Margatroid’s blog

ホーネット250でのツーリング日記

■ツーリング記録一覧はこちら

八丈島ツーリング 2016 プロローグその2 ~ 天気と東海汽船編 ~

予約と注意事項

 

八丈島へのアクセスは基本的に羽田から飛行機で向かう。

船だと十時間かかるが、飛行機だと約一時間程度で到着するという。

ただ、自分が計画しているのはツーリング。それも車輌を持ち込んでいく。

一応八丈島にはレンタカーもあればレンタルバイクもある。

ただ、バイクはあって100ccスクーター、基本は50ccのスクーターである。

やはりツーリングには自分のバイクを持ち込んでいきたい。

 

(ちなみにレンタカー(軽自動車)は24時間でも3,000円。

 補償料を合わせても5,000円を切る値段で借りることができるので

 雨の日はレンタカー、ということもできなくない。)

 

しかしそのためにはコストを支払わなければならない。

八丈島へ向かう船は東海汽船の橘丸が就航しているがカーフェリーではないため、

貨物扱いでバイクを運ぶ必要がある。

予約が必須で、乗船日の三日前までに営業時間内に電話予約。

また、貨物として八丈島に運ぶことができるのは

排気量250ccまでとなっている。ホーネットならギリギリOK。

ただし、片道で9,170円(当時)なので、往復2万近くになる。

そこまでして運びたいかというのが最初の”問いかけ”でもある。

ウチはとにかくホーネットで八丈島をツーリングしたいと思っていたので

全くそれ(バイク運賃)は気にならなかった。

 

ただ、オートバイの貨物積み込み受付時間はジョーに厳格らしく、

予約が必須なのは前述通りで、当日の受付時間も

1分でも遅れたらアウト的なことを念入りに言われた。

なので余裕を持ちすぎるくらいがちょうどいい。

最終日でも言及するが、とにかく時間厳守。

あともう一つ。

車体の外にはいかなる積載もしてはならない。

パニアケースはもちろんのこと、ヘルメットをホルダーにかけておいたり、

タンクバッグなどもNGとのこと。

とにかく車体そのままということを言われた。

ウチのホーネットはノーマルなのでヘルメットだけ船内に

持ち込むだけで済むが、パニアケースを取り付けている人は

これを外す必要があるので注意である。

もし装備に傷がついたりするといけないみたいなことを言っていた。

(かといって傷ついてもいいです、でOKにもならない)

微妙な点がある場合にはこの電話予約の時に尋ねておくのがいいだろう。

 

そんでもって東海汽船貨物課に電話をする。

予約をするときに「バイクの車種は?」と訊かれたので

「ホーネット250ccです」と答えたら「ああ、ホーネットね」と

知っている感じでしたw

その際乗船予約をしたときの予約番号も伝える。

なのでまずは船の予約を行う必要がある。

 

バイクを貨物受付場所まで持っていく

 

竹芝桟橋客船ターミナルはレインボーブリッジまたは浜崎橋JCT付近の

「竹芝ふ頭公園」にある。

GoogleMapでいうところのかまぼこ型のような広場だ。

「アジュール竹芝」ホテルの隣にある。

f:id:Margatroid:20170309103219j:plain

f:id:Margatroid:20170309103217j:plain

f:id:Margatroid:20170309103218j:plain

 

その付近にはファミマとデイリーヤマザキがあり、

乗船前に食糧その他調達ができるが、繁忙期は売り切れになるという情報も。

 

で、バイクの持ち込みだが、HPにはここの地図や案内もほとんどない。

最初に簡単に説明してしまうと、「道路から手で押して広場を横断し、

中に入って貨物受付のところまで押していく」が答えである。

一見広場はまだともかくとしても中も入っていくのか?と思った。

普通は貨物受付車輌用の道路とかあるものだと思っていたが。

 

まずは竹芝桟橋入口T字路交差点まで行く。

f:id:Margatroid:20170309103208j:plain

 

広場へ上陸する。

f:id:Margatroid:20170309103209j:plain

 

広場を横断していくと入口がある。

f:id:Margatroid:20170309103211j:plain

 

中に入るとロビーになっており、受付窓口などがある。

f:id:Margatroid:20170309103212j:plain

f:id:Margatroid:20170309103213j:plain

f:id:Margatroid:20170309103214j:plain

 

手荷物取扱所は左手奥の方にあるのでここまでバイクを手押しで運んでいく。

(画像ではシャッターの下りている中すぐに受付カウンターがある)

f:id:Margatroid:20170309103215j:plain

 

こんな感じである。

自分の場合はとりあえず先に乗船受付をするため

入口ガラス扉前に一旦バイクを置いてから行った。

 

2015年の佐渡ツーリングのときにも少し触れたが、

ツーリングで一番重要なのは天気だと考えている。

margatroid.hatenadiary.jp

 

3泊4日の4日間、全て雨だったらまさに悲惨である。

だから難しい。

今回はその天気で本当に翻弄された‥。

本来のツーリング予定日とは別に「予備週」を設けた。

コレは天気が雨だった場合に備えてである。

ただ、自分が予約した宿泊先は割と人気があるようだったので

これはキャンセル料を払うことになってもいいから

先に予約をとっていた。(二ヶ月半前)

ただ、時期がオフシーズンなので大丈夫だとは思っていたが。

キャンセル料は約一週間前から発生するが、

自分は天気を見極めて本当にギリギリまで見るつもりだった。

 

話を戻して船の予約。

どうやら一回に限りキャンセル料は発生しないで日にちの変更が

できるらしい。まぁ実際尋ねたわけではなくネットの情報ですが‥

(ちなみにツーリングでは船もバイク貨物も

 キャンセル料を払うことを前提に予算を組んでいる。

 更に船が欠航もしくはその他アクシデントにより

 足止めを食らうことを想定した余分の予算も盛り込み済み)

 

で、いよいよツーリングの日が近づいてきて、

出発の前週になったところで週間予報が出始めたわけですよ。

そしたら‥でやんの。

まぁでもまだ7日も先の週間予報だから‥と思い八丈島の週間天気予報を

何度もチェックする毎日。

キャンセルするかの最終決断は出発日を含めて3日前。

 

そしたらですね‥出発の5日前かな。この時点で船を入れて

4泊5日の5日間のうち4日間も雨がかぶっているんですよ。

こりゃキャンセル料払って延期か‥って。

その時の予報が確か、

 

出発日:曇り時々(東京)

上陸一日目:降水確率70%八丈町

上陸二日目:曇り時々晴れ(八丈町

上陸三日目:降水確率60%八丈町

最終日:降水確率50%八丈町

 

こんな感じ。ホント怒りたくなるレベル(身勝手)。

出発日と最終日は別に構わないが‥

(最終日も乗船時間が朝の9時半ごろ[ホーネット車輌預け入れは8時半まで]

 なのでいずれにしろ最終日はまわれないので雨でも仕方ない)

 

ところが事態は急変する。

最終決断である出発3日前の午前11時の予報では、

 

出発日:曇り時々雨(東京)

上陸一日目:降水確率60% ただし、雨のち晴れ八丈町)← NEW!

上陸二日目:曇り時々晴れ八丈町

上陸三日目:晴れ時々曇り 降水確率30% (八丈町)← NEW!

最終日:曇り 降水確率30%

 

もしやウチの怒り祈りが通じたのか、天気が回復傾向にッ

まぁ実際どうなるかわかりませんが大丈夫でしょう。

初日が前半雨のようですが前日の夜からの雨があがるので

恐らく午後には雨はあがる感じ。これなら全然OKですよ。

ここで予定通りの日程で旅行に向かうことが確定しました。

 

橘丸客室概要

 

さて、八丈島に向かう船は橘丸といって、2014年に就航したばかりの

新しい船。

竹芝桟橋から夜の22時半に出発し、三宅島、御蔵島八丈島へと就航。

客室は主に2等、特2等、1等、特1等、特等と分かれており、

特筆すべきは一番安い2等船室。

橘丸の前に就航していた「さるびあ丸」よりも改善されて、

「2等椅子席」が廃止されてその分2等和室などが多くなり、

ただの床広場ではなく頭の部分に仕切りがあるようになり、

隣と顔を合わせなくて済むようになった模様。

上部には返却式のコインロッカー常備。

2等ならば片道8,000円を切る料金で手ごろです。

運賃は安く抑えたい、慣れている人向けですかね。

f:id:Margatroid:20170103165011j:plain

 

続いて特2等。

これも割と人気がある模様。

いわゆる寝台列車のように両サイドに二段ベッドになっており、

カーテンを閉めれば個室のようにもなる。

コイン返却式ロッカーや電源、蛍光灯もある。

2等よりかはプライベート感がアップしている。

料金は片道11,xxx円前後。でもこのクラスが一番コスパがいいと思う。

 

 

1等/特1等。

2等/特2等よりもそれぞれ質がグレードアップ。

枕やら布団やらがグレードアップし、

更に一部屋(1等は8名、特1等は4名)ごとに個室となっている。(カードキー方式)

ただ、1等は個人旅行よりグループ向け。

何故なら相部屋になるから。

一人で旅行して複数人数部屋とはいえ他人と個室一緒となるくらいなら

2等選んだ方がいいわ、って思う。

それに料金も1等は片道15,xxx円前後、特1等が片道18,xxx円前後と

さすがに高め。この料金ならやはり2等選ぶわ、って感じ。

ただ、空いているときなど運がいいと一人で独占できる。

ちなみに1等の部屋は割と少ない。

 

特等。

最上級の部屋。コレは本当にホテルのツインルームをそのまんま

持ってきた感じ。定員2名だが、1名での利用も可能。

料金は20k越えで片道21,500円前後。

 

ちなみに今回は往路に特等、復路に特2等を予約した。

いきなり特等だなんてゼータクすぎだ、と思われるかもしれませんが、

何分夜出発の約十時間という船旅は初めてというのもあるし、寝つきが悪いので‥

本来なら特2等を選んでいましたけどね。

なので特等/特2等客室の設備に関しては一日目の日記で詳しく。

‥というか特等選んで正解だったというオチもあったんですが(汗

 

最後に、料金に関して割引がある。

インターネット予約を行うとなんと20%引きになる。

つまり2等の場合、7,800円だとしたら6,160円になる。

 

更に裏技というほどでもないが、東海汽船には「株主優待券」なるモノが

存在し、それを利用すると繁忙期(夏期)だと25%引き、

それ以外のシーズンオフだとなんと35%引きになるという

大変お得なチケット。

7,800円が5,070円に!!

往復だと7,800×2=15,600円が35%オフで10,140円と、5,460円も得になる!

