキングというセミバイキング方式となっている。

去年はアジの開きで和食中心にしたが、今回はスパイシーカレーで洋食にした。

スパイシーカレーは美味しかった。厚切りトーストも満足。

f:id:Margatroid:20170910095229j:plain

 

朝食を終えてフロントへ。宅配便の箱についてちょっと訊いてみたが、

100サイズ以上の箱しかないようだ。

まだお土産をほとんど買っていないので、不要な荷物はやはり郵便局で送ることにした。

 

部屋に戻りゆっくりしながら今日のルートを確認して9時前にチェックアウト。

駐車場を出発。

f:id:Margatroid:20170801181940j:plain

 

まずはガソリンが少ないので途中のGSで給油しようと思った。

R414に出る。

f:id:Margatroid:20170801181941j:plain

 

セルフのGSがあったので給油。

f:id:Margatroid:20170818110630j:plain

 

ガソリンを満タンにして出発。

途中で右折し、県道17号線に入る。少し走った先の郵便局へ。

ちなみに去年もここに立ち寄って荷物を送った記憶がある。

f:id:Margatroid:20170903145304j:plain

 

ここで箱を購入して宅配便で一部荷物を送った。

 

割と身軽になり、再び出発。天気は上々ですな。

f:id:Margatroid:20170801181944j:plain

 

途中で道が細くなったり、トンネルがいくつかある。

f:id:Margatroid:20170801181945j:plain

f:id:Margatroid:20170801181946j:plain

f:id:Margatroid:20170801181947j:plain

f:id:Margatroid:20170903145305j:plain

 

途中県道127号線に入る。というか一回通り過ぎた。

というのも、県道入口付近で工事が行われていてわからなかった。

f:id:Margatroid:20170801181948j:plain

 

A(静鉄ホテルプレジオ沼津)B(県道17号線)

                  C(三の浦郵便局)県道127号線

f:id:Margatroid:20170818110631j:plain

 

山道を登っていく。道幅は広い。

f:id:Margatroid:20170801181949j:plain

f:id:Margatroid:20170801181950j:plain

f:id:Margatroid:20170801181951j:plain

 

途中、林道の入口がある。古宇河内線。

一応ルートの候補にも挙がった場所である。

f:id:Margatroid:20170801181952j:plain

f:id:Margatroid:20170818110632j:plain

 

先へ。

去年も通ったが、道幅が広く、綺麗でかなり快適な道路。

f:id:Margatroid:20170801181953j:plain

f:id:Margatroid:20170801181954j:plain

f:id:Margatroid:20170903145306j:plain

f:id:Margatroid:20170801181955j:plain

 

真城(さなぎ)峠付近を通過。

f:id:Margatroid:20170801181956j:plain

 

ここからは基本下っていく。交通量はほとんどない。

f:id:Margatroid:20170801181957j:plain

 

やがて県道18号線とのT字路交差点へ。去年はここを右折した。

今回は左折して伊豆市方面へ。

f:id:Margatroid:20170801181958j:plain

f:id:Margatroid:20170818110633j:plain

 

県道18号線を走る。下り。

f:id:Margatroid:20170801181959j:plain

f:id:Margatroid:20170903145307j:plain

 

瞽女(ごぜ)観音展望地という場所があったので寄ってみた。

f:id:Margatroid:20170801182000j:plain

f:id:Margatroid:20170801182005j:plain

 

景色。

f:id:Margatroid:20170903145308j:plain

 

瞽女観音。

f:id:Margatroid:20170801182004j:plain

 

散策道らしき道もある。

f:id:Margatroid:20170801182002j:plain

 

出発。県道127号西伊豆スカイラインへの分岐。

f:id:Margatroid:20170801182006j:plain

f:id:Margatroid:20170818110634j:plain

 

西伊豆スカイラインに入るとすぐに霧香(むこう)峠という場所の駐車場がある。

f:id:Margatroid:20170801182008j:plain

f:id:Margatroid:20170801182007j:plain

 

A(県道127号線)B(県道18号線)C(瞽女観音展望地)霧香峠展望台

f:id:Margatroid:20170818110635j:plain

 

植え込みに「戸田」という文字が。

f:id:Margatroid:20170801182009j:plain

 

景色。

f:id:Margatroid:20170801182010j:plain

 

上の方に登れるようなので登ってみる。

f:id:Margatroid:20170801182011j:plain

f:id:Margatroid:20170801182012j:plain

 

その先にも獣道があり進んでみた。

f:id:Margatroid:20170801182013j:plain

 

どうやら散策路として続いているようだ。

恐らくさっきの瞽女観音展望台にあった散策路などと繋がっていると思われる。

f:id:Margatroid:20170801182014j:plain

f:id:Margatroid:20170801182015j:plain

 

再び出発。

f:id:Margatroid:20170801182016j:plain

f:id:Margatroid:20170801182017j:plain

 

天気も良く、少し暑いが走りやすくて気持ちがいい。

f:id:Margatroid:20170801182018j:plain

 

振り返って撮影。自衛隊車輌がいた。

何かを観測しているのだろうか。

f:id:Margatroid:20170801182019j:plain

f:id:Margatroid:20170801182020j:plain

 

景色のいい道が続く。

f:id:Margatroid:20170801182021j:plain

f:id:Margatroid:20170801182022j:plain

f:id:Margatroid:20170801182023j:plain

 

戸田駐車場に到着。

f:id:Margatroid:20170801182024j:plain

f:id:Margatroid:20170801182026j:plain

 

戸田の町並みが山の間、遠くに見える。

f:id:Margatroid:20170801182025j:plain

 

西伊豆スカイライン

f:id:Margatroid:20170903145310j:plain

 

反対側。

f:id:Margatroid:20170801182029j:plain

f:id:Margatroid:20170801182027j:plain

 

出発。

f:id:Margatroid:20170801182030j:plain

f:id:Margatroid:20170801182031j:plain

 

土肥駐車場に到着。

f:id:Margatroid:20170801182032j:plain

f:id:Margatroid:20170801182034j:plain

 

A(霧香峠展望台)B(西伊豆スカイライン

              C(戸田駐車場)土肥駐車場

f:id:Margatroid:20170818110638j:plain

 

景色。

f:id:Margatroid:20170801182033j:plain 

タイヤ痕が目立つ。

f:id:Margatroid:20170801182036j:plain

 

何故か鉄棒があった。

f:id:Margatroid:20170801182035j:plain

 

いや、鉄棒ではなく何か掲示していたのだろう。不自然に高いし。

でも思わずやってしまう人はいると思われるw

 

出発。

f:id:Margatroid:20170801182037j:plain

 

次は仁科峠に向かう。

f:id:Margatroid:20170801182038j:plain

f:id:Margatroid:20170818110636j:plain

f:id:Margatroid:20170801182039j:plain

f:id:Margatroid:20170903145311j:plain

 

入口が斜めになっているトンネル。

ここはどうかわからないが、高速道路などで圧迫感を減らし、

減速を防止するモデルでこういうのがある。

f:id:Margatroid:20170801182040j:plain

f:id:Margatroid:20170801182041j:plain

f:id:Margatroid:20170801182042j:plain

 

ひたすら下っていく。

f:id:Margatroid:20170801182043j:plain

 

ここから県道59号線へ。

f:id:Margatroid:20170801182044j:plain

f:id:Margatroid:20170818110637j:plain

f:id:Margatroid:20170801182045j:plain

 

仁科峠付近に到着。

「牛に注意」という警告標識があった。

f:id:Margatroid:20170801182046j:plain

f:id:Margatroid:20170801182047j:plain

 

付近の駐車場に駐車。

地面が白い砂なのでタイヤに白いあとがついた。風が吹いたら砂ぼこりが舞いそう。

f:id:Margatroid:20170903145312j:plain

f:id:Margatroid:20170801182048j:plain

 

A(土肥駐車場)B(県道59号線)仁科峠

f:id:Margatroid:20170818110641j:plain

 

散策路がいくつかあった。

f:id:Margatroid:20170801182051j:plain

f:id:Margatroid:20170801182050j:plain

f:id:Margatroid:20170801182052j:plain

f:id:Margatroid:20170801182056j:plain

f:id:Margatroid:20170801182057j:plain

f:id:Margatroid:20170801182058j:plain

f:id:Margatroid:20170801182059j:plain

 

先ほどの「牛に注意」の警告標識があったように、近くに牧場がある。

f:id:Margatroid:20170801182055j:plain

f:id:Margatroid:20170801182054j:plain

 

ちなみに野生のシカが入らないようにする防護柵もある。

f:id:Margatroid:20170801182053j:plain

f:id:Margatroid:20170818110639j:plain

 

出発。

地名ではピンとこないが、とりあえずR136方面に出るので県道410号線に入った。

f:id:Margatroid:20170801182100j:plain

f:id:Margatroid:20170818110640j:plain

 

県道410号線を下ってR136を目指す。

f:id:Margatroid:20170903100043j:plain

f:id:Margatroid:20170903100044j:plain

 

交通量は皆無で快適。

f:id:Margatroid:20170903100045j:plain

 

下りヘアピン急カーブ。

f:id:Margatroid:20170903145313j:plain

f:id:Margatroid:20170903100047j:plain

f:id:Margatroid:20170903100046j:plain

 

民家のある場所まで下りてきた。

f:id:Margatroid:20170903100049j:plain

f:id:Margatroid:20170903100050j:plain

 

R136とのT字路交差点で左折。

f:id:Margatroid:20170903100051j:plain

 

すると間もなくトンネル手前で交互片側通行待ち。

コレが長かった。まぁ先頭だったし、逆側を通したばかりなのだろう。

それにトンネルの長さも1km近くもあった。

f:id:Margatroid:20170903100052j:plain

 

この辺で累計600kmを突破。

f:id:Margatroid:20170903100053j:plain

f:id:Margatroid:20170903100054j:plain

 

途中左折して県道15号線へ。

f:id:Margatroid:20170903100055j:plain

 

片側一車線だが、ここも快適な道だった。

f:id:Margatroid:20170903100056j:plain

 

途中にある道の駅花の三聖苑伊豆松崎に到着。

f:id:Margatroid:20170903145314j:plain

f:id:Margatroid:20170903100057j:plain

f:id:Margatroid:20170903100101j:plain

 

A(仁科峠) → 県道410号線 → B(R136)

         C(県道15号線)道の駅花の三聖苑伊豆松崎

f:id:Margatroid:20170903102903j:plain

 

ここは色々史跡あるらしい。

f:id:Margatroid:20170903100058j:plain

f:id:Margatroid:20170903100059j:plain

f:id:Margatroid:20170903100103j:plain

f:id:Margatroid:20170903100102j:plain

 

峠のライブカメラコマ映像を映すディスプレイがあった。

船原トンネル・戸田峠・天城峠旧道入口・冷川トンネルなど。

f:id:Margatroid:20170903100100j:plain

 

ここで昼食をとることにした。

f:id:Margatroid:20170903100104j:plain

f:id:Margatroid:20170903100105j:plain

 

中へ。

おろしそばとミニわさび丼のセットにした。

f:id:Margatroid:20170903145315j:plain

 

わさび丼のわさびがきいていて、あおさのりなどとマッチして美味しかった。

おろしそばもさっぱりしていていい。

 

昼食を終えて天城峠に向けて出発。

f:id:Margatroid:20170903100106j:plain

f:id:Margatroid:20170903100107j:plain

f:id:Margatroid:20170903100108j:plain

 

やはり緑のシーズンというのは走っていて気持ちが良いですな。

f:id:Margatroid:20170903100110j:plain

f:id:Margatroid:20170903100111j:plain

 

R414との交差点で左折転回してR414に入る。

f:id:Margatroid:20170903100112j:plain

 

道幅が広く、流れも速い。

f:id:Margatroid:20170903100113j:plain

 

しかし、山間部は道が狭くなり、急カーブが多く見通しも悪くなる。

その割に交通量は多く、自分は二輪車なのでいいが、車は一時停まったり

しながらで結構大変そうだ。雨の日や夜は危険だろう。

f:id:Margatroid:20170903100114j:plain

 

峠道を抜ける。

f:id:Margatroid:20170903100115j:plain

 

そしてループ橋手前に到着。

道を逸れてループ橋下の駐車場へ。

f:id:Margatroid:20170903145316j:plain

f:id:Margatroid:20170903100116j:plain

 

正式には河津七滝ループ橋というらしい。

f:id:Margatroid:20170903100117j:plain

 

昨日渡った雷電廿六木橋の方が圧巻ではあったが、

ループ橋というのは見ていてなかなか面白い。

自分が走るループ橋といえばせいぜいレインボーブリッジ下の臨港道路くらいだ。

 

更に先の方に売店などがあるらしいので行ってみる。

f:id:Margatroid:20170903100118j:plain

 

到着。観光バスが数台来ていた。

f:id:Margatroid:20170903100119j:plain

 

A(道の駅花の三聖苑伊豆松崎) → 県道15号線 → B(R414)河津七滝ループ橋

f:id:Margatroid:20170903102905j:plain

 

売店へ。お土産とさくらコーラを買った。

確かに桜餅のようなスッとした後味がして美味しい。

それにしても今日は暑い。

f:id:Margatroid:20170903145317j:plain

 

休憩をして出発。

すると間もなくまたお土産屋があったので寄った。

ここでもいくつかお土産を購入。

f:id:Margatroid:20170903100120j:plain

 

天城旧道に向かう。

f:id:Margatroid:20170903100121j:plain

f:id:Margatroid:20170903100122j:plain

 

やがて、天城峠に向かう旧道分岐へ。ここを右に行く。

f:id:Margatroid:20170903100123j:plain

f:id:Margatroid:20170903102904j:plain

 

A(河津七滝ループ橋)B(河津七滝駐車場)R414旧道分岐

f:id:Margatroid:20170903102906j:plain

 

ここでの気温は24℃。3~4℃ほど下がった。

f:id:Margatroid:20170903100124j:plain

 

いきなり超ヘアピン急カーブの坂を登り、走っていく。

f:id:Margatroid:20170903100125j:plain

 

すると間もなくダートに出た。コレは想定外だった。

てっきり舗装路のつもりでいた (^^;

f:id:Margatroid:20170903100126j:plain

f:id:Margatroid:20170903145319j:plain

 

ダートは八丈島の唐滝以来である。

滑りやすいので20km/h以下で慎重に進んだ。

f:id:Margatroid:20170903145318j:plain

f:id:Margatroid:20170903100127j:plain

 

道幅も狭く側溝があり、車が通行するのは難しいと思うが、

シーズン中でなければ交通量は皆無であろう。

カーブ手前は見通しが悪いのでかなり減速した。

f:id:Margatroid:20170903100128j:plain

 

下の方に現道が見える。

f:id:Margatroid:20170903100129j:plain

 

やがて舗装路に出た。

f:id:Margatroid:20170903100132j:plain

f:id:Margatroid:20170903100131j:plain

 

またダート。カーブは慎重に走行。広くても滑りやすいことには変わりない。

f:id:Margatroid:20170903100133j:plain

f:id:Margatroid:20170903145320j:plain

 

途中、ハイカーが一人歩いているのを見た。

 

そして天城山隧道に到着。

f:id:Margatroid:20170903100134j:plain

 

手前横に駐車スペースがある。

f:id:Margatroid:20170903100141j:plain

f:id:Margatroid:20170903100139j:plain

f:id:Margatroid:20170903100140j:plain

 

A(R414旧道分岐)天城山隧道

f:id:Margatroid:20170903102907j:plain

 

天城山隧道。

笹子隧道と違い、トンネル内のライトがついている。

f:id:Margatroid:20170903100135j:plain

f:id:Margatroid:20170903100136j:plain

 

中はひんやりとしていた。幅は思ったより若干広い。

f:id:Margatroid:20170903100142j:plain

f:id:Margatroid:20170903100138j:plain

 

トンネル内を通行してみる。

路面は濡れている。涼しい。

f:id:Margatroid:20170903100143j:plain

 

北側に出た。車が一台停まっていた。

f:id:Margatroid:20170903145321j:plain

 

こちらにはトイレがあった。意外にも洋式。最近建て替えられたのだろうか。

綺麗なトイレだった。

f:id:Margatroid:20170903100144j:plain

 

北側隧道入口。

f:id:Margatroid:20170903100145j:plain

f:id:Margatroid:20170903100147j:plain

 

この天城山隧道の開通のおかげで北伊豆から南伊豆へのアクセスが

格段に上がった重要な隧道である。

f:id:Margatroid:20170903100148j:plain

f:id:Margatroid:20170903100149j:plain

 

付近にはいくつか登山散策路があった。

f:id:Margatroid:20170903100146j:plain

f:id:Margatroid:20170903100151j:plain

 

するとまた一台車が来ていた。車はすれ違いが無理そうだよな‥

 

休憩して出発。

ダートが続くので慎重に走る。

f:id:Margatroid:20170903100150j:plain

 

下りなのでより注意していった。

大丈夫そうでもブレーキをかけると滑る。

f:id:Margatroid:20170903100152j:plain

f:id:Margatroid:20170903100153j:plain

 

やがて現道に出た。

f:id:Margatroid:20170903100154j:plain

 

続いて浄蓮の滝に向かう。

f:id:Margatroid:20170903100155j:plain

 

途中、道の駅があったので寄ってみることに。

f:id:Margatroid:20170903100156j:plain

 

名前は「道の駅天城越え」。

f:id:Margatroid:20170903100200j:plain

f:id:Margatroid:20170903100159j:plain

f:id:Margatroid:20170903145322j:plain

f:id:Margatroid:20170903100157j:plain

 

ここまでに全部のパーキングにわさびソフトがあったが、

やはりわさびのソフトクリームはちょっとためらう (^^;

ミントとかも好きではないので。

f:id:Margatroid:20170903100158j:plain

 

出発。

f:id:Margatroid:20170903100201j:plain

 

間もなく浄蓮の滝に到着した。

f:id:Margatroid:20170903100202j:plain

 

A(天城山隧道) → R414 → B(道の駅天城越え浄蓮の滝

f:id:Margatroid:20170903102908j:plain

 

早速滝の方に行ってみる。

f:id:Margatroid:20170903100203j:plain

 

階段を下りていく。その分戻るときがやや大変そうだ。

特にウチはバイクなのでリュックを背負っている。

f:id:Margatroid:20170903100204j:plain

 

浄蓮の滝に到着。美しい滝である。

f:id:Margatroid:20170903145323j:plain

f:id:Margatroid:20170903100206j:plain

 

割と迫力がある。

f:id:Margatroid:20170903100208j:plain

f:id:Margatroid:20170903100207j:plain

f:id:Margatroid:20170903100209j:plain

 

