Margatroid’s blog

ホーネット250でのツーリング日記

■ツーリング記録一覧はこちら

千葉房総ツーリング Apr.2019 ~ 四町作第一隧道・片倉/金山ダム・山荻2号トンネル・燈籠坂大師切り通し ~

今年も春がやってきました。個人的には冬が好きなのですが、

春のツーリングも気持ちいいものです。

今回はチバへツーリング。ちょっと気になるところもあったので。

 

早朝に出発。陽が昇るのが早くなりましたな。

R357で千葉県に入り、千葉市街を抜けてR16に入って少し走った先で左折して南下。

f:id:Margatroid:20190424095917j:plain

 

県道24号線→R410と出る。

f:id:Margatroid:20190424095918j:plain

f:id:Margatroid:20190424095919j:plain

 

やがて大型車のすれ違い注意という綺麗なトンネルのゾーンに入るが、

ここは前回のツーリングの時に反対方向から通った場所でもある。

ここに高さ制限のゲートがあり、その二つ目のゲートを抜けた先で左折。

旧道のような狭い道になる。

f:id:Margatroid:20190424101434j:plain

 

旧道ではなく正式なR410で、鋭角にグイッと曲がってしまっている。

分岐を境に右手に伸びるのはR465に切り替わっているが、

隧道のある道からはR465との重複区間となっている

f:id:Margatroid:20190529150408j:plain

 

前回も指摘したが、この道にR410から入るのはやや難易度が高い。

標識もなく、いきなり脇に分岐する道だからである。

鋭角にカーブしており、この分岐が見やすい東側から来る場合(前回)は

右折しなければならず、

西側から来た場合(今回)は左折で入れるものの、見えづらい。

 

四町作(よまちさく)第一隧道に到着。

f:id:Margatroid:20190424101435j:plain

 

A(R357)B(県道24号線)C(R410) → 分岐 → 四町作第一隧道

f:id:Margatroid:20190426155106j:plain

 

このトンネルは現役の国道トンネルにおいては日本で2番目に古く、

明治35年(1902年)に建設された。

内閣府HP;道路雑学コーナー参照)

ちなみに最も古いトンネルは長野県の青木峠にある

明通(あけどおし)トンネル(明治23年)、

そして3番目に古いトンネルは天城山隧道(明治37年)である。

天城山隧道には何度も訪れているが、明通トンネルはないので今度行ってみませうか。

 

素掘りにモルタル吹付施工がなされている。

f:id:Margatroid:20190424095920j:plain

f:id:Margatroid:20190424095921j:plain

 

R465に接続しているのもあり、交通量は少しながらもあるようで、

ここにいる間にも二台の軽自動車が通っていった。

 

西側坑口。

東側と光景は同じである。

f:id:Margatroid:20190424101436j:plain

f:id:Margatroid:20190424095924j:plain

 

出発。

次は片倉ダムへ。県道24号線を南に進んでいく。

f:id:Margatroid:20190424095925j:plain

f:id:Margatroid:20190424095926j:plain

 

片倉ダム先の道の駅ふれあいパークきみつに到着。

f:id:Margatroid:20190424101437j:plain

f:id:Margatroid:20190424095928j:plain

 

A(四町作第一隧道) → 県道24号線 → 道の駅ふれあいパークきみつ

f:id:Margatroid:20190426163038j:plain

 

現在まだ9時前で、物産館は9時からとなっている。最後に寄る予定。

道を挟んで反対側にも広い駐車場があり、そこに片倉ダム記念館がある。

f:id:Margatroid:20190424095929j:plain

f:id:Margatroid:20190424095930j:plain

f:id:Margatroid:20190424095931j:plain

 

ちなみにミニストップもすぐ近くにあるので休憩場所にはちょうどいい。

 

まずは片倉ダムの方へ行ってみることに。

今日も気温は20℃を超えるので暑くなるかもしれないが、

とりあえず中を一枚脱いでウェアのまま歩いた。

 

A(道の駅ふれあいパークきみつ)B(片倉ダム)

       C(宮ノ下ピクニック園地)D(片倉ダム記念館)

f:id:Margatroid:20190426163040j:plain

 

ここを流れているのは笹川で、周辺には貸しボート屋がある。

釣りをやっている人もいくばくか見かけた。

f:id:Margatroid:20190424095932j:plain

f:id:Margatroid:20190424095933j:plain

 

片倉ダム方面に歩いて行く。

f:id:Margatroid:20190424095934j:plain

 

笹川は片倉ダムに通じている。

f:id:Margatroid:20190424095935j:plain

f:id:Margatroid:20190424101438j:plain

f:id:Margatroid:20190424095936j:plain

 

片倉ダム管理所。

f:id:Margatroid:20190424095937j:plain

f:id:Margatroid:20190424095939j:plain

f:id:Margatroid:20190424095938j:plain

f:id:Margatroid:20190424095940j:plain

 

どうやらここにも駐車場はあったようだ。

f:id:Margatroid:20190426163037j:plain

 

奥の方にもあるらしい。

f:id:Margatroid:20190424095941j:plain

 

片倉ダムを望む。ウチがよく訪れる山梨県の深城ダムと同様、

重力式コンクリートダム(Wikipedia)となっている。

f:id:Margatroid:20190424095942j:plain

 

対岸の方へ行ってみる。

f:id:Margatroid:20190424095943j:plain

f:id:Margatroid:20190424095944j:plain

 

連絡橋から笹川湖を望む。

f:id:Margatroid:20190424095945j:plain

 

ダムの方では水が放出されていた。

f:id:Margatroid:20190424095946j:plain

f:id:Margatroid:20190424095947j:plain

 

対岸に到着。

f:id:Margatroid:20190424101439j:plain

f:id:Margatroid:20190424095950j:plain

 

この辺は公園になっており、散策道となっている。

f:id:Margatroid:20190424095949j:plain

f:id:Margatroid:20190424095951j:plain

f:id:Margatroid:20190424101440j:plain

f:id:Margatroid:20190424095956j:plain

f:id:Margatroid:20190424095957j:plain

 

なおこの付近にも駐車広場がある。

 

湖近くまで下りてみる。

f:id:Margatroid:20190424095952j:plain

 

釣りをしている人がいた。

f:id:Margatroid:20190424095953j:plain

f:id:Margatroid:20190424095954j:plain

f:id:Margatroid:20190424095955j:plain

 

さて、道の駅まで戻ってきた。

次は片倉ダム記念館に入ってみることに。ちょうど開館時間の10時となった。

f:id:Margatroid:20190424101441j:plain

 

展示室には片倉ダムの資料がある。

一室の展示でこじんまりとしているが、ビデオによる解説コーナーが複数ある。

ダムの解説はもちろん、地層の石なども展示されている。

 

記念館を出て物産館へ。

f:id:Margatroid:20190424095958j:plain

 

どうやら君津は卵が特産品らしい。

喫茶コーナーで玉子かけご飯を食べられるらしいので食べてみることにした。

f:id:Margatroid:20190424101442j:plain

 

実を言うと生玉子をかけてご飯を食べるというのは大学生のころまでNGだった。

すき焼きにも生玉子は使わなかったし、納豆にも生玉子はかけなかった。

けれども牛丼屋の朝定食などを利用するうちに大丈夫になってきた。

と言っても家では今でも玉子かけご飯とかやらないですけどね。

 

いざ、ご飯の上に君津の卵を載せる。この輝き、美味しそうである。

f:id:Margatroid:20190424101443j:plain

 

玉子かけご飯用のしょうゆを少したらしていただく。

美味しい。あっという間に完食しました。

 

その後はお土産売場へ。

割れないか心配だったが、ここで卵を買わずに帰るのはもったいないので

10個入りを買いました。

一応リュックの中にカッパなどでクッションにして。

 

気になるエナジードリンクがあったので思わず買ってしまったw

f:id:Margatroid:20190424101444j:plain

 

ご当地エナジードリンクはよく見かけますね。

千葉房総でも別のエナジードリンクも飲んだことがある。

味はよくある甘めで強炭酸のゴクゴク飲めるタイプ。

 

エナジーを補給したところで出発。

次は金山ダムの方へ。鴨川有料道路を通るので料金はいくらだっけと調べたら、

つい先日に無料開放となったらしい。

房総スカイラインの有料区間と共に料金徴収期間が終了したようだ。

向かう途中、回数券払い戻しの告知看板も見受けられた。

f:id:Margatroid:20190424095959j:plain

 

料金所ゲート。

f:id:Margatroid:20190424100000j:plain

f:id:Margatroid:20190427095903j:plain

 

ゲートを抜けて南下していき、途中で金山ダムへの分岐へ。

f:id:Margatroid:20190424100001j:plain

f:id:Margatroid:20190424100002j:plain

 

すると途中でヤギがいた。草をモグモグ食べている。

飼育しているのだろう。

f:id:Margatroid:20190424100003j:plain

 

途中で分岐を曲がるのだが通り過ぎてしまいUターン。

金山ダムのバス停があるのでそれが目印。

f:id:Margatroid:20190424100004j:plain

 

f:id:Margatroid:20190427095904j:plain

 

少し細めの道を登っていく。

f:id:Margatroid:20190424100005j:plain

 

やがて、金山隧道と金山城址の石碑の分岐へ。

f:id:Margatroid:20190424100006j:plain

 

まずは隧道の方へ。

f:id:Margatroid:20190424100007j:plain

f:id:Margatroid:20190424100008j:plain

 

隧道の反対側はスノーシェッドのような造りになっていた。

f:id:Margatroid:20190424101445j:plain

 

更にもう一つの隧道(船石隧道)を抜けた先に東屋があるが、

その前のスペースはもうすでに車で埋まっていた。三台分しかスペースがない。

f:id:Margatroid:20190424100010j:plain

 

A(道の駅ふれあいパークきみつ) → 旧鴨川有料道路金山ダム

f:id:Margatroid:20190427095905j:plain

 

東屋。

f:id:Margatroid:20190424100015j:plain

 

しかしそこには不穏な警告看板が。

f:id:Margatroid:20190427095910j:plain

 

閉鎖を検討との事。

多分ここに来るのは釣り人が多いのでしょうけど、マナーは守っていきたいものですな。

 

目の前には吊り橋がある。車輌通行止めとなっていた。

f:id:Margatroid:20190424100016j:plain

f:id:Margatroid:20190424100012j:plain

f:id:Margatroid:20190424100013j:plain

 

吊り橋の脇にはダート道が続いている。

f:id:Margatroid:20190424100011j:plain

 

ヤマビル注意喚起の看板があった。

もう活動が活発なんだろうな‥

f:id:Margatroid:20190424100014j:plain

 

吊り橋を渡る。

f:id:Margatroid:20190424100017j:plain

 

ここで釣りをしている人が何人かいた。

f:id:Margatroid:20190424100018j:plain

f:id:Margatroid:20190424101446j:plain

 

吊り橋を渡った先は関係者以外車輌通行禁止となっている。

f:id:Margatroid:20190424100019j:plain

 

散策道用案内標識。

f:id:Margatroid:20190424100020j:plain

 

向かって左手のダート道の先に斧落隧道といういわくつきの隧道があるらしい。

心霊だとかは興味ないのだが、何よりヤマビルの方が嫌だったのと、

距離がどのくらいあるのかわからなかったので行かなかった。

それにしても前々から疑問なんですが、

どうしてトンネル=心霊なのかがよくわからない。

単純に雰囲気的にと言われてしまえばそれまでなのだが、

トンネル名で検索すると心霊スポットとしてヒットすることが多い。

これは「トンネルがあったら心霊スポットにするのが暗黙のお決まり」という

ルールでもあるのでせうか?

純粋な疑問でした。

 

吊り橋を戻り、出発。

さっきの分岐のところまで戻り、今度は金山城址の方に行ってみることに。

f:id:Margatroid:20190424100022j:plain

f:id:Margatroid:20190424100023j:plain

f:id:Margatroid:20190424100024j:plain

f:id:Margatroid:20190424100025j:plain

f:id:Margatroid:20190424100026j:plain

 

 一瞬民家があり、そこを抜けると少し道が荒れてきた。

f:id:Margatroid:20190424100027j:plain

f:id:Margatroid:20190424100028j:plain

 

ここから急坂&悪路となった。

f:id:Margatroid:20190424100029j:plain

 

正直なところ進んでいいものかちょっと迷うくらいだった。

道が凸凹していて、バランスを崩さないように登っていった。

f:id:Margatroid:20190424100030j:plain

 

コレは登りより下りの方が危険かも‥

 

ようやく芝生前まで到着。

f:id:Margatroid:20190424100031j:plain

 

振り返って撮影。虎口とみられる。

サイドスタンドが土に埋もれて傾いてしまいそうだった。

f:id:Margatroid:20190424100032j:plain

 

芝生の方へ。

f:id:Margatroid:20190424100033j:plain

f:id:Margatroid:20190424100034j:plain

 

ここは城郭でいう4郭に当たるらしい。

f:id:Margatroid:20190424100035j:plain

 

奥に進むと行き止まりだった。

f:id:Margatroid:20190424101447j:plain

 

いや、この先かどこからかまだ続いていて3郭、2郭と続いていたらしい。

知らずにここで引き返してしまった。

 

さて、さっきの道を下っていくがコレがやはりハードだった。

急坂だし、カーブもあり更に悪路なのでバランスを崩して転倒しないように

気を遣うのが結構大変だった。

何とか民家のところまで下りて行ったがちょっと疲れた (^^;

 

次は安房グリーンラインへ。

f:id:Margatroid:20190424100036j:plain

 

水田の間の道を通って行く。

f:id:Margatroid:20190424100037j:plain

 

県道34号長狭街道に入り、西へ。

f:id:Margatroid:20190424100038j:plain

 

R410に入って南下。ここは快適なワインディングロード。

f:id:Margatroid:20190424100039j:plain

 

途中一部狭くなるが、それでも走りやすい道。

f:id:Margatroid:20190424100040j:plain

f:id:Margatroid:20190424100041j:plain

f:id:Margatroid:20190424100042j:plain

 

途中右折して県道296号線に入る。

f:id:Margatroid:20190424100043j:plain

 

このままいけば安房グリーンラインとの交差点に入るが、

ちょっとトイレに行っておきたかったので県道88号線で右折して一旦北上、

道の駅鄙の里三芳村へ。

f:id:Margatroid:20190424100044j:plain

 

ついでにソフトクリームも買ってしまった。

 

トイレを済ませ出発。

安房グリーンラインに入った。

f:id:Margatroid:20190424100045j:plain

f:id:Margatroid:20190424101448j:plain

 

白バイはいないかな‥

f:id:Margatroid:20190424100046j:plain

f:id:Margatroid:20190424100047j:plain

 

大規模海底地すべり地層前に到着。

f:id:Margatroid:20190424100048j:plain

f:id:Margatroid:20190424100049j:plain

 

A(金山ダム)B(県道34号長狭街道) → R410

  C(県道296号線) → 県道88号線 → D(道の駅鄙の里三芳村

      安房グリーンライン大規模海底地すべり構造駐車場

f:id:Margatroid:20190427095906j:plain

 

今度は反対方向へ。

f:id:Margatroid:20190424100050j:plain

f:id:Margatroid:20190424101449j:plain

 

途中の分岐で左側へ逸れる。

この道は過去二回工事による通行止めで抜けられなかった。

f:id:Margatroid:20190424100051j:plain

 

山荻二号トンネル。

f:id:Margatroid:20190424100052j:plain

 

車一台分の幅。トラックは2tがギリギリかな?

f:id:Margatroid:20190424100053j:plain

 

手前には一応退避スペースがある。

f:id:Margatroid:20190424101450j:plain

 

ところで一号トンネルはどこにあるのだろう?