コレはデカイ。

 

株主優待券は金券ショップやヤフオクで出品されており、

シーズンオフの優待券ならば2枚で1,000~1,500円程度で手に入る。

それを上乗せしてもかなりお得なので、もし東海汽船を利用する場合、

ぜひ優待券を利用することをお勧めする。

ただし、一回の乗船につき一枚必要なので、往復する場合は二枚必要となる。

優待券は当日乗船受付の際に優待券利用の旨を申し出れば良い。

ちなみにウチも優待券を利用したのであります。

 

次へ。

八丈島ツーリング 2016 一日目。 ~ 激動の出発編 竹芝桟橋 → 八丈島 ~

八丈島ツーリング 2016 プロローグ ~ 八丈島上陸作戦 ~。

東京の島。

今まで気にもしなかったのに急激に気になってしまった東京の島。

そもそものきっかけはGoogleストリートビューという適当なもの。

なんとなくGoogleMapを見ていて、伊豆諸島もストリートビューあるのか~

なんて感じで見ていたんですが、見ているうちに思ったよりもツーリングや

ドライブに適しているんじゃないかな、って感じで

八丈島上陸作戦を思い描いていた。

後は伊豆諸島や小笠原諸島が東京都なのに分離された別世界、

という風に不思議な魅力を感じてしまったことですな。

 

ただ、当初の計画では「どうせ八丈島に行くなら東京の孤島と言われる

青ヶ島にも行ってみたい!」と考えていた。

青ヶ島村に行ったことのある人は多くはないだろう。

青ヶ島村へのハードルは高い」と言われるように

島に向かう手段が色々と厳しい。

 

まず青ヶ島村に向かうとすれば八丈島からの船またはヘリのどちらかとなる。

船の場合「あおがしま丸」が就航しており、約三時間で青ヶ島

到着するのだが、就航する日にちが決まっている上に欠航率が高い。

八丈島で足止めを食らうならまだいい。

青ヶ島村で丸一週間も足止めを食らうなんてことも

可能性としてはあり得る。

青ヶ島村への「観光」がいずれ「調査」に変わってしまう悲劇にもなりかねない。

 

まぁそれは極端な例えだが、「足止めを食らう」ということは

八丈島に持ってきたホーネットはその間どうするんだ?という話にもなる。

日数的に不確定要素の多い中、仮に八丈島での宿泊先に置かせてもらう

というのはさすがに気が引けるのでやりたくはない。

 

で、お勧めなのが船よりも就航率が高く、青ヶ島村まで

約20分で着いてしまうというヘリ。

ただ、予約が常に殺到して1日1便、たった9名の枠を電話予約での

争奪戦となってしまう。(ネットでも予約はしているが、電話の方が先に

予約を開始している)

空模様が悪化してキャンセル待ち‥なんてことにもなりかねない。

ついでに片道11,530円(当時)とやや値が張る。

 

どちらにしてもハードルが高い。

ただ一つだけ確実に言えるのは。先にも述べた通り、

「不確定な日程の可能性がある間のホーネットの処遇」である。

なので青ヶ島上陸作戦はホーネットのツーリングではなく、

単に観光で向かうことにする。

その際には八丈島へも飛行機で向かうと思う。

 

ちなみにどうせなら、と「小笠原村上陸作戦」も考えたが、

片道で最低20k以上かかる&日数も必要とのことでこちらは保留。

断念ではなく保留。バイクの積み込みなどに関しても情報不足というのも

あるし、まずは八丈島から攻めたいと思った。

重要なのは「断念」ではなく「保留」である。

(一応その後調べてみたらバイクの積み込み料金は排気量で決まり、

700ccクラスが片道14k程度だったことがわかった)

 

色々考えたが今回は東京の島、八丈島に三泊四日、船も入れて四泊五日の

ツーリングとなったわけであります。

 

次へ。

八丈島ツーリング 2016 プロローグその2 ~ 天気と東海汽船編 ~

高尾山&道志みち Dec.2016 ミニツーリング。

冬ツーリング。今回は久しぶりの高尾山へ。

冬の夜中出発はなかなか寒いですな。

R20を走り高架下を抜けていく。

f:id:Margatroid:20170617094214j:plain

 

夜間のR20は順調。

f:id:Margatroid:20170617094215j:plain

 

やがて日野バイパスに入り、いつものすき家に到着。

f:id:Margatroid:20170718175331j:plain

 

少し早い朝食。牛すき鍋定食にした。

割と美味しかった。

 

すき家を出るとやや寒くて少し体が震える。

高尾付近を通過。

f:id:Margatroid:20170617094216j:plain

 

高尾山口手前のファミマに到着。

f:id:Margatroid:20170718175332j:plain

 

まずトイレを借りてその後軽く飲み物などを買い、イートインで10分ほど時間を潰す。

空がほんの少し明るくなり始めたところで出発。

 

高尾山口駅に到着。

f:id:Margatroid:20170617094217j:plain

f:id:Margatroid:20170617094219j:plain

 

コインロッカーにウェアなど一部荷物をしまう。

f:id:Margatroid:20170617094218j:plain

 

数人の登山客を見かけた。

ケーブルカー方面に向かって歩く。

f:id:Margatroid:20170617094220j:plain

 

結露のせいか、路面がぬれていた。

f:id:Margatroid:20170617094221j:plain

f:id:Margatroid:20170617094222j:plain

f:id:Margatroid:20170617094223j:plain

 

今回は稲荷山コースを登る。

f:id:Margatroid:20170617094224j:plain

 

いつも稲荷山 or 6号路なので次回は

3号路や4号路もいいかもしれない。

f:id:Margatroid:20170617094225j:plain

 

登山開始。

路面が結構濡れていたので滑りやすいので注意して歩く。

f:id:Margatroid:20170617094226j:plain

f:id:Margatroid:20170617094227j:plain

f:id:Margatroid:20170617094228j:plain

 

最初は息が上がりやすいのでスロースペースで。

まぁ冬だから身体が温まってちょうどいいですが。

f:id:Margatroid:20170617094229j:plain

f:id:Margatroid:20170617094230j:plain

f:id:Margatroid:20170617094231j:plain

 

中に着て上着も着ていたので早くも暑くなってきた。

最初はベンチのところで脱ごうかと思っていたが、やはり途中で上着を脱いだ。

f:id:Margatroid:20170617094232j:plain

f:id:Margatroid:20170617094233j:plain

 

展望台に到着。

f:id:Margatroid:20170617094234j:plain

 

先の方は霞んでいるか。

f:id:Margatroid:20170617094235j:plain

f:id:Margatroid:20170617094236j:plain

 

少し休憩をして再び出発。

陽が結構昇ってきた。

f:id:Margatroid:20170617094237j:plain

 

落ち葉の絨毯。

笹子峠もこんな感じになっているかな。

f:id:Margatroid:20170617094238j:plain

 

だいたいこの辺までで、5、6人くらい登っている人に出会った。

f:id:Margatroid:20170617094239j:plain

f:id:Margatroid:20170617094240j:plain

 

ゆっくり登っていく。

f:id:Margatroid:20170617094241j:plain

 

適度に風が吹いていたのでそれなりに心地よかった。

f:id:Margatroid:20170617100414j:plain

 

山頂への最後の階段。

f:id:Margatroid:20170617100415j:plain

 

一気に山頂まで登った。

山頂到着。

f:id:Margatroid:20170617100419j:plain

 

現在8時ちょうどくらい。広場には数人いた。

f:id:Margatroid:20170617100416j:plain

 

富士山は霞んでいてあまり見えなかった。

f:id:Margatroid:20170617100418j:plain

f:id:Margatroid:20170617100417j:plain

 

広場で少し休憩。風が結構強く、冷たかった。

 

さて、城山方面へ進む。

f:id:Margatroid:20170629160333j:plain

 

もみじ台への石階段を降りる。

f:id:Margatroid:20170629160334j:plain

 

これより奥高尾。

f:id:Margatroid:20170629160335j:plain

f:id:Margatroid:20170629160336j:plain

 

若干土がぬかるんでいる。

f:id:Margatroid:20170629160337j:plain

f:id:Margatroid:20170718175333j:plain

f:id:Margatroid:20170629160338j:plain

f:id:Margatroid:20170629160339j:plain

 

鉄塔を通過。

f:id:Margatroid:20170629160340j:plain

f:id:Margatroid:20170629160341j:plain

 

一丁平に到着。

f:id:Margatroid:20170629160342j:plain

 

少し休憩した後、そのすぐ先にある展望台へ。

f:id:Margatroid:20170629160343j:plain

 

やはり霞んでますな。

f:id:Margatroid:20170629160344j:plain

f:id:Margatroid:20170629160345j:plain

 

出発。

f:id:Margatroid:20170629160347j:plain

 

緩やかな坂を登ったり下ったりを繰り返す。

この区間も数人程度しかまだいなかった。

f:id:Margatroid:20170706160513j:plain

f:id:Margatroid:20170718175334j:plain

f:id:Margatroid:20170706160514j:plain

 

城山が近付いてきた。

f:id:Margatroid:20170629160347j:plain

 

城山に到着。

f:id:Margatroid:20170629160348j:plain

f:id:Margatroid:20170629160349j:plain

f:id:Margatroid:20170629160350j:plain

 

城山茶屋。

f:id:Margatroid:20170718175335j:plain

 

数人程度登山客がいた。

f:id:Margatroid:20170629160352j:plain

f:id:Margatroid:20170629160351j:plain

f:id:Margatroid:20170629160354j:plain

f:id:Margatroid:20170629160355j:plain

 

ネコ発見。

f:id:Margatroid:20170629160353j:plain

f:id:Margatroid:20170629160357j:plain

 

もう一匹奥の方にも。爪とぎしてる。

f:id:Margatroid:20170629160356j:plain

 

ネコと戯れた後、そろそろ引き返すことに。

f:id:Margatroid:20170629160358j:plain

 

今度はまき道を使ってみた。

f:id:Margatroid:20170629160359j:plain

 

ただ、まき道は緩やかな坂が続いて地味に辛かった。

f:id:Margatroid:20170629160401j:plain

 

5号路で1号路に向かう。

f:id:Margatroid:20170629160402j:plain

 

山頂迂回するバイパスみたいなものか。

f:id:Margatroid:20170718175336j:plain

f:id:Margatroid:20170629160403j:plain

 

江川スギと呼ばれるスギが広がっている。

f:id:Margatroid:20170629160405j:plain

f:id:Margatroid:20170629160404j:plain

 

やがて1号路に合流。

f:id:Margatroid:20170629160406j:plain

 

1号路を下っていく。

f:id:Margatroid:20170629160407j:plain

 

不動堂付近。

昼近くになると登山客が割と見られるようになってきた。

f:id:Margatroid:20170629160408j:plain

f:id:Margatroid:20170706160515j:plain

 

本堂。

f:id:Margatroid:20170706160516j:plain

 

お土産とお守りを少し購入。

f:id:Margatroid:20170706160517j:plain

f:id:Margatroid:20170706160518j:plain

f:id:Margatroid:20170706160519j:plain

f:id:Margatroid:20170706160520j:plain

 