後方には釣り場所があるらしい。

f:id:Margatroid:20170903100210j:plain

 

滝を眺めて癒されたので、そろそろ帰りますか。

f:id:Margatroid:20170903100211j:plain

 

途中県道で曲がる予定だったが通り過ぎてしまったのでそのままR414を北上。

f:id:Margatroid:20170903100212j:plain

 

やがてR136に合流。市街地付近は交通量が増えた。

途中県道111号線に入る。やたら快適な下りストレート。

f:id:Margatroid:20170903145324j:plain

 

青看の「伊東」方面を目指し、途中右折して県道12号線へ。

f:id:Margatroid:20170903100213j:plain

 

R135とのT字路交差点で右折して北上。

下り区間は高速区間。カーブも多いので雨の日は車の流れには乗りたくない。

 

熱海付近。

ここは過去に何度か通っている。

f:id:Margatroid:20170903100214j:plain

 

この辺で青看に「小田原」の表示が見えてきた。

f:id:Margatroid:20170903100215j:plain

 

真鶴ブルーラインの石橋料金所に到着し、ブルーラインへ。

快適に走り、続いて西湘バイパスに入った。

f:id:Margatroid:20170903100216j:plain

f:id:Margatroid:20170903145325j:plain

 

覆面の取り締まりが頻繁で有名なひたすら直線のバイパス。

70km/h規制だが、100km/hとかすぐに出せるので赤切符も余裕で出るだろう。

なのでウチを含めほとんどが左側車線をおとなしく走っていたw

 

途中西湘PAに寄るが、19時になったところだったので、

ちょうど営業終了時間だったようだ。むぅ。

f:id:Margatroid:20170903100217j:plain

f:id:Margatroid:20170903145326j:plain

 

西湘バイパスを抜けてそのままR1へ。

f:id:Margatroid:20170903100218j:plain

 

更にR134に入った。

f:id:Margatroid:20170903100219j:plain

 

この辺で携行缶のガソリンを給油したが、そろそろ残量が厳しくなってきている。

 

そういや県道204号線に入って横浜横須賀道路の朝比奈ICを目指したが、

途中住宅街の割に峠道のような急カーブの箇所があった。

駐停車禁止の30km/h制限道路。その割に流れは速かったですけども。

 

横浜横須賀道路の朝比奈ICに到着。

f:id:Margatroid:20170903100220j:plain

 

そして家に向かいました。ガソリンはギリギリでした (^^;

 

今回の総走行距離は863.6kmと、佐渡島ツーリングに迫る勢いだった。

佐渡島の時は3泊4日だったし、ほとんど高速での移動を含むので

今回のツーリングが実質的に一度のツーリングでの最高距離かな。

 

行くべき場所には行けたし、伊豆の道は相変わらず走りやすく、

天気もベストだったので良かった。

ただ、一部ルートの変更や、眠くなりやむを得ず上を使った初日に関しては

反省点を残したか。

距離的にもやはり二泊した方が良かったかなと思った。

そうすれば十国峠先で眠くなった辺りの少し先、松本城付近で一泊すれば

次の日に松本城を含めたツーリングも考えられたかもしれない。

まぁいずれにせよループ橋や天城山隧道など、楽しかったです (^^

次回伊豆に行くときは今度は紅葉の季節に行きたいですね。

f:id:Margatroid:20170903102909j:plain

山梨・秩父・伊豆ツーリング May.2017 一日目 ~ 真夜中の和田峠・深城ダム・笹子隧道・雷電廿六木橋・十国峠 ~

新緑の季節となりました。

今回は以前から興味のあった秩父の方にも行ってみることに。

 

出発は例によって夜中。

っと、とある通りで左側のインプレッサと快適に走っていたら

インプレッサがブレーキ踏んだので先の方を見てみたら、

左側側道に待機しているパトカーが!

これ気付かずにかっ飛ばしていたらちょっと危なかったかもです。Danke :-)

 

そんなこともありましたが、基本的にまだ交通量のある夜間。

R20を走っていき、首都高下を抜ける。

f:id:Margatroid:20170729205643j:plain

 

やがて日野バイパスへ。

f:id:Margatroid:20170729205644j:plain

 

例によっていつものすき家で食事タイム。

f:id:Margatroid:20170909202516j:plain

 

黒毛和牛カレーにちょっと惹かれて大盛りをオーダー。

f:id:Margatroid:20170903145214j:plain

 

美味い。

 

すき家を出発。

やや涼しい。中に一枚着てもよかったかもしれない。

f:id:Margatroid:20170729205645j:plain

 

甲州街道に合流。

f:id:Margatroid:20170729205646j:plain

 

その先の大和田橋渡ったところで右折し、北大通りへ。

f:id:Margatroid:20170729205647j:plain

 

北大通りを走っていくと追分町交差点。直進は甲州街道。斜め右折が陣馬街道。

去年の伊豆ツーリングのときはこのまま甲州街道を行き、

県道33号線と県道18号線を走った。

しかし前回と同じルートでは味気ない。ここは右折して陣馬街道へ。

 

陣馬街道を走っていき、ファミマに寄る。ここが東京都陣馬街道最後のコンビニ。

f:id:Margatroid:20170729205648j:plain

 

A(すき家日野万願寺店) → R20(日野バイパス甲州街道) → 北大通

                → B(陣馬街道)FM八王子西インター店

f:id:Margatroid:20170801201204j:plain

 

ここでレッドブルを買って飲む。おにぎりと飲み物も買っておいた。

 

さて、出発ですよ。

ちなみに現在午前2時。夜中。

f:id:Margatroid:20170729205649j:plain

 

しばらく民家が続く。

f:id:Margatroid:20170729205650j:plain

 

街灯もある。

f:id:Margatroid:20170729205651j:plain

 

しかし時間が時間だ。「幅員狭し」もそうだが、むしろ今は夜間通行注意。

f:id:Margatroid:20170729205652j:plain

 

当然のことながら、この夜中にこの場所ですれ違う車など皆無。

f:id:Margatroid:20170729205653j:plain

f:id:Margatroid:20170729205654j:plain

f:id:Margatroid:20170903145219j:plain

f:id:Margatroid:20170729205655j:plain

 

やがて、ゲート前に到着。

ゲートから先は本当に真っ暗だった。街灯はなく、先が全く見えない。

正直な話、「やばい」と思った。

f:id:Margatroid:20170903145220j:plain

 

半ば肝試しという感じで突撃。

f:id:Margatroid:20170729205657j:plain

 

バイクはハイビームでないとお話にならなかった。

f:id:Margatroid:20170729205658j:plain

f:id:Margatroid:20170903145221j:plain

 

とてもエンジンを切ってみる勇気はなかったw

本当に真っ暗っていうか闇。

f:id:Margatroid:20170729205659j:plain

 

誰もいない、月明りも届かない真っ暗闇の山道を進んでいく。

携帯の電波も届きにくい。

ここでもしホーネットが動かなくなったら‥とても考えたくなかったw

f:id:Margatroid:20170729205700j:plain

 

そんなことを思いながら走っていたらですね、

ズンチャ、ズンチャ、と音響効かせて下ってきた4、5台のビッグスクーター少年たちとすれ違った。

お前ら今何時だと思っているんだw 真夜中の2時半だぞw

いや、相手側もまさかすれ違うとは思わなかっただろう。

 

絶対にすれ違うことのない時間と場所でこんなのとすれ違ったから

一気に気分が緩んだわw

 

そんなこともあり、和田峠に到着。

現在午前3時。真夜中まさに丑三つ時。

f:id:Margatroid:20170729205702j:plain

 

実際の視覚というか、フラッシュ無し撮影だとこうなる。

f:id:Margatroid:20170903145222j:plain

 

A(FM八王子西インター店)和田峠

f:id:Margatroid:20170801201206j:plain

 

峠の茶屋。

当然だが、誰もいない。光もない場所で光を当てて誰かがいたら驚くわね。

f:id:Margatroid:20170729205701j:plain

 

再びゲート。

この先も当然真っ暗。フラッシュ無しだとほとんど見えない。

マウスで反転させると輪郭が少し見えるんですな。

f:id:Margatroid:20170729210337j:plain

 

フラッシュは必須。

f:id:Margatroid:20170729210338j:plain

 

ここからは下り。

f:id:Margatroid:20170729210339j:plain

 

こちらの方が道はマシかな。

f:id:Margatroid:20170729210340j:plain

 

やがて、街灯と民家が現れ始めた。

やはり両者があるかないかだけで全然違いますなw

f:id:Margatroid:20170729210341j:plain

 

そのまま下っていく。

f:id:Margatroid:20170729210342j:plain

 

そして小学校先の分岐へ。

ここを右(直進)。

f:id:Margatroid:20170729210343j:plain

 

こちらにも街灯はあった。

f:id:Margatroid:20170729210344j:plain

 

また右折。県道522号線へ。

f:id:Margatroid:20170729210345j:plain

 

街灯があるとはいえ、基本的には真っ暗に近い。

f:id:Margatroid:20170729210346j:plain

f:id:Margatroid:20170729210347j:plain

f:id:Margatroid:20170729210348j:plain

f:id:Margatroid:20170729210349j:plain

 

ヘアピンカーブ。

f:id:Margatroid:20170729210350j:plain

 

トンネルを抜け、県道18号線との交差点付近へ。

f:id:Margatroid:20170729210351j:plain

f:id:Margatroid:20170729210443j:plain

 

交差点に下ったところで一旦左折転回、すぐ右折して県道18号線に入る。

f:id:Margatroid:20170903145223j:plain

f:id:Margatroid:20170729210444j:plain

 

A(和田峠) → B(分岐)C(県道522号線)D(県道33号線)県道18号線

f:id:Margatroid:20170801201207j:plain

 

現在3時40分過ぎ。まだ暗い。

f:id:Margatroid:20170729210445j:plain

 

けれどもほんの少し、夜明けっぽい空を確認できた。

とはいっても、HDRをかましての明度ですが。

f:id:Margatroid:20170729210446j:plain

f:id:Margatroid:20170729210447j:plain

 

それにしても‥寒い。涼しいというかやや肌寒くなってきた。

いくら夏が近づいているとはいえ、山の中で明け方前ですからな。

f:id:Margatroid:20170729210448j:plain

f:id:Margatroid:20170729210449j:plain

 

夜明けが近付いてきた。

やはりHDR効果なので結構空が水色になってきているが、

肉眼ではさっきの夜明け画像くらいの暗さである。

f:id:Margatroid:20170729210450j:plain

f:id:Margatroid:20170729210451j:plain

f:id:Margatroid:20170729210452j:plain

 

ほんのり明るくなってきた。

何百回でも繰り返すが、HDRモードの撮影なので実際の明るさはこの半分。

f:id:Margatroid:20170729210453j:plain

f:id:Margatroid:20170729210454j:plain

f:id:Margatroid:20170903145225j:plain

 

小菅村に入った。

f:id:Margatroid:20170729210455j:plain

 

やはり肌寒い。中に一枚着てくればよかった。

まぁ我慢できないわけではないが。自分は寒いのは好きな方なので。

f:id:Margatroid:20170729210456j:plain

f:id:Margatroid:20170729210458j:plain

 

走り屋が多いのか、タイヤ痕が目立つ。

f:id:Margatroid:20170729210459j:plain

f:id:Margatroid:20170729210500j:plain

f:id:Margatroid:20170729210501j:plain

f:id:Margatroid:20170729210502j:plain

 

ようやくR139との交差点へ。

f:id:Margatroid:20170729210503j:plain

 

左折して南下し、松姫トンネルへ。

f:id:Margatroid:20170729210504j:plain

 

わかってはいたが、松姫トンネルは肌寒いを通り越して寒くなって少し震えた。

 

トンネルを抜ける。

封鎖された旧道。いつになったら通行止めが解除されるのか。

f:id:Margatroid:20170729210505j:plain

 

聞いた話では、R139旧道(大月市側:松姫トンネル~松姫峠間)は林道扱いとなり、

管理は林道の事務所となった模様。小菅側は「村道」扱いだったかな。

現状開通(通行止め解除)予定もなければ廃道予定もないらしい。

R139旧道は是非残してほしいのだが‥

 

小金沢公園に寄る前にまずトイレに行きたかった。

公園のトイレはまだ(現在4時半過ぎ)開いていないので、深城ダム管理事務所に向かう。

f:id:Margatroid:20170729210507j:plain

f:id:Margatroid:20170729210506j:plain

f:id:Margatroid:20170729210508j:plain

 

深城ダム管理事務所に到着。

f:id:Margatroid:20170729210509j:plain

 

A(県道18号線)B(R139・松姫トンネル)深城ダム管理事務所

f:id:Margatroid:20170801201208j:plain

 

クマ出没日付時刻の詳細表示はなくなったが、注意書きは残っていた。

ちょっと可愛らしすぎるw

f:id:Margatroid:20170729210510j:plain

 

事務所の先にあるトイレに行った。

f:id:Margatroid:20170903145226j:plain

 

管理事務所付近から深城ダムを望む。

f:id:Margatroid:20170729210511j:plain

f:id:Margatroid:20170729210512j:plain

f:id:Margatroid:20170729210515j:plain

 

やはり5月なので一番水位が下がっている時期。

なので例のヘアピン旧道が見える。

f:id:Margatroid:20170729210513j:plain

 

ヘアピンの奥の道も見えた。

f:id:Margatroid:20170729210514j:plain

 

小金沢公園に向かう。

f:id:Margatroid:20170729210517j:plain

 

小金沢公園入口のところに真木小金沢林道の終点の看板が出ていた。

ちなみに下の指標には「起点」と書かれている。一応起点が正しいらしい。

f:id:Margatroid:20170729210518j:plain

f:id:Margatroid:20170729210519j:plain

 

小金沢公園に到着。

f:id:Margatroid:20170729210716j:plain

f:id:Margatroid:20170903145227j:plain

 

ホトトギスなどの鳥の鳴き声が良く聴こえる。

f:id:Margatroid:20170729210712j:plain

 

早朝の公園の中を散策。

f:id:Margatroid:20170729210713j:plain

f:id:Margatroid:20170729210711j:plain

f:id:Margatroid:20170903145229j:plain

f:id:Margatroid:20170729210714j:plain

f:id:Margatroid:20170903145228j:plain

f:id:Margatroid:20170729210715j:plain

 

ソメイヨシノが植えられている。

是非桜の季節に来てみたいものである。

 

通行止めになっている真木小金沢林道の小金沢トンネル。

f:id:Margatroid:20170729210717j:plain

 

堅牢なゲートによって閉じられている。

f:id:Margatroid:20170729210718j:plain

 

反対側にワープしてみました(ゎ

f:id:Margatroid:20170729210719j:plain

 

完成は1994年12月と割と最近。

f:id:Margatroid:20170729210720j:plain

 

この先は大峠まで真木小金沢林道として続いている。

f:id:Margatroid:20170903145230j:plain

 

あるブログによれば、1999年5月の時点ではまだ全線走行可、

その年の9月に崩落で通行止めになったようだが、

それ以来の通行止めなのか詳しい状況は分からない。

トンネル完成が94年だから、本当に短い期間しか使われなかったのではないだろうか。

最近大峠の先からここの深城まで走行した自転車ツーリングなどのブログを見てみると、

確かに崩落激しい箇所があるようだ。

この真木小金沢林道だけでなく、R139大月市側の旧道もオブローダーの方が

レポしてくれると嬉しいのですがw

ただ、熊出没報告があるのでリスクがかなりありますね‥

 

さて小金沢公園に戻ります。

f:id:Margatroid:20170729210721j:plain

 

ちなみに公園入口付近には工事が行われているようだった。

前回訪れたときにも土が盛られていた。

f:id:Margatroid:20170729210724j:plain

 

深城ダムを橋から望む。

ここに限らないが、本当に静かで落ち着いた雰囲気。

f:id:Margatroid:20170729210722j:plain

 

f:id:Margatroid:20170903145231j:plain

 

さあ、例の廃道ヘアピンに行ってみますか。

f:id:Margatroid:20170729210725j:plain

 

到着。お久しぶりです。

f:id:Margatroid:20170903145233j:plain

 

A(深城ダム管理事務所)B(小金沢公園)廃道ヘアピン撮影ポイント

f:id:Margatroid:20170802203358j:plain

 

地割れを起こしている。

しかしこれは現役時代からあった模様。

f:id:Margatroid:20170729210730j:plain

f:id:Margatroid:20170729210726j:plain

 

ヘアピンの先から横に続く管理用と思われる通路。

f:id:Margatroid:20170729210729j:plain

 

現在立って撮影しているポイントから少し前進すると、

別のなのか同じなのかわからないが管理用通路ゲートがある。

f:id:Margatroid:20170729210731j:plain

 

水に沈まない上の部分は木々で覆われている。

f:id:Margatroid:20170729210735j:plain

f:id:Margatroid:20170729210734j:plain

 

廃道ヘアピンと現在撮影して立っている旧道との合流部分のゲート。

f:id:Margatroid:20170729210740j:plain

 

以前のブログで書いたが、この廃道ヘアピンが現役だった頃に通行したことがある。

この廃道ヘアピンが今でいう旧旧道なのかちょっと区別がつかない。

しかし通行できていたので恐らく廃道ヘアピンが旧旧道、

現在いる道が旧道、深城バイパスが現道となる‥と思われる。

f:id:Margatroid:20170729210741j:plain

 

廃道ヘアピンを別角度から。

f:id:Margatroid:20170729210737j:plain

f:id:Margatroid:20170729210738j:plain

 

一応今回も当時の写真を参考までに。

2000年ごろ撮影。

f:id:Margatroid:20170505150919j:plain

 

当時の撮影ポイント。(の部分)

f:id:Margatroid:20170802203357j:plain

 

湖向かい側にも沈んでいく廃道がある。

f:id:Margatroid:20170729210733j:plain

 

ダム建設時の管理用通路かな。

f:id:Margatroid:20170729210739j:plain

 

こちらは‥崩落激しい。

f:id:Margatroid:20170729210732j:plain

 

さて、出発しますか。

葛野川トンネル。

f:id:Margatroid:20170729210742j:plain

 

トンネルを抜けて下りていく。

f:id:Margatroid:20170729210743j:plain

 

現道の深城バイパスに合流。

次に向かうは笹子峠。なのでここを右折して南下していく。

f:id:Margatroid:20170729210744j:plain

f:id:Margatroid:20170903145234j:plain

f:id:Margatroid:20170801180217j:plain

 

やはりまだ肌寒い。まぁまだ5時半ですがね。

f:id:Margatroid:20170801180218j:plain

 

途中、工事している箇所があった。

バイパス工事だとか書いてあった気が‥

f:id:Margatroid:20170801180219j:plain

 