 

トンネルを抜けると林道小松線の終点があった。

小松寺の方に続いているらしい。

f:id:Margatroid:20190424100054j:plain

 

先へ。やや細い道を進む。途中軽トラ一台とすれ違った。

f:id:Margatroid:20190424100055j:plain

f:id:Margatroid:20190424101451j:plain

f:id:Margatroid:20190424100056j:plain

 

途中綺麗に法面工事がされている箇所があった。

f:id:Margatroid:20190424100057j:plain

 

民家が見えてきた。

f:id:Margatroid:20190424100058j:plain

f:id:Margatroid:20190424100059j:plain

f:id:Margatroid:20190424100100j:plain

 

R127を走って北上していく。

f:id:Margatroid:20190424100101j:plain

f:id:Margatroid:20190424100102j:plain

 

道の駅富楽里とみやまに到着~。

f:id:Margatroid:20190424100103j:plain

 

A(大規模海底地すべり構造駐車場)B(山荻2号トンネル)

 → 県道188号線 → R410 → R127 → 県道89/184号線 → 道の駅富楽里とみやま

f:id:Margatroid:20190427095907j:plain

 

2Fの食事コーナーへ。

f:id:Margatroid:20190424101452j:plain

 

ここに来たらつみれ汁をいただくのがお決まり。美味しい。

総菜も売っているので一緒に軽食として食べるのも可能。

f:id:Margatroid:20190424101453j:plain

 

その後1Fのお土産売場で少しお土産を買った。

 

出発。次は最後の目的地、燈籠坂の切り通しに向かう。

R127をしばらく北上。途中で曲がるのだが、特に標識などは目立ってないので

事前にストリートビューなどで調べておかないと難しい。

入口は鳥居が建っているので目立つが、南から来る場合、

トンネルを抜けた直後なので初見では通り過ぎてしまう。

ただ、トンネルにはちゃんと名前の看板がついているのでそれを見ていれば大丈夫。

「城山隧道」の先に鳥居の道はあるので右折。

入ってすぐ右手に駐車スペースがある。

f:id:Margatroid:20190424100114j:plain

 

やはり人が多く訪れるようになったからか、このような注意書きも。

f:id:Margatroid:20190424100120j:plain

 

少し進むと隧道がある。

f:id:Margatroid:20190424100115j:plain

f:id:Margatroid:20190424100116j:plain

 

隧道を抜けて反対側へ。

f:id:Margatroid:20190424100106j:plain

 

そして右手には切り通しが。

f:id:Margatroid:20190424100105j:plain

 

A(道の駅富楽里とみやま)燈籠坂大師の切り通し

f:id:Margatroid:20190427095908j:plain

 

ここを訪れようと決めたのは実は昨日。

亀岩の洞窟もそうだったが、ネットで知られるようになってから

たまたま見つけたので急遽ルートに追加した。

ここも亀岩の洞窟と同じく急速にSNS上などで有名になりつつあるらしい。

本当は空いている早朝にここに訪れるつもりだったのだが、

朝の天気が曇りだったのと、ルート上の問題で最後となった。

事実、ここに今到着して別のバイク組が撮影会をしていたので

ちょっと待ちましたw

 

光の入り込みが美しい。

f:id:Margatroid:20190424100118j:plain

 

反対側に抜けると燈籠坂大師の入口がある。

f:id:Margatroid:20190424100111j:plain

 

サルも見かけた。

f:id:Margatroid:20190424100112j:plain

 

大師側から。

f:id:Margatroid:20190424100110j:plain

f:id:Margatroid:20190424100113j:plain

f:id:Margatroid:20190424100121j:plain

 

改めて見上げると本当に縦に細長く綺麗である。

f:id:Margatroid:20190424100109j:plain

f:id:Margatroid:20190424100107j:plain

 

切り通しを存分に堪能し、帰るとしますか。

f:id:Margatroid:20190424100122j:plain

 

帰りはまだ時間的に渋滞には見舞われずに済みました。

今回はトンネル中心のツーリングとなりましたが、

素掘りトンネル巡りとはちょっと違うツーリングでした。

金山城址はちょっと行きそびれた部分があったのでいつかまた訪れたいです。

ちなみにあの悪路を走っても君津の卵は無事でしたw

 

今回の走行距離は292.8kmでした。

f:id:Margatroid:20190427095909j:plain

奥多摩ツーリング Mar.2019 ~ 深城ダム・奥多摩湖・日原街道・神戸岩 ~

去年の9月以来の奥多摩へ。

今回の奥多摩ツーリング計画自体は去年の12月に行く予定だったんですが、

房総の方に行っていたのと、行く時間がその後なかなかなかったので

ようやく行くことができた。

もう季節は春の兆しが見えており、

気温も日中は暖かさを感じるころになったのでちょうどいいかもしれない。

今回も夜中スタートですが、特に上着もいらず、気温は10℃ほどあった。

f:id:Margatroid:20190324095333j:plain

 

日野バイパスを通過し、甲州街道へ合流。

f:id:Margatroid:20190324095334j:plain

f:id:Margatroid:20190324095335j:plain

 

間もなく大和田橋を通過した先で右折し、北大通りへと入る。

f:id:Margatroid:20190324095336j:plain

 

再び甲州街道に合流して高尾付近を通過。

f:id:Margatroid:20190324095337j:plain

 

そして高尾山口手前のファミマへ。

f:id:Margatroid:20190404155229j:plain

 

トイレを借りて水と菓子などを買った。

高尾山に行くときには必ずここに寄っていきますが、

真夜中でも接客がいいんですよね。

 

大垂水峠を通過していく。もう5時近かったので大型車も割と見かけた。

f:id:Margatroid:20190324095338j:plain

 

区間を抜けて相模湖付近を通過して更に走っていき、やがて県道33号線に入る。

少し明るくなってきた。(HDR撮影;実際はもっと薄暗いです)

f:id:Margatroid:20190324095339j:plain

f:id:Margatroid:20190324095340j:plain

 

しばらく走っていき、県道18号線との交差点で左折。

f:id:Margatroid:20190404155230j:plain

f:id:Margatroid:20190324095342j:plain

f:id:Margatroid:20190324095341j:plain

 

快適で走りやすい道。 

f:id:Margatroid:20190324095343j:plain

f:id:Margatroid:20190324095344j:plain

 

途中で道が細くなったりもするが、交通量は皆無。

f:id:Margatroid:20190324095345j:plain

 

やがて分岐へ。

f:id:Margatroid:20190324095346j:plain

 

何度かここの分岐を通ろうと思っていたんですが、

いつもいつの間にか通り過ぎてしまっていたんですねー

最初は民家の間の道を通って行く。

f:id:Margatroid:20190324095347j:plain

 

やがて細い道に入った。

f:id:Margatroid:20190324095348j:plain

f:id:Margatroid:20190324095349j:plain

 

広い車線の県道18号線とは違い、細めの道を走る。

すっかり陽が昇っていれば景色ももう少し良かったかもしれない。

18号線の快適なワインディングロードもいいですが、

こちらの道も個人的には良かった。

f:id:Margatroid:20190324095350j:plain

f:id:Margatroid:20190324095351j:plain

 

再び民家が見えてきた。

f:id:Margatroid:20190324095352j:plain

f:id:Margatroid:20190324095353j:plain

 

県道18号線に合流。左折。

f:id:Margatroid:20190324095354j:plain

 

沢沿いを走っていく。

f:id:Margatroid:20190324095355j:plain

f:id:Margatroid:20190324095356j:plain

f:id:Margatroid:20190404155231j:plain

 

小菅村に入った。

f:id:Margatroid:20190324095357j:plain

f:id:Margatroid:20190324095358j:plain

 

鶴峠付近。

f:id:Margatroid:20190324095359j:plain

f:id:Margatroid:20190324095400j:plain

 

下り。タイヤ痕が目立つ。

f:id:Margatroid:20190324095401j:plain

 

R139との交差点が見えてきた。

f:id:Margatroid:20190324095402j:plain

f:id:Margatroid:20190327161224j:plain

 

A(県道18号線)B(分岐)R139

f:id:Margatroid:20190327161225j:plain

 

左折してR139へ。

おなじみの松姫トンネル。

f:id:Margatroid:20190324095403j:plain

 

トンネル内はひんやりしていてやや寒かった。

 

長いトンネルを抜けて小金沢公園へと思ったが‥

f:id:Margatroid:20190324095404j:plain

 

その前にトイレに行きたかった。

現在午前6時半過ぎ。公園のトイレはまだ開いていなかったので、

管理事務所の方のトイレに行くことにした。

f:id:Margatroid:20190324095405j:plain

 

深城ダム管理事務所に到着。

f:id:Margatroid:20190404155232j:plain

f:id:Margatroid:20190324095407j:plain

 

トイレへ。ダム見学の案内。一度見学したことがある。

中はとてもひんやりして、相当地下に移動した。

f:id:Margatroid:20190404155233j:plain

 

配布されている流木。

f:id:Margatroid:20190324095408j:plain

 

ダムによる発電量を表す電光掲示板。

f:id:Margatroid:20190324095409j:plain

 

深城ダム。

この辺は車通りも少なく、とても静かである。

f:id:Margatroid:20190324095410j:plain

f:id:Margatroid:20190324095411j:plain

f:id:Margatroid:20190324095412j:plain

 

再び小金沢公園へ。

f:id:Margatroid:20190324095417j:plain

 

A(R139) → 松姫トンネル → B(深城ダム管理事務所)小金沢公園

f:id:Margatroid:20190327161226j:plain

 

トイレは開いていた。どうやら入れ違いだったようだ。

f:id:Margatroid:20190324095413j:plain

 

公園内を散策。

3月といってもまだ冬の荒涼とした感じだった。

桜が咲くととても綺麗なのだが、桜が咲いているときにここを訪れたことがないので

一度は直に見てみたいものである。

f:id:Margatroid:20190324095414j:plain

f:id:Margatroid:20190404155234j:plain

f:id:Margatroid:20190324095415j:plain

 

R139深城トンネル側を望む。

f:id:Margatroid:20190324095416j:plain

 

前回訪れたとき工事の看板があったが、

やはり真木小金沢林道は閉鎖されたままだった。

f:id:Margatroid:20190324095418j:plain

f:id:Margatroid:20190324095419j:plain

 

大月市の「大月市観光振興計画」では真木小金沢林道について、

「通年利用が可能になれば市内周遊の有力なルート」と位置づけ、

「県の協力により整備を進める」と言及している。

だがこの振興計画書は平成21年度のものであり、計画自体が進んでいないのか、

それとも時折行われている工事がこのためのものなのかわからないが、

十年以上という年月と、つい最近の真木小金沢の状況(未だ崩落のまま)を見ると、

前者なのが実情なのかもしれない。

松姫バイパス(松姫トンネル)の開通した後、旧道は大月市側のみが閉鎖するなど、

旧道やマイナーな道については消極的なのかもしれない。

 

話は戻って公園へ。

小金沢公園には数年前から入口手前に工事というか盛り土らしきものがあるが、

未だに状況は変わらずこれが何なのかわからない。

ただ、前回訪れた時には工事関係者が測量らしきものを行っていた。

f:id:Margatroid:20190324095420j:plain

 

展望台への道は冬季閉鎖中。

f:id:Margatroid:20190324095421j:plain

 

橋からダム湖を眺める。

f:id:Margatroid:20190324095422j:plain

f:id:Margatroid:20190404155235j:plain

 

この橋は「新小金沢橋」というらしい。

f:id:Margatroid:20190324095424j:plain

f:id:Margatroid:20190324095426j:plain

 

未だによくわからないのが真木小金沢林道の「起点・終点」真逆表示問題。

f:id:Margatroid:20190324095423j:plain

f:id:Margatroid:20190324095425j:plain

 

出発。

松姫トンネル手前、閉鎖された旧道入口。

f:id:Margatroid:20190324095428j:plain

 

現在は林道松姫峠線となっている。松姫峠以南、大月市側は通行止めのまま。

f:id:Margatroid:20190324095427j:plain

 

松姫トンネル。

f:id:Margatroid:20190404155236j:plain

 

トンネルを抜けて再び県道18号線に入る。

f:id:Margatroid:20190324095429j:plain

 

するとすぐに分岐があるのでそこを左に下っていく。

f:id:Margatroid:20190324095430j:plain

 

やや急坂を下っていく。

道幅も広くないので車同士でバッティングすると厳しいな‥

まぁ滅多に通行することはないでしょうけど。

f:id:Margatroid:20190324095431j:plain

 

一瞬民家があり、またすぐに木々に囲まれた道になる。

f:id:Margatroid:20190324095432j:plain

 

分岐を進んでいき、R139奥多摩方面に向かう。

f:id:Margatroid:20190324095433j:plain

f:id:Margatroid:20190324095434j:plain

f:id:Margatroid:20190324095435j:plain

 

奥多摩町に入る。

f:id:Margatroid:20190324095436j:plain

 

相変わらずのR139がヘキサ表示の青看。

f:id:Margatroid:20190324095437j:plain

f:id:Margatroid:20190330094535j:plain

f:id:Margatroid:20190324095438j:plain

 

いくつかトンネルを抜けてひたすら走っていき、途中右手に逸れる。

この先は夜間一般車輌通行止めとなっている。

f:id:Margatroid:20190324095439j:plain

f:id:Margatroid:20190330094536j:plain

 

間もなくダムサイトの駐車場に到着した。

f:id:Margatroid:20190324100859j:plain

 

A(小金沢公園) → 松姫トンネル → 県道18号線 →

                B(R411) → 分岐 → 奥多摩 水と緑のふれあい館

f:id:Margatroid:20190330094538j:plain

 

広さの割にバイク用スペースが数台分しかない。

f:id:Margatroid:20190404155237j:plain

 

ツーリングが多い場所だが、ここはそもそも水道局の管理用地らしい。

それを開放しているとのことだった。

 

ふれあい館は9時半からの開館となっている。

まだ8時にもなっていないので、とりあえず周辺を散策してみることにした。

奥多摩湖

f:id:Margatroid:20190324100900j:plain

f:id:Margatroid:20190324100902j:plain

f:id:Margatroid:20190404155239j:plain

 

基本的に奥多摩湖はいつも周遊道路の月夜見駐車場からし

ゆっくりは眺めたことがなかった。

ヘリポート

f:id:Margatroid:20190324100901j:plain

 

凹凸になっているのは足のツボを押すパネル。

中央のパネルに立つと人間日時計となる。

f:id:Margatroid:20190324100903j:plain

f:id:Margatroid:20190324100904j:plain

 

ここにある小河内(おごうち)ダム竣工50周年を記念して埋めた

タイムカプセルらしい。

f:id:Margatroid:20190324100905j:plain

 

この付近にある小河内ダムは色々歴史があったようだ。

まずダム建設地となった旧小河内村はダム建設に「絶対反対」を表明。

その後東京府の説得に応じて受け入れを受託。

するとその翌年には神奈川県と水利紛争が起こり、

それが解決されてようやく事業認可、着工開始。

しかし第二次世界大戦が勃発すると中断をやむなくされ、

昭和23年に再開されるも今度は日本共産党によるダム破壊活動を目的とした

山村工作隊が派遣される。(ただし検挙により失敗に終わる)

こういう歴史を経て現在に至るダムである。

 

ダムの方へ行ってみる。虫が多く飛んでいた。

f:id:Margatroid:20190324100906j:plain

f:id:Margatroid:20190324100907j:plain

f:id:Margatroid:20190324100908j:plain

f:id:Margatroid:20190324100909j:plain

 

小河内ダム管理事務所。

f:id:Margatroid:20190324100910j:plain

 

頂上広場がこの先にあるので行ってみる。

工事車輌が何台か通っていた。

f:id:Margatroid:20190324100911j:plain

f:id:Margatroid:20190324100912j:plain

 

ちなみに途中に展望台があるが、こちらは10時開館となっている。

f:id:Margatroid:20190324100931j:plain

 

広場に到着。慰霊碑が建っていた。

f:id:Margatroid:20190324100913j:plain

 

記念植樹。

f:id:Margatroid:20190324100914j:plain

 

広場の脇に「奥多摩湖いこいの路」という散策コースがあるが、

こちらは冬季閉鎖(12月~3月)となっている。

現在は工事が行われているらしくゲートは開いていて、

工事の警備が一人立っていた。工事車輌はこの道の工事なのだろう。

 

ここにはダム建造に使われた道具の一部が設置されている。

f:id:Margatroid:20190324100916j:plain

f:id:Margatroid:20190324100915j:plain

f:id:Margatroid:20190324100918j:plain

f:id:Margatroid:20190324100917j:plain

f:id:Margatroid:20190324100919j:plain

 

するとヘリの音が聴こえた。

これから飛び立つところらしい。

f:id:Margatroid:20190331093816j:plain

 

どうやら現場に資材を運ぶためらしい。

ヘリを使うとはかなり大がかりだが、山間部だと時間を考えれば

それに見合ったコストなのだろう。その後何往復かしていた。

f:id:Margatroid:20190331093817j:plain

 

この先に展望広場があるようなので少し登ってみることに。

f:id:Margatroid:20190324100921j:plain

f:id:Margatroid:20190324100922j:plain

 

割とすぐに展望広場に到着。

f:id:Margatroid:20190324100923j:plain

 

ちょっと木が邪魔かな‥

f:id:Margatroid:20190324100924j:plain

f:id:Margatroid:20190324100925j:plain

 

更にこの上には頂上広場があるようなのでもう少し登ってみることに。

f:id:Margatroid:20190324100926j:plain

f:id:Margatroid:20190324100927j:plain

 

頂上広場に到着。

f:id:Margatroid:20190324100928j:plain

 

今度はススキが邪魔で微妙でした (^^;

f:id:Margatroid:20190324100929j:plain

 

下りますか。

f:id:Margatroid:20190324100930j:plain

 

駐車場近くまで戻ってきた。

再び奥多摩湖

f:id:Margatroid:20190324100932j:plain

f:id:Margatroid:20190324100933j:plain

f:id:Margatroid:20190324100934j:plain

f:id:Margatroid:20190324100935j:plain

 

ふれあい館の方へ。まだ開館まで15分ほど。

f:id:Margatroid:20190324100936j:plain

 

その裏側にある小道を散策してみることに。

f:id:Margatroid:20190324100937j:plain

f:id:Margatroid:20190324100938j:plain

 

供養塔や句碑などがいくつか建てられている。

f:id:Margatroid:20190324100939j:plain

f:id:Margatroid:20190324100940j:plain

 

さて、開館時間になり中へ。

f:id:Margatroid:20190324100941j:plain

 

吹き抜け構造になっており、レストランは最上階にあるようだ。

f:id:Margatroid:20190404155240j:plain

 

1Fの展示資料を閲覧。

ダムの建設過程の様子などを写真付きでみることができた。

 

三十分ほど閲覧してレストランの方へ。

f:id:Margatroid:20190324100942j:plain

 