まだ若干の紅葉は残っていた。

f:id:Margatroid:20170706160521j:plain

f:id:Margatroid:20170718175337j:plain

f:id:Margatroid:20170706160522j:plain

f:id:Margatroid:20170706160523j:plain

 

ケーブルカー乗り場付近から。

f:id:Margatroid:20170706160524j:plain

f:id:Margatroid:20170706160525j:plain

 

ここで恒例の三福だんご。

ここの手前でも売っていたが別の店と思われる。

甘辛いタレが美味しい。

f:id:Margatroid:20170718175338j:plain

 

だんご休憩を終えて先へ進む。

f:id:Margatroid:20170706160526j:plain

 

坂を下っていく。

午前中ならばここを関係車輌が通っていく。

f:id:Margatroid:20170706160527j:plain

f:id:Margatroid:20170706160528j:plain

 

沢沿いの道へ。

f:id:Margatroid:20170706160529j:plain

 

ゴール。

f:id:Margatroid:20170706160530j:plain

f:id:Margatroid:20170706160531j:plain

 

高尾山口駅付近の靴洗い場で泥を落とす。

f:id:Margatroid:20170706160532j:plain

 

コインロッカーから荷物を取り出す。

もう正午を過ぎている。予定よりも時間がかかってしまった。

 

出発。高尾山IC交差点を通過。

f:id:Margatroid:20170706160533j:plain

 

ところがガソリン残量が予想以上に少なくなっていた。

この先は大垂水峠を越えるが、念のため引き返してGSで給油することにした。

f:id:Margatroid:20170706160534j:plain

f:id:Margatroid:20170706160535j:plain

 

GSを見つけるまで結構戻ってしまった。

f:id:Margatroid:20170706160536j:plain

 

結構戻ってしまったので、いっそのこと陣馬街道を走ろうと思った。

 

追分町交差点で左折し、陣馬街道に入る。

最初の方は思ったよりも交通量が多く、流れが若干悪かった。

 

しかし山道に入るとさすがに交通量がぐっと少なくなった。

f:id:Margatroid:20170706160537j:plain

f:id:Margatroid:20170718175339j:plain

f:id:Margatroid:20170706160538j:plain

 

夕焼け小焼けの里を通過し、先へ。

f:id:Margatroid:20170718175340j:plain

 

路面が濡れていますな‥

f:id:Margatroid:20170706160539j:plain

 

けど日に当たる場所は問題なさそうだ。

f:id:Margatroid:20170706160540j:plain

f:id:Margatroid:20170706160541j:plain

 

ここは全面ウェット。

f:id:Margatroid:20170706160542j:plain

 

やがてゲートに到着。

f:id:Margatroid:20170706160543j:plain

 

ここからが陣馬街道の中では酷道と言われる道になる。

f:id:Margatroid:20170706160544j:plain

f:id:Margatroid:20170706160545j:plain

f:id:Margatroid:20170706160546j:plain

 

数台すれ違ったが、こちらはバイクなので問題なし。

クルマでは通りたくない道である。

 

和田峠を通過し、もう一つのゲートを抜ける。

f:id:Margatroid:20170706160547j:plain

 

酷道区間を抜けた。

f:id:Margatroid:20170706160548j:plain

 

日陰部分は相変わらずウェット。凍結していないだけマシだ。

f:id:Margatroid:20170706160549j:plain

 

陣馬山通信専用橋」と呼ばれる橋桁跡?があった。

f:id:Margatroid:20170706160551j:plain

 

「専」に点がついてるのが気になる。

f:id:Margatroid:20170706160550j:plain

 

民家のあるところまで下りてきた。

f:id:Margatroid:20170706160552j:plain

 

分岐でR20方面に左折。

f:id:Margatroid:20170706160553j:plain

f:id:Margatroid:20170718175345j:plain

 

A(高尾山口 → R20(甲州街道) → B(陣馬街道)C(和田峠分岐

f:id:Margatroid:20170718194700j:plain

 

この辺からは走りやすくなってきた。

f:id:Margatroid:20170706160554j:plain

f:id:Margatroid:20170706160555j:plain

 

R20甲州街道とのT字路交差点。ここを左折。だった気がする。

f:id:Margatroid:20170706160556j:plain

 

そしてすぐ右折して県道76号線へ。

f:id:Margatroid:20170706160557j:plain

 

このままR413道志みちに向かう。

f:id:Margatroid:20170706160558j:plain

f:id:Margatroid:20170706160559j:plain

 

交通量も少なく、走りやすい。

f:id:Margatroid:20170706160600j:plain

f:id:Margatroid:20170706160601j:plain

f:id:Margatroid:20170706160602j:plain

f:id:Margatroid:20170706160603j:plain

 

道志みちへ。

f:id:Margatroid:20170706160604j:plain

f:id:Margatroid:20170706160605j:plain

 

バイクと結構すれ違う。みんな反対側(道志側)から来ていた。

もう15時になるし、みんな帰りでせうか。

f:id:Margatroid:20170706160606j:plain

f:id:Margatroid:20170706160607j:plain

 

隣に流れるのは道志川

f:id:Margatroid:20170706160608j:plain

f:id:Margatroid:20170706160609j:plain

 

やがて道の駅どうしに到着。

f:id:Margatroid:20170706160612j:plain

f:id:Margatroid:20170718175342j:plain

f:id:Margatroid:20170706160610j:plain

 

A(分岐) → 県道522号線 → R20(甲州街道) → B(県道76号線)

                C(R413道志みち道の駅どうし

f:id:Margatroid:20170718194701j:plain

 

ここで昼食をとることに。ちなみに現在15時。

ポークカレーのサラダセットにしようとしたら、もう品切れとのこと。

なので単品にした。思ったよりお腹いっぱいになり、美味しかった。

f:id:Margatroid:20170718175343j:plain

 

食事を終えた後にお土産や直売所の野菜をいくつか買った。

 

本来ならばこれから温泉にでも行きたいところだったが、もう16時近くである。

なので今日はこれで引き返すことにした。

 

帰りは道志みちではなく県道24号線へ。

f:id:Margatroid:20170706160613j:plain

f:id:Margatroid:20170718175344j:plain

 

初めて走ったが、道幅が広くとても走りやすい道だった。

f:id:Margatroid:20170706160614j:plain

f:id:Margatroid:20170706160615j:plain

 

すると雪の塊が。いつの間にか降ったのだろう。

f:id:Margatroid:20170706160616j:plain

 

このまま都留方面へ。

f:id:Margatroid:20170706160617j:plain

f:id:Margatroid:20170706160618j:plain

 

やがてR20へ。流れは結構速いので順調。

大垂水峠手前でもう暗くなっていた。冬は陽が落ちるのが早い。

f:id:Margatroid:20170706160619j:plain

 

大垂水峠を越えて高尾を通過。

それにしても寒い。木枯らしのような北風が吹いている。

f:id:Margatroid:20170706160620j:plain

 

流れは順調だったのでこのまま下で帰りました。

 

登山で思いの外時間がとられたかなという感じ。

やや寒かったがちょっとしたミニツーリングでした。

家に帰って風呂につかった時が一番気持ち良かったw

今回の走行距離は272.3kmでした。

f:id:Margatroid:20170718194702j:plain

山梨ツーリング Oct.2016 ~ 深城ダム・笹子峠・御坂峠・林道西川新倉線・紅富士の湯 ~

恒例の山梨ツーリング。今回は個人的に定番の深城ダム、笹子峠、御坂峠を訪れる。

大抵真夜中に出発しているが、基本的にどの地点を日の出の時間に

到着(通過)するかで決めている。

一番の理由は出発や最初の目的地が空いているのがいいということである。

 

いつも通り、R20で東京を西進。

夜中は交通量が少なく快適。

f:id:Margatroid:20170616150814j:plain

 

日野バイパスに入る。

予定ではここの斜め向かいにあるENEOSで給油&携行缶にも入れてもらおうと

思っていたのだが、なんと潰れていた。

f:id:Margatroid:20170616150815j:plain

 

仕方ないのでそのまま先へ進むことに。

ちなみに潰れたというか、どうやらセルフ式のGSに転換するらしかった。

 

西八王子、高尾付近を通過。

f:id:Margatroid:20170616150816j:plain

 

高尾山口手前のファミマへ。

トイレを借りて少し買い物をした。

f:id:Margatroid:20170617092805j:plain

 

高尾山IC付近を通過して大垂水峠へ。

現在午前4時半。明け方までもう少し。

f:id:Margatroid:20170616150817j:plain

 

対向車は数台いた程度。

さすがに少し肌寒いがまだ大丈夫。

f:id:Margatroid:20170616150818j:plain

 

問題なく大垂水峠を通過して神奈川県側へ。

そのまま山梨県に入る。

f:id:Margatroid:20170616150819j:plain

 

するとセルフではないGSが開いていたのでそこで給油し、携行缶にも入れてもらった。

f:id:Margatroid:20171225170643j:plain

 

県道33号線に入る。

f:id:Margatroid:20170616150820j:plain

f:id:Margatroid:20171223203912j:plain

 

A(R20日野バイパス → R20(甲州街道) → 北大通

  → R20(甲州街道) → 大垂水峠B(水越ガソリンスタンド)県道33号線

f:id:Margatroid:20171225170645j:plain

 

まだ5時半なのでこの分だと県道18号線でもまだ暗いままか。

f:id:Margatroid:20170616150821j:plain

 

というか県道33号線もすでに山の中に入り、ハイビーム必須だった。

f:id:Margatroid:20170616150822j:plain

f:id:Margatroid:20170616150823j:plain

 

街灯は所々にあるが、やはり真っ暗に近い。

それでも一台はすれ違った。

f:id:Margatroid:20170616150824j:plain

 

県道18号線との交差点に到着。

f:id:Margatroid:20170616150825j:plain

 

小菅方面に左折する。

f:id:Margatroid:20171223203914j:plain

 

さすがに真っ暗だと心細い。

f:id:Margatroid:20170616150828j:plain

f:id:Margatroid:20170616150827j:plain

 

とはいえ、わずかながら夜明けの兆しが見えてきた。

f:id:Margatroid:20170617092806j:plain

f:id:Margatroid:20170616150828j:plain

f:id:Margatroid:20170616150829j:plain

 

さすがに明け方早朝のこの時間になるとやや冷え込んできた。

f:id:Margatroid:20170616150830j:plain

f:id:Margatroid:20170616150831j:plain

 

夜が明けると急速に空が明るくなってきた。

f:id:Margatroid:20170616150832j:plain

f:id:Margatroid:20170617092807j:plain

f:id:Margatroid:20170616150833j:plain

f:id:Margatroid:20170616150834j:plain

f:id:Margatroid:20170616150835j:plain

f:id:Margatroid:20170616150836j:plain

 

吐く息は白い。

f:id:Margatroid:20170616150837j:plain

f:id:Margatroid:20170617092808j:plain

f:id:Margatroid:20170616150838j:plain

 