道が広いので走りやすい。

f:id:Margatroid:20170801180220j:plain

f:id:Margatroid:20170801180221j:plain

f:id:Margatroid:20170801180222j:plain

 

民家の中の道を抜けていく。

f:id:Margatroid:20170801180223j:plain

f:id:Margatroid:20170903145235j:plain

f:id:Margatroid:20170903145236j:plain

 

R20にまで下りてきた。

途中7-11でトイレを借りて水を買って飲んだ。

f:id:Margatroid:20170903145237j:plain

 

水分補給が済んで先へ。次は笹子峠

f:id:Margatroid:20170801180224j:plain

 

ひたすら走り、県道212号線へ‥と思ったらバリカーが立って

車輌が通れないようになっている。

f:id:Margatroid:20170801180225j:plain

 

どうやら入口が新しく変わったらしい。知らなかった。

ここより少し先のところのようだ。

f:id:Margatroid:20170802203359j:plain

 

少し進むと新しい入口があった。

f:id:Margatroid:20170801180226j:plain

f:id:Margatroid:20170801180227j:plain

 

さあ日影笹子線へ。

f:id:Margatroid:20170801180228j:plain

 

民家のある通りを抜けると山の中に入る。

f:id:Margatroid:20170801180229j:plain

f:id:Margatroid:20170903145238j:plain

 

f:id:Margatroid:20170801180230j:plain

 

今年一発目の笹子峠

まぁ冬季閉鎖が解除されるのが四月中旬ごろだけれども。

f:id:Margatroid:20170801180231j:plain

f:id:Margatroid:20170801180232j:plain

f:id:Margatroid:20170801180233j:plain

f:id:Margatroid:20170801180234j:plain

 

笹子隧道付近に到着。

f:id:Margatroid:20170801180235j:plain

f:id:Margatroid:20170801180237j:plain

 

笹子隧道。

f:id:Margatroid:20170801180238j:plain

 

A(R139旧道) → R139 → B(R20甲州街道

               C(県道212号日影笹子線)笹子隧道

f:id:Margatroid:20170803132720j:plain

f:id:Margatroid:20170801180236j:plain

 

付近に気象観測台がある。

雨量などのデータをとっているらしい。

f:id:Margatroid:20170801180239j:plain

 

笹子隧道を抜け、下っていく。

f:id:Margatroid:20170801180240j:plain

 

いい天気だ。

まだ6時半過ぎなので早朝かな。

f:id:Margatroid:20170801180241j:plain

f:id:Margatroid:20170801180240j:plain

 

甲州街道に出る。

f:id:Margatroid:20170801180243j:plain

f:id:Margatroid:20170801180244j:plain

 

途中、県道38号線へ右折。

f:id:Margatroid:20170801180245j:plain

f:id:Margatroid:20170803132718j:plain

 

するとすぐにフルーツラインへの入口へ。

f:id:Margatroid:20170801180246j:plain

f:id:Margatroid:20170803132721j:plain

 

直線で走りやすく、景色もいい。

f:id:Margatroid:20170801180248j:plain

f:id:Margatroid:20170801180247j:plain

 

道幅が広く、軽のおばちゃんがすっ飛ばしてたw

f:id:Margatroid:20170801180249j:plain

f:id:Margatroid:20170801180250j:plain

 

途中、見晴台のような場所があったので寄ってみた。

f:id:Margatroid:20170803132722j:plain

 

「牛奥みはらしの丘」というらしい。

f:id:Margatroid:20170801180253j:plain

f:id:Margatroid:20170801180252j:plain

 

景色を望む。

f:id:Margatroid:20170801180254j:plain

 

トイレに行き、少し休憩した。

 

出発。

f:id:Margatroid:20170801180255j:plain

 

次向かうのは雁坂トンネル。

f:id:Margatroid:20170801180256j:plain

f:id:Margatroid:20170801180257j:plain

f:id:Margatroid:20170801180258j:plain

 

やがて県道213号線とのT字路交差点へ。

f:id:Margatroid:20170801180301j:plain

 

ここを三富方面へ右折して北上。

f:id:Margatroid:20170803132723j:plain

f:id:Margatroid:20170801180300j:plain

 

県道213号線を北上すると間もなくR140とのT字路交差点にぶつかる。

f:id:Margatroid:20170801180301j:plain

f:id:Margatroid:20170803132724j:plain

 

R140も道が広く走りやすい。

f:id:Margatroid:20170801180302j:plain

f:id:Margatroid:20170903145242j:plain

f:id:Margatroid:20170801180303j:plain

f:id:Margatroid:20170801180304j:plain

f:id:Margatroid:20170801180305j:plain

 

隣には広瀬ダムがある。

f:id:Margatroid:20170801180306j:plain

f:id:Margatroid:20170801180307j:plain

 

途中道の駅みとみがあるが、まだ営業が始まっていないので通過。

そして雁坂トンネル事務所前に到着。

f:id:Margatroid:20170801180308j:plain

 

雁坂トンネル料金所。

f:id:Margatroid:20170801180309j:plain

 

A(笹子隧道) → R20(甲州街道) → 県道38号線

 B(フルーツライン)C(牛奥みはらしの丘)D(県道213号線)

                   E(R140)雁坂トンネル駐車場

f:id:Margatroid:20170803132725j:plain

 

トイレに行き、少し休憩した。

f:id:Margatroid:20170801180310j:plain

f:id:Margatroid:20170801180311j:plain

f:id:Margatroid:20170801180312j:plain

 

駐車場は割と広い。

f:id:Margatroid:20170903145244j:plain

 

向かい側にもある。

f:id:Margatroid:20170903145243j:plain

 

ストリートビューで確認したが、紅葉の季節はかなり綺麗なようだ。

訪れる人が多いのだろう。

 

出発。料金所で料金を支払う。二輪車は「軽自動車等」の580円。

ETCやクレジットカードは使用不可。

f:id:Margatroid:20170816094947j:plain

 

トンネルは対面通行で40km/hだが、60-80km/hくらいで流れていると思われる。

まぁ片側一車線なので後ろから追いつかれたくない心理もあるが。

中は路面が所々濡れていて、温度が低く涼しい。

 

トンネルを抜け、雁坂大橋・豆焼橋を渡ってすぐ左手に、

「出会いの丘」というパーキングがある。

f:id:Margatroid:20170801180334j:plain

f:id:Margatroid:20170903145245j:plain

f:id:Margatroid:20170801180314j:plain

 

建物の中では、東大のワサビ沢の研究の展示が行われているようだった。

f:id:Margatroid:20170801180315j:plain

f:id:Margatroid:20170801180316j:plain

 

トイレの前に入山者ポストが設置されている。

ここをポイントとして釣りや登山に向かうようだ。

f:id:Margatroid:20170801180317j:plain

f:id:Margatroid:20170801180319j:plain

 

ヘリポートもある。

f:id:Margatroid:20170801180320j:plain

 

石碑。

f:id:Margatroid:20170801180321j:plain

 

ここからは白石山という標高2,036mの山を望むことができる。

f:id:Margatroid:20170801180323j:plain

f:id:Margatroid:20170801180324j:plain

f:id:Margatroid:20170801180325j:plain

 

豆焼橋の方に歩いて行ってみる。

f:id:Margatroid:20170801180322j:plain

f:id:Margatroid:20170801180326j:plain

 

豆焼橋。

f:id:Margatroid:20170801180327j:plain

f:id:Margatroid:20170801180328j:plain

f:id:Margatroid:20170801180329j:plain

 

ここからもいい景色が望める。

雁坂トンネル出口と雁坂大橋が見える。

f:id:Margatroid:20170801180330j:plain

f:id:Margatroid:20170801180331j:plain

f:id:Margatroid:20170801180333j:plain

f:id:Margatroid:20170801180332j:plain

 

さっきの雁坂トンネル前の駐車場でもそうだったのだが、やたら飛んでいる虫が多い。

それも大きい。ハチなどもいたが、春だからとはいえ多い。

橋の上も一匹ずっとつきまとってしつこいのがいた。

 

駐車場に戻り、出発。道を下って秩父市に入った。

f:id:Margatroid:20170801180335j:plain

f:id:Margatroid:20170801180336j:plain

f:id:Margatroid:20170816094948j:plain

 

登山やキャンプ、ツーリングで有名な秩父だが、ウチは初めてだった。

 

気温は山の上なのでやや低めの18℃。

f:id:Margatroid:20170801180337j:plain

f:id:Margatroid:20170801180338j:plain

f:id:Margatroid:20170801180339j:plain

 

途中、滝沢ダムを通過。

f:id:Margatroid:20170801180341j:plain

 

ここもなかなか美しいダムである。

f:id:Margatroid:20170801180342j:plain

f:id:Margatroid:20170903145246j:plain

 

ちなみにこのダムを越えるに当たって巨大なループ橋がある。

昔あった集落の名前と、伝え話にちなんで雷電廿六木橋(らいでんとどろきばし)という、

巨大な橋にふさわしい壮大な名前である。

f:id:Margatroid:20170801180343j:plain

f:id:Margatroid:20170801180345j:plain

 

実際に目の前にしてみるとなかなか圧巻である。

f:id:Margatroid:20170801180344j:plain

 

昔、「廿六木」という集落があり、ダム建設に伴い全戸移動となった。

f:id:Margatroid:20170801180348j:plain

 

深城ダムでもダム建設に際して移動に協力してくれた方々がいたが、

昔から住んでいる場所から離れるのはなかなか大変だったと思う。

 

ループ橋を渡る。

するとその途中に展望駐車スペースとトイレがある。

廿六木望郷広場というらしい。

f:id:Margatroid:20170801180346j:plain

f:id:Margatroid:20170801180347j:plain

 

A(雁坂トンネル駐車場) → 出会いの丘 → B(豆焼橋)

                 滝沢ダム雷電廿六木橋

f:id:Margatroid:20170816094950j:plain

 

ちょうどさっきの場所の対岸となる箇所である。

f:id:Margatroid:20170801180349j:plain

f:id:Margatroid:20170903145249j:plain

f:id:Margatroid:20170801180350j:plain

 

更にループ橋を渡り終えたところで滝沢ダム下流広場駐車場がある。

f:id:Margatroid:20170816094949j:plain

f:id:Margatroid:20170903145250j:plain

f:id:Margatroid:20170801180353j:plain

 

駐車場はかなり広い。

恐らく大型バスなどがここにやって来るのだろう。

f:id:Margatroid:20170801180352j:plain

 

雷電廿六木橋を下から望むことができる。

f:id:Margatroid:20170801180351j:plain

f:id:Margatroid:20170903145251j:plain

 

出発。

f:id:Margatroid:20170801180354j:plain

f:id:Margatroid:20170801180355j:plain

f:id:Margatroid:20170801180356j:plain

f:id:Margatroid:20170801180357j:plain

 

途中で左折して県道37号線に入る。

f:id:Margatroid:20170801180358j:plain

 

やや狭いトンネル。

その手前までは「すれ違い困難」の看板がいくつも並んでいた。

休日などは交通量が多いのだろう。

f:id:Margatroid:20170801180359j:plain

f:id:Margatroid:20170816094951j:plain

 

トンネルを抜けると小鹿野(おがの)町に入った。

申し訳ないが聞いたことのない町である。

f:id:Margatroid:20170801180400j:plain

f:id:Margatroid:20170816094952j:plain

 

少し調べてみると、小鹿野町は「オートバイによるまちおこし事業」が行われ、

「ウエルカムライダーズおがの」というHPもあるという

バイク乗り大歓迎という素晴らしい町でした。

是非看板の横にバイクのイラストが描かれた看板を載せた方がわかりやすいかと。

 

途中、道の駅があったので寄ってみる。

ここは「道の駅両神温泉薬師の湯」と、温泉があるらしい。

f:id:Margatroid:20170910095228j:plain

f:id:Margatroid:20170816094953j:plain

f:id:Margatroid:20170801180403j:plain

 

ここで少し早めの昼食をとることに。

地域資源活用センター」となっており、そば打ちなどの体験ができるらしい。

f:id:Margatroid:20170801180404j:plain

f:id:Margatroid:20170801180405j:plain

 

中へ。まだ誰もいない。

f:id:Margatroid:20170801180406j:plain

 

ミニカツ丼のセットをたのんだ。

席に着くと先に御新香がでてきた。ちょうどいい味付けだった。

f:id:Margatroid:20170903145252j:plain

 

やがてセットがやってきた。

とんかつはやや味が濃かったが、そばと合わせてちょうどいい感じだった。

また、蕎麦湯もあり、つゆに入れていただく。美味しい。

f:id:Margatroid:20170903145253j:plain

 

食事を終えて出発。

f:id:Margatroid:20170801180407j:plain

 

快適なストレート。ただし規制速度は40。

f:id:Margatroid:20170801180409j:plain

 

そしたらその先反対車線でねずみ捕りをやっていた。警察官が複数いて、

その先数m先に計測する三脚のアレが設置されていた。

まさにストレートでいかにも速度が出そうな場所でもあるが、

同時にいかにもねずみ捕りをやりそうな場所でもある。

ちょうど対向にトラックがいたので軽くパッシングで挨拶。

「どうもー」って感じで片手をあげていたけど、ドライバーならここの

取り締まりは熟知していたかもしれない。それに速度も出ていなかったし。

ただ、見通しが良くて三脚もすぐに見えるので気付きやすいが、

恐らく気付いたころには計測済みと思われる。

 

そんなこともあり先へ。

f:id:Margatroid:20170903145254j:plain

 

T字路交差点を右折。

f:id:Margatroid:20170801180410j:plain

 

というか「神流」(かんな)とか「長瀞」(ながとろ)とか‥初見じゃ読めませんw

f:id:Margatroid:20170816094954j:plain

f:id:Margatroid:20170801180411j:plain

 

途中細い道に。

f:id:Margatroid:20170801180412j:plain

 

が、未だにR299に着かないことにおかしく思い、GoogleMapで確認。

そしたら案の定通り過ぎていた。

 

なので引き返す。タイムロスである。

近くにGSがあったのでついでに給油した。

 

何とか引き返してR299へ。

f:id:Margatroid:20170801180414j:plain

 

気を取り直して次の目的地十国峠に向かう。

f:id:Margatroid:20170801180415j:plain

f:id:Margatroid:20170801180416j:plain

 

空いていて道幅も広く、制限も50なので走りやすい。

f:id:Margatroid:20170801180417j:plain

f:id:Margatroid:20170903145255j:plain

 

途中から40へ。

f:id:Margatroid:20170801180418j:plain

f:id:Margatroid:20170801180419j:plain

 

それでも走りやすいことには変わりない。

f:id:Margatroid:20170801180420j:plain

f:id:Margatroid:20170801180421j:plain

 

今日は気温が高めというが、山だからか風も涼しく、暑いというほどではない。

f:id:Margatroid:20170903145256j:plain

f:id:Margatroid:20170801180422j:plain

f:id:Margatroid:20170801180423j:plain

 

途中のトンネルの手前に閉鎖されている林道があった。

f:id:Margatroid:20170801180424j:plain

f:id:Margatroid:20170801180425j:plain

 

林道金山志賀坂線。計画の際、一度は通ろうと検討していたルートである。

f:id:Margatroid:20170816094955j:plain

 

ここで群馬県に入った。

f:id:Margatroid:20170801180426j:plain

f:id:Margatroid:20170801180427j:plain

 

この先は急カーブが結構続いた。

f:id:Margatroid:20170801180428j:plain

f:id:Margatroid:20170801180429j:plain

f:id:Margatroid:20170801180430j:plain

 

T字路交差点で左折。

f:id:Margatroid:20170801180431j:plain

f:id:Margatroid:20170816094956j:plain

 

引き続きR299を走る。

f:id:Margatroid:20170801180432j:plain

 

一部R462との重複区間のようだ。

f:id:Margatroid:20170801180433j:plain

f:id:Margatroid:20170801180434j:plain

 

こちらも道幅が広く快適に走れる。

f:id:Margatroid:20170801180435j:plain

 

青看に十国峠の表記が見えた。

f:id:Margatroid:20170801180436j:plain

 

読み仮名で知ったが、「じっこく」ではなく「じゅっこく」と読むらしい。

どうやら箱根の方も含めて「じゅっこく」読みのようだ。

f:id:Margatroid:20170816094957j:plain

 

ちなみに「峠」は英語表記ではよく「pass」と表記されるが

こちらはそのまんま「touge」。

「小海」の「こうみ」は「Koumi」で「ぶどう」や「とうげ」が「Budo」「toge」と

今一つ表記に統一性がないのは日本ならではか。

まぁよくはる「~通り」を「dori ave.」と表記するような「toge pass」よりかはマシか。

ちなみにさっきの青看に「土坂峠」があったが、あちらは「Tsuchisaka Pass」と表記されていた。

 

交互片側通行用の停止信号。

カブ乗りの方はウイリーしないように注意。

f:id:Margatroid:20170801180437j:plain

 

急に道が険しくなった。

f:id:Margatroid:20170801180438j:plain

f:id:Margatroid:20170801180439j:plain

 

R299が酷道と言われる所以か。

ただし、バイクなので難易度はぐっと下がる。クルマはなかなかの戦いとなる。

f:id:Margatroid:20170903145257j:plain

f:id:Margatroid:20170801180440j:plain

f:id:Margatroid:20170801180441j:plain

 

f:id:Margatroid:20170801180443j:plain

f:id:Margatroid:20170801180444j:plain

 

十国峠展望台に到着。

f:id:Margatroid:20170801180446j:plain

 

 

A(雷電廿六木橋 → R140 → 県道37号線

      → B(道の駅両神温泉薬師の湯) C(R299)十国峠

f:id:Margatroid:20170816094959j:plain

 

車が数台とバイクが一台いた。

どうやらここはちょうど長野県に入るらしい。

f:id:Margatroid:20170801180445j:plain

 

展望台。

f:id:Margatroid:20170903145258j:plain

 

早速登ってみることに。

f:id:Margatroid:20170801180450j:plain

 

3Fくらいの高さを階段で登る。

f:id:Margatroid:20170801180451j:plain

 

展望台に到着。

見晴らしは良いが、ここでもやはり虫が飛んでいた。

f:id:Margatroid:20170801180452j:plain

 

眺望。

f:id:Margatroid:20170801180453j:plain

f:id:Margatroid:20170801180454j:plain

f:id:Margatroid:20170801180455j:plain

f:id:Margatroid:20170801180456j:plain

 

展望台を下りる。

f:id:Margatroid:20170801180457j:plain

 

携帯電話が通じないことを知らせる看板があった。

確かにここは携帯の電波(docomo)が届かなかった。

f:id:Margatroid:20170801180458j:plain

 