ダムカレーが看板メニューだが、実は出発前にカレーを食べてきたので今回はパス。

清流定食という、奥多摩で育ったニジマスの唐揚げと

季節の天ぷらを中心とした定食にした。

f:id:Margatroid:20190404155241j:plain

 

揚げたてというのももちろんあったが、

ニジマスも山菜天ぷらもとても美味しかったです (^^

昼食の後はお土産をいくつか買った。

 

ふれあい館を出る。

次の目的地は日原街道。日原鍾乳洞ではないが、鍾乳洞先の工事が終わっているので

終点まで行ってみたいと思っていた。

終点と言ってもほんの数百メートル程度先ですが。

f:id:Margatroid:20190324102033j:plain

 

R411青梅街道を走っていく。トンネルが多い。

f:id:Margatroid:20190324102034j:plain

f:id:Margatroid:20190324102035j:plain

 

やがて商店などが見えてきて、日原街道入口で日原街道に入った。

f:id:Margatroid:20190324102036j:plain

 

最初の方は基本的に道幅は広い。

f:id:Margatroid:20190324102037j:plain

f:id:Margatroid:20190404155242j:plain

f:id:Margatroid:20190324102038j:plain

 

沢沿いの道を進む。

f:id:Margatroid:20190324102039j:plain

f:id:Margatroid:20190324102040j:plain

 

道も狭くなってきた。

f:id:Margatroid:20190324102042j:plain

 

日原トンネルへ。どうやらトンネル工事による交互片側通行らしかった。

トンネルを抜けて振り返って撮影。

f:id:Margatroid:20190324102043j:plain

 

ちなみにトンネルの脇にはおなじみ旧道がある。

f:id:Margatroid:20190404155145j:plain

 

日原集落が見えてきた。

f:id:Margatroid:20190324102044j:plain

f:id:Margatroid:20190324102045j:plain

f:id:Margatroid:20190324102046j:plain

 

例の時代を感じる自動販売機。

f:id:Margatroid:20190324102047j:plain

 

途中バスとすれ違ったのだが、こちらが脇に寄って待っていたら

パッシングをして先に譲ってくれた。

 

日原林道との分岐点。

f:id:Margatroid:20190324102048j:plain

f:id:Margatroid:20190404155144j:plain

 

日原鍾乳洞付近を通過。

f:id:Margatroid:20190324102049j:plain

 

以前来たときはこのすぐ先が工事通行止めだった。

先に進んでみると、岩がそびえ立っている。

f:id:Margatroid:20190324102050j:plain

 

スノーシェッドらしきトンネルがあった。

これを建設していたのだろうか。路面も非常に新しい。

正式には日原燕岩洞門というらしい。

f:id:Margatroid:20190324102051j:plain

 

このおかげで再び日原鍾乳洞の広い駐車場も使えるようになったようだ。

f:id:Margatroid:20190324102052j:plain

 

更に進むと日原街道の終点に辿り着いた。

f:id:Margatroid:20190324102053j:plain

f:id:Margatroid:20190324102055j:plain

f:id:Margatroid:20190324102056j:plain

f:id:Margatroid:20190331093818j:plain

 

A(奥多摩水と緑のふれあい館)B(日原街道)

                  → 日原街道終点(林道小谷川線起点)

f:id:Margatroid:20190331093819j:plain

 

同時にここからは林道小川谷線となる。

f:id:Margatroid:20190324102057j:plain

 

ただし、一般車輌は通行禁止となっている。

f:id:Margatroid:20190404155244j:plain

 

水道局が管理している模様。

f:id:Margatroid:20190324102054j:plain

 

この広場には巨大な岩山がそびえ立っている。

f:id:Margatroid:20190324102055j:plain

f:id:Margatroid:20190324102058j:plain

 

 さて、日原を出発することに。

次に目指すは奥多摩周遊道路。来た道を少し戻っていく。

f:id:Margatroid:20190404155146j:plain

f:id:Margatroid:20190404155147j:plain

 

都道206号奥多摩周遊道路に入る。

奥多摩ゲート跡。

f:id:Margatroid:20190404155148j:plain

 

反対側からやってくるバイクの方が多かった。

工事もやっていなく割とスムースに走れる。

その途中で自分と同じ青のホーネットとすれ違った。向こうは後期型ですかね。

挨拶をした後でたぶん互いに気付いたと思う。

 

やがて月夜見第一駐車場へ。

f:id:Margatroid:20190404155150j:plain

f:id:Margatroid:20190404155245j:plain

 

いつもはここからし奥多摩は眺めていなかったなあ。

f:id:Margatroid:20190404155149j:plain

 

‥ところで、ここで問題が発生していた。

実は周遊道路に向かう前くらいから頭痛がしていたのですよ。

この時も頭痛が気になって頭をマッサージしていました。

この頭痛のせいでちょっと疲れてしまっていた。

うーん、早く治ってほしいなあ‥

 

続いて都民の森へ。

f:id:Margatroid:20190404155151j:plain

f:id:Margatroid:20190404155246j:plain

 

A(奥多摩周遊道路)B(月夜見第一駐車場)檜原都民の森駐車場

f:id:Margatroid:20190404155255j:plain

 

実は都民の森自体は初めて立ち寄った。

と言ってもトイレに行きたかったから立ち寄っただけだが‥

頭痛が気になっていたので少し休むことに。

ついでに自販機にレッドブルがあったので注入しておいた。

 

休憩を終え、再び出発。再び下っていく。

f:id:Margatroid:20190404155152j:plain

f:id:Margatroid:20190404155153j:plain

f:id:Margatroid:20190404155154j:plain

f:id:Margatroid:20190404155247j:plain

 

次の目的地は神戸岩(かのといわ)。

都道205号線なので本来は周遊道路から分岐している林道入間白岩線を通りたいのだが、

どうやら工事通行止めになっているらしい。

 

しばらく走っていくと神戸岩の方向を示す青看が見えた。

f:id:Margatroid:20190404155155j:plain

f:id:Margatroid:20190407101947j:plain

 

沢沿いの道を走り、

f:id:Margatroid:20190404155156j:plain

 

森林の中を抜けて

f:id:Margatroid:20190404155157j:plain

 

神戸岩駐車場に到着した。

f:id:Margatroid:20190404155248j:plain

f:id:Margatroid:20190404155159j:plain

 

A(檜原都民の森駐車場)B(都道33号線)

               C(都道205号線)神戸岩

f:id:Margatroid:20190404155256j:plain

 

目の前には公衆トイレがある。

f:id:Margatroid:20190404155158j:plain

 

ホーネットを停めて神戸岩の方に向かって歩く。

f:id:Margatroid:20190404155200j:plain

f:id:Margatroid:20190404155201j:plain

 

すぐ近くにあり、ほどなく渓谷に到着した。

f:id:Margatroid:20190404155206j:plain

f:id:Margatroid:20190404155203j:plain

f:id:Margatroid:20190404155204j:plain

f:id:Margatroid:20190404155205j:plain

f:id:Margatroid:20190404155210j:plain

 

水が勢いよく流れており、すぐに一本橋がある。

f:id:Margatroid:20190404155206j:plain

f:id:Margatroid:20190404155207j:plain

f:id:Margatroid:20190404155208j:plain

 

そしてすぐにはしごがあった。ここを登っていくようだが割と急である。

重いリュックは邪魔になると思い、ここでデポした。

f:id:Margatroid:20190404155209j:plain

 

はしごを登ると岩壁沿いに遊歩道がある。

f:id:Margatroid:20190404155211j:plain

 

渓流を楽しみながらアスレチックのような散策コースといった感じで楽しめそうだ。

f:id:Margatroid:20190404155212j:plain

 

チェーンの手すりを頼りに壁沿いに歩いていく。すれ違いはできない。

f:id:Margatroid:20190404155213j:plain

 

渡り切って反対側にやってきた。

f:id:Margatroid:20190404155214j:plain

 

今来た道を振り返る。

f:id:Margatroid:20190404155249j:plain

 

この先にはちょっとした広場があり、家族連れがいた。

f:id:Margatroid:20190404155215j:plain

 

ここがパワースポットと呼ばれている理由がわかる気がする。

 

入口の方に戻っていく。途中何名かの人たちとすれ違った。

そしてデポしたリュックを背負って駐車場の方へ。

 

今度は渓谷のすぐ隣にある神戸隧道へ。

f:id:Margatroid:20190404155202j:plain

 

昭和三十二年十一月竣功と書いてある。

f:id:Margatroid:20190404155217j:plain

f:id:Margatroid:20190404155218j:plain

f:id:Margatroid:20190404155250j:plain

 

中に入る。入口部分は人工的だが、中の方は素掘りになっていた。

f:id:Margatroid:20190404155219j:plain

f:id:Margatroid:20190404155220j:plain

 

上から水滴が落ちてくる。なので路面は軽く水たまりができていた。

f:id:Margatroid:20190404155223j:plain

 

また、照明はないので暗い。しかしライトがなくても距離は短いので何とかなるだろう。

携帯のライトで十分である。

f:id:Margatroid:20190404155221j:plain

 

反対側に出る。

f:id:Margatroid:20190407101948j:plain

 

ちょうどさっきの家族連れのいた広場にアクセスができた。

 

この先にも道は続いているようだが、地図を見る限りはゲートがある模様。

f:id:Margatroid:20190404155222j:plain

 

さて、神戸岩を後にして出発。

頭痛だが、レッドブルでリフレッシュしたのもあってここに到着したころには

収まっていたので良かった。

いや、神戸岩のパワーをもらったと言うべきでせうか?

 

神戸岩を出発。次は檜原村郷土資料館。

f:id:Margatroid:20190404155224j:plain

f:id:Margatroid:20190404155251j:plain

 

さっき神戸岩に向かう途中にあった。

 

入口は2Fにある。受付があり、入館表に記入して事務員に渡す。

展示室がとなりにあるのでそちらへ。

出土された土器や当時の生活用品や農工具、模型などが展示されており、

こじんまりとしていながらも檜原村の歴史を知ることができる。

 

三十分ほど見学して資料館を出た。

 

次は檜原とうふ ちとせ屋へ。

f:id:Margatroid:20190404155226j:plain

f:id:Margatroid:20190404155225j:plain

 

A(神戸岩)B(檜原村郷土資料館)檜原とうふ ちとせ屋

f:id:Margatroid:20190404155257j:plain

 

ここに来るのは二度目。

お土産の他におからドーナツをいただく。

控えめな甘さで美味しかったです (^^

f:id:Margatroid:20190404155252j:plain

 

さて、帰ることにしますか。

f:id:Margatroid:20190404155227j:plain

 

そのまま都道205号線を走っていき、五日市付近へ。

ここで一旦給油した。

f:id:Margatroid:20190404155253j:plain

 

秋川街道で八王子に向かうが‥

f:id:Margatroid:20190404155228j:plain

 

渋滞気味な上に路線バスが通っているので余計に流れが悪かった。

ようやくR20甲州街道までやってきた。約一時間かかった。

帰りは上(中央道)も下(R20)も大渋滞しており、時間かかりました (^^;

 

途中の頭痛にはしてやられたという感じでしたが、

奥多摩湖や神戸岩をじっくり堪能できてなかなか良かったと思いました。

神戸岩はなかなかお勧めスポットです。

あと個人的には日原街道の旧道を少し探索したかったかな。

今回の走行距離は 239.5kmでした。

f:id:Margatroid:20190404155259j:plain

千葉房総ツーリング Jan.2019 ~ 林道月崎1号線・月崎トンネル・大房岬 ~

2019年一発目のツーリングは千葉房総。先月行ったばかりですが‥

本当は奥多摩のツーリングを少し前から計画はしているんですが、

やはりこの時期、山の付近は凍結気味で早くとも3月後半くらいにしようと思った。

よって走りやすい道の多い千葉県へ。

今回の主なツーリング先は月崎と西側(神奈川県側)の岬、

そしてちょっと気になった定食屋さんに行ってみたいと思いました。

 

R357で千葉県に入ると舞浜交差点では立体化工事が行われている。

f:id:Margatroid:20190219172400j:plain

 

この立体は平成35年度完成予定と書かれていたので、

2023年度ということになりますな。

 

この先しばらく渋滞はなかったのですが、

新習志野手前あたりでちょっと込み合っていた。

 

千葉街道に入るとR14からの車輌も流入し、交通量が増大。

f:id:Margatroid:20190219172401j:plain

 

とはいえ、順調に千葉市を抜けていく。

f:id:Margatroid:20190219172908j:plain

 

R16に入って更に進んでいき、R297大多喜街道に入った。

f:id:Margatroid:20190219172909j:plain

 

踏切を通過。

f:id:Margatroid:20190219172910j:plain

f:id:Margatroid:20190219172911j:plain

 

県道81号清澄養老ラインに入る。

今日の気温は10℃は超えているが、やはり指先の方はやや冷たくなっていた。

f:id:Margatroid:20190219172912j:plain

 

やがて県道172号線へ右折。

f:id:Margatroid:20190219172913j:plain

 

少し進むと「いちはらクォードの森」というモニュメントがあるのでそこで右折。

下りの道に入る。

f:id:Margatroid:20190219172914j:plain

 

林道月崎1号線に到着。

f:id:Margatroid:20190219172915j:plain

 

A(R357) → R16 → B(R297大多喜街道)

  C(県道81号清澄養老ライン) → 県道172号線 → 林道月崎1号線

f:id:Margatroid:20190112095536j:plain

 

ガードレールのない狭い道。

f:id:Margatroid:20190303141230j:plain

f:id:Margatroid:20190219172916j:plain

 

狭い上に見通しの悪いカーブがある。

距離が短いとはいえ、乗用車の場合はやや緊張を持って通ることになる。

一部泥でぬかるんでいる箇所もあった。

f:id:Margatroid:20190219172917j:plain

f:id:Margatroid:20190219172918j:plain

 

とはいえ、待避所は一応あるし、行き止まり林道なので交通量自体常時ほぼ皆無。

なので基本的には問題ないだろう。

f:id:Margatroid:20190219172919j:plain

f:id:Margatroid:20190303141231j:plain

 

そして月崎トンネルに到着。

約二年ぶりである。

f:id:Margatroid:20190219172924j:plain

 

 A(林道月崎1号線)月崎トンネル

f:id:Margatroid:20190112095539j:plain

 

トンネル手前の路肩は相変わらずぬかるんでいた。

f:id:Margatroid:20190303141232j:plain

 

この二連トンネルはなかなか美しい。

f:id:Margatroid:20190219172920j:plain

f:id:Margatroid:20190219172921j:plain

 

次のトンネルとトンネルの間に天井が開いているのは何故だろうか。

だがそれがいい

f:id:Margatroid:20190219172922j:plain

f:id:Margatroid:20190219172923j:plain

f:id:Margatroid:20190219172927j:plain

 

壁が常に濡れているということは湧き水が常に流れているのだろう。

f:id:Margatroid:20190219172928j:plain

f:id:Margatroid:20190219172926j:plain

 

二連トンネルを抜けると更に道は先に続いていく。

f:id:Margatroid:20190219172929j:plain

f:id:Margatroid:20190219172930j:plain

 

ほどなくして三つ目のトンネルに到着した。

f:id:Margatroid:20190219172931j:plain

 

斜面の下に素掘りで掘られたトンネル。

f:id:Margatroid:20190219172936j:plain

 

ここは転回スペースとなっている。

車も数台停められるだろう。

f:id:Margatroid:20190219172932j:plain

 

そして更に先には獣道が続いていた。

f:id:Margatroid:20190219172933j:plain

 

以前来たときは結構茂みになっていたのだが、これは普通に歩けそうだ。

どこまで続いているのかはわからないが‥

 

標識。

青看の方は霞んでいた文字が付け直されているが、それも剥がれそうである。

f:id:Margatroid:20190219172934j:plain

f:id:Margatroid:20190219172935j:plain

 

ここに三十分ほど滞在し、そろそろ戻ることに。

f:id:Margatroid:20190219172937j:plain

 

岩の壁が剥がれ落ちている。

f:id:Margatroid:20190303140742j:plain

f:id:Margatroid:20190303140743j:plain

 

結局ここでは車輌とすれ違うことは無かった。

 

次は大福山付近の林道で南下する予定。

f:id:Margatroid:20190303140744j:plain

f:id:Margatroid:20190303140745j:plain

 

県道32号線へ。久留里方面に進む。

f:id:Margatroid:20190303140746j:plain

f:id:Margatroid:20190112095537j:plain

f:id:Margatroid:20190303140747j:plain

f:id:Margatroid:20190303140748j:plain

 

何故かこの付近はストリートビューでは見られない。

2012年度版なら見ることは可能。

f:id:Margatroid:20190303140749j:plain

 

林道への分岐。連絡掲示板が目印。

f:id:Margatroid:20190303140750j:plain

 

左折して南下する。

センターラインのない車約二台分の幅員。

f:id:Margatroid:20190303140751j:plain

f:id:Margatroid:20190303141233j:plain

 

Y字分岐。ここを右に行く。すぐに合流するはず。

f:id:Margatroid:20190303140752j:plain

 

ここから林道となっているらしい。林道長者線。通学路の標識もある。

スクールバスが通るようなことがさっきの入口で書いてあった気がする。

f:id:Margatroid:20190303140753j:plain

f:id:Margatroid:20190112095538j:plain

 

A(林道月崎1号線) → 県道32号線 → B(分岐)道長者線

f:id:Margatroid:20190112095540j:plain

 

先に進んでいくが‥

f:id:Margatroid:20190303140755j:plain

f:id:Margatroid:20190303141234j:plain

f:id:Margatroid:20190303140756j:plain

 

何となく違和感を感じてGoogleMapを見たら、

いつの間にか逆(北)に向かっていることがわかった。

どうやら一つ早く右(緑ピン)に曲がってしまったようだ。

(赤ピン分岐が正解)

f:id:Margatroid:20190304162255j:plain

 

間違いに気付いたのは再び林道の標識が反対側にあったこと。

ここで林道長者線区間は終わりとなっている。

f:id:Margatroid:20190303140757j:plain

 

戻って元の分岐に戻り、正しい道で南下。

そして正しい分岐に到着。ここを右に下る。

が、何か看板があるような‥

f:id:Margatroid:20190303140758j:plain

 

林道大福山線通行止め?