R139の表記が見えてきた。

f:id:Margatroid:20170616150839j:plain

f:id:Margatroid:20171223203915j:plain

 

R139との交差点に到着した。現在午前6時。

f:id:Margatroid:20170616150840j:plain

f:id:Margatroid:20170616150841j:plain

 

R139に入る。本来ここで左折し、深城ダム湖小金沢公園に向かう予定だが、

トイレに行きたかったので一旦右折して道の駅こすげに向かうことにした。

f:id:Margatroid:20170616150842j:plain

f:id:Margatroid:20170616150843j:plain

 

道の駅こすげに到着。

f:id:Margatroid:20170616150847j:plain

f:id:Margatroid:20170616150844j:plain

f:id:Margatroid:20170616150845j:plain

f:id:Margatroid:20170616150846j:plain

 

バス一台と乗用車一台が停まっていた。

 

トイレを済ませて出発。

松姫トンネル。

f:id:Margatroid:20170616150848j:plain

 

今回は外が寒いのでトンネルの中は逆に暖かく感じられた。

f:id:Margatroid:20170616150849j:plain

 

大月市側に抜ける。そこにあるのは封鎖された旧道。

復活してほしいものである。

f:id:Margatroid:20170616150850j:plain

 

深城トンネル。

f:id:Margatroid:20170616150851j:plain

 

深城ダム。若干紅葉が見られる。

f:id:Margatroid:20170616150852j:plain

f:id:Margatroid:20170616150853j:plain

 

小金沢公園に到着。

f:id:Margatroid:20170616150858j:plain

 

トイレのシャッターはまだ閉まったままである。

f:id:Margatroid:20170617092810j:plain

 

A(県道33号線)B(県道18号線)C(R139)

     D(道の駅こすげ) → 松姫トンネル → 小金沢公園

f:id:Margatroid:20171223203916j:plain

 

秋らしさを少し感じられる。

f:id:Margatroid:20170616150854j:plain

f:id:Margatroid:20170616150856j:plain

f:id:Margatroid:20170616150857j:plain

 

すると公園の管理者らしき人が車でやってきて、トイレのシャッターを開けていた。

わざわざ道の駅こすげまで行かなくても良かったかな

f:id:Margatroid:20170616150902j:plain

 

小金沢トンネルから通行止めの真木小金沢林道。

f:id:Margatroid:20171223203917j:plain

 

深城ダム湖を望む。正式名称を「シオジの森ふかしろ湖」という。

若干の紅葉が見られるが、本格的な紅葉を見るにはあと一ヶ月ほど時間が必要だろう。

f:id:Margatroid:20170616150859j:plain

f:id:Margatroid:20170616150900j:plain

 

展望台の方に行ってみることに。

f:id:Margatroid:20170616150901j:plain

f:id:Margatroid:20170616150903j:plain

 

途中の廃道ヘアピンを眺める。

f:id:Margatroid:20170616150905j:plain

f:id:Margatroid:20170616150908j:plain

f:id:Margatroid:20170616150904j:plain

f:id:Margatroid:20170617092811j:plain

 

前回の6月上旬の時に比べると、水位がだいぶ上がっているのがわかる。

ダムは6月から洪水期に入り、ダム湖に水を貯め始める。

margatroid.hatenadiary.jp

6月上旬時。

f:id:Margatroid:20170505124032j:plain

 

今回。(10月下旬)

f:id:Margatroid:20170616150906j:plain

 

ヘアピン部分は完全に水没している。

f:id:Margatroid:20170616150911j:plain

f:id:Margatroid:20170616150913j:plain

f:id:Margatroid:20170616150914j:plain

f:id:Margatroid:20170616150912j:plain

 

こちらは反対側。

こちらも水位が上がっている。

f:id:Margatroid:20170616150910j:plain

 

こちらは6月上旬時。

f:id:Margatroid:20170505124035j:plain

 

廃道ヘアピン入口。

f:id:Margatroid:20170616150915j:plain

 

展望台方面へ。駐車スペースは先にある。

すぐ目の前の路肩スペースはただの非常駐車帯。

案内看板通り200mほど先に進むと駐車スペースがある。

f:id:Margatroid:20170616150922j:plain

 

展望台へ。

f:id:Margatroid:20170616150916j:plain

 

階段を上がっていく。

f:id:Margatroid:20170616150917j:plain

 

展望台に鐘があるので鳴らしてみたら、結構鳴り響いた。

静かな湖畔なのでより鳴り響く。

f:id:Margatroid:20170616150919j:plain

f:id:Margatroid:20170616150921j:plain

 

展望台からの景色。

f:id:Margatroid:20170616150918j:plain

 

展望台を後にして先へ。

葛野川トンネル。

f:id:Margatroid:20170616150923j:plain

 

R139現道に合流。

ここからの眺めも結構いい。

f:id:Margatroid:20170616150924j:plain

f:id:Margatroid:20170616150925j:plain

 

深城ダム管理事務所へ。対応が可能な時間に限り、ダム施設への見学が可能。

入口脇にインターフォンがある。

とりあえずトイレに行った。

f:id:Margatroid:20170616150926j:plain

 

A(小金沢公園)B(廃道ヘアピン展望場所)C(展望台駐車場)

  D(深城ダム展望台) → R139(深城バイパス) → 深城ダム管理事務所

f:id:Margatroid:20171224151250j:plain

 

クマ出没の注意喚起にイラストの物が追加されていたが、

ちょっと可愛らしすぎる気がするw

f:id:Margatroid:20170616150927j:plain

f:id:Margatroid:20171224150322j:plain

f:id:Margatroid:20170616150928j:plain

f:id:Margatroid:20170616150929j:plain

f:id:Margatroid:20170616150930j:plain

 

ちなみに敷地内にテントを張っている人がいたのだが、あれはいいのだろうか?

 

管理事務所を出発。R139を北上。

f:id:Margatroid:20170616150931j:plain

 

松姫トンネルを抜け、県道18号線とのT字路交差点で左折。

f:id:Margatroid:20170616150932j:plain

f:id:Margatroid:20170616150933j:plain

 

途中で右折。

f:id:Margatroid:20170616150934j:plain

f:id:Margatroid:20170616150935j:plain

 

山の中を走っていく。

f:id:Margatroid:20170616150936j:plain

f:id:Margatroid:20170616150937j:plain

 

ヘアピンもいくつかあった。

f:id:Margatroid:20170616150938j:plain

 

いい道だ。

f:id:Margatroid:20170617092813j:plain

f:id:Margatroid:20170616150939j:plain

 

R411へ。

f:id:Margatroid:20170616150940j:plain

 

基本的に対向車しかいないので快適。

奥多摩周辺R411はどちらの方向もいい風景が続いている。

f:id:Margatroid:20170616150941j:plain

f:id:Margatroid:20170616150942j:plain

f:id:Margatroid:20170616150943j:plain

 

振り返って撮影。建設中のトンネル。

f:id:Margatroid:20170616150944j:plain

 

R411はトンネルが多い。

f:id:Margatroid:20170616150945j:plain

 

甲州市に入った。

f:id:Margatroid:20170616150946j:plain

f:id:Margatroid:20171224151251j:plain

 

本格的な紅葉シーズンになれば綺麗だろう。

f:id:Margatroid:20170616150947j:plain

f:id:Margatroid:20170617092814j:plain

f:id:Margatroid:20170616150948j:plain

f:id:Margatroid:20170616150949j:plain

 

柳沢峠の公衆トイレへ寄った。

f:id:Margatroid:20170616150950j:plain

f:id:Margatroid:20170616150951j:plain

 

A(深城ダム管理事務所) → 松姫トンネル → B(県道18号線)

          C(R411大菩薩ライン)柳沢峠公衆トイレ

f:id:Margatroid:20171224151252j:plain

この辺りは散策路となっている模様。

f:id:Margatroid:20170616150952j:plain

f:id:Margatroid:20170616150953j:plain

 

一休憩して再び出発。

f:id:Margatroid:20170616150955j:plain

f:id:Margatroid:20170616150954j:plain

 

大きな橋を渡っていく。

f:id:Margatroid:20170616150956j:plain

 

麓に下りてきた。

ここで大菩薩峠に通じる県道201号線に入る。

f:id:Margatroid:20170616150957j:plain

f:id:Margatroid:20170616150958j:plain

 

県道201号線へ。

f:id:Margatroid:20170616150959j:plain

 

幅員がほぼ一車線分になるところも。

f:id:Margatroid:20170616151000j:plain

 

落ち葉が道の両脇にたくさん落ちている。

f:id:Margatroid:20170616151001j:plain

 

対向車に注意しながら登っていく。

f:id:Margatroid:20170616151002j:plain

f:id:Margatroid:20170617092816j:plain

f:id:Margatroid:20170616151003j:plain

 

雲がかかってきている。

f:id:Margatroid:20170616151004j:plain

 

すると、野生のシカらしき動物が見えた。

鳴き声をあげて、逃げて行った。

f:id:Margatroid:20170616151005j:plain

f:id:Margatroid:20171224151253j:plain

 

するとロッジ付近の駐車場に到着。

f:id:Margatroid:20170617094106j:plain

 

観光バスも来ている。この道を観光バスサイズが通るのはなかなかのものだろう。

登山客らが準備体操をしていた。

f:id:Margatroid:20170616151006j:plain

 

ここからは下っていく。

f:id:Margatroid:20170616151007j:plain

f:id:Margatroid:20170616151008j:plain

f:id:Margatroid:20170616151009j:plain

f:id:Margatroid:20170616151010j:plain

f:id:Margatroid:20170616151011j:plain

 

下った先のトイレに寄った。

f:id:Margatroid:20170616151012j:plain

 

R20交差点へ。ここを左折。

f:id:Margatroid:20170616151013j:plain

f:id:Margatroid:20171224151254j:plain

 

道の駅甲斐大和へ。

f:id:Margatroid:20170617092818j:plain

f:id:Margatroid:20170616151014j:plain

f:id:Margatroid:20170616151015j:plain

 

A(柳沢峠公衆トイレ)B(県道201号線) → 県道218号線

    C(ロッヂ長兵衛) → R20(甲州街道) → 道の駅甲斐大和

f:id:Margatroid:20171224151255j:plain

 

まだ10時前だが、ちょっとお腹が空いたので、

ここで早めの昼食をとることにした。

f:id:Margatroid:20170616151016j:plain

 

甲州ロースカツ丼にした。結構ボリュームがあって美味しかった。

f:id:Margatroid:20170617092819j:plain

 

昼食を終えて出発。

新笹子トンネルを通って大月市側の県道212号線に到着。

f:id:Margatroid:20170616153305j:plain

 

集落を抜けていく。

f:id:Margatroid:20170616153306j:plain

 