また、そばには通行止めの林道がある。

ひしゃげた看板が何とも味わい深い。

f:id:Margatroid:20170801180500j:plain

f:id:Margatroid:20170801180459j:plain

 

トイレに行った。

f:id:Margatroid:20170801180448j:plain

 

出発。ここからは主に下り。

f:id:Margatroid:20170801180502j:plain

 

f:id:Margatroid:20170801180504j:plain

f:id:Margatroid:20170903145259j:plain

 

民家が見えてきた。

f:id:Margatroid:20170801180505j:plain

 

快適な下り坂。

f:id:Margatroid:20170801180506j:plain

 

f:id:Margatroid:20170801180508j:plain

 

R141との交差点まで下りてきた。

f:id:Margatroid:20170801180509j:plain

 

後は沼津のホテルに向かうだけである。

が、ここで問題が発生。それは眠くなってきてしまったことだ。

確かに夜中に出発しているので無理もなかったが、

実を言うと前日はほとんど眠っていなかった。睡眠不足は事故の元です‥

 

とりあえず本来は下でツーリングらしく行こうと思っていたのですが、

ここからは高速などを全て使用して最短で向かうことに。

 

とりあえず途中の7-11でレッドブルを注入。

f:id:Margatroid:20170903145215j:plain

 

中央道に向け出発。

f:id:Margatroid:20170801180510j:plain

 

中央道の須玉ICに到着。

f:id:Margatroid:20170801180511j:plain

 

ここから一気に南下していく。

f:id:Margatroid:20170801180512j:plain

 

高速をひた走り、大月JCTを南下して谷村(やむら)PAに入った。

f:id:Margatroid:20170801180514j:plain

f:id:Margatroid:20170801180513j:plain

 

ここでちょっとお土産を買ってトイレ休憩。

 

再び出発し、富士吉田料金所へ。正面に富士山がそびえ立つ。

f:id:Margatroid:20170801180515j:plain

 

ここからは東富士五湖道路。この道路を走るのは初めてである。

ほとんど交通量はなかった。

 

料金所を通過して下道へ。

f:id:Margatroid:20170801180516j:plain

f:id:Margatroid:20170801180517j:plain

f:id:Margatroid:20170801180518j:plain

 

間もなくR246との交差点で右折。あともう少し。

f:id:Margatroid:20170816143637j:plain

 

夕方ごろなので交通量は割と多い。とはいえ渋滞はなかった。

f:id:Margatroid:20170816143638j:plain

 

そして沼津駅方向に出る。

沼津の市街地に入り、最後のダメ押しで7-11でリポDを買って飲んだ。

 

ホテルも近くなり、最後の最後で若干迷走したものの、無事到着した。

今回宿泊するのは前回の伊豆ツーリングでも利用した「静鉄ホテルプレジオ沼津」。

f:id:Margatroid:20170801180526j:plain

 

駐車場へ。雨も降らないので外でも別に構わなかったのですが、

スタッフの方がわざわざ自転車をよけて屋根の下に停めさせてくれました (^^

 

2Fのフロントへ。チェックインを済ます。

二回目の利用ということで駅前のローソンで使用できる商品券をくれました。

部屋に向かう。

f:id:Margatroid:20170801180521j:plain

 

部屋はグレードアップしたデラックスシングル。

金額も通常のシングルとそれほど違わず、この広さが快適。

f:id:Margatroid:20170801180522j:plain

f:id:Margatroid:20170801180523j:plain

 

風呂とトイレが別々で洗い場がある。

f:id:Margatroid:20170801180524j:plain

f:id:Margatroid:20170801180525j:plain

 

早速だが、夕食をとりに行く。

ホテルを出ると沼津駅北口がすぐそばにある。

飲食店が主にあるのはホテルの反対側の南口側なので、高架下を抜けて南口へ。

f:id:Margatroid:20170903145300j:plain

 

夕食は去年と同じく「沼津魚がし鮨」。

f:id:Margatroid:20170903145301j:plain

 

デラックス海鮮丼をオーダー。

f:id:Margatroid:20170903145302j:plain

 

やはりこの新鮮なウニやイクラはたまらなく美味い。

 

カニ汁もついてきた。

f:id:Margatroid:20170903145216j:plain

 

他に鶏のから揚げも頼んだが、やはり値段の割に量が多い。

まぁ去年の時は鮪のから揚げを頼んでいたので量の多さはある程度把握していた。

揚げててでとてもジューシーで美味しかったが、やはり量が量なので

ゆっくり食べ進んだ。

カウンター席の端の方にいい感じで寄っているおばちゃん二人が

板前と楽しそうにしゃべっている。

板前もフレンドリーで盛り上がっていた。

ちなみにウチは酒を飲まないので素面でございます。(頼んだのはウーロン茶)

 

食事を終えて商店街を少しぶらつく。

f:id:Margatroid:20170903145303j:plain

 

駅前のローソンで買い物。さっきの商品券も使わせてもらった。

 

ホテルに戻る。風呂にお湯をためながら今日の行程を振り返る。

夜中の和田峠に深城ダム、そして秩父とまわるべき箇所はまわったので

とりあえずは今日の目的は達成ですかね。

ただ、眠くなったのはちょっと反省。無理はいかんですな。

本日の走行距離は523.3kmとかなり走った模様。まぁ十国峠抜けてからは

ホテルまで高速使いましたけどね。

f:id:Margatroid:20170816143639j:plain

 

二日目に続く。

千葉房総ツーリング Feb.2017 二日目 ~ 安房グリーンライン・林道・月崎トンネル ~

7時前に起床。

海の向こうに見えるのは大島か。

f:id:Margatroid:20170326194041j:plain

 

朝食が7時半からなので先に下の売店でお土産を買うついでに

段ボール箱をもらって一緒に荷物を詰めて宅配便で送ることにした。

 

時間になりレストランへ。朝食バイキング。

まずはパンから。

f:id:Margatroid:20170402103149j:plain

 

続いて和食。アジの開きも網で焼く。

納豆と共に美味しくいただきました。

f:id:Margatroid:20170329170151j:plain

 

部屋に戻ってゆっくりしてから準備をする。

ちょっとゆっくりしすぎたため出発時刻より約30分遅れた。

 

外の風は冷たいが心地よい冷たさだった。天気も快晴で青空が広がっている。

f:id:Margatroid:20170326194042j:plain

 

まずはすぐ近くにある安房グリーンラインへ。

f:id:Margatroid:20170326194043j:plain

 

地すべり構造駐車場に到着。

f:id:Margatroid:20170326194044j:plain

f:id:Margatroid:20170326194054j:plain

f:id:Margatroid:20170326194055j:plain

f:id:Margatroid:20170402103151j:plain

 

地滑り地層。

f:id:Margatroid:20170326194057j:plain

f:id:Margatroid:20170326194045j:plain

 

安房白浜トンネル。

f:id:Margatroid:20170326194052j:plain

f:id:Margatroid:20170326194050j:plain

f:id:Margatroid:20170326194051j:plain

 

とりあえずグリーンラインを流してみる。

f:id:Margatroid:20170326194058j:plain

f:id:Margatroid:20170326194059j:plain

 

走りやすく快適な道。

f:id:Margatroid:20170402103152j:plain

 

小松寺付近でUターン。

f:id:Margatroid:20170326194100j:plain

f:id:Margatroid:20170402103153j:plain

f:id:Margatroid:20170326194101j:plain

 

対向から巡回パトカーが走っていた。

 

前回訪れたとき、安房グリーンラインだけではなく、

脇に通っている元の?道を走ってみようとするも時間の都合で断念。

今回は逸れてみる。

 

林道畑3号線。

f:id:Margatroid:20170326194104j:plain

 

A(房総白浜ホテル)B(大規模地すべり構造駐車場)林道畑3号線

f:id:Margatroid:20170401200329j:plain

 

この林道畑3号線は元は2号線の一部であり、

安房グリーンライン開通に伴い分断されてしまったので

3号線の指定となったようだ。

なのでグリーンラインを挟んで対面に2号線の入口がある。

 

進んでみることに。最初から結構な感じである。

f:id:Margatroid:20170326194105j:plain

 

すぐに小さな隧道が。

f:id:Margatroid:20170326194106j:plain

 

隧道を抜けると林道らしく道に木々や枯れ葉が多数落ちていた。

f:id:Margatroid:20170326194107j:plain

f:id:Margatroid:20170326194108j:plain

 

すぐそばの綺麗なグリーンラインとはえらい違いである。

こんなところ誰も通らないと思ったら、

対面から男性が一人歩いてきたので少し驚いた。散歩?

 

一応舗装路だが、ゆっくり通行した。

f:id:Margatroid:20170401111228j:plain

f:id:Margatroid:20170326194110j:plain

 

上部にはグリーンラインの陸橋が通っている。

f:id:Margatroid:20170326194111j:plain

f:id:Margatroid:20170402103155j:plain

 

少し進むにつれて道がマシになってきた。

f:id:Margatroid:20170326194112j:plain

f:id:Margatroid:20170326194113j:plain

 

やがて安房グリーンラインに出る。

北上し、「畑」と標識のある道へ右折。

 

A(林道畑3号線入口)B(安房グリーンライン畑方向分岐

f:id:Margatroid:20170401200330j:plain

 

ここを南下していく。

f:id:Margatroid:20170326194114j:plain

 

一部は二車線道路が通っており、民家も見られた。

f:id:Margatroid:20170326194116j:plain

f:id:Margatroid:20170326194115j:plain

 

が、途中左に曲がるべき道を通り過ぎてしまい、グリーンライン側に出る。

Uターンして戻ることに。

f:id:Margatroid:20170326194117j:plain

 

進路を修正。瑞龍院という場所があり、そばを通る。

意外にもこの辺をゴミ収集車が通った。

f:id:Margatroid:20170326194118j:plain

 

更に進むと隧道があった。

f:id:Margatroid:20170326194119j:plain

 

隧道を抜けるとまた林道らしい落ち葉の数々の道。

f:id:Margatroid:20170326194120j:plain

 

Y字分岐点。

GoogleMapで確認しながら進む。ここは左。

f:id:Margatroid:20170326194121j:plain

 

A(畑方面分岐)B(安房グリーンラインY字分岐

f:id:Margatroid:20170401200331j:plain

 

木々のトンネルが続く。

カーブミラーはあるが、軽自動車同士でもすれ違えない狭さである。

脇は側溝。

f:id:Margatroid:20170326194122j:plain

 

また分岐。左。GoogleMap大活躍。

f:id:Margatroid:20170402103156j:plain

 

道がやや荒れてきた。

f:id:Margatroid:20170326194123j:plain

 

高さ制限標識が現れた。

f:id:Margatroid:20170326194124j:plain

f:id:Margatroid:20170401121228j:plain

 

その先に手掘り隧道。

f:id:Margatroid:20170326194125j:plain

 

隧道の中は落ちてくる物がないので路面は綺麗だった。

 

ちなみにGoogleストリートビューはこの隧道とさっきの隧道の間だけ

走っていない。通れないか通るのが困難だからだろう。

しかし逆に言えばこの区間以外はストリートビューで撮影されているので、

両サイドから行ってできる限り撮影しようとしたのではないかと思う。

 

隧道を抜けると林道千倉線の標識と共に分岐。

どうやらここは林道千倉線の終点らしい。起点がこれから向かう先にある。

ちなみに左側は海上保安庁の千倉受信所なのでゲートが閉じてある。

ここは右へ。

f:id:Margatroid:20170326194126j:plain

 

鉄塔があった。受信所の関連施設か。

f:id:Margatroid:20170326194127j:plain

 

路面はマシになってきた。

f:id:Margatroid:20170402103157j:plain

f:id:Margatroid:20170326194130j:plain

 

路肩注意箇所は多い。

f:id:Margatroid:20170326194129j:plain

 

また隧道。

f:id:Margatroid:20170326194131j:plain

 

隧道を抜けると林道の起点に出た。

f:id:Margatroid:20170326194133j:plain

 

A(Y字分岐)B(林道千倉線終点)林道千倉線起点

f:id:Margatroid:20170401200328j:plain

 

このまま東海岸のR410を目指して民家のある舗装路を走っていく。

f:id:Margatroid:20170326194134j:plain

f:id:Margatroid:20170326194135j:plain

 

やがてR410(房総フラワーライン)に出て分岐交差点で右方向へ。

f:id:Margatroid:20170401111023j:plain

 

すぐ先のセルフENEOSで給油。

f:id:Margatroid:20170401111024j:plain

 

トイレを借りたがここでハンカチを落としてしまったっぽい。

 

給油を終えて出発。

f:id:Margatroid:20170401111025j:plain

 

海沿いの県道297号線を走っていく。

f:id:Margatroid:20170401111026j:plain

f:id:Margatroid:20170401111027j:plain

 

鴨川市に入る。

f:id:Margatroid:20170401111028j:plain

 

道の駅があったので寄ることに。

鴨川オーシャンパークというらしい。

f:id:Margatroid:20170402103158j:plain

f:id:Margatroid:20170401111029j:plain

 

A(林道千倉線起点)R410県道297号線鴨川オーシャンパーク

f:id:Margatroid:20170402103213j:plain

f:id:Margatroid:20170401111030j:plain

f:id:Margatroid:20170401111031j:plain

f:id:Margatroid:20170401111033j:plain

 

夏場になると水が出るのだろうか。

f:id:Margatroid:20170401111032j:plain

f:id:Margatroid:20170401111034j:plain

 

物産館の中に入る。

f:id:Margatroid:20170401111035j:plain

 

1Fはお土産売り場。

f:id:Margatroid:20170401111036j:plain

 

まず先に上の展望台に昇ってみる。

f:id:Margatroid:20170401111037j:plain

f:id:Margatroid:20170402103159j:plain

 

夏場で水が出ているときだったら楽しいかもしれない。

f:id:Margatroid:20170402103200j:plain

 

この後お土産売り場でいくつか買い物をした。

 

道の駅を出発。

f:id:Margatroid:20170401111039j:plain

 

R128(外房黒潮ライン)を走っていく。

f:id:Margatroid:20170401111040j:plain

 

しばらく走った後、Uターンに近い経路をとるのだが、

そのポイントらしき場所を見逃してしまいやや先に行ってしまった。

本来は側道に入り、右カーブ後右折、R128反対方向の側道、

という感じだったのだが‥

とりあえずそのポイントに戻って側道へ。

f:id:Margatroid:20170401111041j:plain

 

高架下手前のところで右折。

f:id:Margatroid:20170401111042j:plain

 

この辺は民家の路地裏という感じで、間違って民家の敷地内に

行ってしまわないだろうか、という感じだった。

 

やがて予定のルートらしき道に出る。

f:id:Margatroid:20170401111043j:plain

 

再度GoogleMapで確認。ここは直進。だと思う。

f:id:Margatroid:20170401111044j:plain

 

なんとか正規ルートの道に合流。

f:id:Margatroid:20170401111045j:plain

 

林道天津線へ。

案内看板が倒れている。

f:id:Margatroid:20170401111046j:plain

f:id:Margatroid:20170401111047j:plain

 

A(鴨川オーシャンパーク)林道天津線

f:id:Margatroid:20170402103214j:plain

 

ちなみに2014年撮影のストリートビューではきちんと建っていた。

舗装はされているので走行は問題なさそうだ。

f:id:Margatroid:20170401111048j:plain

 

すぐに分岐が現れる。ここは右。「あじさい~」の看板が目印。

f:id:Margatroid:20170401111049j:plain

 

少し雰囲気が日影笹子線(山梨県道212号線)に似ていた。

f:id:Margatroid:20170401111050j:plain

f:id:Margatroid:20170402103201j:plain

f:id:Margatroid:20170401111051j:plain

f:id:Margatroid:20170401111052j:plain

 

やや急な下り右カーブ。

f:id:Margatroid:20170401111053j:plain

 

警戒標識の数字の部分が消えてしまっている。

いや、書いてあった形跡がなかった。

f:id:Margatroid:20170401111054j:plain

 

路面自体は良好なので問題ない。

f:id:Margatroid:20170401111055j:plain

f:id:Margatroid:20170401111056j:plain

f:id:Margatroid:20170402103202j:plain

f:id:Margatroid:20170401111057j:plain

 

山道らしい景色を楽しみながら走れる。

f:id:Margatroid:20170401111058j:plain

f:id:Margatroid:20170401111059j:plain

f:id:Margatroid:20170401111100j:plain

f:id:Margatroid:20170401111101j:plain

 

時折電波は届かないが、予め表示していたGoogleMapは有効なので

GPSによる現在地は確認できた。

 

途中撮影するとき、足を地面に置いたつもりが側溝だったらしく

バランスを崩しそうになった。草木が埋もれていたのでわからなかった (^^;

 

三分岐に出る。

f:id:Margatroid:20170401111103j:plain

 

この辺は登山コースとなっているようだ。

右手の林道奥谷線の方には「ハイカーに注意」という標識があった。

f:id:Margatroid:20170401111102j:plain

f:id:Margatroid:20170401200323j:plain

 

三分岐の左側はゲートで閉じてある。

ここは真ん中(麻綿原方面)を直進。

f:id:Margatroid:20170401111105j:plain

f:id:Margatroid:20170401111104j:plain

f:id:Margatroid:20170401111106j:plain

 

そしてまた分岐。

f:id:Margatroid:20170401111107j:plain

 

夏期はハイカーや車輌が増えるためか一通規制をしているようだ。

f:id:Margatroid:20170401111108j:plain

 

本来はここを直進して北上する予定だった。

ところが先の左手に何やら看板が‥

f:id:Margatroid:20170401111109j:plain

 

ぎゃー。全面通行止め

f:id:Margatroid:20170401111110j:plain

 

理由が書かれていない。冬季閉鎖

ルート変更を余儀なくされた。

f:id:Margatroid:20170401111112j:plain

 

林道天津線分岐

f:id:Margatroid:20170402103215j:plain

 

本来はこのまま北上するはずだったのだが‥仕方ないので右手の道に進む。

右手の道は6/20~7月末の間、一方通行規制のためここからは進入禁止となる。

f:id:Margatroid:20170401111111j:plain

f:id:Margatroid:20170401111114j:plain

 

夏期一通開始区域手前右手にハイカー用と思われる駐車場がある。

f:id:Margatroid:20170401111116j:plain

 

トイレは封鎖されており、2014年時点のストリートビューでも

閉鎖されている。

f:id:Margatroid:20170401111115j:plain

 

先へ。途中一台車とすれ違った。

f:id:Margatroid:20170401111117j:plain

 