‥と思ったら予告看板だった。今日はまだ大丈夫。良かった。

f:id:Margatroid:20190303140759j:plain

 

林道に入る。

f:id:Margatroid:20190303140800j:plain

f:id:Margatroid:20190303140801j:plain

 

意外にもこの付近でハイカーが二人ほど歩いていた。

大福山に向かうのだろう。

f:id:Margatroid:20190303140802j:plain

 

分岐。左に登れば展望台へ続く。今回は右へ。

f:id:Margatroid:20190303140803j:plain

 

産廃処理場付近を通る。

そしてダート区間になった。

f:id:Margatroid:20190303140804j:plain

 

ダートは多少慣れてきたものの、ここはダンプが真正面から

やってくる可能性があるのでゆっくり進む。

f:id:Margatroid:20190303140805j:plain

f:id:Margatroid:20190303140806j:plain

 

途中入口のところに警備員らしき人がいた。

 

分岐。前回は左に進んだが、今回は右へ。

f:id:Margatroid:20190303140807j:plain

 

こちらは林道坂畑線となる。

A(分岐a;誤)B(分岐b;正) → 林道大福山線

          C(分岐c;展望台との分岐)林道坂畑線

f:id:Margatroid:20190112095542j:plain

 

また、分岐から先は舗装路に戻った。

f:id:Margatroid:20190303140808j:plain

f:id:Margatroid:20190303140809j:plain

 

景色は望めないが、木々に囲まれたり、開けたりとなかなか良い感じの林道だった。

f:id:Margatroid:20190303141235j:plain

f:id:Margatroid:20190303140810j:plain

f:id:Margatroid:20190303140811j:plain

 

T字路分岐、林道坂畑線の入口まで出てきた。

ここを右(北)へ。

f:id:Margatroid:20190303140812j:plain

f:id:Margatroid:20190303140813j:plain

f:id:Margatroid:20190303140814j:plain

 

民家などを通り抜け‥

f:id:Margatroid:20190303140815j:plain

 

R465への交差点へ登る。

f:id:Margatroid:20190303140816j:plain

f:id:Margatroid:20190113101829j:plain

 

登った先で左折し、西方向へ。

f:id:Margatroid:20190303140817j:plain

 

何ヶ所かあった途中のトンネルは大型車同士などではすれ違えない幅員となっている。

f:id:Margatroid:20190303140818j:plain

 

んで、町中に入って途中の7-11に寄ったときにちょっと調べたのだが、

またもや道を逸れていた模様。

いつの間にか北に向かって千葉方面に戻っていたようだ。

本来は西方向に伸びるR410に入らなければならなかった。

 

R410に入るには二ヶ所分岐がある。(青ピン)

f:id:Margatroid:20190113101830j:plain

 

まず、手前の分岐箇所は西に行くけど反対車線側(右)から分岐する道で、

なおかつ細いただの民家への道のような分岐。

コレでは見逃してもおかしくはない。(Googleストリートビューより転載)

f:id:Margatroid:20190303141244j:plain

 

二つ目は信号交差点になっているが、R410の方は左折直後に踏み切りがあり、

ついでに車約1.5台分程度の脇道という感じだった。

f:id:Margatroid:20190303141245j:plain

 

そして一番の要因は共に青看その他標識が全くなく、R465も流れの良い

道路だったということもあり、そのまま通過してしまったようだ。

 

まぁ、全部言い訳に過ぎないんですけども。

 

でもコレはストリートビューで確認しないと初見では難しいなあ‥

ちなみに最初の青ピンで曲がった先に細いトンネルがありますが、

日本で二番目に古いトンネルと言われている四町作第一隧道がある模様。

 

ちなみに最初に曲がるべき分岐(最初の青ピン)から約8km先まで来ちゃいました‥

A(R465)7-11君津久留里店

f:id:Margatroid:20190113101831j:plain

 

つまり、また約8km戻り、約16kmのロスです。時間もロスです。

ちなみにここは久留里駅と久留里城跡のすぐそばでした。

もう12時をすでに過ぎているので寄っているヒマはありませn

 

とはいえ、一旦トイレに行き、ピザまんを食べながら冷静に。

f:id:Margatroid:20190303141246j:plain

 

とにかく来た道を引き返すことに。

その間「なんでぞ」とか呟いていたw

f:id:Margatroid:20190303140824j:plain

f:id:Margatroid:20190303140820j:plain

f:id:Margatroid:20190303140821j:plain

 

ようやくR410に入る。

救い(?)だったのは広い道が続いて交通量も少なく、

全体的にかなり快適なワインディングロードだった点。

f:id:Margatroid:20190303140822j:plain

f:id:Margatroid:20190303140823j:plain

f:id:Margatroid:20190303140824j:plain

f:id:Margatroid:20190303140825j:plain

 

途中で一部山の中の道にも入るが、いい感じの道でした。

f:id:Margatroid:20190303140826j:plain

f:id:Margatroid:20190303140827j:plain

 

実を言うと本来この途中で曲がって険道185号線を通るつもりだったんですが、

先ほどのタイムロスで次の目的地に最短で直行することになりました。

険道185号線については一度行っていたりします。

margatroid.hatenadiary.jp

途中右折して県道296号線に入る。

県道296号線と言えば県道88号線沿いの道の駅鄙の里三芳村に行ったときに

安房グリーンラインに向かうときによく通るおなじみの道ですが、

R410からは初めてです。まぁ何の変哲もない道ですが。

f:id:Margatroid:20190303140828j:plain

f:id:Margatroid:20190303140829j:plain

f:id:Margatroid:20190303140830j:plain

f:id:Margatroid:20190303140831j:plain

 

やがてR127に入り‥

f:id:Margatroid:20190303140832j:plain

f:id:Margatroid:20190303140833j:plain

 

途中で左に折れてようやく目的の定食屋に到着しました。

f:id:Margatroid:20190303140834j:plain

f:id:Margatroid:20190303140835j:plain

 

到着したのは13時40分過ぎ。

f:id:Margatroid:20190303141236j:plain

 

「浜の台所 おさかな倶楽部」という店。

この後向かう岬を目的地にしていたらたまたまこの店があったので、

ちょうどいいやーって感じで決めました。

クチコミなんか見てみたらかなりの数があったので地元では割と有名らしい。

平日でも開店前から行列で、12時過ぎには売り切れのメニューが出るのが

恒例なくらい人気らしい。

それを織り込み済みで一応13時過ぎに到着予定だったが、

もうこの時間なので大抵のメニューは売り切れているだろう。

ただ、店の看板メニューは大丈夫っぽいのでそれさえいただければ満足、ってことで。

 

 A(7-11君津久留里店) → R410 → B(県道296号線)

     C(R127館山バイパス浜の台所 おさかな倶楽部

f:id:Margatroid:20190113101832j:plain

 

さすがに14時前(閉店は15時もしくは売り切れ時点)だったので

店の半分くらい空いていました。

メニューも半分くらい売り切れw(黄色い札)

f:id:Margatroid:20190303141237j:plain

 

まぁここはオーソドックスに「まんぷく定食」を注文。

やがて料理が運ばれてきました。さすが「まんぷく」というだけあって品数が多い。

アジとメダイのフライに煮魚、スズキ・タイ・ブリの刺身三点盛り、

その他お新香にご飯と味噌汁。

f:id:Margatroid:20190303141238j:plain

f:id:Margatroid:20190303141239j:plain

 

刺身もフライも美味しい。特に刺身は良かったなあ。

本当は売り切れのブリづくし定食が気になっていましたが、大満足な定食でした (^^

 

昼食を終えて大房(たいぶさ)岬に向かう。

f:id:Margatroid:20190303140836j:plain

 

駐車場に到着。

f:id:Margatroid:20190303140838j:plain

f:id:Margatroid:20190303140837j:plain

f:id:Margatroid:20190303141240j:plain

 

キャンプの受付などのインフォメーションセンター。

f:id:Margatroid:20190303140839j:plain

 

ウェアやプロテクターなどはリュックの中に入れて出発。

f:id:Margatroid:20190303140841j:plain

f:id:Margatroid:20190303140842j:plain

 

少し下っていく。

f:id:Margatroid:20190303140843j:plain

f:id:Margatroid:20190303140844j:plain

f:id:Margatroid:20190303140845j:plain

 

広場に出た。

f:id:Margatroid:20190303140846j:plain

 

ちなみに下っている途中でやたら女性の声が海岸の方からしていた。

部活でもやっているのかと思ったが、まだ正月明けて間もない。

海岸の方を見てみると、ロケをやっていた。

f:id:Margatroid:20190303140847j:plain

 

海は恐らくかなり冷たいはず。それでもかなりの人数のスタッフらが撮影していた。

ちなみに後ろの釣り人は普通の一般の釣り人。

f:id:Margatroid:20190303140857j:plain

 

広場の奥の方に滝があるみたいなので行ってみる。

f:id:Margatroid:20190303140848j:plain

 

「不動滝」というらしい。

f:id:Margatroid:20190303140849j:plain

f:id:Margatroid:20190303140850j:plain

 

コケが水と共に垂れ下がっている。

f:id:Margatroid:20190303140853j:plain

f:id:Margatroid:20190303140854j:plain

 

奥の方に洞穴があった。

f:id:Margatroid:20190303140851j:plain

f:id:Margatroid:20190303140855j:plain

 

広場を出て先へ。

f:id:Margatroid:20190303140858j:plain

 

要塞跡地の発電所施設跡。

f:id:Margatroid:20190303140859j:plain

 

湧水池。

f:id:Margatroid:20190303140900j:plain

f:id:Margatroid:20190303140901j:plain

f:id:Margatroid:20190303140902j:plain

 

ビジターセンターがある。

f:id:Margatroid:20190303140903j:plain

 

展望台へ向かう。

f:id:Margatroid:20190303140904j:plain

 

第二展望台らしい。

f:id:Margatroid:20190303140905j:plain

 

奥の方は霞んでいてちょっと見えなかった。

神奈川県の観音崎らしい。

f:id:Margatroid:20190303140906j:plain

f:id:Margatroid:20190303140907j:plain

 

弁財天の洞窟の方へ下りてみる。狭くて結構急だった。

f:id:Margatroid:20190303141242j:plain

f:id:Margatroid:20190303140908j:plain

f:id:Margatroid:20190303140909j:plain

 

弁財天の洞窟に到着。

f:id:Margatroid:20190303140910j:plain

f:id:Margatroid:20190303140911j:plain

 

ちなみにどこまで続いているのかはわかっていないらしい。

f:id:Margatroid:20190303140912j:plain

f:id:Margatroid:20190303140913j:plain

 

海岸の岩場の方に出てみる。

並はやや荒い。

f:id:Margatroid:20190303141243j:plain

f:id:Margatroid:20190303140914j:plain

f:id:Margatroid:20190303140915j:plain

f:id:Margatroid:20190303140916j:plain

f:id:Margatroid:20190303140917j:plain

 

で、この先に道が続いているのかと思ったらここで行き止まりだった。

ということは、さっきの狭くて急な階段を戻ることになる。うへえ‥

 

息を切らしながら登り切り、さっきのビジターセンター前の自販機で

水を買って飲んだ。

f:id:Margatroid:20190303141247j:plain

 

ようやく散策道に戻る。

f:id:Margatroid:20190303140918j:plain

f:id:Margatroid:20190303140919j:plain

 

展望塔があるらしいので行ってみる。

f:id:Margatroid:20190303140920j:plain

 

展望塔。

f:id:Margatroid:20190303140921j:plain

f:id:Margatroid:20190303140925j:plain

 

昇ってみる。

f:id:Margatroid:20190303140922j:plain

 

やはり景色は霞んでいた。ただ、冷たい風が割と心地よかった。

f:id:Margatroid:20190303140923j:plain

f:id:Margatroid:20190303140924j:plain

 

下りて第一展望台に向かう。

ここの広場でゲートボールをやっていた。

f:id:Margatroid:20190303140926j:plain

f:id:Margatroid:20190303140927j:plain

 

まぁ霞んでいますな。

f:id:Margatroid:20190303140928j:plain

f:id:Margatroid:20190303140929j:plain

 

そろそろ時間的に帰りますかね。

駐車場に戻る。

f:id:Margatroid:20190303140930j:plain

f:id:Margatroid:20190303140931j:plain

f:id:Margatroid:20190303140932j:plain

 

R127で北上していく。

f:id:Margatroid:20190303140933j:plain

 

やはり海沿いは空いていて信号も少なく快適だった。

店の立ち並ぶところまでやって来ると交通量がやや増えてきた。

R16に入り、工業地帯へ。ここは何気に信号が多い。

工場から出てくるトラックが多いからだろう。

f:id:Margatroid:20190303140934j:plain

 

最後途中のコンビニでレッドブルを注入して帰宅しました。

 

月崎トンネルは無事に行けたし、林道も通行止めじゃなくて良かった。

ただ、道を間違えて時間をロスしてしまい、県道185号線には行けなかった。

大房岬は景色は良いが、もう少し時間があれば良かったかなあと思いました。

今回の走行距離は281.2kmでした。

f:id:Margatroid:20190303141248j:plain

高尾山~景信山・山中湖ツーリング Dec.2018 ~ 高尾山・景信山・石割の湯 ~

今回はツーリングというより登山がメイン。

前回のツーリングの時には今年まだ登っていなかったということで

高尾山だけ登りましたが、今回は景信山まで足を伸ばすことに。

景信山は去年の六月に登って以来。

margatroid.hatenadiary.jp

 

夜中スタート。

f:id:Margatroid:20190203092618j:plain

 

日野バイパス付近で少し手先が冷えてきた。

高尾までやってきて更にその先にあるファミマへ。

f:id:Margatroid:20190203093216j:plain

 

ここでおにぎりとパン、水などを購入。

 

高尾山口駅前に到着。

コインロッカーにウェアや余計な荷物を放り込む。

f:id:Margatroid:20190203092620j:plain

 

現在6時20分。予定通り出発。

f:id:Margatroid:20190203092621j:plain

f:id:Margatroid:20190203092619j:plain

 

結露で路面が軽く凍結しているのか、滑りやすくなっていた。

普通に走ったら多分転ぶ。

f:id:Margatroid:20190203092622j:plain

f:id:Margatroid:20190203092623j:plain

 

稲荷山コース登山口。

f:id:Margatroid:20190203092624j:plain

 

今回は6号路に向かう。

f:id:Margatroid:20190203092625j:plain

 

6号路登山口に到着。

f:id:Margatroid:20190203092626j:plain

 

現在6時半。まだちょっと暗いかな。

けどもう日が昇り始めるし、最初の方は街灯があるので問題なかった。

f:id:Margatroid:20190203092627j:plain

 

沢づたいに歩いていく。

f:id:Margatroid:20190203092628j:plain

 

琵琶滝との分岐。

f:id:Margatroid:20190203092629j:plain

 

琵琶滝。この時間はまだ中に入れない。

f:id:Margatroid:20190203092630j:plain

 

多分、ウチは開放時間には一回くらいしか寄ったことがない。

 

登山道に戻る。

f:id:Margatroid:20190203092631j:plain

f:id:Margatroid:20190203092632j:plain

f:id:Margatroid:20190203092633j:plain

 

早くも二人ほど後ろから追い抜いて行った。

 

おなじみの硯岩。

f:id:Margatroid:20190203092634j:plain

f:id:Margatroid:20190203092635j:plain

 

シダ植物が目立つ。

f:id:Margatroid:20190209120619j:plain

f:id:Margatroid:20190209120620j:plain

 

大山橋。

f:id:Margatroid:20190203092636j:plain

f:id:Margatroid:20190203092637j:plain

f:id:Margatroid:20190203092638j:plain

 

きのこらしき物が生えていた。

f:id:Margatroid:20190209120621j:plain

 

つづら折りの橋を何度か渡り、直進して沢の道へ。

左に曲がると稲荷山コースへと続く。

f:id:Margatroid:20190203093217j:plain

f:id:Margatroid:20190203092639j:plain

f:id:Margatroid:20190203092640j:plain

f:id:Margatroid:20190203092641j:plain

 

陽が射し始めてきた。

f:id:Margatroid:20190203092642j:plain

 

それにしても何故かわからないが、今回の登山は非常に辛い。

前回の稲荷山コースの時は比較的余裕があったのだが‥

身体がなまっているのだろうかw

 