山の中へ。

落ち葉が道の両端に積もっている。

f:id:Margatroid:20170617092820j:plain

f:id:Margatroid:20170616153308j:plain

f:id:Margatroid:20170616153309j:plain

 

矢立の杉付近に到着。

f:id:Margatroid:20170616153310j:plain

f:id:Margatroid:20170617092821j:plain

 

立ち寄ってみることに。

散策道を少し歩くと石碑がある。

f:id:Margatroid:20170616153311j:plain

 

矢立の杉。

実際に間近に立つと、その巨大さを感じられる。

f:id:Margatroid:20170616153312j:plain

f:id:Margatroid:20170616153313j:plain

 

入口の看板だと杉の木のそばに立ち寄っているが、

現在はロープが張られている。

f:id:Margatroid:20170616153314j:plain

 

矢立の杉を後にして先へ。

f:id:Margatroid:20170616153315j:plain

f:id:Margatroid:20170616153316j:plain

f:id:Margatroid:20170616153317j:plain

f:id:Margatroid:20170616153318j:plain

 

笹子隧道に到着。

f:id:Margatroid:20170616153319j:plain

f:id:Margatroid:20170616153320j:plain

f:id:Margatroid:20170616153321j:plain

 

気象観測器だろうか。

f:id:Margatroid:20170616153322j:plain

 

隧道入口甲州市側。

f:id:Margatroid:20170616153323j:plain

f:id:Margatroid:20170616153324j:plain

 

ここからは下っていく。

f:id:Margatroid:20170616153325j:plain

f:id:Margatroid:20170616153326j:plain

f:id:Margatroid:20170616153327j:plain

 

集落まで下ってきた。

f:id:Margatroid:20170616153328j:plain

 

R20に入り、県道34号線へ。次は御坂峠に向かう。

 

A(道の駅甲斐大和 → 新笹子トンネル → B(県道212号日影笹子線)

   C(矢立の杉)D(笹子隧道) → R20(甲州街道) → 県道34号線

f:id:Margatroid:20171224151256j:plain

 

勝沼付近はぶどう園が目立つ。

f:id:Margatroid:20170616153329j:plain

 

R137御坂みちとの交差点へ。

f:id:Margatroid:20170616153330j:plain

f:id:Margatroid:20170616153331j:plain

 

この辺は道が快適で流れが速いバイパスとなっている。

f:id:Margatroid:20170616153332j:plain

 

やがてR137旧道、県道708号線に入る。

f:id:Margatroid:20170617092822j:plain

 

A(県道34号線)B(R137御坂みち)県道708号線

f:id:Margatroid:20171224151257j:plain

 

御坂峠天下茶屋に向かう。

f:id:Margatroid:20170616153333j:plain

f:id:Margatroid:20170616153334j:plain

 

車は数台すれ違ったか。

f:id:Margatroid:20170616153335j:plain

f:id:Margatroid:20170616153336j:plain

 

天下茶屋に到着。

雲の海に浮かぶ富士山が見えた。

f:id:Margatroid:20170616153337j:plain

f:id:Margatroid:20170616153338j:plain

f:id:Margatroid:20170616153339j:plain

 

御坂隧道。

f:id:Margatroid:20170616153340j:plain

 

割と観光に来ている人がいる。

f:id:Margatroid:20170616153341j:plain

f:id:Margatroid:20170616153342j:plain

 

天下茶屋へ。

f:id:Margatroid:20170616153343j:plain

 

お土産をいくつか買い、トイレに寄った。

 

出発。

f:id:Margatroid:20170616153344j:plain

 

途中で、林道西川新倉線に入る。

f:id:Margatroid:20170616153345j:plain

f:id:Margatroid:20170617092823j:plain

 

登山道があるらしく、何台か駐車している車を見かけた。

f:id:Margatroid:20170616153346j:plain

f:id:Margatroid:20170616153347j:plain

 

落ち葉の道が続く。

f:id:Margatroid:20170616153348j:plain

f:id:Margatroid:20170617092823j:plain

f:id:Margatroid:20170616153349j:plain

 

綺麗な舗装路が続く道。

f:id:Margatroid:20170616153350j:plain

f:id:Margatroid:20170616153351j:plain

f:id:Margatroid:20170616153352j:plain

 

民家のある麓に下りてきた。

f:id:Margatroid:20170616153353j:plain

 

R137に出て山中湖方面に向かう。

f:id:Margatroid:20170616153354j:plain

 

途中やや渋滞していた。

紅富士の湯の看板を見つけ、右折。到着した。

f:id:Margatroid:20170616153355j:plain

f:id:Margatroid:20170616153356j:plain

 

A(林道西川新倉線)B(R137御坂みち)

       → R138(旧鎌倉往還) → 紅富士の湯

f:id:Margatroid:20171225170646j:plain

 

中へ。入場券とバスタオルレンタルの券を購入。

ウェアや荷物などをコインロッカーに入れて大浴場へ。

 

最初に入ろうと思っていたジェットバスは満員だったので露天風呂に入った。

ここの露天風呂は正面に富士山を眺めることができる。

その後中の風呂に入った。やはり気持ちがいい。

 

風呂からあがってコーヒー牛乳を飲む。その後食堂へ。

軽く食べようと思い、卵かけご飯にした。

家では卵かけご飯はやらないんだけど、美味しい。

f:id:Margatroid:20171225170644j:plain

 

食事を終えて出発。

道志みちに入る前に、山中湖にちょっと寄ってみた。

しかし、逆光の上雲に隠れて富士山は見られなかった。

f:id:Margatroid:20170616153357j:plain

f:id:Margatroid:20170616153358j:plain

f:id:Margatroid:20170617092825j:plain

 

道志みちへ。

相変わらず走りやすい。

f:id:Margatroid:20170616153359j:plain

f:id:Margatroid:20170616153400j:plain

f:id:Margatroid:20170616153401j:plain

 

道の駅どうしに到着。

f:id:Margatroid:20170616153403j:plain

f:id:Margatroid:20170616153402j:plain

f:id:Margatroid:20170617092826j:plain

 

以前工事していたところはヘリポートとなるようだ。

f:id:Margatroid:20170616153404j:plain

 

トイレに行った。

 

再び出発。

f:id:Margatroid:20170616153405j:plain

f:id:Margatroid:20170616153406j:plain

f:id:Margatroid:20170616153407j:plain

f:id:Margatroid:20170616153408j:plain

 

今回はR20ではなくR412方向から帰ることに。

f:id:Margatroid:20170616153410j:plain

 

流れはまあまあだった。

f:id:Margatroid:20170616153411j:plain

 

R246で帰ったが、反対車線側でバイクと車の接触事故があったらしく、

警察が実況見分していた。そのせいで下り方面は大渋滞していた。

 

無事に家に帰還。

今回は個人的な黄金ルートという感じで、深城ダム、笹子峠、御坂峠と

順調に走ることができた。林道西川新倉線は初めて通ったけど、

見通しの悪さを別にすれば路面は綺麗な舗装路で走りやすかったです。

紅富士の湯にも行けました。

今回の走行距離は415.6km。結構走りましたが、楽しかったです。

f:id:Margatroid:20171225170647j:plain

千葉房総ツーリング Jul.2016 ~ 清澄養老ライン・安房グリーンライン ~。

恒例の千葉ツーリング。

今日は雨が降っていたのがあがって曇りで涼しいのでいい感じです。

 

R357から千葉市へ。

f:id:Margatroid:20160731213036j:plain

 

空模様がまだちょっと怪しく、少し雨がぱらついてきたが大丈夫だった。

f:id:Margatroid:20160731213037j:plain

 

R16に入るとトラックが目立つ。

基本的に流れは良かった。

f:id:Margatroid:20160731213039j:plain

 

途中のGSで給油。

やはりバイクの場合はセルフで給油した方が楽かな。

ついでにトイレにも寄った。

f:id:Margatroid:20160731213041j:plain

 

R410へ。

f:id:Margatroid:20160731213043j:plain

 

A(R357舞浜)R410

f:id:Margatroid:20170613145444j:plain

 

そのままR409へ。

この辺は「笹子」という地名らしい。笹子と言ったら山梨の笹子峠を思い浮かべる。

f:id:Margatroid:20160731213044j:plain

f:id:Margatroid:20170613145445j:plain

 

R409は途中で左に折れるので左折。

f:id:Margatroid:20160731213045j:plain

 

そしてすぐにT字路交差点を右折。

f:id:Margatroid:20160731213046j:plain

 

どうやらどこかの橋が通行止めになっているらしく、所々で迂回路標示を見た。

f:id:Margatroid:20160731213047j:plain

 

踏切を渡る。

f:id:Margatroid:20160731213049j:plain

 

途中から茂みの道へ。流れはいい。

f:id:Margatroid:20160731213050j:plain

 

そして県道81号線、清澄養老ラインに入った。

f:id:Margatroid:20160731213051j:plain

 

基本的に道幅の広い走りやすい道である。

f:id:Margatroid:20160731213052j:plain

f:id:Margatroid:20160731213053j:plain

 

ある程度涼しいので気持ちの良い気候。

f:id:Margatroid:20160731213054j:plain

 

旧道と思われる方へ。

f:id:Margatroid:20160731213055j:plain

f:id:Margatroid:20170613145448j:plain

 

しかしそれは間違いで、逆方向を行っていた。よくあることだ。

引き返してR465の方へ。

f:id:Margatroid:20160731213056j:plain

f:id:Margatroid:20170613145446j:plain

 

A(R410)B(県道81号清澄養老ライン)R465

f:id:Margatroid:20170613145447j:plain

 

R465は全体は走ったことないが、道幅が広く、路面が綺麗、

非常に快適な道路な印象がある。

f:id:Margatroid:20160731213057j:plain

f:id:Margatroid:20170613145449j:plain

 

R465の旧道と思われる方へ行ってみる。

f:id:Margatroid:20160731213058j:plain

 

隧道。

f:id:Margatroid:20160731213059j:plain

 

「つ?もりずいどう」。

調べてみたら、どうやら「筒森隧道」(つつもり)らしい。

同音を表す「ヽ」でしょうかね。

f:id:Margatroid:20170613145457j:plain

 

ただ、この反対側の入口に表記されている漢字。

撮影はしていなかったんですが、ストリートビューで見ると‥

f:id:Margatroid:20170613145458j:plain

 

最初の一文字目の漢字が判読できない。

隧道の隧に似て非なる文字。「筒」の旧字体か、「つつ」と読む「陏」なのか。

なんとなく気になった次第。

ちなみに自分は隧道マニアでもなんでもないのでとりあえずそんなところで。

 

壁の苔が綺麗。

f:id:Margatroid:20160731213101j:plain

 

民家が見えてきた。

f:id:Margatroid:20160731213102j:plain

 

旧道が終わり、現道へ。

f:id:Margatroid:20160731213103j:plain

f:id:Margatroid:20160731213104j:plain

 

緑の田んぼが綺麗。

f:id:Margatroid:20160731213105j:plain

f:id:Margatroid:20160731213106j:plain

 