道は狭いことを除けば特に険しくはなかった。

f:id:Margatroid:20170402103203j:plain

 

最後にもう一台すれ違って林道を脱出。

f:id:Margatroid:20170401111118j:plain

f:id:Margatroid:20170401111119j:plain

 

左手には駐車場。

f:id:Margatroid:20170401111120j:plain

 

トイレはないっぽい。

f:id:Margatroid:20170401111121j:plain

 

更に先へ。

f:id:Margatroid:20170401111122j:plain

 

途中、民家で飼っていると思われる牛がいました。

f:id:Margatroid:20170401111123j:plain

 

県道178号線とのT字路へ。右折。

f:id:Margatroid:20170401111124j:plain

 

北上していく。

f:id:Margatroid:20170401111125j:plain

f:id:Margatroid:20170401111126j:plain

 

交通量が少なく快適な道だった。

f:id:Margatroid:20170401111128j:plain

f:id:Margatroid:20170401111127j:plain

 

右手に道の駅のような場所があったので寄ってみることに。

f:id:Margatroid:20170401111129j:plain

 

養老渓谷観光センターと書かれているが、

養老渓谷やまびこセンター」というらしい。

f:id:Margatroid:20170402103204j:plain

f:id:Margatroid:20170401111130j:plain

 

A(分岐)B(県道178号線)養老渓谷観光センター

f:id:Margatroid:20170402103216j:plain

 

駐車場向かいに地層が見られた。

f:id:Margatroid:20170401111131j:plain

 

トイレへ。

ここで食事がとれるので少し遅い昼食をとることにした。

f:id:Margatroid:20170402103205j:plain

 

中へ。カレーがメインのようだ。

最初はコロッケの方にしようとしたが、時間がかかるらしい。

なのでチキンカレーにした。

五分ほどしてやってきて、サラダと味噌汁、お新香がセットになっている。

f:id:Margatroid:20170329170152j:plain

 

ドロッとしたカレーで美味しかった。

 

昼食を終えて出発。

f:id:Margatroid:20170401111132j:plain

 

 清澄養老ラインを北上。

f:id:Margatroid:20170401111133j:plain

 

そして台福山方向に向かう道で左折。

初見ではわかりづらい。

そういう場所はストリートビューで予習済みなのである。

f:id:Margatroid:20170401111134j:plain

f:id:Margatroid:20170401111135j:plain

 

分岐。直進方向は昨日時間がなくて断念した方の道。

本来反対側から来るはずだった。

今日は右手方向へ。

f:id:Margatroid:20170401111136j:plain

 

林道朝生原(あそうばら)線というらしい。

f:id:Margatroid:20170401111137j:plain

 

道は綺麗である。

f:id:Margatroid:20170401111138j:plain

 

するとまた分岐。左は林道加茂線。右は女ヶ倉線。

加茂線は途中で車輌行き止まりとなるらしい。見るからに路面が荒れていた。

ここは林道の分岐ラッシュか?

f:id:Margatroid:20170401111139j:plain

 

向かうは右手の女ヶ倉線。

f:id:Margatroid:20170401111140j:plain

 

こちらも路面は綺麗。

f:id:Margatroid:20170401111141j:plain

f:id:Margatroid:20170402103206j:plain

f:id:Margatroid:20170401111142j:plain

 

大福山登山ルート。

標識は結構新しい。

f:id:Margatroid:20170401111143j:plain

f:id:Margatroid:20170401111144j:plain

 

途中にある梅ヶ瀬渓谷駐車場。

f:id:Margatroid:20170401111146j:plain

f:id:Margatroid:20170401111145j:plain

f:id:Margatroid:20170401111147j:plain

f:id:Margatroid:20170401111148j:plain

 

大福山展望台に到着。

f:id:Margatroid:20170402103207j:plain

f:id:Margatroid:20170401111152j:plain

f:id:Margatroid:20170401111151j:plain

 

A(養老渓谷観光センター)B(大福山方面分岐)

  C(林道朝生原線入口)D(林道女ヶ倉線入口)展望台

f:id:Margatroid:20170402103218j:plain

 

‥と言いたいところだが、本来の展望台はここの手前上部にある。

気付きませんでした (^^;

家に帰ってからルートチェックしたときにわかりました。

ちなみにここは日高誠実という人物がこの一帯梅ヶ瀬において

人材育成・復興に力を注いだ人物の顕彰碑のようです。

f:id:Margatroid:20170401111153j:plain

 

登山道。

f:id:Margatroid:20170401111150j:plain

 

景色はやや木が入っていて微妙。やはり展望台から眺めたいものである。

f:id:Margatroid:20170401111154j:plain

f:id:Margatroid:20170401111155j:plain

 

先へ。

f:id:Margatroid:20170401111156j:plain

 

途中分岐があり、意外にも工事の誘導員がいた。

やがて民家が見えてきた。

f:id:Margatroid:20170401111157j:plain

f:id:Margatroid:20170401111158j:plain

 

北上していく。

f:id:Margatroid:20170401111159j:plain

f:id:Margatroid:20170401111200j:plain

f:id:Margatroid:20170401111201j:plain

 

県道32号線とのT字路交差点へ。

f:id:Margatroid:20170401111202j:plain

 

ここを右折して県道32号線に入る。

f:id:Margatroid:20170401111203j:plain

 

すぐに県道172号線へ。

f:id:Margatroid:20170401111204j:plain

 

A(日高誠実顕彰碑)B(県道32号線)県道172号線

f:id:Margatroid:20170402103219j:plain

 

そして「いちはらクォードの森」というモニュメントがあるのでそこで左折。

f:id:Margatroid:20170401111205j:plain

f:id:Margatroid:20170401200324j:plain

 

ちなみに最近までは「市民の森」となっていたようだ。

 

「ヘビに注意」という看板が何ヶ所かあった。

f:id:Margatroid:20170401111206j:plain

 

やがて月崎トンネルに向かう林道交差点に到着。

f:id:Margatroid:20170401111207j:plain

 

林道月崎1号線となる。

f:id:Margatroid:20170401111208j:plain

 

入口直後は狭かったが、マシな方だった。

f:id:Margatroid:20170401111209j:plain

f:id:Margatroid:20170402103209j:plain

f:id:Margatroid:20170401111210j:plain

 

が、前言撤回。

カーブは急だし狭いしガードレールもない。

クルマじゃまず通りたくない道だった。

 

悪路を通り、月崎トンネルに到着。

ただ、路肩がぬかるんでいてやや慎重にホーネットを停めた。

f:id:Margatroid:20170401111211j:plain

 

A(県道172号線)B(林道月崎1号線)月崎トンネル

f:id:Margatroid:20170402103220j:plain

 

断続する手掘りの隧道。

f:id:Margatroid:20170401111212j:plain

f:id:Margatroid:20170401111214j:plain

 

隧道の後にまた隧道となっており、一旦上空が明けて特徴的である。

f:id:Margatroid:20170402103211j:plain

 

この先は行き止まりっぽいがせっかくなので行ってみることに。

路面には枝がいっぱい落ちており、たまに太いのもあった。

f:id:Margatroid:20170401111215j:plain

 

また隧道。

f:id:Margatroid:20170401111216j:plain

 

抜けるとやや広めの場所で行き止まりとなっていた。

f:id:Margatroid:20170401111221j:plain

 

右手には登山道らしき階段があった。

「きのこコース 30km」と共に「月崎1号線」の標識もあった。

f:id:Margatroid:20170401111217j:plain

 

ちなみに隧道抜けて正面真っすぐの延長上は道‥

のような気がしないでもない。

f:id:Margatroid:20170401111218j:plain

 

ここまで車を持ってくるのは難易度が高い。

車同士のすれ違いがないことを祈るばかりである。

f:id:Margatroid:20170402103212j:plain

 

さて、この辺で家に帰りますか。

f:id:Margatroid:20170401111222j:plain

 

元の道に戻る。

f:id:Margatroid:20170401111223j:plain

 

県道81号線を北上。

f:id:Margatroid:20170401111224j:plain

 

帰りはR297(大多喜街道)で戻ることにした。

f:id:Margatroid:20170401111225j:plain

 

途中渋滞との表示があったが大したことはなかった。

 

やがてR16に出る。間もなくR357に出て千葉市街に入った。

交通量は増えてきたが渋滞は今のところなし。

f:id:Margatroid:20170401111226j:plain

f:id:Margatroid:20170401111227j:plain

 

途中日の出辺りから渋滞していた。

 

今回は時間が思ったよりかかって予定を変更したケースが目立った。

また、特別に意図していたわけではないが林道ツーリングとなって

それはそれで楽しかった。

まぁホーネットではあまり林道は走りたいとは思わないが‥

亀岩の洞窟や月崎トンネルなども見どころがあって良かったと思います。

今回の総走行距離は358.1kmでした。

f:id:Margatroid:20170402103221j:plain

千葉房総ツーリング Feb.2017 一日目 ~ 久留里城・亀岩の洞窟 ~

何度も行っている千葉房総ツーリングですが、

今回は初めて1泊してツーリング。

2月なので今の時期山は避けたいところ‥

というわけで路面凍結の影響も少ない隣県のチバへ。

まぁ前回のツーリングのやり残しもあるので。

 

R357で千葉県へ。今日は快晴、いい天気だが東京の予報では風が強い。

風は感じたが強風というほどではなかったので良かった。

 

例のごとく電光掲示板には「栄町付近 渋滞中」。

まぁ渋滞ポイントですな。

けれども思っていたほど長くはなく、栄町交差点手前の

立体の終わりぐらいから渋滞していた感じ。

んで、若松手前からもやはり渋滞の列。というかここの右側のレーンは

大型が右折待ちでレーンに入り切れないパターンで詰まる。

f:id:Margatroid:20170326191553j:plain

 

なのでスキを見て左に移り突破。

 

千葉市街へ。交通量は多いが渋滞はない模様。

R16に入り工業地帯へ。ここもトラックなどが多いが流れは順調。

ただ、この辺はやや風が強かった。

f:id:Margatroid:20170326191554j:plain

 

途中で左折し、県道269号線へ。

f:id:Margatroid:20170326191555j:plain

 

A(R357)県道269号線

f:id:Margatroid:20170329170634j:plain

f:id:Margatroid:20170326191556j:plain

 

というか、安房グリーンライン付近の県道296号線と混同してしまいそうな数字だ。

 

県道269号線を通ろうと思ったのは途中からいきなり「酷道」に

変わってしまうというのが興味を惹かれた。

普通の県道がいきなりこんな鬱蒼とした道に。

f:id:Margatroid:20170326191557j:plain

 

この辺はまだマシでも、途中明らかに軽自動車一台分の幅という場所が

いくつかあって、クルマではまず通りたくない県道だった。

f:id:Margatroid:20170326191558j:plain

f:id:Margatroid:20170326191559j:plain

f:id:Margatroid:20170329170010j:plain

 

まぁでものどかな感じはしますな。

f:id:Margatroid:20170326191600j:plain

f:id:Margatroid:20170326191601j:plain

 

最後はやや急な下り坂。

f:id:Margatroid:20170326191602j:plain

 

山の中を抜けて道が広くなる。

f:id:Margatroid:20170326191603j:plain

f:id:Margatroid:20170326191604j:plain

 

その先のT字路交差点を左折し、県道92号線に入る。

五分ほど走っていくと、ラーメン屋がある。

f:id:Margatroid:20170329170011j:plain

 

A(県道296号線)筑豊ラーメン山小屋君津店

f:id:Margatroid:20170329170635j:plain

f:id:Margatroid:20170326191606j:plain

 

ここで昼食をとることに。

まだどこにもいってないんですが、家を出た時間が少し遅いので。

筑豊ラーメン」という豚骨ラーメンの専門店。

 

正直な話、久留里城に向かう途中、どこか昼食とれそうな場所を

GoogleMapで探していたときにたまたま目星をつけた店。

ちなみにツーリング計画はいつもGoogleMapから立てる。

 

店の中へ。メニューは結構充実している。

f:id:Margatroid:20170329170631j:plain

f:id:Margatroid:20170329170632j:plain

 

デザートのソフトクリームまであった。

f:id:Margatroid:20170329170633j:plain

 

つい辛い物が好きなウチは「激辛ラーメン」に決めた。

けど店員さんがなかなかオーダーを取りに来なかった。

他に半餃子めんたいご飯セットみたいなのにした。

そして博多ラーメンといえば固さを選べるので「粉落とし」に。

固めが好きなので。

 

やがて激辛ラーメンがやってきた。

f:id:Margatroid:20170329170147j:plain

 

味はやや濃いめで味噌がベースといった感じで美味しかった。

 

替え玉をしてみることに。

メニューを見ると黒ダレを使用した「黒替え玉」と

豆板醤を使用した「赤替え玉」があった。

辛さに辛さを重ねて「赤替え玉」を注文。

すると替え玉がやってきて、豆板醤がのっている。

f:id:Margatroid:20170329170148j:plain

 

豆板醤をスープに混ぜて食す。美味い。辛さも増している。

 

お腹いっぱいになり会計を済ます。

ちなみに電子マネー決済端末があったが、まだ使えないとのことだった。

 

昼食を終えて出発。

f:id:Margatroid:20170326191605j:plain

 

県道93号線に入る。

f:id:Margatroid:20170326191607j:plain

 

山を削って工事しているのかこの辺はこういった景色が多かった。

f:id:Margatroid:20170326191608j:plain

 

森林の中に入る。どんな道かなと思ったが、綺麗な舗装路がずっと続き、

道幅も広かった。

f:id:Margatroid:20170326191609j:plain

 

というかここは工事用ダンプ御用達の道らしい。

所々に「ダンプ注意」みたいな標識があった。

実際すれ違ったのはダンプだけだった。

f:id:Margatroid:20170326191610j:plain

 

ダンプ道を抜ける。

f:id:Margatroid:20170326191611j:plain

f:id:Margatroid:20170326191612j:plain

 

で、R410とのT字路交差点にぶつかるのだが‥

一通の逆走が正面にあるのでコの字型に迂回して久留里駅前を通って入る。

 

久留里城への道は小さい案内看板があるだけなので

見逃さないように注意を払った。

一応目印としてはその直前右手にさんのまる薬局という薬局がある。

f:id:Margatroid:20170326191613j:plain

 

すぐに狭い隧道。どうやら林道らしい。

ちなみに隧道手前左手の林道は城山線で、登山道みたいな感じだった。

f:id:Margatroid:20170326191614j:plain

 

隧道を抜けると広い駐車場があるのでホーネットを停める。

f:id:Margatroid:20170326191615j:plain

f:id:Margatroid:20170326191709j:plain

 

A(県道93号線)B(久留里城入口)久留里城駐車場

f:id:Margatroid:20170329170636j:plain

 

この辺は「森林体験交流センター」となっているらしい。

なんとなく右上のマスコットキャラの隣の緑で隠された部分が気になる。

f:id:Margatroid:20170326191616j:plain

 

目の前には林道入口がある。

f:id:Margatroid:20170326191617j:plain

f:id:Margatroid:20170326191618j:plain

 

せっかくなので林道で登ってみることに。800mなので大した距離ではない。

ちょっとした登山感覚である。

f:id:Margatroid:20170329170012j:plain

 

シカ・イノシシが出没することもあるらしい。

f:id:Margatroid:20170326191619j:plain

f:id:Margatroid:20170326191620j:plain

 

それほど険しくない林道なので散策にはちょうど良い。

f:id:Margatroid:20170326191621j:plain

 

登り階段が断続的にあるといった感じか。

f:id:Margatroid:20170326191622j:plain

 

なんとなく高尾山の稲荷山コースに似た雰囲気を感じた。

f:id:Margatroid:20170326191623j:plain

f:id:Margatroid:20170326191624j:plain

f:id:Margatroid:20170326191625j:plain

 

「~まで~m」の指標が結構細かく刻まれながらあった。

f:id:Margatroid:20170326191626j:plain

f:id:Margatroid:20170326191628j:plain

f:id:Margatroid:20170326191629j:plain

f:id:Margatroid:20170326191630j:plain

f:id:Margatroid:20170329170013j:plain

 

「とっていいのは写真だけ 残していいのは足跡だけ」

f:id:Margatroid:20170326191627j:plain

f:id:Margatroid:20170326191629j:plain

 

舗装路に合流。

f:id:Margatroid:20170326191631j:plain

 

すぐそばに「男井戸・女井戸」というため池があった。

f:id:Margatroid:20170326191632j:plain

f:id:Margatroid:20170326191633j:plain

f:id:Margatroid:20170326191634j:plain

f:id:Margatroid:20170326191645j:plain

 

先に進むと久留里城天守閣(復元)が見えた。

f:id:Margatroid:20170326191635j:plain

 

言わば「城の形を模した展望台」という感じか。

f:id:Margatroid:20170329170014j:plain

 

中に入る。まずは靴を脱いでスリッパに履き替える。

ちなみに脱いだ靴は棚には入れずに床に置いたままに。

棚はスリッパ専用なので靴はいれないように。

入館受付票が入って左にあるので記入して箱に入れる。

f:id:Margatroid:20170326191636j:plain

 

1Fには全国の城の写真展示がある。

f:id:Margatroid:20170326191637j:plain

f:id:Margatroid:20170326191638j:plain

 

まず先に上に昇ってみることにした。

3Fほどの高さまで階段で昇り、扉があるので下にあるかませ棒を

外して扉を開けて外へ。

f:id:Margatroid:20170326191642j:plain

 

久留里城付近を一望できる。

後で資料館に行くとこの一帯に元々何があったかなどがわかる。

f:id:Margatroid:20170326191639j:plain

f:id:Margatroid:20170326191640j:plain

 

それにしても通路狭すぎないだろうか?