階段が出現。

f:id:Margatroid:20190203092643j:plain

 

体が重い。かなりゆっくり登っていた。

f:id:Margatroid:20190203092644j:plain

 

そして最後の舗装路へ。

f:id:Margatroid:20190203092645j:plain

 

1号路に合流。

f:id:Margatroid:20190203092646j:plain

 

高尾山頂に到着。人はまばらにいた。

f:id:Margatroid:20190203092647j:plain

 

富士山展望台へ。

f:id:Margatroid:20190203092649j:plain

 

若干霞がかかっているかな。

f:id:Margatroid:20190203092650j:plain

 

しばらく休憩。水筒にも水を汲んだ。

体も結構温まってきたので、上着を脱いだ。身が少し軽くなった気がする。

 

出発。

もみじ台方面へ。

f:id:Margatroid:20190203092651j:plain

 

石階段を結構下っていく。

f:id:Margatroid:20190203092652j:plain

 

もみじ台。

f:id:Margatroid:20190203092653j:plain

f:id:Margatroid:20190217133818j:plain

 

木の白い部分はやはり結露のためか、滑りやすくなっていた。

f:id:Margatroid:20190203092654j:plain

 

やはり長い階段である。

f:id:Margatroid:20190203092655j:plain

 

振り返って撮影。コレを最後の方で登っていくのはきつい。

f:id:Margatroid:20190203092656j:plain

 

やはり8時を過ぎていると何人かの登山客とすれ違うこともあった。

 

大垂水峠方面との分岐。峠は左に降りていくようだ。

f:id:Margatroid:20190203092657j:plain

 

更に先へ進んでいく。

f:id:Margatroid:20190203092658j:plain

f:id:Margatroid:20190203092659j:plain

 

鉄塔を通過。

f:id:Margatroid:20190209121806j:plain

 

一丁平園地に到着。

ここで少し休憩。

f:id:Margatroid:20190203092700j:plain

 

出発。

富士山は見ているので展望台はスルー。

f:id:Margatroid:20190203092701j:plain

 

ようやく身体がある程度慣れてきた。

f:id:Margatroid:20190203092702j:plain

f:id:Margatroid:20190203092703j:plain

f:id:Margatroid:20190203092704j:plain

 

最後の階段。一気に登り切った。

f:id:Margatroid:20190209121807j:plain

 

小仏城山に到着。

f:id:Margatroid:20190203092705j:plain

f:id:Margatroid:20190203092706j:plain

f:id:Margatroid:20190203093218j:plain

f:id:Margatroid:20190203092709j:plain

f:id:Margatroid:20190203092708j:plain

 

本当は景信山で昼食をとろうかと思っていたのだが、

思いの外お腹が空き始めている感じだったので、

ここでさっきのおにぎりなどを食べることにした。

ベンチに座ると、城山のネコが鳴きながらやって来た。

f:id:Margatroid:20190203092707j:plain

 

にゃ~んにゃ~んとおねだりしてくるw

あいにくネコにあげられる物は持ってきていない。

というかついさっきまで別の登山者からもらっている気がするし、

さすが丸々と太っていて食べ物には困っていなそうだw

f:id:Margatroid:20190203093219j:plain

 

おにぎりも食べて充電完了。出発。

f:id:Margatroid:20190203092710j:plain

 

スギの木をよく見かけるが、直線で美しい。

f:id:Margatroid:20190203092711j:plain

f:id:Margatroid:20190203092713j:plain

 

倒木。

この木だけ倒れたのか、それとも意図的に引っこ抜いたのか‥

f:id:Margatroid:20190203092712j:plain

 

基本的に下りか緩やかな道なので、6号路までと比べると比較的マシだった。

f:id:Margatroid:20190203092714j:plain

f:id:Margatroid:20190203092715j:plain

 

相模湖が見える。

f:id:Margatroid:20190203092716j:plain

 

この辺は茶屋跡のようだ。

f:id:Margatroid:20190203092717j:plain

f:id:Margatroid:20190203092718j:plain

f:id:Margatroid:20190203092719j:plain

 

小仏峠付近。

何人か登山客もいた。

f:id:Margatroid:20190203093221j:plain

f:id:Margatroid:20190203092721j:plain

f:id:Margatroid:20190203092722j:plain

 

切り通し。

f:id:Margatroid:20190203092723j:plain

 

これは車の轍だろうか。

ここまで登るにしても作業道が別にあるのかが疑問である。

f:id:Margatroid:20190203092725j:plain

f:id:Margatroid:20190203092724j:plain

 

開けた場所に出た。

f:id:Margatroid:20190203093222j:plain

f:id:Margatroid:20190203092727j:plain

f:id:Margatroid:20190203092728j:plain

f:id:Margatroid:20190203092729j:plain

 

そしてようやく景信山山頂広場が見えた。

f:id:Margatroid:20190203092730j:plain

 

山頂に到着。

f:id:Margatroid:20190203093223j:plain

 

ここにも数人の登山客がいた。

 

景色を望むが、太陽が南にあるので逆光。

f:id:Margatroid:20190209121808j:plain

f:id:Margatroid:20190203092731j:plain

 

東屋らしき物が落ちている。

f:id:Margatroid:20190203092732j:plain

 

ここでしばらく休憩。小仏バスの出発時刻に合わせて下ることにした。

前回の実績ではここからバス停まで50分かかっている。

まぁ撮影しながらなので多少余裕はもって下りた方がいいだろう。

ここは携帯の電波(docomo)は結構ギリギリである。場所によるかな。

 

あと、このときに耕運機らしき物に何かを載せて来ていた人がいた。

茶屋の人だろうか。

さっきの車の轍らしき物というのはあの耕運機だったんですかね。

 

出発。

f:id:Margatroid:20190203092733j:plain

 

一応トイレへ。

f:id:Margatroid:20190203093224j:plain

 

通常の方は冬季閉鎖となっていた。

f:id:Margatroid:20190203092734j:plain

 

下山開始。

f:id:Margatroid:20190203092735j:plain

f:id:Margatroid:20190203092736j:plain

f:id:Margatroid:20190203093225j:plain

 

意外と登ってくる登山客とすれ違った。

 

ほぼ下りなので楽である。

まぁ膝にちょっときはじめている気がしないでもない。

f:id:Margatroid:20190203092737j:plain

f:id:Margatroid:20190203092738j:plain

 

下の車の音がだんだん近付いてきた。

f:id:Margatroid:20190203092739j:plain

 

登山口が見えてきた。

f:id:Margatroid:20190203092740j:plain

 

登山口に到着~

f:id:Margatroid:20190203092741j:plain

 

ちょうど自転車で来ていた男性の方が今日は茶屋はやっていましたか、

と訊いてきた。

自分が下り始めるときはまだやっていなかったが、

さっきの耕運機の人が茶屋の人ならやっているかもしれませんね。

 

小仏バス停に向かう。

f:id:Margatroid:20190203092742j:plain

f:id:Margatroid:20190203093226j:plain

f:id:Margatroid:20190203092743j:plain

f:id:Margatroid:20190203092744j:plain

 

結構登山客とすれ違った。

 

小仏バス停に到着。

山頂からはほぼ一時間だった。

f:id:Margatroid:20190203092745j:plain

f:id:Margatroid:20190203092746j:plain

 

ここにも靴の泥を落とす水道とブラシがあったのはありがたい。

f:id:Margatroid:20190203092747j:plain

 

ベンチでしばらくバスを待ち、やがて五分ほど前にやってきた。

f:id:Margatroid:20190203093215j:plain

 

バスに乗り込む。

前回も思ったが、この狭い道を大型バスが通るのはなかなかスゴイ。

f:id:Margatroid:20190209121809j:plain

 

高尾駅行きバスなので、甲州街道に入ったところのバス停で降りた。

f:id:Margatroid:20190203093228j:plain

 

高尾山口に向かう。

f:id:Margatroid:20190203092748j:plain

 

氷川神社入口に到着。

f:id:Margatroid:20190203092749j:plain

 

駅前のお土産屋でお土産を少し買った。

 

コインロッカーから荷物を取り出し、出発の準備。

 

13時半に出発。

次は石割の湯に向かう。

f:id:Margatroid:20190203092750j:plain

f:id:Margatroid:20190203092751j:plain

 

大垂水峠を通過。

f:id:Margatroid:20190203092752j:plain

 

そのまま西進していき、途中左折して県道76号線に入る。

f:id:Margatroid:20190203092753j:plain

 

どうやらまだ青根付近のトンネルは通行止めのようだ。

f:id:Margatroid:20190105132957j:plain

 

南下していく。

f:id:Margatroid:20190203092754j:plain

f:id:Margatroid:20190203092755j:plain

f:id:Margatroid:20190203092756j:plain

 

道志ダムを通過し、R413道志みちとの交差点へ。

するとここの時点で左折(東・相模原方面)方向は通行止め規制がかかっていた。

f:id:Margatroid:20190203092757j:plain

 

道志みちに入る。

f:id:Margatroid:20190203092758j:plain

 

快適な道。バイクも何台か見かけた。

f:id:Margatroid:20190203092759j:plain

f:id:Margatroid:20190203092800j:plain

ただ、もう14時半を過ぎている。

陽が落ちる時刻を考えると道の駅どうしには寄らずに

そのまま直接石割の湯に向かうことにした。

f:id:Margatroid:20190203093230j:plain

f:id:Margatroid:20190203092801j:plain

f:id:Margatroid:20190203092802j:plain

f:id:Margatroid:20190203092803j:plain

f:id:Margatroid:20190203092804j:plain

f:id:Margatroid:20190203092805j:plain

 

石割の湯に到着。

f:id:Margatroid:20190203092806j:plain

f:id:Margatroid:20190203093231j:plain

 

A(高尾山口 → R20(甲州街道) → 大垂水峠

         B(県道76号線)C(R413道志みち石割の湯

f:id:Margatroid:20190105132958j:plain

 

中へ。入場券を購入して靴をロッカーへしまう。

受付に入場券を渡して脱衣所へ。通常のロッカーは返却式だが、

貴重品ロッカー自体は受付そばにあり、有料になっていた。

 

風呂場へ。

ジェット風呂で登山の疲れを癒す。気持ちいい。

次は外の岩風呂へ。岩風呂と言えば熱めの設定だが、外気温の低さもあり、

気持ちの良い熱さだった。

反対側にある檜の方は逆にぬるめの設定なので、

今の時期だとちょっとぬるすぎるような気がした。

最後に内湯につかってゆっくりして風呂を出た。

風呂上がりにコーヒー牛乳。

f:id:Margatroid:20190203093232j:plain

 

ここで食事をとることに。

城山でおにぎりとパンを10時半ごろに食べただけなので割とお腹が空いていた。

富士山カレーも気になっていたが、ラーメンが食べたい気分だったので

味噌バターラーメンに軟骨揚げ。

いかにも安っぽいラーメンなのにすごく美味しく感じてしまう空腹マジック。

f:id:Margatroid:20190203093233j:plain

 

しばらく休んで石割の湯を出発。現在16時20分。

もう陽は落ちかけている。

f:id:Margatroid:20190203092807j:plain

 

最後の目的地、山中湖パノラマ台へ向かう。

県道730号線。

日陰部分は凍結しているかもしれないのでやや慎重に走行。

f:id:Margatroid:20190203092808j:plain

f:id:Margatroid:20190203092809j:plain

 

パノラマ台に到着。

f:id:Margatroid:20190203092812j:plain

f:id:Margatroid:20190203093234j:plain

 

A(石割の湯) → 県道730号線 → 山中湖パノラマ台

f:id:Margatroid:20190105132959j:plain

 

何人か富士山を眺めている。

やや霞んでいるが、夕陽をバックにまあまあ綺麗だった。

f:id:Margatroid:20190217133816j:plain

f:id:Margatroid:20190217133817j:plain

 

しばらく山中湖と富士山を眺めて、出発。

f:id:Margatroid:20190203092813j:plain

 

路面がウェット状態で勾配も急なので慎重に走行。

f:id:Margatroid:20190203092814j:plain

 

静岡県境。

f:id:Margatroid:20190203092815j:plain

 

下っていく。もう暗かったので要所ではハイビームにしないと見づらかった。

f:id:Margatroid:20190203092816j:plain

f:id:Margatroid:20190203092817j:plain

f:id:Margatroid:20190203092818j:plain

 

突き当りで左折。

f:id:Margatroid:20190203092819j:plain

 

R246へ向かう。

f:id:Margatroid:20190203092820j:plain

 

R246へ。流れは微妙で、途中からやや渋滞になり流れが悪くなった。

それでもしばらく走っていき。途中GSで給油。

ちなみに東名は東京方面が渋滞と電光掲示板にも出ていた。

とりあえず途中まで下で走っていき、最後上に乗って帰りました。

GoogleMapで渋滞を確認し、迂回しつつ向かったので渋滞にははまらずに済みました。

 

 高尾山頂までが辛かったなあ。

まぁでも一年ぶりに景信山まで足を伸ばせたのでよしとしましょう。

温泉にも入れましたし。

パノラマ台からの景色もそれなりに夕陽をバックにした富士山が綺麗でした。

 

今回の走行距離は278.2kmでした。

f:id:Margatroid:20190105133000j:plain

千葉房総ツーリング Dec.2018 ~ 養老渓谷・弘文洞跡・野島崎・安房グリーンライン ~

気付いたら今年ももう終わり。

そういえば今年はまだチバにツーリングに行っていなかった。

まぁちょっと色々忙しかったのもありますが、

今回は紅葉の時期は過ぎ去ってしまいましたが、養老渓谷辺りにでも行ってみようかと。

 

R357で千葉県の湾岸を通る。

日の出付近でちょっと渋滞していた。

f:id:Margatroid:20190105140704j:plain

f:id:Margatroid:20190105140705j:plain

 

千葉街道を抜けてR16へ。ここから渋滞にハマる。

f:id:Margatroid:20190105140706j:plain

 

途中左折してR297大多喜街道へ。

f:id:Margatroid:20190105140707j:plain

 

A(R357) → R16 → R297(大多喜街道)

f:id:Margatroid:20181227135317j:plain

 

県道81号清澄養老ラインへ。

f:id:Margatroid:20190105140708j:plain

 

急に交通量が少なくなり、空いていた。

月崎付近を通過。月崎トンネルの方に寄っても良かったのだが、

昨日は雨が降っていたため路面状態が良くないと思い、スルー。

f:id:Margatroid:20190105140709j:plain

f:id:Margatroid:20190105140710j:plain

 

一旦T字路交差点で県道32号線へ。

f:id:Margatroid:20190105140711j:plain

f:id:Margatroid:20181227135318j:plain

 

養老渓谷付近に到着。

f:id:Margatroid:20190105140712j:plain

 

 A(R297大多喜街道)B(県道81号清澄養老ライン)養老渓谷

f:id:Margatroid:20181227135321j:plain

 

渓谷入口駐車場へ。料金はどこに払うのだろうと思ったが、

ちょうど管理の人らしき人が軽トラでやってきた。

ただ、バイクの料金が看板に書かれていないので

停められるか訊いてみたら大丈夫だった。バイクは300円。

ちなみに管理人がいない時も料金ボックスと封筒があるので

そこにナンバーなどを記入し、料金を封筒に入れればOKのようだ。

f:id:Margatroid:20190105140713j:plain

f:id:Margatroid:20181227135319j:plain

f:id:Margatroid:20181227135320j:plain

f:id:Margatroid:20190202195139j:plain

f:id:Margatroid:20190105140714j:plain

 

準備をして出発。その前にすぐ近くの公衆トイレに寄った。

f:id:Margatroid:20190105140715j:plain

 

中瀬遊歩道入口へ。

f:id:Margatroid:20190105140717j:plain

 

すぐに渓谷に出た。

f:id:Margatroid:20190105140718j:plain

 

水の流れる風景は見ていて心が洗われる気がしていいなあ。

f:id:Margatroid:20190105140721j:plain

 

正面には大規模な地層が見られた。

f:id:Margatroid:20190202195205j:plain

f:id:Margatroid:20190105140719j:plain

 

飛び石で川を横断。

f:id:Margatroid:20190105140725j:plain

f:id:Margatroid:20190105140723j:plain

 

紅葉時期は過ぎたが、確かに紅葉スポットとなりそうだ。

f:id:Margatroid:20190105140724j:plain

 

この辺はキャンプ場があるらしい。

f:id:Margatroid:20190105140727j:plain

f:id:Margatroid:20190105140728j:plain

f:id:Margatroid:20190105140729j:plain

 

東屋。

f:id:Margatroid:20190105140730j:plain

f:id:Margatroid:20190105140731j:plain

 

再び川を横断。

f:id:Margatroid:20190105140732j:plain

f:id:Margatroid:20190202195141j:plain

 

昨日の雨で一部ぬかるんでいる箇所もあったが、大した支障はなかった。

f:id:Margatroid:20190105140734j:plain

f:id:Margatroid:20190202195142j:plain

f:id:Margatroid:20190105140735j:plain

 

弘文洞跡に到着。

f:id:Margatroid:20190105140736j:plain

 

「弘文洞」というだけあって、かつてはトンネルのような感じだったらしい。

ところが天井が崩落してしまい、現在の形になった模様。

だから「跡」となっている。

f:id:Margatroid:20190202195204j:plain

 