R465との重複区間から分岐。

f:id:Margatroid:20160731213107j:plain

 

ここから道が狭くなる。

f:id:Margatroid:20160731213108j:plain

 

大型車は通行不可。

f:id:Margatroid:20170617101254j:plain

 

早速車線がほぼ車一台分程度の狭さになる。

f:id:Margatroid:20160731213109j:plain

 

その先は電波が届きにくい静かな場所。

f:id:Margatroid:20160731213113j:plain

f:id:Margatroid:20160731213111j:plain

f:id:Margatroid:20170613145450j:plain

 

この先も車一台分程度の幅。

f:id:Margatroid:20160731213112j:plain

f:id:Margatroid:20160731213114j:plain

 

狭小区間を抜ける。一台だけすれ違った。

f:id:Margatroid:20170613145451j:plain

f:id:Margatroid:20160731213116j:plain

 

鴨川市に入る。

f:id:Margatroid:20160731213117j:plain

f:id:Margatroid:20160731213118j:plain

 

この辺は道が綺麗。

f:id:Margatroid:20170613145452j:plain

 

ずっと下っていく。

f:id:Margatroid:20160731213119j:plain

f:id:Margatroid:20160731213120j:plain

 

R128とぶつかり、ここで館山方向に右折。

f:id:Margatroid:20160731213121j:plain

 

A(清澄養老ライン)R128

f:id:Margatroid:20170617101255j:plain

 

本線に合流し、順調に走っていく。

f:id:Margatroid:20160731213122j:plain

f:id:Margatroid:20160731213123j:plain

 

鴨川シーワールド付近を通過。

f:id:Margatroid:20160731213124j:plain

 

市街地に入ると若干渋滞。

f:id:Margatroid:20160731213126j:plain

 

途中右折し、県道34号線長狭街道に入った。

f:id:Margatroid:20160731213127j:plain

 

しばらく西方向に長狭街道を走る。

f:id:Margatroid:20160731213128j:plain

f:id:Margatroid:20160731213129j:plain

 

途中左折し、県道88号線へ。

f:id:Margatroid:20160731213130j:plain

 

一部途中で道が狭くなったり広くなったりする。

f:id:Margatroid:20160731213131j:plain

f:id:Margatroid:20160731213132j:plain

f:id:Margatroid:20160731213134j:plain

f:id:Margatroid:20160731213133j:plain

 

道の駅三芳村鄙の里に到着。

f:id:Margatroid:20160731213135j:plain

f:id:Margatroid:20170613145453j:plain

 

 

A(R128) → B(県道34号長狭街道)

          C(県道88号線) → 道の駅三芳村鄙の里

f:id:Margatroid:20170617101256j:plain

 

マッピングしてから気付いたけど、長狭街道と並行して南に走っている

県道89号線を横断した方が早かったですなw

 

中へ。昼食をとろうとレストランに入ったが、もう終わってしまったようだ。

確かにもう15時半である。

仕方ないので外に出て、ハンバーガーの店で買って食べることにした。

 

何度もここの道の駅には来ているが、ここのハンバーガーはまだ試したことがなかった。

ベーコンバーガーを注文。5、6分ほど待つ。

f:id:Margatroid:20170613145454j:plain

 

やがて、できたようで取りに行った。

お口直しだろうか。飴もついてきた。

f:id:Margatroid:20170613145455j:plain

 

食べてみると焼きたてでジューシー、思った以上に美味しかった。

「BINGOバーガー」、いいですな。

 

バーガーを堪能し、飴をなめながら散策。

足湯と足のツボを押せる道がある。靴を脱いで歩いていく。

f:id:Margatroid:20160731213137j:plain

f:id:Margatroid:20160731213138j:plain

 

野菜直売所に行き、野菜をいくつか買った。

f:id:Margatroid:20160731213139j:plain

f:id:Margatroid:20160731213140j:plain

 

遅い昼食を終えて安房グリーンラインに向かう。

県道296号線に入り、その先で右折。

f:id:Margatroid:20160731213141j:plain

 

やがて、安房グリーンラインに入った。

晴れ間も見えてきている。

f:id:Margatroid:20160731213142j:plain

f:id:Margatroid:20160731213143j:plain

 

反対側(南側)からの方が交通量があった。

相変わらず快適な区間

f:id:Margatroid:20160731213144j:plain

f:id:Margatroid:20170613145456j:plain

 

大規模海底地滑り跡に到着。

f:id:Margatroid:20160731213145j:plain

 

A(道の駅三芳村鄙の里) → 県道296号線

    安房グリーンライン大規模海底地すべり構造駐車場

f:id:Margatroid:20170617101257j:plain

f:id:Margatroid:20160731213146j:plain

f:id:Margatroid:20160731213147j:plain

f:id:Margatroid:20160731213149j:plain

 

安房白浜トンネル。

f:id:Margatroid:20160731213148j:plain

 

今度は来た方向を戻っていく。

f:id:Margatroid:20160731213150j:plain

 

そしたら途中ゴミ袋が散乱していた。

完全に不法投棄。

f:id:Margatroid:20160731213151j:plain

 

R128に戻り、西海岸の方へ向かう。

f:id:Margatroid:20160731213152j:plain

f:id:Margatroid:20160731213153j:plain

 

R127に入り北上。

正直なところ少し疲れてきたw

青看に「千葉まで8xkm」と標示されているのを見て

「まだ80もあるのか‥」と少し気が滅入った (^^;

まぁそれでも信号も少なく、快適ではあったので

50kmを切ったころには士気が上がってきた。

f:id:Margatroid:20160731213154j:plain

 

途中、火災があったようで消防車が何台も来ていたところがあった。

祭りのような感じだったが。

 

多車線区間に入り交通量も増えてきた。

R16の工業地帯に入ると流れは結構順調。

そしてR357に入ると若干渋滞した。

f:id:Margatroid:20160731213157j:plain

 

それでも懸念されていた幕張前後の渋滞もなく順調に帰還できた。

 

いつもの定番処のツーリングコースでしたが、

割と涼しい天気だったので気持ち良かったです。

BINGOバーガーが結構美味しかったのが発見だったかな。

今回の走行距離は318.9kmでした。

f:id:Margatroid:20170617101258j:plain

 

深城・日原ツーリング Jun.2016 ~ 深城ダム・日原鍾乳洞・笹子峠矢立の杉 ~

つい先月、奥多摩伊豆半島ツーリングの際に深城ダムを訪れた。

そしてまたそこを訪れることになる。

個人的にお気に入りの場所というのが深城と笹子である。

何故深城なのかというと、話はやや遡る。

ウチが普通二輪免許を取得して奥多摩周遊道路に向かった際、

大月からR139を北上していた。

それ以前に原付には乗っていたが、初めてバイクでやや遠出をしたこともあり、

色々と新鮮だった。

現在はR139の旧道は松姫峠から北側部分しか通行できないが、

大月から北上していく際、急坂ヘアピンカーブが印象的だった。

その際、撮影した写真が下記の画像である。

f:id:Margatroid:20170505150919j:plain

 

記録日時は2000年か2001年。R139のどこだったか。

R139は旧道が閉鎖される前も数回走ったのだが、

ここらしき場所に思い当たらない。

果てはGoogleストリートビューで確認もしてみたが、

どうしてもこの場所がわからなかった。

R139から逸れたか?と思ったものの、

ふと、某オブローダーのblogを何気なく読んでいたら、

この深城ダムには底に沈んでいる旧道があるというものだった。

‥そういえば沈んでいく道は見かけたような‥

で、当時使用していた道路地図を引っ張り出して確認してみた。

すると、まだ深城ダムが存在していなかった。

ということは‥と思い、今回は半ば「調査」という名目の下、

再び深城を訪れることにした。

さて、今回も早朝、いや、夜中に出発。真夜中のR20を走っていく。

f:id:Margatroid:20170505123954j:plain

 

ところがですね、日野バイパス入る前くらいから霧雨が‥ちょっとマテウス(古

天気予報では八王子や山梨共に曇りだったのに。。

やや強めの霧雨となっている。

f:id:Margatroid:20170505123955j:plain

 

で、いつも通り日野バイパスで朝食というか早めの食事。

今回は松屋にしてみた。

f:id:Margatroid:20170505123956j:plain

 

食事を終えて外に出るが、やはりまだ傘が必要なくらいは

降っている。

しかし日中はやむはずなのでカッパを着て出発。

 

雨の中高尾を通過し、高尾山口方面へ。

途中のファミマに到着。この辺になるとようやく

雨のゾーンから抜け出しつつあるのか、

もうほとんど降っていなかった。

f:id:Margatroid:20170505131826j:plain

 

イートインは清掃中のようだったので外でレッドブルを飲んだ。

 

再び出発。もうカッパはいらなそうだ。

若干明るくなってきた。

f:id:Margatroid:20170505123957j:plain

 

路面の状態が気になるが大垂水峠方面へ。

山の上の方が霧に覆われている。

f:id:Margatroid:20170505123958j:plain

 

路面は思ったよりかは大丈夫だった。濡れていない部分もあったし。

f:id:Margatroid:20170505123959j:plain

f:id:Margatroid:20170505131827j:plain

 

大垂水峠を越えて相模湖駅付近を通過。

f:id:Margatroid:20170505124000j:plain

 

その先も順調に走っていく。

f:id:Margatroid:20170505124001j:plain

 

途中右折して県道33号線へ。

f:id:Margatroid:20170505124002j:plain

 

A(松屋日野万願寺店)B(ファミリーマート八王子高尾町店)

                  大垂水峠県道33号線

f:id:Margatroid:20170505150920j:plain

 

町を抜けると山道に入る。路面はちょっと濡れてるくらいかな。

f:id:Margatroid:20170505124003j:plain

 

今日は最高気温も20℃ちょっとだし、雨も降ったので涼しくて快適。

f:id:Margatroid:20170505124004j:plain

 

やがて県道18号線と交差。

f:id:Margatroid:20170505124005j:plain

 

道路は割と綺麗で、周りの山々が霧に覆われており、

幻想的な景色が続いた。

f:id:Margatroid:20170505124006j:plain

f:id:Margatroid:20170505124007j:plain

f:id:Margatroid:20170505124008j:plain

 

涼しくて、中に一枚着てもいいかもしれなかったくらい。

夏期の早朝ツーリングは気持ちいいですな。

f:id:Margatroid:20170505124009j:plain

f:id:Margatroid:20170505124010j:plain

f:id:Margatroid:20170505124011j:plain

 

本当は県道18号線の旧道と思われる方に行こうと思っていたのだが、

いつの間にか通り過ぎていたようだ。

また次回とする。

f:id:Margatroid:20170505131828j:plain

f:id:Margatroid:20170505124012j:plain

 

やがてR139との交差点へ。

f:id:Margatroid:20170505124013j:plain

 