すれ違いは厳しいと思われる。

f:id:Margatroid:20170326191641j:plain

 

下に下りてさっきの写真展示物を見学した。

 

外へ。

f:id:Margatroid:20170326191643j:plain

 

このそばにも展望スポットがあり、天守閣に登らなくても

景色は眺めることができる。

f:id:Margatroid:20170326191644j:plain

 

資料館の方に向かう。

f:id:Margatroid:20170326191646j:plain

 

到着。

f:id:Margatroid:20170326191647j:plain

f:id:Margatroid:20170329170015j:plain

 

資料館は昭和54年に二の丸跡に建てられたようだ。

 

入館は無料。

入ってすぐ左手に受付窓口があるのでそこでさっきと同様、

入館受付票を記入する必要がある。

f:id:Margatroid:20170326191648j:plain

 

1Fは周辺の地形の模型があり、それぞれの要所の場所を知ることができる。

2Fがメインで、縄文・弥生時代などの出土土器や、戦国時代の鎧、

刀など他が結構展示されている。

結構じっくり見るとボリュームはあり、割とお勧めの資料館である。

 

見学を終えて外へ。

坂道を下り、駐車場に向かう。

f:id:Margatroid:20170326191651j:plain

 

どうやら資料館横に三の丸跡の展望スポットがあったので

引き返して再び登って行ってみることに。

f:id:Margatroid:20170326191652j:plain

 

さっきの資料館入口の先にあったようだ。

かつて建物などがあった場所などは、ここが一番がわかりやすい。

f:id:Margatroid:20170326191653j:plain

f:id:Margatroid:20170326191654j:plain

f:id:Margatroid:20170326191655j:plain

f:id:Margatroid:20170329170016j:plain

 

展望スポットの後ろには新井白石像が建てられている。

f:id:Margatroid:20170326191657j:plain

 

新井白石‥名前はよく知っている。が、何をやった人なのか覚えていない。

文系の人間ではなくても一般教養として知っておきたいところですな‥

朱子学者で「正徳の治」と呼ばれる政治改革を行った人物、らしい。

f:id:Margatroid:20170326191658j:plain

 

駐車場に戻る。

f:id:Margatroid:20170326191659j:plain

 

こちらはスロープ状の道となっている。

f:id:Margatroid:20170326191701j:plain

 

ちなみに久留里城は「雨城」とも呼ばれていたようだ。

f:id:Margatroid:20170326191700j:plain

f:id:Margatroid:20170326191702j:plain

f:id:Margatroid:20170326191706j:plain

 

ちなみに旧道が上の方にあり、さっきの三の丸跡すぐから

ここまで通じている。

f:id:Margatroid:20170326191703j:plain

f:id:Margatroid:20170326191704j:plain

 

駐車場でもあったが、身体の不自由な人や高齢者の人は

車で資料館のところまで登ることが可能。

f:id:Margatroid:20170326191708j:plain

 

また、杖も入口と資料館そばに置いてあり、使用可能。

f:id:Margatroid:20170326191707j:plain

 

さて、久留里城を出発。

というかもうすでに予定より一時間以上遅れが発生している。

うーむ、ここまで来るのに思ったより距離があるんだよなあ。

一応いつもGoogleMapで所要時間を参考にしつつ

時間に余裕をもってスケジュールを立てているのだけれど、

これほど遅れが出ているのは今回が初めてだ。

 

そんなことを気にしつつも県道ではない細い道を通ってみようと思い、

外れた方へ南下。

f:id:Margatroid:20170326191710j:plain

 

すると明らかに路面が悪くなった上に、

いかにも的な素掘りトンネルがあった。

f:id:Margatroid:20170326191711j:plain

 

コレは狭い。軽自動車でも‥ギリ?

f:id:Margatroid:20170326191712j:plain

 

中を通ってみる。抜けるとかなり荒れ果てた道になっている。不安だ‥

f:id:Margatroid:20170329170017j:plain

f:id:Margatroid:20170326191713j:plain

 

が、早々に無理なことがわかる。「通行止め」の立て看板があった。

それに、あの道をホーネットで通る気はしない。

f:id:Margatroid:20170326191714j:plain

 

問答無用でUターン。さっきの隧道に戻る。

f:id:Margatroid:20170326191715j:plain

 

結局道を戻っていき、R410に復帰。

f:id:Margatroid:20170326191716j:plain

 

さっきの道とはまるで違って国道なので道が綺麗で走りやすい。

このままR465へ接続。

ただ、途中トンネル工事による交互片側通行が三ヶ所あった。

f:id:Margatroid:20170326191717j:plain

 

工事箇所を抜けてまた快適な道を走り、県道24号線へ。

f:id:Margatroid:20170326191718j:plain

 

このまま走っていくと次の目的地である亀岩の洞窟に到着する。

f:id:Margatroid:20170326191719j:plain

 

やがて亀岩の洞窟付近にある清水渓流広場駐車場に到着。

f:id:Margatroid:20170326191720j:plain

 

A(久留里城入口)B(県道24号線)清水渓流広場駐車場

f:id:Margatroid:20170329170637j:plain

 

観光バスが来ている。

f:id:Margatroid:20170326191733j:plain

 

SNSで一気に話題となったこの観光スポットだが、

今回ここに寄るかどうか悩んでいた。

込んでいるだろうし、ましてや団体バスが来るような場所というのが‥

まぁでも時間も遅めだし、ルート的に都合もいいので行くことにした。

f:id:Margatroid:20170326191724j:plain

 

バイクは一台もおらず、自分だけだった。

駐輪場は歩道の上になっている。

f:id:Margatroid:20170326191734j:plain

 

ここは正確には「片倉ダム 清水渓流広場」。

f:id:Margatroid:20170326191722j:plain

 

亀岩の洞窟に向かう。さすがに夕方前なので人は思ったより少ない。

f:id:Margatroid:20170326191723j:plain

f:id:Margatroid:20170326191721j:plain

 

途中、幸運の鐘がある。カン、と小気味良い音が鳴る。

f:id:Margatroid:20170402103222j:plain

 

観光客が増えた後に建てられたであろう注意書き。

最後だけ「近寄らない」と断言的なのは何故だろうか。

また、

 

管理委員会「川に入る方は注意してください」

君津市「入川行為は禁止します」

 

どっち?

f:id:Margatroid:20170326191729j:plain

f:id:Margatroid:20170326191728j:plain

 

川辺に降り立つ。若干滑りやすい箇所があるので混雑時は危険かもしれない。

亀岩の洞窟。確かに特徴的で画になる。

f:id:Margatroid:20170326191725j:plain

 

三脚を設置して撮影している人もちらほらいた。

f:id:Margatroid:20170326191730j:plain

f:id:Margatroid:20170329170018j:plain

f:id:Margatroid:20170326191726j:plain

 

ベストなのは3・5月の早朝らしい。

朝の太陽の光の差し込みで池に反射し、ハートマークが

横たわっているように見えるのが美しいようだ。

 

さて、戻ることに。散策道が整備されている。

f:id:Margatroid:20170326191731j:plain

 

この辺は蛍の保護地域となっている模様。

 

駐車場に戻り、隣接されている店でおみやげを買った。

f:id:Margatroid:20170326191732j:plain

 

ちなみにここでも千葉限定のエナジードリンクなるものが

売っていたので買った。

 

駐車場を出発し、県道24号線をこのまま南下。

やがて鴨川有料道路の起点が見えてきた。

f:id:Margatroid:20170326191736j:plain

f:id:Margatroid:20170328213027j:plain

 

少し進むと料金所へ。

126cc以上の二輪車及び軽自動車は150円。ETC非対応。自動精算機方式。

f:id:Margatroid:20170326191737j:plain

 

料金を払い出発。

f:id:Margatroid:20170326191738j:plain

 

一車線の快適な直線。

交通量はこの時間は反対方向(北行き)の方が多かった。

 

有料区間を抜けて南下。県道181号線との交差点で右折。

f:id:Margatroid:20170326191739j:plain

 

そのまま県道34号線(長狭街道)へ。

R410の交差点で左折し、更に南下。

f:id:Margatroid:20170326191740j:plain

 

途中一部センターラインがなくなるが、基本的には流れも速く、

交通量はさほど多くなかった。

f:id:Margatroid:20170326191741j:plain

f:id:Margatroid:20170326191742j:plain

 

県道258号線へ。ここで右折。

f:id:Margatroid:20170326191743j:plain

 

A(清水渓流広場駐車場)鴨川有料道路県道258号線

f:id:Margatroid:20170329170638j:plain

 

山の方に入る。

f:id:Margatroid:20170326191745j:plain

 

とはいっても序盤は民家がいくつかあり、道も悪くない。

f:id:Margatroid:20170326191744j:plain

f:id:Margatroid:20170326191746j:plain

f:id:Margatroid:20170329170019j:plain

 

山を抜けて県道88号線とのT字路交差点へ。

左折して引き続き南下。

f:id:Margatroid:20170326191747j:plain

 

ここは房総ツーリングの際は何度も通っている。

この先に道の駅三芳村鄙の里があるが、今回は時間があまりないのでパス。

f:id:Margatroid:20170326191748j:plain

f:id:Margatroid:20170326191749j:plain

 

館山市に入る。陽もそろそろ傾いてきた。

f:id:Margatroid:20170326191750j:plain

 

R128のT字路交差点で右折。

安房グリーンラインで南下する方法もあったが、

グリーンラインは明日行く予定なので今日は違う方を通っていく。

f:id:Margatroid:20170326191751j:plain

 

県道86号線との交差点へ。ここにファミマがあったので寄って買い物。

南端の白浜にはコンビニがないので予め寄ろうと思っていた。

f:id:Margatroid:20170329170020j:plain

 

再び出発。

f:id:Margatroid:20170326191753j:plain

 

南房総市に入る。

f:id:Margatroid:20170326191754j:plain

 

そして南端のR410に入りホテルに向かう。

そろそろ暗くなってきた。

 

ホテルに到着。

今回宿泊するホテルは「房総白浜ホテル」。

f:id:Margatroid:20170326191755j:plain

 

A(県道258号線)B(県道88号線)ファミリーマート

 → 県道86号線房総フラワーライン房総白浜ホテル

f:id:Margatroid:20170329170639j:plain

 

バイクの停め場所がわからなかったので、とりあえず適当に停める。

中へ。フロントのスタッフに停め場所を訊く。ホテルの裏側に停めるようだ。

外に出て案内してくれた。

 

再びロビーに行き、チェックインを行う。

部屋のルームキーを渡され部屋へ。7Fのようだ。

部屋に到着。一般的な和室。

f:id:Margatroid:20170326191756j:plain

 

台所のような洗面所もある。

f:id:Margatroid:20170326191757j:plain

 

夕食は18時15分かららしい。半入れ替え制らしく、時間が決まっている。

 

時間になったのでレストランへ。入口で部屋番号を告げて札を受け取る。

空いているテーブルに札を置いて席を確保する方式らしい。

バイキング方式で食べ物を取りに行く。

なお飲み物は別注文(ソフトドリンクまたはアルコール含むドリンクバー)。

注文すると展示会パスのようなストラップを受け取りそれを首から下げる。

 

さざえのつぼ焼き。

f:id:Margatroid:20170329170149j:plain

 

山菜の釜めし。

f:id:Margatroid:20170329170150j:plain

 

共に網棚に載せてチャッカマンで着火して焼く・炊くという

ひと手間かけて食べる方式。

やや時間はかかるが、ただのバイキングよりこの方が面白い。

それに、つぼ焼きも山菜の釜めしも美味しかった。

 

夕食を終えて部屋に戻る。布団が敷いてあった。

20時過ぎに大浴場へ。空いていたので自分と他二人しかいなかった。

一般的な大浴場か。それほど広くはない。

 

風呂あがりに自販機に瓶の牛乳などがあったが、

小銭を持ってくるのを忘れた。

 

部屋に戻り、0時半過ぎに就寝。

 

今日は思ったより時間が押してしまった。

なので全体の約3分の1は変更となっている。

まぁでも久留里城と亀岩の洞窟には行けたし、

訳の分からない行き止まりの道の手掘り隧道も行ったしいいでしょう。

本日の総走行距離は181.2kmでした。

f:id:Margatroid:20170329170640j:plain

 

次へ。

千葉房総ツーリング Feb.2017 二日目 ~ 安房グリーンライン・林道・月崎トンネル ~

千葉房総ツーリング Jan.2017 ~ 佐久間ダム・r185・安房グリーンライン・菅田の滝 ~

年一発目のツーリングが千葉房総になりつつあるこの頃。

今年も千葉県へ。今日までは気温は少し暖かめ。

 

R357を走っていく。交通量は多いが目立った渋滞はなし。

f:id:Margatroid:20170722105456j:plain

 

千葉街道を経てR16へ。

f:id:Margatroid:20170722105232j:plain

f:id:Margatroid:20170722105233j:plain

 

工業地帯を順調に駆け抜ける。

f:id:Margatroid:20170722105301j:plain

 

木更津のファミマでトイレ休憩。

f:id:Margatroid:20170722105440j:plain

 

A(R357舞浜大橋) → R16 → R127 → ファミリーマート木更津南インター店

f:id:Margatroid:20170722105459j:plain

 

軽く休憩。

f:id:Margatroid:20170722105441j:plain

 

出発。R127に入り、そのまま南下。

途中左折してR465へ。この辺になると交通量はかなり減ってくる。

f:id:Margatroid:20170722105302j:plain

 

そのまま県道182号線へ。

f:id:Margatroid:20170722105303j:plain

f:id:Margatroid:20170722105442j:plain

f:id:Margatroid:20170722105304j:plain

 

日影は若干ウェットな感じ。

f:id:Margatroid:20170722105305j:plain

f:id:Margatroid:20170722105306j:plain

 

まぁそれでも全体的に路面は問題なかったので走りやすかった。

f:id:Margatroid:20170722105307j:plain

 

T字路交差点で右折し、一旦県道34号長狭街道に入る。

f:id:Margatroid:20170722105308j:plain

 

A(ファミリーマート木更津南インター店) → R127 → B(R465)

              C(県道182号線)県道34号長狭街道

f:id:Margatroid:20170722105501j:plain

 

鋸南町に入った。

f:id:Margatroid:20170722105309j:plain

f:id:Margatroid:20170722105500j:plain

 

途中左折するのだが、一旦通り過ぎてしまったようなのでUターンした。

f:id:Margatroid:20170722105310j:plain

 

通過した箇所を曲がる。

ここから佐久間ダム方面に通じている。

f:id:Margatroid:20170722105311j:plain

 

隧道。

f:id:Margatroid:20170722105312j:plain

f:id:Margatroid:20170722105313j:plain

 

隧道を通ってすぐに分岐があるので右折。

ダムに通じる道に入った。

f:id:Margatroid:20170722105314j:plain

 

すると間もなく駐車場が見えてきて、観光客もまあまあいた。

ホーネットを停める。

f:id:Margatroid:20170722105315j:plain

f:id:Margatroid:20170722105316j:plain

 

A(分岐)佐久間ダム親水公園

f:id:Margatroid:20170722105502j:plain

f:id:Margatroid:20170722105321j:plain

 

佐久間ダムを望む。

カモがたくさん泳いでいました。

f:id:Margatroid:20170722105317j:plain

f:id:Margatroid:20170722105318j:plain

 

湖を周回散策できる親水公園となっている。

f:id:Margatroid:20170722105327j:plain

f:id:Margatroid:20170722105319j:plain

f:id:Margatroid:20170722105320j:plain

 

上の方に登ってみる。

f:id:Margatroid:20170722105322j:plain

 

更にこの先は参拝コースらしい。

f:id:Margatroid:20170722105323j:plain

 

上から眺める。

桜が植えられているので春にはお花見ができる模様。

f:id:Margatroid:20170722105324j:plain

f:id:Margatroid:20170722105325j:plain

 

観音像。

f:id:Margatroid:20170722105326j:plain

 

出発するとき、バイクは気持ちいいでしょうねと声をかけられた。

確かに今日くらいの気温ならいい天気でツーリング日和である。

f:id:Margatroid:20170722105328j:plain

 

道を下っていく。

f:id:Margatroid:20170722105329j:plain

f:id:Margatroid:20170722105444j:plain

 

県道184号線に入った。

f:id:Margatroid:20170722105330j:plain

 

山林の中を通る。路面は若干凸凹していた。

f:id:Margatroid:20170722105331j:plain

f:id:Margatroid:20170722105332j:plain

 

南房総市に入った。

f:id:Margatroid:20170722105333j:plain

f:id:Margatroid:20170722105503j:plain

 

県道88号線へ。

f:id:Margatroid:20170722105334j:plain

 

対向からはバイク一台だけすれ違った。

道幅の広い道を下っていく。

f:id:Margatroid:20170722105335j:plain

 

県道89号線T字路交差点で右折。

f:id:Margatroid:20170722105336j:plain

 

すぐに左折して県道88号線を南下。

で、途中右折して県道185号線に入ろうとしたのだが、目立たなくて通過してしまった。

すぐにUターンして県道185号線に到着。

 

A(佐久間ダム親水公園)B(県道184号線)C(県道88号線)

                         県道185号線

f:id:Margatroid:20170722105504j:plain

 

入口には落石注意や迂回路の看板が。

f:id:Margatroid:20170722105339j:plain

 

「通行注意」「落石注意」「路肩決壊」

f:id:Margatroid:20170722105505j:plain

 

連続雨量が150mmで通行止め。

f:id:Margatroid:20170722105506j:plain

 

青看もないし、意図的に県道として目立たなくしているのだろうかなんて

思ってしまう。

車が通行するには最初から狭い。

f:id:Margatroid:20170722105445j:plain

 

すぐに山道へ。

f:id:Margatroid:20170722105340j:plain

 

陣馬街道和田峠付近を思い起こさせる道だった。

f:id:Margatroid:20170722105341j:plain

 

道が細い。

ストリートビューカーもよく通ったものだ。

f:id:Margatroid:20170722105342j:plain

f:id:Margatroid:20170722105446j:plain

 

路肩決壊はここですな。

f:id:Margatroid:20170722105343j:plain

f:id:Margatroid:20170722105344j:plain

 

まだ細い山道は続く。

途中この辺でバイクとすれ違い、挨拶を交わす。

f:id:Margatroid:20170722105346j:plain

 

ようやく山道を抜けた。

f:id:Margatroid:20170722105345j:plain

f:id:Margatroid:20170722105347j:plain

 

で、県道の標識があったのだが、「186」と記載されている。

f:id:Margatroid:20170722105348j:plain

f:id:Margatroid:20170722105507j:plain

 

犬掛・館山線は県道185号線のはず。

調べてみたが、県道186号線はだいぶ東側の方を走る

南三原停車場丸線」となっている。

f:id:Margatroid:20170722105508j:plain

 

ミスなのかわからないがちょっと気になった次第。

 

少し進んだ先に道の駅おおつの里がある。

f:id:Margatroid:20170722105349j:plain

 

A(県道185号線)道の駅おおつの里

f:id:Margatroid:20170722105509j:plain

 

ここは花摘みができる道の駅らしい。

f:id:Margatroid:20170722105350j:plain

 

中へ。お土産を少し買った。

テーブルがあったので食事ができるかなと思ったらそうでもないようだ。

フラワーアレンジメントらしきコーナーもあった。

 

少し休憩して出発。

ちょっと進んで左折。一見この先広い道路があるような風に見える。

f:id:Margatroid:20170722105351j:plain

 

けれども道はすぐに山道に入り、車一台分の狭い道になった。

f:id:Margatroid:20170722105352j:plain

 

小さな隧道を通る。

f:id:Margatroid:20170722105353j:plain

 