ちょっと下に下りられそうだったので降りてみるが、

慎重に下りていたのにもかかわらず、ズルっとコケたw

f:id:Margatroid:20190105140739j:plain

f:id:Margatroid:20190105140737j:plain

f:id:Margatroid:20190105140738j:plain

 

先へ。

f:id:Margatroid:20190105140740j:plain

f:id:Margatroid:20190105140741j:plain

f:id:Margatroid:20190105140742j:plain

f:id:Margatroid:20190105140744j:plain

 

そして出口までやってきた。

ここまで約40分。ちょうどいい散策コースなのかもしれない。

f:id:Margatroid:20190105140743j:plain

 

そしてここを左に行くと、例の素掘り二段トンネルがある。

まずは西側の共栄トンネル。

f:id:Margatroid:20190105140954j:plain

f:id:Margatroid:20190105140955j:plain

 

で、この共栄トンネルの左脇は茂みになっているが、

よく見ると何となく獣道ともいえなくもない感じの場所がある。

f:id:Margatroid:20190105140956j:plain

 

そこをほんの少し進むと上段の旧素掘りトンネルに到着した。

f:id:Margatroid:20190105140957j:plain

 

上部からトンネル内部を望む。

f:id:Margatroid:20190105140958j:plain

 

すぐ左にも穴があるが、すぐに行き止まりというか、ただの「穴」である。

f:id:Margatroid:20190105140959j:plain

 

上からトンネルの景色を堪能した後、下に下りてみる。

共栄トンネル側は人工的に造られている。

f:id:Margatroid:20190105141001j:plain

 

対する反対側の向山トンネルからは素掘りとなっている。

f:id:Margatroid:20190105141002j:plain

 

今入った共栄トンネル側(西側)から向山トンネル側(東側)に

向かうと坂になっている。

コレは上段の素掘りトンネルが旧道だったことを表しているようで、

共栄トンネル側を新道として掘りなおしたためのようだ。

理由はわからないが、カーブにもなっている。

いずれにせよ、この二段トンネルが珍しいことには変わりない。

f:id:Margatroid:20190105141003j:plain

f:id:Margatroid:20190202195144j:plain

 

東側の向山トンネル入口。

f:id:Margatroid:20190105141005j:plain

 

出口を出ると、ホーネットを停めた駐車場辺りが見えた。

f:id:Margatroid:20190105141006j:plain

 

コの字型に散策してきた感じだ。思いの外近かった。

f:id:Margatroid:20190105143654j:plain

 

ここから先に少し歩いていく。

f:id:Margatroid:20190105141006j:plain

 

すると、清恵という食事処がある。

f:id:Margatroid:20190202195145j:plain

 

店の中へ。

メニューは麦とろ御膳押し。

f:id:Margatroid:20190202195146j:plain

 

しかしながらここで哀しいお知らせをしなければならない。 

ウチは‥とろろが大の苦手である。

あの食感が無理なのだ。

小学生のころ、朝にとろろが出たのだが、とろろの食感が好きになれず

食べられなかった。しかし親に無理やり食べさせらて、それ以来トラウマとなった。

どのくらいトラウマだったかというと、とろろを少し口に入れてみただけで

胃液が逆流して吐きそうになるくらいのレベルだった。

これは完全に拒否反応。

 

‥ところが、大人になってからは夏になるたびに見るとろろの定食で

スタミナがつくとか見ると「実はいけるんじゃないか」とか

思うようになり、一回くらい挑戦してもいいんじゃないかとか

思ってみたりした。

まぁ未だにとろろご飯自体は食べたことは無いのだが、

佐渡島にツーリングに行ったときに、漬けまぐろの小鉢に

とろろがかかっていたのがあって、それはすんなり食べられたので

恐らく大人になってから味覚も変化して、

トラウマはほぼなくなったのではないかと推察できる。

 

とまあ、長々と書き連ねましたが、結局麦とろ御膳は回避してしまった。

いや、それでも十分近くは逡巡していた。

しかし某大槻班長の言う通り、最も怖いのは‥‥外れを引くこと‥!

いや、この麦とろ御膳はきっと美味しい。

しかしながらこの場合、ウチの個人的な苦手な物を注文して

やっぱりだめでしたーというパターン。尾を引く‥!この後のツーリングに‥!

 

ちなみにかき混ぜ物でいったら納豆は大好きで、ほぼ毎日食べているんですがねー

 

で、頼んだのは釜揚げうどんにゆば天ぷら。

f:id:Margatroid:20190202195147j:plain

 

うどんはつるっとしてのど越しが最高に良かったし、

ゆばの天ぷらも口当たりが柔らかく、大豆らしいまろやかな味だった。

f:id:Margatroid:20190202195148j:plain

 

昼食を終えて駐車場まで戻る。

準備をして出発した。

少し進んだ先で右折し、R465へ。

f:id:Margatroid:20190105141008j:plain

 

新筒森トンネル。

f:id:Margatroid:20190105141009j:plain

 

快適な筒森バイパスの後は、一部センターラインがなくなる細い道になったりした。

f:id:Margatroid:20190105141010j:plain

f:id:Margatroid:20190105141011j:plain

 

再び県道81号線へ。

f:id:Margatroid:20190105141012j:plain

 

狭小区間に入る。

f:id:Margatroid:20190105141013j:plain

 

とても静かで携帯(docomo)の電波も届かない場所。

f:id:Margatroid:20190105141014j:plain

f:id:Margatroid:20190105141015j:plain

f:id:Margatroid:20190105141016j:plain

 

狭小区間を抜けていく。

f:id:Margatroid:20190105141017j:plain

f:id:Margatroid:20190105141018j:plain

f:id:Margatroid:20190105141019j:plain

 

広い道に切り替わる。

f:id:Margatroid:20190105141020j:plain

f:id:Margatroid:20190202195149j:plain

 

で、その途中に建設中の橋があった。

以前も通った時に気になっていた。

f:id:Margatroid:20190105141021j:plain

 

形状からしてループ橋かなとは思っていたが、その通りで、

事業自体は1991年から開始し、色々延期されて2020年春に完成予定らしい。

いやこんなところにループ橋ができるとは。

でも確かに観光バスなんかがさっきの山道を通るのはちょっと厳しそうだ。

 

県道81号線を南下していき、R128へ。

f:id:Margatroid:20190105141022j:plain

 

A(県道81号線)B(R465筒森バイパス)

             → 県道81号線 → R128(外房黒潮ライン)

f:id:Margatroid:20181227135322j:plain

 

海岸沿いを走っていく。

f:id:Margatroid:20190105141023j:plain

 

途中左に逸れて房総フラワーラインへ。

ひたすらの快適なストレート。

f:id:Margatroid:20190105141024j:plain

 

R410に入る。

f:id:Margatroid:20190105141025j:plain

f:id:Margatroid:20190105141026j:plain

f:id:Margatroid:20190105141027j:plain

 

ようやく野島崎灯台の看板が見えてきた。

更に走っていき、駐車場に到着。

f:id:Margatroid:20190131101411j:plain

f:id:Margatroid:20190202195150j:plain

 

A(R128黒潮外房ライン) → 県道297号線(房総フラワーライン)

          → R410(房総フラワーライン) → 野島崎駐車場

f:id:Margatroid:20190104092902j:plain

 

付近は公園広場となっている。

f:id:Margatroid:20190131102036j:plain

f:id:Margatroid:20190131102037j:plain

f:id:Margatroid:20190131102417j:plain

 

灯台の方に少し進むとすぐに厳島神社の入口がある。

f:id:Margatroid:20190131102418j:plain

 

石階段を少し登って鳥居をくぐる。

f:id:Margatroid:20190131102419j:plain

 

すると日露戦争の石碑があった。灯台が関係しているのかな?

f:id:Margatroid:20190131102420j:plain

f:id:Margatroid:20190202195151j:plain

f:id:Margatroid:20190131102421j:plain

f:id:Margatroid:20190131102422j:plain

f:id:Margatroid:20190131102423j:plain

 

神社の脇に出て更に先に進むと灯台が正面に見える。

f:id:Margatroid:20190131102424j:plain

 

どうやらこの周辺は工事が行われている模様。

f:id:Margatroid:20190131102425j:plain

 

受付へ。するとリュックを預かってくれるとのことだった。ありがたい。

灯台の中へ。

f:id:Margatroid:20190131102426j:plain

 

らせん状の階段を昇っていく。

f:id:Margatroid:20190202195159j:plain

 

最後の方には狭く急な階段になった。

なるほど、これは確かにリュックを背負っては(天井の低さ的に)厳しいかも。

f:id:Margatroid:20190131102428j:plain

 

展望デッキに出た。野島崎から広がる海を眺める。

いい景色だ。

f:id:Margatroid:20190202195152j:plain

f:id:Margatroid:20190131102429j:plain

 

何隻か大型船も見られた。

 

灯台内部。

f:id:Margatroid:20190202195200j:plain

 

灯台を下りて併設されている灯台の資料館へ行ってみる。

灯台の歴史や灯台にまつわる道具や資料などが展示されていた。

 

資料館を出て外の公園内を散策。

f:id:Margatroid:20190202195201j:plain

f:id:Margatroid:20190202195202j:plain

f:id:Margatroid:20190202195203j:plain

 

伝説の岩屋。

f:id:Margatroid:20190202195104j:plain

f:id:Margatroid:20190202195105j:plain

f:id:Margatroid:20190202195106j:plain

 

投げ入れてみたが、全然ダメでしたw

 

ここは房総半島最南端。

f:id:Margatroid:20190202195112j:plain

f:id:Margatroid:20190202195110j:plain

f:id:Margatroid:20190202195111j:plain

f:id:Margatroid:20190202195113j:plain

f:id:Margatroid:20190202195107j:plain

 

先端の方にはベンチと共に海を見渡せる高台があった。

 

軽いロッククライミング的なことをして登ってみた。

ベンチが設置されている。夕陽がさぞかし綺麗なんだろうな。

f:id:Margatroid:20190202195108j:plain

f:id:Margatroid:20190202195109j:plain

 

さて、戻りますか。

f:id:Margatroid:20190202195153j:plain

f:id:Margatroid:20190202195154j:plain

f:id:Margatroid:20190202195114j:plain

f:id:Margatroid:20190202195115j:plain

 

次は安房グリーンラインへ向かう。

f:id:Margatroid:20190202195116j:plain

 

ほどなくして海底地すべり構造駐車場に到着。

f:id:Margatroid:20190202195117j:plain

 

A(野島崎駐車場)安房グリーンライン大規模海底地すべり構造駐車場

f:id:Margatroid:20190104092903j:plain

f:id:Margatroid:20190202195118j:plain

 

地すべり構造を説明するボードがかなりボロボロになっていた気がする。

駐車場の奥に何かの箱が積まれていた。何だろう?

f:id:Margatroid:20190202195119j:plain

 

地すべり跡を眺めた後、グリーンラインを走る。

f:id:Margatroid:20190202195120j:plain

f:id:Margatroid:20190202195155j:plain

f:id:Margatroid:20190202195121j:plain

 

交通量もほとんどなく気持ちのいいワインディングロード。

f:id:Margatroid:20190202195122j:plain

 

菅田の滝の前の駐車スペースは舗装されていた。

f:id:Margatroid:20190202195123j:plain

 

小松寺付近でUターン。

f:id:Margatroid:20190202195124j:plain

f:id:Margatroid:20190202195156j:plain

 

林道畑3号線。

しかし、コーンとバーで通行止めっぽい感じになっていた。

f:id:Margatroid:20190202195125j:plain

 

隧道がすぐ先にある。この先で通行止めでもなっているのだろうか。

f:id:Margatroid:20190202195126j:plain

 

続いてUターンして山荻トンネルの方に行ってみるが‥

f:id:Margatroid:20190202195127j:plain

 

またもや通行止めだった。

この看板、去年の1月にも立っていた気もするが。

f:id:Margatroid:20190202195128j:plain

 

しかし去年見たのは今回の手前の部分だったらしい。

f:id:Margatroid:20171214174930j:plain

 

 

実はこの通行止めの道の方を目的としてグリーンラインに寄ったわけですが、

これで打ち止めですね。

 

A(大規模海底地すべり構造駐車場)B(小松寺入口)

            C(林道畑3号線入口)通行止め

f:id:Margatroid:20190104092904j:plain

 

仕方ないのでグリーンラインをまた小松寺方面に北上していく。

f:id:Margatroid:20190202195129j:plain

f:id:Margatroid:20190202195130j:plain

 

田んぼの広がる道を走っていく。

f:id:Margatroid:20190202195131j:plain

 

県道296号線にぶつかり西方向へ左折、更に県道88号線とぶつかるので右折して北上。

f:id:Margatroid:20190202195157j:plain

f:id:Margatroid:20190202195132j:plain

f:id:Margatroid:20190202195133j:plain

f:id:Margatroid:20190202195134j:plain

 

県道258号線交差点で西方向へ左折し、道の駅富楽里とみやまに到着した。

f:id:Margatroid:20190202195136j:plain

 

A(通行止め)B(県道296号線)C(県道88号線)

   D(県道258号線) → 県道184号線 → 道の駅富楽里とみやま

f:id:Margatroid:20190104092905j:plain

 

ここで食事をとることに。2Fの食事処へ。

穴子天丼にしました。さすが穴子、長い。

f:id:Margatroid:20190202195158j:plain

 

揚げたてで非常にサクサク、たれも抜群に美味しかったです (^^

 

その後は下のお土産屋でお土産をいくつか買った。

 

さて帰りますか。そろそろ日も暮れてきました。

ひたすら海岸沿いのR127を数台の乗用車と共に快走。

やがて店の立ち並ぶ大通りになりますが、やっぱりあの看板が気になる‥w

f:id:Margatroid:20190202195138j:plain

 

英会話の看板。イケメンが「イェイ!」とやっているのが印象的。

木更津付近ではよく見かけますな。

 

R16に入ってひたすら北上。

途中で渋滞にはまりましたが、無事に家まで帰還しました。

 

紅葉の時期は過ぎた養老渓谷ですが、散策するにはちょうど良い長さのコースでした。

素掘り二段トンネルも久しぶりに訪れることもできましたし。

野島崎も灯台に登れて眺めは良かったですね。

山荻トンネル方面に抜けられなかったのだけが想定外でしたが

概ね気持ちのいいツーリングとなりました。

 

今回の走行距離は292.9kmでした。

f:id:Margatroid:20190104092906j:plain

高尾山・伊豆ツーリング Nov.2018 二日目 ~ 西伊豆スカイライン・河津七滝巡り・石廊崎 ~

ツーリング二日目。

5時50分にアラームで起床。気になる天気は大丈夫そうか。

今日は気温も上がりそうだった。

 

6時半になり1Fのレストランで朝食。

例によってかなり食べましたというか、食べ過ぎました (^^;

カレーは余計だったかな‥

f:id:Margatroid:20190103090741j:plain

 

朝食を終え部屋に戻って少しゆっくりして、8時前に部屋を出てチェックアウト。

 

出発。R414へ。

f:id:Margatroid:20181231220812j:plain

 

まずは途中のGSで給油。

f:id:Margatroid:20181231221318j:plain

 

県道17号線に向かって南下。

f:id:Margatroid:20181231222318j:plain

 

県道17号線に入り、海岸沿いを走る。

R414に比べると交通量が少なくなった。

f:id:Margatroid:20190103090803j:plain

f:id:Margatroid:20181231222319j:plain

 

途中で左折し、県道127号線へ。

ここまで前回と全く同じ。

f:id:Margatroid:20181231222320j:plain

f:id:Margatroid:20181231231019j:plain

 

林道古宇河内線入口を通過してそのまま県道127号線の

快適なワインディングロードを楽しむ。

f:id:Margatroid:20181231231016j:plain

 

A(静鉄ホテルプレジオ沼津) → R414 → B(県道17号線)県道127号線

f:id:Margatroid:20181219091857j:plain

f:id:Margatroid:20181231231012j:plain

f:id:Margatroid:20181231231009j:plain

f:id:Margatroid:20190103090804j:plain

f:id:Margatroid:20181231231005j:plain

f:id:Margatroid:20181231222326j:plain

 

交通量もまだほとんどないので快適だ。

f:id:Margatroid:20190103093957j:plain

 

T字路交差点で左折し、県道18号線へ。

f:id:Margatroid:20181231231527j:plain

f:id:Margatroid:20181219091858j:plain

f:id:Margatroid:20181231231524j:plain

 

霧香峠駐車場(戸田展望台)に到着。

f:id:Margatroid:20181231231521j:plain

f:id:Margatroid:20190103090805j:plain


今日も晴れて良かった~ 

f:id:Margatroid:20181231222331j:plain

f:id:Margatroid:20190103090806j:plain

f:id:Margatroid:20181231231518j:plain

 

出発。

前回の霧の時とは大違いである。

ただ、日陰部分は結露か時折滑りやすい箇所があったので気を付けた。

f:id:Margatroid:20181231231515j:plain

f:id:Margatroid:20181231232013j:plain

f:id:Margatroid:20181231232008j:plain

 

景色が良いと走っていて気持ちいいですね (^^

f:id:Margatroid:20181231232004j:plain

f:id:Margatroid:20181231232000j:plain

f:id:Margatroid:20181231222338j:plain

f:id:Margatroid:20181231222339j:plain

f:id:Margatroid:20181231222340j:plain

 