ここを左折。

f:id:Margatroid:20170505150921j:plain

 

南下していく。

f:id:Margatroid:20170505124014j:plain

f:id:Margatroid:20170505124015j:plain

 

松姫トンネル。

f:id:Margatroid:20170505124016j:plain

 

相変わらずトンネル内は寒かった。

f:id:Margatroid:20170505124017j:plain

 

トンネルを抜けて小金沢公園の方へ。

f:id:Margatroid:20170505124018j:plain

 

小金沢公園に到着。

ウグイスの鳴き声が良く聴こえた。

f:id:Margatroid:20170505124023j:plain

f:id:Margatroid:20170505124020j:plain

 

A(県道33号線)B(県道18号線)C(R139)小金沢公園

f:id:Margatroid:20170505150930j:plain

f:id:Margatroid:20170505131829j:plain

 

現在まだ午前6時ちょうど。

トイレはまだ閉鎖されている。

f:id:Margatroid:20170505124019j:plain

 

公園にはソメイヨシノの木が植えられている。

春には桜の花で綺麗だろう。

f:id:Margatroid:20170505124021j:plain

 

すぐそばにある真木小金沢林道に続く小金沢トンネル。

2000年のころはまだ通ることができたのだろう。

当時の道路地図でも紅葉の見どころマークがついていた。

f:id:Margatroid:20170505124022j:plain

 

橋から深城ダムを眺める。雲がかかっていて幻想的だ。

f:id:Margatroid:20170505124024j:plain

f:id:Margatroid:20170505124026j:plain

 

これまでほとんど気にしていなかった沈んでいる廃道。

恐らくこちらは管理用通路の方だろう。

f:id:Margatroid:20170505124025j:plain

 

ダム展望台方面に向かう。

f:id:Margatroid:20170505124027j:plain

 

その途中、橋からダムを眺める。

すると右手前方にもしや‥と思われる廃道らしき道があった。

f:id:Margatroid:20170505124029j:plain

 

このヘアピンカーブは‥

f:id:Margatroid:20170505124030j:plain

 

上の方は草木で覆われている。

f:id:Margatroid:20170505124033j:plain

 

半ばテンションが上がりつつもう少し近くの方へ。

そして、真上から撮影。

ここだ、間違いない。

f:id:Margatroid:20170505124032j:plain

 

再度約15年前の写真と確認してみる。

f:id:Margatroid:20170505150919j:plain

f:id:Margatroid:20170505131830j:plain

 

ようやく見つけた‥!湖の底に沈んでいく様子を見るとなんとなく感慨深い。

f:id:Margatroid:20170505124034j:plain

 

運が良かったのは水位が下がっていたこと。

なのでこのようにヘアピンカーブのところまで確認ができた。

壁の様子から見られるように、時期によっては水位が最大で

かなり高くまで上がることがうかがえる。

 

マップで言えばここである。

(赤いポイントが撮影地点)

f:id:Margatroid:20170505150922j:plain

f:id:Margatroid:20170505150923j:plain

 

ちなみにこのヘアピンの旧旧道は、この先の深城ダム展望台手前辺りに

フェンスで閉鎖されている場所である。

f:id:Margatroid:20170505124038j:plain

 

別の角度から撮影。

f:id:Margatroid:20170505124036j:plain

f:id:Margatroid:20170505124037j:plain

 

ところでヘアピンの部分から横に道が伸びているのが気になる。

f:id:Margatroid:20170511153537j:plain

 

ちなみに‥当時の写真ではガードレールなどで通れないようになっていた。

(ヘアピンの外側に向かって撮影、

 左手が先の画像で右に伸びている通路方向)

f:id:Margatroid:20170511153539j:plain

 

で、道が伸びている方をのぞいてみると、

道は続いているがその先はよくわからない。

恐らく管理用通路なのだろう。

f:id:Margatroid:20170511153538j:plain

 

Googleの航空写真で表すとこんな感じか。

f:id:Margatroid:20170505150925j:plain

 

よく見ると橋の手前脇から繋がっているように見える。

ひょっとしたら橋ができる前の旧道なのかもしれないと思ったが‥

f:id:Margatroid:20170511153536j:plain

 

さっきの画像の奥の方を拡大してみると、

ヘアピンからの通路とこの画像の上の通路の高さが合わなすぎる気がする。

f:id:Margatroid:20170505150926j:plain

 

それに、こちらはストリートビューの画像だが、

撮影で立っている側の通路(上記画像の上部、ガードレールのある道)の

出口の扉の幅が狭すぎる。

やはりこちらは人間の管理用通路なのだろう。

f:id:Margatroid:20170505150927j:plain

 

となると両者は繋がっていないのだろうか。

ヘアピン側から伸びている通路と今の通路も行き止まりっぽい。

借りに繋がっているとしてループで昇らせるには

下図の航空画像を見る限りちょっと無理がある気がする。

f:id:Margatroid:20170505150928j:plain

 

まぁとりあえず場所が確認できただけで十分収穫だった。

他にも沈んでいる道はいくつかある。

f:id:Margatroid:20170505124031j:plain

 

この付近には有名な「二段トンネル」なるものがあるらしいが、

それはまたの機会ということで‥

 

いずれにしても深城ダム、色々と面白い場所である。

 

深城ダム。

f:id:Margatroid:20170505124039j:plain

 

管理事務所でトイレを借りた。

f:id:Margatroid:20170505124040j:plain

f:id:Margatroid:20170505131831j:plain

 

どうやら先月訪れた後にクマが出没したらしい。

f:id:Margatroid:20170505124041j:plain

 

さて、次は日原鍾乳洞に向かう。

日原鍾乳洞奥多摩地域では結構有名で人気のスポットのようだ。

今回行こうと思ったのはたまたまGoogleMapで知っただけに過ぎないが、

鍾乳洞というのもそういえば行ったことがないなと思ったからである。

f:id:Margatroid:20170505124042j:plain

 

R139を走って北上。

f:id:Margatroid:20170505124043j:plain

 

T字路交差点で右折して奥多摩方面へ。

f:id:Margatroid:20170505124044j:plain

 

交互片側通行の信号。

待っていたら後ろのトラックが信号を無視して追い越していってしまったw

まぁこの時間この場所はいないだろうがせっかちなものである。

f:id:Margatroid:20170505124045j:plain

 

今回奥多摩周遊道路はスルー。

というかまだ7時を過ぎたばかりなので。

 

ところでここの青看なんですが‥

f:id:Margatroid:20170505124046j:plain

 

R139は国道なのにマークが都道・県道のヘキサゴン。

何故?

f:id:Margatroid:20170505150931j:plain

 

しばらく走っていき、T字路交差点でR411に切り替わる。

f:id:Margatroid:20170505124047j:plain

f:id:Margatroid:20170505124048j:plain

 

やがて日原街道との交差点に到着し、左折して日原街道に入る。

f:id:Margatroid:20170505124049j:plain

f:id:Margatroid:20170505124050j:plain

 

途中から道は1.5台分しかない細さに。

f:id:Margatroid:20170505124052j:plain

 

休日は鍾乳洞に向かったりする車で大混雑するらしい。

交互片側通行となるので。おまけにバスも走るらしい。

f:id:Margatroid:20170505124053j:plain

 

途中からまた民家が見えてきた。

f:id:Margatroid:20170505124054j:plain

f:id:Margatroid:20170505124055j:plain

f:id:Margatroid:20170505124056j:plain

 

途中気になった自動販売機。

当然稼働はしていないが、時代を感じさせる。

昭和50-60年代くらい?ファンタですな。

f:id:Margatroid:20170505150932j:plain

 

そして日原鍾乳洞付近に到着した。7時45分。予定通りである。

f:id:Margatroid:20170505124102j:plain

 

A(小金沢公園)B(R411青梅街道)C(都道204号日原街道)日原鍾乳洞

f:id:Margatroid:20170505231137j:plain

 

 バイク置場は入口付近に指定されていた。

f:id:Margatroid:20170506110710j:plain

f:id:Margatroid:20170505124058j:plain

 

鍾乳洞の営業時間は8時から。

あと五分ほど時間があるのでトイレに行っておいた。

f:id:Margatroid:20170505124107j:plain

f:id:Margatroid:20170505124108j:plain

 

基本的にこの辺の駐車スペースは軽自動車用が多い。

f:id:Margatroid:20170505124059j:plain

f:id:Margatroid:20170505124100j:plain

 

本来この更に先に駐車場がまだあるのだが、日原街道のこの先は

工事中のため通行止めとなっている。

f:id:Margatroid:20170505124101j:plain

f:id:Margatroid:20170505124103j:plain

 

すると一台の軽自動車がやってきた。

どうやら料金所の人らしい。下に下りて行った。

f:id:Margatroid:20170505124109j:plain

 

8時を過ぎたので行ってみることに。

f:id:Margatroid:20170505124105j:plain

f:id:Margatroid:20170505124106j:plain

 

階段を下りて見学券販売所へ。一番乗りですなw

f:id:Margatroid:20170505131832j:plain

f:id:Margatroid:20170505124110j:plain

 

橋を渡る。なかなか壮大な景色である。

f:id:Margatroid:20170505124111j:plain

f:id:Margatroid:20170505124112j:plain

 

鍾乳洞入口へ。

f:id:Margatroid:20170505131833j:plain

f:id:Margatroid:20170505124113j:plain

 

中に入ると涼しいというか、風が吹き込んでくるため、

半袖では無理なくらい寒さを感じる。

f:id:Margatroid:20170505131834j:plain

 

中を見学していく。

涼しさといい、洞穴といい、佐渡金山や土肥金山の坑道を思い起こさせる。

f:id:Margatroid:20170505124114j:plain

f:id:Margatroid:20170505124115j:plain

f:id:Margatroid:20170505124117j:plain

 

天井知れずという場所は確かに天井が真っ暗で見えない。

カメラでフラッシュ撮影しても暗闇だった。

f:id:Margatroid:20170505124118j:plain

 

先へ。

f:id:Margatroid:20170505124120j:plain

f:id:Margatroid:20170505124121j:plain

f:id:Margatroid:20170505124116j:plain

 

やがて、ライトアップされている場所へ。

ここがハイライト。とても綺麗だ。

f:id:Margatroid:20170505124122j:plain

 

階段があるので登ってみる。

f:id:Margatroid:20170505131835j:plain

f:id:Margatroid:20170505131836j:plain

 

階段を登って上から。

f:id:Margatroid:20170505124124j:plain

 

階段を下りて先に進む。するとまた階段がある。

その手前にも階段はあったのだが、下り専用だった。

混雑することもあると思うので一方通行にしているらしい。

f:id:Margatroid:20170505124125j:plain

 

洞穴という感じなので頭上が気になるところだ。

それにやや急な感じがする。

f:id:Margatroid:20170505124126j:plain

f:id:Margatroid:20170505231135j:plain

f:id:Margatroid:20170505231136j:plain

 