どう考えても車一台ギリギリの幅で策もない道。

バイク同士ですらすれ違いは慎重になるくらい。

f:id:Margatroid:20170722105354j:plain

f:id:Margatroid:20170722105355j:plain

 

と思ったらちょっと道を間違えていたようだ。

対向から軽トラが来ようとしていたので少し慌ててUターンw

 

戻ってもう一つの道に入ると林道の入口になった。

奥山仲尾沢線。こちらが正解である。

f:id:Margatroid:20170722105356j:plain

f:id:Margatroid:20170722105357j:plain

f:id:Margatroid:20170722105447j:plain

 

少しだけ景色を望める箇所があった。

f:id:Margatroid:20170722105358j:plain

 

道には落石が多かった。

バイクは踏んだら転倒の危険性が高いが、避けやすい。

車では避けるのは少し難しいかも。

f:id:Margatroid:20170722105359j:plain

f:id:Margatroid:20170722105400j:plain

 

路肩の無い狭い道が続く。

f:id:Margatroid:20170722105401j:plain

 

こんな道だが、途中ビッグスクーターを停めて一息ついているおっちゃんがいた。

先へ進んでいく。

f:id:Margatroid:20170722105402j:plain

 

湖が見えた。

f:id:Margatroid:20170722105403j:plain

f:id:Margatroid:20170722105449j:plain

 

湖を過ぎると終点というか開けた道に出た。

f:id:Margatroid:20170722105404j:plain

 

田んぼの広がるのどかな場所。

f:id:Margatroid:20170722105405j:plain

f:id:Margatroid:20170722105406j:plain

 

このまま進めば安房グリーンラインだが、

その前に昼食をとることにして道の駅三芳村鄙の里へ。

f:id:Margatroid:20170722105407j:plain

 

A(道の駅おおつの里) → 林道奥仲尾線 → B(湖)

           C(県道88号線)道の駅三芳村鄙の里

f:id:Margatroid:20170722152941j:plain

f:id:Margatroid:20170722105408j:plain

 

中へ。

レストランに入る。何にするか迷ったが、かつ定食にした。

f:id:Margatroid:20170722152942j:plain

 

もちろんできたてなので熱いがサクサクで美味しかった。

昼食の後は少しお土産を買った。

 

道の駅を出発して安房グリーンラインを目指す。

f:id:Margatroid:20170722105409j:plain

 

県道296号線に入り、途中で右折。

f:id:Margatroid:20170722105410j:plain

f:id:Margatroid:20170722105411j:plain

 

稲交差点。

f:id:Margatroid:20170722105412j:plain

 

交差点を通過後すぐ右折し踏切を通過。

快適ゾーンに入る。

f:id:Margatroid:20170722105413j:plain

f:id:Margatroid:20170722105450j:plain

 

ちなみに小松寺付近にあったラーメン店「ラーメン栄蔵」は閉店した模様。

f:id:Margatroid:20170722105414j:plain

 

店長が退職したかららしいが、少し残念である。

しかし携帯の電波も届きにくいこの場所で商売というのは難しい。

 

再びグリーンラインへ。

思ったより交通量はないというかいつも通りか。ねずみ捕りはなかった。

f:id:Margatroid:20170722105415j:plain

 

大規模海底地すべり構造駐車場へ。

f:id:Margatroid:20170722105416j:plain

f:id:Margatroid:20170722105417j:plain

 

A(道の駅三芳村鄙の里) → 県道296号線 → 安房グリーンライン

         B(ラーメン栄蔵跡)大規模海底地すべり構造駐車場

f:id:Margatroid:20170722152943j:plain

 

地すべり跡。

f:id:Margatroid:20170722105418j:plain

 

今度は反対方向を走る。

f:id:Margatroid:20170722105419j:plain

f:id:Margatroid:20170722105451j:plain

 

途中にある休憩所。

カエルの産卵池があるらしいが、今回はスルー。今度行ってみたい。

f:id:Margatroid:20170722105420j:plain

 

快適に流す。

f:id:Margatroid:20170722105421j:plain

f:id:Margatroid:20170722105452j:plain

 

また先でUターン。

今回ちょっと気になっていた箇所に寄ってみることに。

グリーンラインの途中に滝がある。入口向かいの広場にホーネットを停める。

f:id:Margatroid:20170722105422j:plain

 

菅田(すげだ)の滝という。

f:id:Margatroid:20170722105423j:plain

 

下に下りていく。

f:id:Margatroid:20170722105424j:plain

f:id:Margatroid:20170722105425j:plain

 

ロープは比較的新しかった。

f:id:Margatroid:20170722105428j:plain

f:id:Margatroid:20170722105453j:plain

 

下り始めて一分程度で到着。

観察するには遠いし、小規模な滝だった。

f:id:Margatroid:20170722105426j:plain

 

ここから下りるのはまず無理そうだ。

 

ちなみに先にまだ道が続いている。

f:id:Margatroid:20170722105427j:plain

 

が、すぐに柵のロープはなくなり、道もなくなった。

下の方は滝から流れた小川が流れていた。

 

来た道を戻る。

f:id:Margatroid:20170722105429j:plain

 

続いてグリーンラインから林道がいくつか枝分かれしているが、

山倉線という林道があった。

ただ、今回は時間の都合でちょっと走ってみる程度にした。

f:id:Margatroid:20170722105430j:plain

f:id:Margatroid:20170722105431j:plain

 

路面は舗装されており、走行には問題ない。

f:id:Margatroid:20170722105433j:plain

f:id:Margatroid:20170722105432j:plain

 

何かを栽培していると思われる。

f:id:Margatroid:20170722105434j:plain

 

グリーンラインを遠くに望む。

f:id:Margatroid:20170722105435j:plain

 

そばに崩落したような穴が。

f:id:Margatroid:20170722105436j:plain

 

時間の都合もあるが、なによりトイレに行きたくなったのでこの辺で退散。

f:id:Margatroid:20170722105454j:plain

 

安房グリーンラインに戻り、地すべり先のトンネルを抜けて房総フラワーラインへ。

道の駅白浜野崎に到着。

f:id:Margatroid:20170722105455j:plain

 

ここは道の駅といってもせいぜいトイレくらいしかない。

逆に言えばトイレはここに寄っていく。

 

A(大規模海底地すべり構造駐車場)B(菅田の滝)C(林道山倉線)

          D(Uターン) → 房総フラワーライン → 道の駅白浜野崎

f:id:Margatroid:20170722152944j:plain

 

トイレを済ませて出発。

f:id:Margatroid:20170722105438j:plain

 

R410を北上。

いつもは西海岸を北上していくが、今回は気分を変えて真ん中のR410を通っていく。

しかし、若干渋滞していた。

なので、結局いつも通り西側の海岸沿いで帰った。

f:id:Margatroid:20170722105439j:plain

 

空も暗くなって寒くなり、途中で防水・防寒用のグローブに変えた。

 

帰りのR357。浦安手前付近か。

左側車線の方が空いていて、一台セダンが左に移って加速していった。

自分も左に移って向かったら、そのセダンのサイドミラーが

補助ミラーつきだった。ルームミラーまでは確認しなかったが、

その先また右に移って右折したが、覆面だったっぽい。

 

帰還。

主たる目的は安房グリーンラインで滝も見れたし、佐久間ダムにも寄れたので

とりあえず一発目のツーリングとしてはよかったかな。

今回の走行距離は314kmでした。

f:id:Margatroid:20170722152945j:plain

 

八丈島ツーリング Nov.2016 最終日 ~ 八丈島 → 竹芝桟橋 帰還 ~

いよいよ帰る日となった。

 

6時半に起床し、朝食へ。昨日と同様セミバイキング方式。

f:id:Margatroid:20170211162615j:plain

 

船に乗るのであまり食べ過ぎないようにした。

 

朝食を終えて宅配便を送るためにガムテープをフロントで借りる。

箱に送る荷物を詰めてフロントに着払いとして預かってもらった。

 

結局使用することのなかったガソリン携行缶のガソリンをホーネットに給油。

f:id:Margatroid:20170211162526j:plain

 

そんな作業をしていると、携帯に着信があったことに気付く。

知らない番号だが、八丈島の市外局番「04996」からだった。

かけてみると東海汽船八丈島営業所からだった。

どうやらバイク貨物輸送の件で、もう受付を始めているとのことだった。

わざわざ連絡を入れてくるあたり、やはりバイク輸送に関しては

時間厳守ということを改めて感じさせる。

 

8時半までにとのことだが、もうすでに8時になりそうだ。

思いの外時間が迫っていることに半ば焦りつつ、

部屋に戻り急いで出発の準備をする。

そして部屋を出てチェックアウトの手続きを行った。

 

ホテルを出発。

出発と言っても、本当にすぐ近くなので一分で到着。

しかしながらもうすでに8時20分になっていた。

f:id:Margatroid:20170211161707j:plain

 

で、待合所の中に入ってみたものの、窓口は開いていない。

果たしてどこが貨物受付なのかわからずウロウロしていた。

やばい、時間が迫っている。

外に出るとそれらしき人に訊いたらやはり中にあるとのこと。

奥の方に行くと部屋の入口のようなものがあり、

どうやらここのようだった。

誰もいなかったので声をかける。中から職員がやってきたので

貨物受付をして料金を支払い、引換証を受け取った。

 

外に出て隣にあるコンテナのところにホーネットを運ぶ。

そこの担当の人にホーネットを引き渡して無事完了。

f:id:Margatroid:20170211161708j:plain

 

空模様がちょっと怪しげだ。

今日は降水確率50%だとのことで雨が降るようだ。

f:id:Margatroid:20170325210735j:plain

f:id:Margatroid:20170325210734j:plain

 

バタバタしてしまったが、待合室の中に戻りようやく一息ついた。

中には数人人がいた。

f:id:Margatroid:20170211162616j:plain

 

窓口も開き始めたようだ。

 

気付いたら外は雨が降っていた。通り雨っぽい感じだった。

ちなみにここの待合室はまだ新しい。

 

途中アナウンスが流れ、どうやら橘丸の到着が遅れているとのことだった。

外に出ると雨は過ぎ去って晴れていた。

f:id:Margatroid:20170211161709j:plain

f:id:Margatroid:20170211161710j:plain

f:id:Margatroid:20170211161712j:plain

f:id:Margatroid:20170211161714j:plain

 

港の方に向かうと橘丸が来ていた。

f:id:Margatroid:20170211161711j:plain

 

無事に接岸。

f:id:Margatroid:20170211161713j:plain

 

また待合室でしばらく待ち、9時50分ごろにアナウンスが流れ、

乗船開始となり外に出て橘丸に向かう。

f:id:Margatroid:20170211161715j:plain

 

タラップで乗船券を渡して橘丸に乗り込んだ。

 

帰りに予約しているのは特二等室。

手前には物置場らしき場所があり、そこを抜けると特二等室がある。

両サイドに二段ベッド×3の計12名のエリア。

f:id:Margatroid:20170211161720j:plain

 

自分の指定場所は一番奥の下の段だった。

f:id:Margatroid:20170211161717j:plain

 

中には返却式のコインロッカーがある。

f:id:Margatroid:20170211161718j:plain

 

30Lのリュックがそのまま入る広さがある。

 

蛍光灯や物置、そして電源も備えており、カーテンを閉めれば

個室のような感じになる。

f:id:Margatroid:20170211161719j:plain

 

どうやら現時点ではこのエリアは自分だけのようだ。

 

船内を歩く。

レストランは12:30-14:30、17:00-18:30の営業となっている。

f:id:Margatroid:20170211161721j:plain

 

デッキに出てみる。青空が広がって天気がいい。

f:id:Margatroid:20170211161725j:plain

f:id:Margatroid:20170211161726j:plain

f:id:Margatroid:20170211161722j:plain

f:id:Margatroid:20170211161723j:plain

 

八丈富士。

f:id:Margatroid:20170211161724j:plain

 

昨日行ったふれあい牧場の休憩所が見える。

f:id:Margatroid:20170325210736j:plain

 

5甲板デッキ。

f:id:Margatroid:20170211161727j:plain

 

喫煙所。

f:id:Margatroid:20170211161728j:plain

 

ラウンジ。

f:id:Margatroid:20170211161729j:plain

 

トイレ。

ちなみにトイレのドアは普段は開けっ放しにしておくように

壁の部分にマグネットらしきものがついていた。

f:id:Margatroid:20170325210737j:plain

 

船が出航した。風がすごく強い。

さらば、八丈島。次回、青ヶ島に行くことができればまた訪れたい。

f:id:Margatroid:20170211161731j:plain

f:id:Margatroid:20170211161730j:plain

 

船内に戻る。

総合案内所で毛布を追加で借りる。100円。

ちなみに特2等は標準で1枚毛布がある。

そんでもって昼頃まで横になって休むことにした。

念のため酔い止めを飲んでおく。行きのこともあったので‥

f:id:Margatroid:20170325210738j:plain

 

12時半ごろに起きて、レストランに昼食をとりに行く。

揺れはあまり感じなく、酔いもなかった。

 

カルビ丼にした。甘いタレで味付けがしてある。

f:id:Margatroid:20170211162618j:plain

 

ちなみにカウンター席からは外が見え、もうすでに御蔵島が迫っていた。

 

御蔵島を見ようと昼食の後にデッキの方へ。

f:id:Margatroid:20170211161733j:plain

 

御蔵島‥自分は恥ずかしながら御蔵島を知りませんでした。

伊豆諸島の中では青ヶ島の次に上陸するのにハードルが高い島でしょうな。

 

山の方は雲に覆われている。

f:id:Margatroid:20170211161734j:plain

 

建物が垣間見える。

f:id:Margatroid:20170211161735j:plain

f:id:Margatroid:20170325210742j:plain

f:id:Margatroid:20170325210741j:plain

 

やがて接岸体制に入った。

f:id:Margatroid:20170325210739j:plain

 

港に接岸し、港の関係者や警察官がタラップの付近でスタンバイしていた。

やがてタラップを接続。最初に関係者が船に乗り込み、

その後御蔵島からの乗船客が乗船。3人だけだった。

関係者も含めてみんな駆け足でタラップ上を移動していたのが面白い。

全員が乗り込んで関係者が降りるとタラップが外された。

船は波で常に動くので、タラップには滑車がついているようだ。

f:id:Margatroid:20170325210740j:plain

 

後方ではクレーンでコンテナを釣り下ろしていた。

f:id:Margatroid:20170211161736j:plain

 

やがて出発し、御蔵島を後にする。

f:id:Margatroid:20170211161737j:plain

f:id:Margatroid:20170211161738j:plain

 

御蔵島もちょっと興味深い。

さすがにツーリング目的では行かないかもだが。狭すぎるので。

 

続いて三宅島。三宅島と御蔵島は距離が近い。

なのでもう見える。

f:id:Margatroid:20170325210743j:plain

 

到着付近までデッキのテーブルでくつろぐ。

f:id:Margatroid:20170211162619j:plain

 

三宅島が近づいてきた。

f:id:Margatroid:20170211161739j:plain

f:id:Margatroid:20170211161740j:plain

 

建物も見えてきた。

f:id:Margatroid:20170211161741j:plain

 

三宅島も山の方はすっかり雲に覆われている。

f:id:Margatroid:20170211161742j:plain

 

港に接岸に向かう。

f:id:Margatroid:20170211161744j:plain

 

三宅島は割と乗船予定の人がいた。

f:id:Margatroid:20170325210744j:plain

 

無事に接岸。

f:id:Margatroid:20170325210745j:plain

 

f:id:Margatroid:20170325210746j:plain

 

三宅島を出発。

 

この後は竹芝まで時間があるので船室に戻り、休んだ。

f:id:Margatroid:20170211162623j:plain

 

18時過ぎごろにレストランへ。

日替わりメニューでアラビアータをいただく。美味い。

f:id:Margatroid:20170211162624j:plain

 

夕食を終えてデッキに出てみる。

f:id:Margatroid:20170211161746j:plain

 

横浜みなとみらいが見える。夜景が遠くだが綺麗だ。

f:id:Margatroid:20170211161748j:plain

 

東京タワーが見えてきた。

f:id:Margatroid:20170211161752j:plain

 

‥ちなみに船は揺れている。その上ズームで夜景(シャッター速度が遅い)。

ブレる条件を十分すぎるほど満たしているが、

むしろピントが合わないことの方が多かった。

「数打ちゃ当たる」作戦で、ここで相当な枚数の写真を撮った。

ここに載せていたのは比較的マシなやつ。

 

東京ゲートブリッジ

f:id:Margatroid:20170211161750j:plain

 

東京スカイツリー

f:id:Margatroid:20170211161749j:plain

 

さあ、最後にレインボーブリッジが見えてきた。

f:id:Margatroid:20170211161753j:plain

 

やっぱり夜景は綺麗だなあ。

こちらはスマートフォン(SO-03G)で撮影。

f:id:Margatroid:20170211162625j:plain

 

行きと同様、橋の下を潜り抜ける。

f:id:Margatroid:20170211161754j:plain

f:id:Margatroid:20170211161755j:plain

f:id:Margatroid:20170211161756j:plain

f:id:Margatroid:20170211161757j:plain

f:id:Margatroid:20170211161800j:plain

f:id:Margatroid:20170211161802j:plain

 

レインボーブリッジを通過。豊洲付近。

f:id:Margatroid:20170211161801j:plain

 

下船時間間際になったので部屋に戻る。

もう入口に清掃の人がいた。この後22時半発の八丈島行きですからね。

荷物を持って下船口へ。みんな並んで待っていた。

 

そして竹芝桟橋に無事、到着。

橘丸から下りて客船ターミナルの方に歩きますが、

自分はホーネットを引き取るので手荷物引き渡し所の看板のところで待つ。

f:id:Margatroid:20170211161803j:plain

 

‥‥が、誰も来ない。

どういうこと?入口にいたスタッフも解散しちゃって

一人取り残された感じ。。

なので通りかかったスタッフに話しかけると、運ばれてきた。

ひょっとして声かけなければ忘れられていたのか?