戸田駐車場に到着。

f:id:Margatroid:20181231222341j:plain

 

A(県道127号線) → 県道18号線 → B(霧香峠)

      → 県道127号線(西伊豆スカイライン) → 戸田駐車場

f:id:Margatroid:20181219091900j:plain

 

雲は多少あるが、青空が見えるのはいい。

f:id:Margatroid:20181231231956j:plain

f:id:Margatroid:20181231232343j:plain

 

前回との比較。

f:id:Margatroid:20181117160200j:plain

f:id:Margatroid:20181231232353j:plain

 

f:id:Margatroid:20181117160201j:plain

f:id:Margatroid:20181231232348j:plain

 

出発。やや雲が多くなってきた。

f:id:Margatroid:20181231232339j:plain

f:id:Margatroid:20181231222347j:plain

f:id:Margatroid:20181231222348j:plain

f:id:Margatroid:20190103090809j:plain

 

次は仁科峠へ。

f:id:Margatroid:20181231232706j:plain

 

真っすぐで快適な道が続く。

f:id:Margatroid:20181231232702j:plain

f:id:Margatroid:20181231222354j:plain

f:id:Margatroid:20181231222355j:plain

 

やがて見覚えのある「牛に注意」の標識が見えた。

f:id:Margatroid:20181231222356j:plain

f:id:Margatroid:20181223152132j:plain

 

仁科峠に到着。

f:id:Margatroid:20181231232658j:plain

f:id:Margatroid:20181231232650j:plain

 

A(戸田駐車場) → 県道411号線 → 仁科峠

f:id:Margatroid:20181223152131j:plain

 

青空はまだ見えているが、どうも厚い雲が迫ってきている気がする。

石廊崎は大丈夫だろうか‥

f:id:Margatroid:20181231232654j:plain

 

今回は上の展望場所に行ってみることに。

それほど距離もなく、風が適度に吹いており心地よい。

f:id:Margatroid:20181231232827j:plain

f:id:Margatroid:20181231232824j:plain

f:id:Margatroid:20181231232820j:plain

 

十分もかからずに展望台に到着。

f:id:Margatroid:20181231232816j:plain

f:id:Margatroid:20181231232950j:plain

f:id:Margatroid:20190103093958j:plain

 

雲が迫っている。恐らくあのエリアだけかと思うが、

西伊豆スカイラインは前回の時と同じように雲で覆われる状況になるのでは、と思った。

f:id:Margatroid:20190103093959j:plain

 

駿河湾

ここから見えるのは地名としては宇久須(うぐす)村らしい。

f:id:Margatroid:20181231232953j:plain

 

駐車場を望む。

f:id:Margatroid:20181231232946j:plain

 

展望台から下りて出発。

少し戻って東に向かう県道59号線でR414を目指す。

f:id:Margatroid:20190103094000j:plain

f:id:Margatroid:20181223152133j:plain

f:id:Margatroid:20190103083947j:plain

 

間もなくセンターラインのない一車線道路になった。

f:id:Margatroid:20190103090811j:plain

f:id:Margatroid:20190103083948j:plain

f:id:Margatroid:20190103083949j:plain

f:id:Margatroid:20190103083950j:plain

 

思ったより紅葉が綺麗な道でした。

f:id:Margatroid:20190103083951j:plain

f:id:Margatroid:20190103090812j:plain

f:id:Margatroid:20190103083952j:plain

f:id:Margatroid:20190103085907j:plain

f:id:Margatroid:20190103085909j:plain

 

下には沢があり、紅葉とよくマッチングしていた。

f:id:Margatroid:20190103090156j:plain

f:id:Margatroid:20190103094001j:plain

f:id:Margatroid:20190103090254j:plain

 

やがてT字路分岐へ。

ここを右折。

f:id:Margatroid:20190103090255j:plain

f:id:Margatroid:20190103090256j:plain

 

R414に入り、南下。

f:id:Margatroid:20190103090813j:plain

 

次の目的地は河津七滝

まだ多少距離があるので先にトイレに行こうと思い、道の駅天城越えへ。

f:id:Margatroid:20190103090257j:plain

 

ただ、ここはバイク用の駐車スペースがなさそうだったので、

車の駐車スペースに駐車した。

f:id:Margatroid:20190103094002j:plain

 

ちなみにウチの後に来たバイクもしばらく探しているようだったが、

諦めて車の方に行っていたようだ。

伊豆の道の駅ならバイクはたくさん来ると思うのだが‥

トイレだけ済ませてすぐに出発した。

 

で、河津七滝の後には石廊崎に行くので時間に余裕は持たせたかった。

なので今回は天山城隧道のある旧道はスルーすることにした。

つい二週間前に行ったばかりだしね。

 

‥と思っていたんですがね、なんかこう、身体が勝手に旧道に傾いて、

いつの間にかダート区間を走っていたんですよ(ゎ

f:id:Margatroid:20190103090258j:plain

 

さすが紅葉の季節でバイクが二台通っていたし、何よりハイカーの姿が割と目立った。

f:id:Margatroid:20190103090259j:plain

 

天城山隧道に到着。ついこの間ぶり。

f:id:Margatroid:20190103090300j:plain

 

A(仁科峠)B(県道59号線)C(R414)

         D(道の駅 天城越え → R414旧道 → 天城山隧道

f:id:Margatroid:20181223152134j:plain

f:id:Margatroid:20190103090816j:plain

 

何人かハイカーがいて、隧道内を歩く人の声も響いて聞こえてきた。

f:id:Margatroid:20190103090815j:plain

f:id:Margatroid:20190103094003j:plain

 

反対側へ。

f:id:Margatroid:20190103090301j:plain

f:id:Margatroid:20190103090817j:plain

f:id:Margatroid:20190103090302j:plain

 

その時高齢の夫婦から撮影をお願いされたので隧道をバックにパシャリと撮影。

 

さて出発。

f:id:Margatroid:20190103090303j:plain

f:id:Margatroid:20190103090819j:plain

 

R414現道へ。

f:id:Margatroid:20190103090304j:plain

 

交通量も少なく、快適に南下。

f:id:Margatroid:20190103090305j:plain

 

やがて河津七滝ループ橋をぐるぐるまわり、その脇の先にある駐車場に到着。

f:id:Margatroid:20190103090306j:plain

f:id:Margatroid:20190103090820j:plain

 

A(天城山隧道) → R414 → B(河津七滝ループ橋)河津七滝めぐり駐車場

f:id:Margatroid:20181223152135j:plain

 

今まではループ橋渡って、お土産買って終わりでしたが、

今回は河津七滝を巡っていくことに。

その名の通り、七つの滝が集まっており、河津七滝は「かわづななだる」と読む。

ありがたいことにコインロッカーがあった。

f:id:Margatroid:20190103090307j:plain

 

ここにウェアや余分な荷物を入れた。

観光案内所に行くと、七滝のマップがあったのでもらっておく。

 

準備をしてトイレを済ませ、12:20出発。

f:id:Margatroid:20190103090308j:plain

 

まずは一番近い大滝(おおだる)へ。

ここだけは開放時間が決まっているらしい。

f:id:Margatroid:20190103090309j:plain

f:id:Margatroid:20181225132039j:plain

 

下りの道と階段。割と長い。

f:id:Margatroid:20190103090311j:plain

f:id:Margatroid:20190103090312j:plain

 

結構急である。登りが辛そうだ。

f:id:Margatroid:20190103090313j:plain

 

大滝に到着。

f:id:Margatroid:20190103090314j:plain

 

「大滝」というだけあって、結構音と迫力があった。

f:id:Margatroid:20190103090316j:plain

f:id:Margatroid:20190103090315j:plain

 

大滝から戻る途中に河津七滝のループ橋を望むことができた。

f:id:Margatroid:20190103090317j:plain

 

次は出合滝に向かう。

f:id:Margatroid:20190103090318j:plain

 

少し下っていく。

f:id:Margatroid:20190103090319j:plain

f:id:Margatroid:20190103090320j:plain

f:id:Margatroid:20190103090321j:plain

f:id:Margatroid:20190103090322j:plain

 

到着。

ここが河津川の起点となっている模様。

f:id:Margatroid:20190103090323j:plain

 

出合滝。二段状になっている。

f:id:Margatroid:20190103090324j:plain

f:id:Margatroid:20190103090325j:plain

f:id:Margatroid:20190103090326j:plain

 

エメラルドグリーンの滝つぼが綺麗だった。

f:id:Margatroid:20190103090327j:plain

 

出発。お土産屋などが立ち並ぶ。

f:id:Margatroid:20190103090328j:plain

f:id:Margatroid:20190103090329j:plain

 

カニ滝に到着。

f:id:Margatroid:20190103090330j:plain

 

割と小さな滝である。

f:id:Margatroid:20190103090331j:plain

f:id:Margatroid:20190103090332j:plain

 

果たして滝と呼んでいいものか。

 

散策道の沢の横に貸切風呂がある感じだったが、

あそこまでアクセスするのはどうだろうかw

f:id:Margatroid:20190103090335j:plain

f:id:Margatroid:20190103090334j:plain

 

伊豆と言えば踊り子。

f:id:Margatroid:20190103090333j:plain

f:id:Margatroid:20190103090336j:plain

f:id:Margatroid:20190103090337j:plain

 

初景滝に到着。

三つに分離しているような滝。

f:id:Margatroid:20190103090338j:plain

 

さて次はこの階段を昇っていくようだ。マップで経路も確認。

f:id:Margatroid:20190103090339j:plain

 

階段を昇っていく。

荷物を減らしているのでそれほど大変ではなかった。

f:id:Margatroid:20190103090340j:plain

 

するとこの辺で携帯(SO-01K)の外部メモリ(microSDXC)の容量が

ギリギリになってきてしまった。

なのでフォルダを一つ削除。

基本的に撮影はコンデジで行っているが、たまに携帯の方でも撮影している。

ちなみにmicroSDXCは200GB(実質18xGB)を使用しているが、

そろそろ次の容量のを購入せねば‥って撮りすぎですね写真w

 

次は蛇滝。

f:id:Margatroid:20190103090342j:plain

 

何が蛇かというと、露出している玄武岩の部分(写真中央横長)が

吊り橋から見ると蛇のように見えるからだそう。

f:id:Margatroid:20190103090344j:plain

f:id:Margatroid:20190103094004j:plain

 

 

吊り橋。

結構ゆらゆら揺れる。クッションのようだ。

f:id:Margatroid:20190103090345j:plain

f:id:Margatroid:20190103090346j:plain

 

次はエビ滝。

滝がエビの尾ひれに似ていることから名づけられた模様。

f:id:Margatroid:20190103090347j:plain

f:id:Margatroid:20190103090348j:plain

 

先へ。

f:id:Margatroid:20190103090349j:plain

f:id:Margatroid:20190103090350j:plain

f:id:Margatroid:20190103090821j:plain

 

再び吊り橋。

結構揺れる。なんというか、柔らかい床を歩いている感じ。

多分、小学生は間違いなくふざけると思うw

f:id:Margatroid:20190103090351j:plain

 

最後の釜滝が見えてきた。

f:id:Margatroid:20190103090352j:plain

 

大滝に負けず劣らず結構高い場所から流れ落ちている。

最後を締めくくるにはいい滝だ。

f:id:Margatroid:20190103090353j:plain

 

七つの滝を堪能し、戻ることに。

駐車場からここまでで約70分とちょうど良い散策コースでした。

ちなみにここから上に上がってバス停があり、そこから河津駅行きのバスがある。

駐車場にも行くことはできるが、大した距離ではないので歩いて戻ることにした。

 

大岩成就。

石を投げ入れ、枠の中に入れると願いが叶う。

f:id:Margatroid:20190103090354j:plain

f:id:Margatroid:20190103090355j:plain

f:id:Margatroid:20190103090356j:plain

 

さて、お腹が空いてきたので駐車場に戻ったら昼食でもとろうかと思っていたが、

途中にもわさび丼の店があったのでそこに入ることに。

わさび丼と猪汁のセットにした。

f:id:Margatroid:20190103090822j:plain

 

わさび丼はやはり美味しかった。初めて伊豆に行ったとき、

寿司ではなくごはんにわさび、というのはちょっとどうかなと思っていたのだが、

今回も鰹節をまぶしたご飯の上に醤油を少したらし、

わさびと一緒に食べると本当に美味しかった。

また、猪汁は味がやや濃いめで豚汁に近い。

食べごたえがあり、こちらも美味しくいただいた。

 

昼食を終えて駐車場に戻ってきた。

往復かつ食事時間を入れても、およそ二時間程度のちょうど良い七滝めぐりでした。

ここで少しお土産を買う。

f:id:Margatroid:20190103090357j:plain

 

トイレを済ませ、コインロッカーから荷物を取り出して準備をした。

現在14時半過ぎ。とりあえず日没までには間に合いそうなので

最後の目的地、石廊崎に向かう。

f:id:Margatroid:20190103090358j:plain

f:id:Margatroid:20190103090359j:plain

f:id:Margatroid:20190103090400j:plain

 

ただ、思ったより距離がある。青看になかなか石廊崎の表記が出ず、

下田もまだ先だった。

途中下田手前で若干流れも悪くなる。

 

ようやく石廊崎付近を通る県道16号に入ったが、もう西日という感じだった。

ただ、道は交通量がほとんどなく、快適な道だった。

f:id:Margatroid:20190103090401j:plain

f:id:Margatroid:20190103090402j:plain

 

そしてようやく石廊崎の方への分岐があり、左折。

その先に広い駐車場があり、入口のボックスのおばちゃんに料金を払う。

二輪車は100円なので安い。

ついでにどのくらいで石廊崎まで歩くのか訊いてみたら

ほんの二十分程度で着くらしかった。

現在15時50分。陽が沈む前には間に合いそうだった。

f:id:Margatroid:20190103090403j:plain

f:id:Margatroid:20190103090823j:plain

 

A(河津七滝駐車場) → R136 → B(県道16号線)石廊崎駐車場

f:id:Margatroid:20181225132040j:plain

 

ちょうど最後の遊覧船が戻ってきていた。

f:id:Margatroid:20190103090404j:plain

 

出発。石階段を昇っていく。

f:id:Margatroid:20190103090405j:plain

 

少し登って、すぐに緩やかな坂道になった。

f:id:Margatroid:20190103090406j:plain

f:id:Margatroid:20190103090407j:plain

f:id:Margatroid:20190103090408j:plain

f:id:Margatroid:20190103090409j:plain

 

ある程度登ると、工事中の駐車場があった。

来年に完成するらしいので、ここが完成したらだいぶアクセスが楽になるだろう。

f:id:Margatroid:20190103090410j:plain

 

お土産屋と思われる施設もできている。

f:id:Margatroid:20190103090411j:plain

 

先へ進むと神社があった。

f:id:Margatroid:20190103090412j:plain

f:id:Margatroid:20190103090413j:plain

 

ちなみにトイレもあり、綺麗だった。

 

そのすぐ先に石廊崎灯台があった。中には入れない。

f:id:Margatroid:20190103090414j:plain

f:id:Margatroid:20190103090415j:plain

f:id:Margatroid:20190103090416j:plain

f:id:Margatroid:20190103090417j:plain

 

こからは参道になっている模様。

神社が見えた。

f:id:Margatroid:20190103090418j:plain

 

通過すると岩山みたいに道が急になった。

そろそろ先端のようだった。

f:id:Margatroid:20190103090419j:plain

 

先端に到着。

f:id:Margatroid:20190103090424j:plain

f:id:Margatroid:20190103090423j:plain

f:id:Margatroid:20190103090420j:plain

 

夕陽が割と綺麗である。時間的にちょうど良かったかな。

f:id:Margatroid:20190103090420j:plain

f:id:Margatroid:20190103090422j:plain

f:id:Margatroid:20190103090427j:plain

f:id:Margatroid:20190103090425j:plain

f:id:Margatroid:20190103090426j:plain

 

無事に石廊崎に来られてよかった。

 

さて、帰りますか。

駐車場に戻り、帰りの経路と所要時間を調べる。

しばらくは道も空いているので下で行くことに。

f:id:Margatroid:20190103090428j:plain

f:id:Margatroid:20190103090429j:plain

 

あっという間に外は暗くなった。

しばらく海沿いのR136を走っていくが、暗くカーブがあり流れもそこそこ早い。

車が前にいるときはいいが、いなくなると視界が結構暗く、

部分部分でハイビームにしないと厳しい箇所があった。

 

信号もなくほとんど走りっぱなしだったが、不思議と疲れはほとんどなかった。

f:id:Margatroid:20190103090430j:plain

f:id:Margatroid:20190103090433j:plain

 

 

ようやくR1に入る。

三時間走りっぱなしだったのでさすがにちょっと疲れてきたか。

f:id:Margatroid:20190103090432j:plain

 

空気も少し冷えてきて肌寒さを感じてきた。

f:id:Margatroid:20190103090431j:plain

 

途中夕食をとって、無事に家に帰りました。

 

今回はリベンジということで、無事に石廊崎にも行けたし、

河津七滝めぐりも良かった。

唯一一日目の林道鈴懸峠線だけは未踏破となってしまったが、

高尾や伊豆などの紅葉は綺麗だったし、概ね満足できました。

今回の総走行距離は559.5kmでした。

f:id:Margatroid:20181225132041j:plain

高尾山・伊豆ツーリング Nov.2018 一日目 ~ 高尾山登山・紅富士の湯・長尾峠 ~

つい二週間ほど前、伊豆へ一泊二日のツーリングへ出かけた。

しかしながら天気にやや恵まれず、予定していた石廊崎をカットした。

そこで今回はリベンジ編として再度伊豆への一泊二日のツーリングへ向かった。

margatroid.hatenadiary.jp

 

一日目は今年登っていなかった高尾山への登山をすることにした。

まぁ登山と言っても時間スケジュールの都合上、高尾山頂までの登山だが。

しかし今の時期は紅葉も楽しめそう。

 

真夜中に出発。甲州街道を激走。

まずは日野バイパスのGSにて給油。

f:id:Margatroid:20181211151248j:plain

 

ちなみに今回も携行缶(1L)を持ってきている。

 

明け方の時間が近付いてきており、少し冷え込んできたか。

f:id:Margatroid:20181211151250j:plain

 

甲州街道へ。

f:id:Margatroid:20181211151251j:plain

 

松のやに到着。

f:id:Margatroid:20190103090742j:plain

 

今回はささみかつとロースかつの盛り合わせ定食。

f:id:Margatroid:20190103090735j:plain

 

はい、お腹いっぱいです。

 

出発。

f:id:Margatroid:20181211151252j:plain

 

高尾付近を通過。交通量はまだほとんど無い。

f:id:Margatroid:20181211151253j:plain

 

高尾山口駅に到着。

f:id:Margatroid:20181211151256j:plain

 

コインロッカーにウェアや余分な荷物を入れる。

f:id:Margatroid:20181211151254j:plain

 

ちょうど夜も明けてきた。予定通り。

f:id:Margatroid:20181211151255j:plain

 

さて、出発。

f:id:Margatroid:20181211151257j:plain

 

駅前の紅葉は綺麗だった。

戻ってきたころには太陽も昇っているので、もっと綺麗に見えるだろう。

f:id:Margatroid:20181211151258j:plain

f:id:Margatroid:20181211151259j:plain

f:id:Margatroid:20181211151301j:plain

f:id:Margatroid:20181211151300j:plain

 

最初は6号路にしようかと思っていたが、気分的に稲荷山コースにした。

f:id:Margatroid:20181211151302j:plain

 

自分の前にすでに一人登り始めていた。

さてスタート。

f:id:Margatroid:20181211151303j:plain

f:id:Margatroid:20190103090743j:plain

f:id:Margatroid:20181211151304j:plain

f:id:Margatroid:20181211151305j:plain

 

倒れかかっている木があった。

f:id:Margatroid:20181211151306j:plain

f:id:Margatroid:20181211151307j:plain

f:id:Margatroid:20190103090744j:plain

f:id:Margatroid:20181211151308j:plain

 

自分の前の人が結構ゆっくり歩いているので自分もゆっくり歩いた。

基本撮影しながら登っているので。

そろそろ陽が射してきた。

f:id:Margatroid:20181211151309j:plain

f:id:Margatroid:20181211151310j:plain

 

紅葉シーズンだし、時間も冬のため登山開始時間が6時過ぎと遅くなる。

なので後方から何人か登って来て追い抜いて行った。

f:id:Margatroid:20181211151311j:plain

f:id:Margatroid:20181211151312j:plain

 

半分程度来たところで展望台に到着ー

f:id:Margatroid:20181211151313j:plain

f:id:Margatroid:20181211151315j:plain

 

スカイツリーの方は霞んでいて輪郭のみ確認できた。

f:id:Margatroid:20181211151314j:plain

 

再び倒木。

f:id:Margatroid:20181211151316j:plain

f:id:Margatroid:20181211151317j:plain

 

こちらは完全に横倒しですな。

やはり9月の台風などが原因なのだろうか。

f:id:Margatroid:20181211151318j:plain

 

コレはくぐるしかなかった。

f:id:Margatroid:20181211151319j:plain

 

ようやく階段が出現。

f:id:Margatroid:20181211151320j:plain

f:id:Margatroid:20190103090745j:plain

 

今の時期の6号路は時間限定(8時~14時)で登りの一方通行となっている。

f:id:Margatroid:20181211151321j:plain

f:id:Margatroid:20190103094005j:plain

f:id:Margatroid:20181211151322j:plain

 

最後の階段。

f:id:Margatroid:20181211151323j:plain

 

何となく段数を数えながら登った。案外普通に登れたか。

 

7:44 山頂広場に到着。人はまばらにいた。

f:id:Margatroid:20181211151324j:plain

 

富士山を望む。

f:id:Margatroid:20181211151325j:plain

 

雲がやや多いが、姿はちゃんと見えるので良かった。

空気も美味しい。

 

一部は真っ赤に紅葉している。

f:id:Margatroid:20181211151326j:plain

f:id:Margatroid:20190103090747j:plain

f:id:Margatroid:20181211151327j:plain

f:id:Margatroid:20181211151330j:plain

 

少し休憩。

水は美味しい。

f:id:Margatroid:20181211151328j:plain

f:id:Margatroid:20181211151329j:plain

 

出発。

1号路を下っていく。

f:id:Margatroid:20181211151705j:plain

f:id:Margatroid:20190103090748j:plain

 

日影沢に続くいろは歩道はスズメバチの巣ができており、通行止めになっていた。

f:id:Margatroid:20181211151706j:plain

f:id:Margatroid:20181215100347j:plain

 

ハチって今の時期でも活発なのか‥

 

不動堂など。

f:id:Margatroid:20181211151708j:plain

f:id:Margatroid:20181211151709j:plain

 

薬王院本堂。

この辺から少し人が増えてきた。

f:id:Margatroid:20181211151710j:plain

f:id:Margatroid:20181211151711j:plain

f:id:Margatroid:20181211151712j:plain

f:id:Margatroid:20181211151713j:plain

f:id:Margatroid:20181211151714j:plain

 

男坂の方から下っていく。

f:id:Margatroid:20181211151715j:plain

f:id:Margatroid:20181211151716j:plain

f:id:Margatroid:20190103090749j:plain

f:id:Margatroid:20181211151717j:plain

f:id:Margatroid:20190103090750j:plain

 

途中の展望台から景色を望む。

f:id:Margatroid:20181211151718j:plain

f:id:Margatroid:20181211151719j:plain

 

ここからは傾斜のある山道。

f:id:Margatroid:20181211151720j:plain

f:id:Margatroid:20181211151721j:plain

 

金比羅台から。

真っ赤に紅葉している木もあった。

f:id:Margatroid:20181211151722j:plain

f:id:Margatroid:20181211151724j:plain

 

紅葉した甲州街道の銀杏並木が綺麗である。

f:id:Margatroid:20181211151723j:plain

 

再び下って1号路へ合流。

f:id:Margatroid:20190103090751j:plain

f:id:Margatroid:20181211151726j:plain

 

まばらに登ってくる人もいるが、まだ多いというほどでもなかった。

f:id:Margatroid:20181211151727j:plain

f:id:Margatroid:20181211151728j:plain

 

下まで下ってくると、紅葉した木々が綺麗だった。

f:id:Margatroid:20181211151729j:plain

f:id:Margatroid:20181211151730j:plain

f:id:Margatroid:20181211151731j:plain

f:id:Margatroid:20181211151732j:plain

 

そして人もものすごく多くなった。

f:id:Margatroid:20190103090752j:plain

 

高尾山口駅に戻る途中の道もこれから登る登山客でたくさんだった。

その途中の木々も綺麗だ。

f:id:Margatroid:20181211151733j:plain

f:id:Margatroid:20181211151734j:plain

f:id:Margatroid:20181211151735j:plain

 

駅前まで戻ってきた。

f:id:Margatroid:20181211151736j:plain

 

駅前のブラシで靴の泥を落とす。

準備をして出発。大垂水峠方面へ。

f:id:Margatroid:20181211151918j:plain

f:id:Margatroid:20181211151919j:plain

 

大垂水峠を越えて相模湖付近を通過。

f:id:Margatroid:20181211151920j:plain

 

途中交互片側通行となっていた。

f:id:Margatroid:20181211151921j:plain

 

一応青空も見えて快適なツーリングだ。

f:id:Margatroid:20181211151922j:plain

 

そして県道509号線との交差点で右折して入る。

f:id:Margatroid:20181211151923j:plain

f:id:Margatroid:20181211151924j:plain

 

A(高尾山口大垂水峠県道509号線

f:id:Margatroid:20181215100348j:plain

 

最初は民家がいくつかあった。

この先には鈴懸峠(すずかけとうげ)線という林道があり、

前回のツーリングで雛鶴峠の時に通った県道35号線まで続いている。

f:id:Margatroid:20181211151925j:plain

f:id:Margatroid:20181211151926j:plain

f:id:Margatroid:20181211151927j:plain

 

が、何やら嫌な看板が‥

f:id:Margatroid:20181211151928j:plain

 

 

Oooops!!!

f:id:Margatroid:20181215100349j:plain

 

通行止め‥だと?

もうちょっと先に進んでみる。

f:id:Margatroid:20190103090753j:plain

 

林道鈴懸峠線の看板が見えた。

f:id:Margatroid:20181211151929j:plain

f:id:Margatroid:20181215100350j:plain

 

すると、間もなく通行止めの看板が立てられていた。

f:id:Margatroid:20181211151930j:plain

 

無慈悲である。

台風の影響なのだろう。事前にネットで色々情報は検索していたのだが、

どうも鈴懸峠線については規制情報が載っていなかったのだ。

ちなみに通行止め看板には「大月市 農林課」と書かれていたが、

現在は農林課は無いようで、維持管理部門では建設課が存在している。

 

A(県道509号線) → 林道鈴懸峠線 → 通行止め

f:id:Margatroid:20181217112749j:plain

 

仕方がないのでここでUターンを余儀なくされた。

f:id:Margatroid:20181211151931j:plain

 

鈴懸峠線は目的の一つであった故に、さてどうしたものかと考えながら走行。

仕方ないのでその次の目的地の紅富士の湯に向かうことにした。

 

R139へ。

f:id:Margatroid:20181211151932j:plain

 

紅富士の湯で昼食も一緒にとろうかと思っていたが、

思っていたよりお腹が空いていたのと、

道の駅富士吉田があったのでそこでとることにした。

f:id:Margatroid:20181211151933j:plain

f:id:Margatroid:20190103090754j:plain

f:id:Margatroid:20181211151934j:plain

 

軽食コーナーへ。

f:id:Margatroid:20181211151935j:plain

 

かけうどんと混ぜご飯のセットに天ぷらかき揚げを追加。

うどんも混ぜご飯も美味しかったし、かき揚げもサクサクして良かった。

f:id:Margatroid:20190103090736j:plain

 

出発。

f:id:Margatroid:20181211151936j:plain

 

R138旧鎌倉往還で南下。

f:id:Margatroid:20181211151937j:plain

 

紅富士の湯に到着。

f:id:Margatroid:20181211151938j:plain

f:id:Margatroid:20190103090755j:plain

 

A(通行止め) → 県道509号線 → R20(甲州街道) →

    B(R139都留バイパス/富士見バイパス) → R138(旧鎌倉往還)

                   → C(道の駅富士吉田) → 紅富士の湯

f:id:Margatroid:20181217145447j:plain

 

中へ。入場券を渡すと何かのキャンペーンなのかタオルをもらった。

ロッカーに荷物などを入れる。ここはロッカーも充実しているので助かる。

 

着替えやバスタオルなどを持って脱衣所へ。

大浴場に入る。最初はジェットバスで体を休める。気持ちがいい。

続いて露天風呂へ。最初は岩風呂に入る。こちらの方が温度は高めの42℃。

外は裸だと寒いのでちょうどいい湯加減だった。

その後檜風呂へ。こちらはややぬるめ。富士山が真正面に見えた。

 

風呂からあがってコーヒー牛乳ついでにソフトクリームを食べることに。

信玄ソフトというのがあったのでそっちにしてみたが、

コーヒー牛乳との組み合わせは甘すぎたか (^^;

f:id:Margatroid:20190103090756j:plain

 

信玄ソフトはきなこと蜜をまぶしてあり、まさに甘かった。

 

さて次の目的地は前回も訪れたパノラマ台を予定していたのだが、

山中湖付近は雲で覆われていたので景色は望めないと判断。

しかしまだ時間は余っているしどうしよう。

今日も沼津のホテルに泊まるので、この辺から

あまり遠くまで行かない程度にしたいものだ。

久しぶりに長尾峠にでも行ってみるかと思い、長尾峠に決定。

 

ただ、山中湖をスルーするのもどうかと思い、途中の駐車場で立ち寄った。

f:id:Margatroid:20181211151939j:plain

f:id:Margatroid:20181211151941j:plain

 

どんよりとした雲。

f:id:Margatroid:20190103090757j:plain

 

この場所では富士山は湖とは反対側にある。

f:id:Margatroid:20181211151940j:plain

 

出発。

f:id:Margatroid:20181211151942j:plain

f:id:Margatroid:20181211151943j:plain

 

バイパスの建設中らしく、立体の橋桁が結構続いていた。

f:id:Margatroid:20181211151944j:plain

 

ただ、その関係で交互片側通行をやっており、五分くらい行列で待った。

 

途中県道の方に逸れてしまったが一応R138とは並行していた。

市街地を通っていたのでやや時間がかかったが、R138に合流し、

長尾峠の方へ曲がった。

すると間もなく乙女駐車場に到着。

f:id:Margatroid:20190103090758j:plain

f:id:Margatroid:20190103090759j:plain

f:id:Margatroid:20181211151946j:plain

 

A(紅富士の湯) → R138(旧鎌倉往還) →県道401号線 → 乙女駐車場

f:id:Margatroid:20181217145448j:plain

 

ここからも富士山を見晴らすことができる。

f:id:Margatroid:20181211151945j:plain

f:id:Margatroid:20181211151947j:plain

f:id:Margatroid:20181211151950j:plain

f:id:Margatroid:20181211151949j:plain

f:id:Margatroid:20181211151951j:plain

 

出発。ここは県道401号線。

f:id:Margatroid:20181211151952j:plain

f:id:Margatroid:20181211151953j:plain

f:id:Margatroid:20190103090800j:plain

 

以前もここを通ったことがある。

margatroid.hatenadiary.jp

 

今回は反時計回りでまわってみた。

f:id:Margatroid:20181211151954j:plain

f:id:Margatroid:20181211151955j:plain

 

対向からは何台かすれ違った。

タイヤ痕も目立つ。

f:id:Margatroid:20181211151956j:plain

 

ウチはかつて『バトルギア3』というゲームにハマっていたことがある。

超弩級コースというコースは、ここの長尾峠がモデルになっていた。

ちなみに『イニD』はやったことはありませn

 

長尾隧道。

f:id:Margatroid:20181211151957j:plain

f:id:Margatroid:20181217143424j:plain

 

神奈川を境に神奈川県道736号線へと切り替わる。

f:id:Margatroid:20181211151958j:plain

f:id:Margatroid:20181217143425j:plain

 

センターラインはあるものの、実質的に1.5車線の箇所もある。

f:id:Margatroid:20190103090801j:plain

f:id:Margatroid:20181211151959j:plain

 

一周してR138に戻った。

f:id:Margatroid:20181211152000j:plain

 

ひたすら下っていく。

やがて、R246との交差点に入り、左折。

f:id:Margatroid:20181211152001j:plain

 

このまま沼津まで向かう。

「矢場居」交差点を通過。

f:id:Margatroid:20181211152002j:plain

 

R1交差点で右折。

f:id:Margatroid:20181211152003j:plain

 

そしてホテルに到着した。

ついこの間泊まった静鉄ホテルプレジオ沼津。

f:id:Margatroid:20181211152005j:plain

 

C(乙女駐車場)B(長尾峠 → R138(御殿場バイパス

 D(R246裾野バイパス) → R1(沼津バイパス) → 静鉄ホテルプレジオ沼津

f:id:Margatroid:20181217145449j:plain

 

駐車場のインターフォンを押してフロントの人が降りてきた。

チェックインを済ませて部屋へ。

f:id:Margatroid:20181211152006j:plain

 

さて、今日もまた寿司屋に行きますか。

f:id:Margatroid:20181211152007j:plain

 

ガード下を通って南口へ。

f:id:Margatroid:20181211152008j:plain

 

またここの寿司屋に来ました。

f:id:Margatroid:20190103090802j:plain

 

今回も寿司で。

f:id:Margatroid:20190103090738j:plain

 

桜エビは不良の影響でなかったため、また生シラスをいただく。

f:id:Margatroid:20190103090737j:plain

 

はい、今回も鮪の唐揚げ。

揚げたてで何度食べても美味い。

f:id:Margatroid:20190103090740j:plain

 

カニ汁も。

f:id:Margatroid:20190103090739j:plain

 

夕食を堪能し、戻ることに。途中のファミマで買い物をした。

 

今日はあくまでも高尾山がメインだったが、

林道鈴懸峠線はいつかリベンジしたいものである。

明日の石廊崎の天気予報は一応晴れと曇りとなっているので大丈夫だと思う。

 

本日の走行距離は217.8kmでした。

f:id:Margatroid:20181217145450j:plain

 

ツーリング二日目へ