一瞬不安になったよw

無事にホーネットも帰還。

f:id:Margatroid:20170211161804j:plain

 

リュックをまとめ家に向かう。

f:id:Margatroid:20170211161805j:plain

 

無事に家に到着した。

 

総走行距離は215km。

初めての東京の島ツーリング。色々と新鮮だった。

天気予報に色々振り回されたが、

結果的に雨にはほとんど降られなくて良かった。

向かう時の天候が荒れていて船酔いが厳しかったが、

今回で多分耐性がついたと思う(ゎ

また酔っても今度はちゃんと吐くぞ!w

 

八丈島はツーリング自体は一日でできてしまうが、

移動するにはやはりバイク持ち込みもありかなと思った。

もちろんレンタルバイクやレンタカーの方が手軽かもしれないが。

三原山に登ることができなかったのはちょっとしたアクシデントだったが、

八丈富士は思ったよりハードで火口内の絶景が本当に良かった。

後は‥お土産をもう少し買っておけばよかった。

たまたまスーパーで買った、それだけになってしまった。

最終日の出発が9時台なので最終日に買う、というのはできない。

飛行機なら空港で買うこともできるかもしれないが。

 

とにかく、八丈島にリベンジする口実はできたかな(ゎ

青ヶ島上陸作戦、その暁には‥

 

 ・三原山登頂

 ・温泉にもっと入る(せっかくたくさんあるのに)

 ・お土産

 ・島寿司もっと食べたい

 

これらを是非、成し遂げたい。

八丈島ツーリング Nov.2016 四日目 ~ 強風の八丈富士 ~

八丈島ツーリング上陸三日目。

 

今朝の朝食はセミバイキングという感じ。

納豆は欠かせません。

f:id:Margatroid:20170309103229j:plain

 

今日は登山をするので十分すぎるほど食べた。

 

朝食後は例によって近場の散歩。

f:id:Margatroid:20170321152836j:plain

 

底土海岸へ。

f:id:Margatroid:20170321152841j:plain

 

今日は風が強い。

f:id:Margatroid:20170321152837j:plain

f:id:Margatroid:20170321152840j:plain

 

今日登る八丈富士は風が強いと厳しそうだ。

よりによって今日の予報は風速8mだった。うーむ。

山の上の強風と相まってやばそうだ。

 

とりあえず戻って準備。昨日と同じく水筒に氷を入れてもらった。

 

準備をして出発。まずは御用達の八丈ストアで飲み物や昼食を購入。

f:id:Margatroid:20170211161504j:plain

 

そこから八丈富士に向かう。

f:id:Margatroid:20170211161505j:plain

 

天気は夕方くらいまではもつらしく、夕方からは雨が降るらしい。

それまで降らないだけでもありがたい。

 

八丈富士に登山する場合。中腹辺りまで車で行くのがお勧めだろう。

麓の方から歩くのももちろん可能だが、単なる車道を歩いていくだけなので

あまり登山という感じではない。

f:id:Margatroid:20170211161506j:plain

f:id:Margatroid:20170211161507j:plain

 

途中から二車線道路になった。

f:id:Margatroid:20170211161508j:plain

 

けれども割とすぐにセンターラインが消えた。

f:id:Margatroid:20170211161509j:plain

 

途中空港に続く林道の分岐があった。「富士縦断線」と書かれている。

ただし車輌通行止めとなっている。

f:id:Margatroid:20170211161510j:plain

 

富士縦断線を徒歩で通行したというブログを見る限り、

4WDとかならまだしも、一般車輌が通るような道ではないかなと思った。

案内板には林道通行状況のURLのQRコードがあった。

 

センターラインが復活。

今のところは思ったより風は吹いていなく大丈夫そうだ。

f:id:Margatroid:20170321152843j:plain

f:id:Margatroid:20170211161511j:plain

f:id:Margatroid:20170211161512j:plain

f:id:Margatroid:20170211161513j:plain

 

ふれあい牧場(左)と登山口(右)への分岐。

f:id:Margatroid:20170211161514j:plain

 

登山口からはトイレがないので先にふれあい牧場へ行く必要がある。

牧場には登山後に寄る予定。

f:id:Margatroid:20170211161516j:plain

 

トイレを済ませ登山口方面へ。

一旦駐車スペースに停めたのだが、地面が柔らかい土なので

ちょっとスタンドが埋もれてしまうしタイヤもちょっと汚れそうだ。

なのでその先の脇に停めた。

f:id:Margatroid:20170211161517j:plain

 

A(リゾート・シーピロス)八丈ストア

        C(ふれあい牧場)八丈富士登山

f:id:Margatroid:20170321152847j:plain

 

さて、ここから登山開始。

f:id:Margatroid:20170211161518j:plain

f:id:Margatroid:20170211161519j:plain

 

ここからお鉢めぐりの分岐点まで約50分ほどかかるようだ。

f:id:Margatroid:20170211161520j:plain

 

登山口のゲート。

f:id:Margatroid:20170211161521j:plain

 

野生のヤギだかが行かないように閉じておく必要がある。

f:id:Margatroid:20170211161522j:plain

f:id:Margatroid:20170321152844j:plain

 

扉を閉めたのを確認して登り始める。

石階段がひたすら続き、右側にはスロープ状の道がある。

スロープは最近できたとか。

f:id:Margatroid:20170211161523j:plain

f:id:Margatroid:20170321152845j:plain

 

最初は石階段でも余裕かなと思ったが、早々に右側のスロープに移った(ゎ

f:id:Margatroid:20170211161524j:plain

 

高尾山の稲荷山コースみたいに最初から登りなので

やや息が上がり気味になる。

ただ、高尾山と違いひたすら登る階段なので休憩ポイントがない。

 

一つ目手すりのある場所を通過。

全部で三ヶ所あるので距離の目安にはなる。

f:id:Margatroid:20170211161525j:plain

 

二つ目の手すり。

f:id:Margatroid:20170211161526j:plain

 

ここが中間点。励ましの看板も。

f:id:Margatroid:20170211161527j:plain

 

少し登ると二つ目のゲート。

f:id:Margatroid:20170211161528j:plain

 

海の方を見ると竹芝桟橋方面に向かう橘丸が見えた。

f:id:Margatroid:20170211161529j:plain

 

そばには鳥居がある。

f:id:Margatroid:20170211161530j:plain

 

茂みの中に何か祀られていた。

 

先へ。汗が出始めた。

f:id:Margatroid:20170211161531j:plain

 

この辺ではアザミをよく見かけた。

f:id:Margatroid:20170211161532j:plain

 

ひたすら登り階段。スロープがなくなる。

f:id:Margatroid:20170326111412j:plain

 

最後の手すり。

f:id:Margatroid:20170211161533j:plain

 

ゴールまでもう少しか。

f:id:Margatroid:20170211161536j:plain

f:id:Margatroid:20170211161534j:plain

 

橘丸がまだ見える。

f:id:Margatroid:20170211161535j:plain

 

ようやくお鉢巡りコースに到着した。

f:id:Margatroid:20170211161537j:plain

f:id:Margatroid:20170211161538j:plain

 

風が結構吹いていたので涼んでいたが、

それよりもとにかく火口内の景色が圧巻だった。

木々が生い茂る火口内と絶壁。しばらく見入っていた。

f:id:Margatroid:20170211161539j:plain

f:id:Margatroid:20170211161540j:plain

 

海を望む。

f:id:Margatroid:20170321152856j:plain

 

さて、山頂に向けて歩き始める。

獣道を歩いていく。

f:id:Margatroid:20170211161541j:plain

 

しかしこの獣道、人一人分の幅しかない。

それに足元も決して平坦でないのでウチのような初心者にはやや歩きづらい。

 

それに火口側はすぐに絶壁という感じ。

強風も相まって恐怖倍増。

f:id:Margatroid:20170211161542j:plain

 

でも火口内の景色は何度見てもすごいなあ、と感じる。

で、その火口内に池が数ヶ所存在する。‥行きたい。

f:id:Margatroid:20170211161544j:plain

 

けど、初心者なので行きませんでした(ゎ

 

強風は続く。

というかただの強風ではなく、ランダムな突風という感じ。

あっちの方向から吹いたと思ったら今度はこっち、みたいな。

だから余計に気が抜けなかった。

 

この辺もやや険しい道。

f:id:Margatroid:20170211161543j:plain

 

一瞬頂上かと思ったけどまだだったみたい。

f:id:Margatroid:20170211161546j:plain

 

数日前の雨で地面がぬかるんでいる。端の方を歩いていく。

f:id:Margatroid:20170211161547j:plain

 

画像では伝わりにくいがすぐ絶壁があるというのが緊張感増す。

突風なのでタケコプターがあっても飛ばされそうな気がする。

f:id:Margatroid:20170211161548j:plain

 

来た道を振り返るとやっぱり道は細いなと思った。

そもそも八丈島の情報を集めていた時に見ていた八丈富士のイメージって、

なんとなく山の上に芝生の道があるだけ、って感じだったのに (^^;

f:id:Margatroid:20170211161549j:plain

 

そしてようやく八丈富士の山頂地点に到着ッ!

f:id:Margatroid:20170211161550j:plain

 

眼下に望むはふれあい牧場。

後で行こう。

f:id:Margatroid:20170211161552j:plain

 

八丈島空港三原山側。

f:id:Margatroid:20170211161551j:plain

 

というかとにかく風が強い

撮影のため立っているだけでも辛い。

 

山頂を征服し、先へと進む。

ここは道が広い。

f:id:Margatroid:20170211161553j:plain

 

繰り返しますが、火口内の風の吹き込みの音が激しいのですよ。

立って撮影するのもちょっと怖いと思うこともあった。

f:id:Margatroid:20170211161554j:plain

f:id:Margatroid:20170211161555j:plain

 

大坂トンネル方面の道。

f:id:Margatroid:20170211161556j:plain

 

八丈小島

f:id:Margatroid:20170211161557j:plain

 

大越灯台

f:id:Margatroid:20170211161601j:plain

 

そういえば自分の少し後に親子連れが来ていたんだけれど、

山頂で恐らく引き返したっぽい。

多分それが正解。子供だと危険なレベルの突風。

 

ここでまた別の人が来て挨拶を交わして先へと進んでいった。

ウチは撮影をしながらゆっくり進む。

f:id:Margatroid:20170211161558j:plain

f:id:Margatroid:20170211161559j:plain

 

火口内は何度見ても絶景。

f:id:Margatroid:20170211161603j:plain

 

ウチにとってお鉢巡りのピークがこの辺。

f:id:Margatroid:20170211161602j:plain

 

突風がさらに強く吹いた上にこの地形なので、これはちょっと

写真撮っている場合ではない。

地面にしがみついてやむのを待った。

この辺は火山岩のガレ場となっている。

f:id:Margatroid:20170211161604j:plain

 

どう下りればいいんだ?と迷うような地形もあった。

f:id:Margatroid:20170211161605j:plain

 

ガレ場を無事脱出。

f:id:Margatroid:20170211161608j:plain

f:id:Margatroid:20170211161607j:plain

 

角のような岩。

ぜひこの先端でタイタニックのポーズを決めないように。

f:id:Margatroid:20170211161611j:plain

 

↓ここに落ちます。

f:id:Margatroid:20170211161609j:plain

 

この後もこんな感じの道が続いた。

f:id:Margatroid:20170211161613j:plain

f:id:Margatroid:20170211161614j:plain

f:id:Margatroid:20170211161616j:plain

 

八丈オリエンタルリゾートホテルが見える。

いかに巨大なホテルだったかを感じさせる。

f:id:Margatroid:20170211161615j:plain

 

右足の裏がちょっと疲れてきた気がする。

 

ひたすら歩いてようやくお鉢巡りの起点に戻ってきた。

f:id:Margatroid:20170211161617j:plain

 

少し休憩し、今度は浅間(せんげん)神社に行ってみようと思う。

浅間神社はお鉢巡りの起点のところに下る道があるのでそこを行く。

f:id:Margatroid:20170211161618j:plain

 

少し進むと中央火口丘と浅間神社方向の分岐点に着く。

f:id:Margatroid:20170211161620j:plain

 

恐らく中央火口丘の方はさっきの池のある方向だと思うが、

登山初心者のウチにとっては火口丘方面は厳しいと判断して

浅間神社の方へ。というかもう疲れたw

f:id:Margatroid:20170211161621j:plain

 

小道を歩いていく。

f:id:Margatroid:20170211161622j:plain

 

湿地帯を歩く。

f:id:Margatroid:20170211161623j:plain

f:id:Margatroid:20170211161624j:plain

f:id:Margatroid:20170211161625j:plain

 

浅間神社に到着。

f:id:Margatroid:20170211161626j:plain

 

上とは違ってひっそりとした感じ。

f:id:Margatroid:20170211161627j:plain

 

御神木。

f:id:Margatroid:20170211161628j:plain

 

浅間神社を後にしてさっきの地点に戻ってきた。

しかしまだ1,280段の下り階段が残っている。

f:id:Margatroid:20170211161629j:plain

 

まぁでもなんだかんだ言って下りである。

f:id:Margatroid:20170211161630j:plain

 

若干膝が痛くなりそうだったがゴール。

f:id:Margatroid:20170211161631j:plain

 

ちょうどこれから登山に向かう人たちがいた。

 

 さて、次はふれあい牧場へ行きますよ。

f:id:Margatroid:20170211161632j:plain

 

到着。

f:id:Margatroid:20170211162608j:plain

 

展望台の中へ。

f:id:Margatroid:20170211161633j:plain

 

GWと夏場のみアイスクリームを販売しているらしい。

f:id:Margatroid:20170211161634j:plain

 

ここで昼食をとることに。

f:id:Margatroid:20170211162607j:plain

 

昼食を終えて外へ。やはり風が強い。というかさっきより冷たい。

登山後でちょっと身体が温まっていたので中は一枚脱いでいたんだけれど、

中に着た方が良かったなと思った。

f:id:Margatroid:20170211161637j:plain

 

それより牛ですよ。

ひたすら草を食べている。

f:id:Margatroid:20170211161635j:plain

f:id:Margatroid:20170211161636j:plain

 

冷たい風の吹く中厳しいのではと思うが、寒さには強いらしい。

しかし暑さには弱いとか。ウチと一緒ですな。

f:id:Margatroid:20170211162609j:plain

f:id:Margatroid:20170321152849j:plain

 

子牛が元気に駆け回っていました。

 

展望台。風が強い。というか景色の感想じゃないなw

f:id:Margatroid:20170211161638j:plain

 

んで、展望台の方に戻ってみると、外に出ていた牛が戻ってきて、

駐車場に停めてあるホーネットが一時牛に囲まれそうになったw

f:id:Margatroid:20170211161639j:plain

f:id:Margatroid:20170321152850j:plain

 

2Fの展望台へ。

f:id:Margatroid:20170211161640j:plain

 

その牛たちが今度は普通に人が歩くスペースを歩き始めていたw

しかも展望台に一人いるんですががが

f:id:Margatroid:20170211161641j:plain

 

けどその人は普通にやり過ごして牛の間を歩いて戻ってきてた。

f:id:Margatroid:20170321152851j:plain

 

牛と戯れたところでそろそろ戻ることに。

時刻は14時半を過ぎたところ。

ちなみに夕方から雨が降り始めるので頃合いですね。

 

まぁただ戻るのも味気ないのでこの八丈富士中腹を一周する鉢巻道路を

ぐるっと一周してみることに。

f:id:Margatroid:20170211161642j:plain

 

車はいなく快適だった。

すると途中「出口」看板があった。

f:id:Margatroid:20170211161643j:plain

 

なんだろうと思ったら今度は「入口」が。

f:id:Margatroid:20170211161644j:plain

 

行ってみると展望台があった。

f:id:Margatroid:20170211161645j:plain

 

厚い雲が‥天気が良かったらなあ。

f:id:Margatroid:20170211161646j:plain

 

この辺も牛の放牧地帯っぽい。

f:id:Margatroid:20170211161647j:plain

 

出発。

下に下りる道を通過して先へ。

f:id:Margatroid:20170211161648j:plain

f:id:Margatroid:20170211161649j:plain

 

鉢巻道路をぐるっと右回り。

しかしそろそろ雨がほんの少しぱらついてきた。

f:id:Margatroid:20170211161651j:plain

 

B=ふれあい牧場 C=八丈富士登山

f:id:Margatroid:20170321152852j:plain

 

下山開始。

f:id:Margatroid:20170211161652j:plain

 

ひたすら下っていく。舗装されているので道は綺麗だった。

f:id:Margatroid:20170211161653j:plain

 

曇り空と八丈小島をバックに。

f:id:Margatroid:20170211161654j:plain

f:id:Margatroid:20170211161655j:plain

 

車同士だとすれ違いできるのかね?って箇所はあったが、

基本的に走っているのは軽自動車なので問題ないのかもしれない。

 

また別の展望台に到着。

f:id:Margatroid:20170321152853j:plain

f:id:Margatroid:20170211161657j:plain

 

やはり八丈小島

f:id:Margatroid:20170211161658j:plain

 

下っていく。ヘアピンカーブ。

f:id:Margatroid:20170211161659j:plain

 

そして下の八丈一周道路に近づいてきた。

f:id:Margatroid:20170211161700j:plain

 

八丈一周道路に出る。

f:id:Margatroid:20170211161701j:plain

f:id:Margatroid:20170211161702j:plain

 

昨日寄った今川焼の店、久福茶屋へ。

明日葉入りの今川焼にしようかと思ったが、なかったらしく

結局昨日と同じカスタードにした。

f:id:Margatroid:20170211161703j:plain

 

その後宅急便を明日出そうと思っていたので郵便局で箱だけ購入した。

f:id:Margatroid:20170211161704j:plain

 

意外にも八丈島はあくまでも「東京都内」なので、

東京都内の自宅に発送する場合も「都内料金」で済む。

離島料金とかあるのかと思ってた。

 

ホテルに帰ってきた。

f:id:Margatroid:20170211161705j:plain

 

一応青空が垣間見えたが‥

f:id:Margatroid:20170211161706j:plain

 

17時過ぎには雨が降り始めた。

 

しばらく部屋で時間を潰して18時半に夕食へ。

今日も自分一人だけらしい。

 

本日のお品書き。

 

 ・明日葉のツナマヨネーズ和え

 ・中華クラゲ

 ・地魚三種盛り

 ・島寿司

 ・牛肉の赤ワイン煮込み

 ・鶏手羽と大根の煮物

 ・豚肉のきのこ巻き天麩羅

 ・ムロアジカルパッチョ

 

f:id:Margatroid:20170211162612j:plain

f:id:Margatroid:20170321152854j:plain

 

牛肉の赤ワイン煮の肉が柔らくて美味しかった。

他の料理もよかったし、ここのホテル選んで正解だったかな。

 

満腹になって部屋に戻る。

 

強風&突風で時折恐怖を感じつつもあの絶景が見られたことには満足。

八丈富士は登山よりもお鉢巡りがメインですな。

ああいう絶壁付近を歩いたことはなかったのでいい経験にはなった。

f:id:Margatroid:20170321152855j:plain

 

いよいよ明日は竹芝に帰ります。

 

次へ。

八丈島ツーリング Nov.2016 最終日 ~ 八丈島 → 竹芝桟橋 帰還 ~