シーズン中の休日は人で多く移動が大変かもしれない。

階段が急な上狭い。天井も低い。まぁ鍾乳洞なのだからしかたない。

f:id:Margatroid:20170505124127j:plain

 

鍾乳石。

f:id:Margatroid:20170505124129j:plain

 

このくらいの長さになるのにどのくらいの年月が必要なのだろう。

f:id:Margatroid:20170505124128j:plain

 

恐らく貸し切り状態のまま出口まで向かった。

なかなかボリュームがあった。

f:id:Margatroid:20170505124130j:plain

 

最後出口手前の吹き抜ける風で少し涼んだ。

ちょうどウチが出たところで一組の老夫婦がやってきていた。

 

日原鍾乳洞を出発し、次の目的地に向かう。

が、その前にそろそろ昼食をとりたいと思ったので、

道の駅たばやまに向かう。

f:id:Margatroid:20170505124131j:plain

 

日原街道を戻っていく。

f:id:Margatroid:20170505124132j:plain

 

日原街道の起点、R411の交差点。

f:id:Margatroid:20170505124133j:plain

 

奥多摩湖を横に眺めながらR411を走っていく。

f:id:Margatroid:20170505124134j:plain

f:id:Margatroid:20170505124135j:plain

f:id:Margatroid:20170505124136j:plain

 

途中トンネルを建設していた箇所があった。

そのうち開通するのだろうか。R411は割とそういう箇所が多い。

更に先へ。

f:id:Margatroid:20170505124137j:plain

 

道の駅たばやまに到着。10時ちょっと前だった。これも予定通り。

f:id:Margatroid:20170505124138j:plain

 

A(日原鍾乳洞B(R411大菩薩ライン)道の駅たばやま

f:id:Margatroid:20170506110711j:plain

 

バイク駐輪場付近で何かやるらしい。長靴が並べられていた。

農業サミットとか書いてあったような。

f:id:Margatroid:20170505131837j:plain

 

トイレに行き、10時を過ぎたところで軽食堂R411に入る。

f:id:Margatroid:20170505131825j:plain

 

今回はたばしか丼というのにした。鹿肉の丼である。

若干甘めのタレで肉は柔らかくて美味しかった。

f:id:Margatroid:20170505131838j:plain

 

昼食を終えて直売所でお土産を少し買った。

 

さて次の目的地は笹子峠の矢立の杉。

経路はR139とR411があるので、今回はR411で向かうことにした。

f:id:Margatroid:20170505124139j:plain

 

R411は景色がいいので好きである。

R139よりも木が茂っている感じが良い。

f:id:Margatroid:20170505124140j:plain

f:id:Margatroid:20170505131839j:plain

f:id:Margatroid:20170505124141j:plain

 

前後共に車もいなく快適に下っていく。

f:id:Margatroid:20170505124142j:plain

 

大きな陸橋を渡る。

f:id:Margatroid:20170505124143j:plain

f:id:Margatroid:20170505124144j:plain

 

途中、すれ違ったバイクが挨拶してくれた。

 

下まで降りる。

f:id:Margatroid:20170505124145j:plain

 

フルーツラインという道を通った。

正式名称は「東山東部広域農道」。

f:id:Margatroid:20170505124146j:plain

f:id:Margatroid:20170505231138j:plain

 

安房グリーンラインと同じく、農道らしかった。道幅が広く、快適な道路。

フルーツラインという名の通り、さくらんぼの直売所が結構あった。

ビニールハウスも多い。

f:id:Margatroid:20170505124147j:plain

f:id:Margatroid:20170505124148j:plain

 

フルーツラインを抜けてR20に出る。

そして県道212号線との交差点で右折して入る。

f:id:Margatroid:20170505124149j:plain

 

笹子峠を越える。

f:id:Margatroid:20170505124150j:plain

f:id:Margatroid:20170505124151j:plain

 

植物の花びらか何かがたくさん落ちているのでタイヤなどが

少し汚れそうだ。

f:id:Margatroid:20170505124152j:plain

f:id:Margatroid:20170505124153j:plain

 

笹子隧道。

f:id:Margatroid:20170505124154j:plain

 

更に下っていく。

f:id:Margatroid:20170505124155j:plain

 

そして矢立の杉付近に到着。ちょうどヘアピンカーブの外にある。

f:id:Margatroid:20170505131841j:plain

f:id:Margatroid:20170505124156j:plain

 

A(道の駅たばやま) → R411(大菩薩ライン) → B(フルーツライン)

         → R20(甲州街道) → C(県道212号日影笹子線)矢立の杉

f:id:Margatroid:20170506110712j:plain

 

笹子峠はお気に入りの場所ではあったが、

実は矢立の杉を訪れるのは今回が初めてだった。

この辺は遊歩道となっているらしい。

f:id:Margatroid:20170505124157j:plain

f:id:Margatroid:20170505124158j:plain

 

入口に入って下りていく。

f:id:Margatroid:20170505124159j:plain

 

100mほど進むとそれらしき場所に到着した。

f:id:Margatroid:20170505124200j:plain

 

散策道の途中にあるようだ。

f:id:Margatroid:20170505131840j:plain

 

矢立の杉。

戦国時代、武将らが勝利を祈願してこの木に矢を射ったそうだ。

そこからその名がついた。

f:id:Margatroid:20170505124201j:plain

 

歌手の杉良太郎氏が矢立の杉を唄った縁もあり、

氏が贈った身代わり地蔵菩薩がある。

また、そのそばにはそれを解説するレコーダーのようなものがあった。

20回回すとテープが巻き戻され、聴くことができるらしい。

f:id:Margatroid:20170505124202j:plain

f:id:Margatroid:20170505231139j:plain

 

せっかくなので回してみる。最初はテープが巻き戻される音がして、

その後音声が流れ始めたが、音量が大きかった。

静かな場所だから余計に響く感じがしたのかな。

 

矢立の杉を後にして元の場所に戻る。

鳥の鳴き声が良く聴こえた。

 

笹子峠を下っていく。

f:id:Margatroid:20170505124203j:plain

 

R20との合流地点に到着。

f:id:Margatroid:20170505124204j:plain

 

R20に入りGSで一旦給油。

この辺は流れが速くて快適なのだが、目の前の軽がやたら遅くて数珠繋ぎに‥

40km/hを切る速度とかやめてくれ‥

結局途中で左折していなくなったのでよかったけど。

f:id:Margatroid:20170505124205j:plain

f:id:Margatroid:20170505124206j:plain

 

その後トイレに結構行きたくなりコンビニに寄ったんですが‥

これまたなかなか空かなそうだったので別のコンビニに行くことに。

けれどもその先のコンビニもトイレが空かない。

仕方ないので更に先のコンビニ。三度目の正直でようやく入ることができたw

 

大垂水峠に入る前辺りで二台ほど先がバスをけん引している大型車が‥

これはかなりノロノロ運転になるに違いない、と覚悟していたところ、

途中で停まって運転手が先に抜いていってくださいという感じで

手で合図してくれたので無事ぬけることができた。

 

大垂水峠を快調に通過し、高尾山IC付近を通過。

八王子南バイパスへ。

ただこのバイパスはねずみ捕りの実績があるらしいのでおとなしく走った。

ちなみに右側車線が左側車線に合流していた。

 

トンネルを抜けて町田街道へ。

f:id:Margatroid:20170505124207j:plain

 

北上してR20に出る。

f:id:Margatroid:20170505124208j:plain

 

そして八王子バイパスとの交差点に近付く。

帰りは中央道は工事のためか、朝から府中以西が大渋滞、

R20は現在も一部大渋滞していたので、

川崎街道からR246というルートで帰ることにした。

なので八王子バイパスに入り、鑓水ICまで南下。

 

鑓水ICを出て都道20号線野猿街道に入った。

f:id:Margatroid:20170505124209j:plain

 

その後聖蹟桜ヶ丘付近を通過し、川崎街道に入った。

f:id:Margatroid:20170505124210j:plain

 

特に渋滞に見舞われることなくR246に入って帰還しました。

 

今回は極めてスケジュール通りで、そして目的も明確に果たせたので満足。

特に廃道の件については突き止めることができて良かった。

鍾乳洞にも行くことができたし、なかなか充実したツーリングだった。

今回の走行距離は399.7kmでした。

f:id:Margatroid:20170505231141j:plain

奥多摩・伊豆半島ツーリング May.2016 二日目 ~ 土肥金山・伊豆半島一周 ~

ツーリング二日目。

6時半のアラームで起床。

 

7時前に朝食をとりにレストランへ。

まず最初に基本となるコースを伝え、後はバイキング方式。

和食にしました。納豆が食べたいので!

 

朝食後、部屋に戻り今日のルートの確認を行う。

今日は伊豆半島をまわる予定である。

外は富士山が少し見えた。

f:id:Margatroid:20160726172942j:plain

 

9時前にチェックアウトし、ホテルを出発。

まずはR414を走っていく。

f:id:Margatroid:20160726172943j:plain

 

県道17号線との交差点で右折。

f:id:Margatroid:20160726172944j:plain

 

その先に郵便局があったのでちょっと寄って荷物を発送した。

ツーリングのときはいつも帰る日に荷物を送る。

お土産でリュックが重くなるし、今日もお土産を

いくつか買いたいというのもある。

f:id:Margatroid:20160726172945j:plain

 

それにしても今日は気温が割と高く、30℃近くまで上がる模様。

どうりでもうすでに暑い。ウェアを着ているからというのもあるが。

まぁそれでも走りだせば風を受けるので多少は涼しくなる。

f:id:Margatroid:20160726172946j:plain

 

海岸沿いを通り、時折道が狭くなる。

f:id:Margatroid:20160726172947j:plain

f:id:Margatroid:20160726172948j:plain

 

途中で左折し、県道127号線に入った。

f:id:Margatroid:20160726172949j:plain

 

A(静鉄ホテルプレジオ沼津) → R414 → B(県道17号線)県道127号線

f:id:Margatroid:20170504212958j:plain

 

今日もいい天気でツーリング日和。

f:id:Margatroid:20160726172950j:plain

f:id:Margatroid:20160726172951j:plain

 

もっと山道かと思っていたが、道幅がとても広く、路面も綺麗な道。

f:id:Margatroid:20160726172952j:plain

f:id:Margatroid:20170502220906j:plain

 

急カーブもあるが、道幅は広い。

f:id:Margatroid:20160726172953j:plain

 

快適なワインディングロードが続く。

f:id:Margatroid:20160726172954j:plain

 

真城(さなぎ)峠を通過。

f:id:Margatroid:20160726172955j:plain

f:id:Margatroid:20170504212959j:plain

 

県道18号線とのT字路交差点で右折。

f:id:Margatroid:20160726172956j:plain

f:id:Margatroid:20170504213000j:plain

 

下っていく。

f:id:Margatroid:20160726172957j:plain

f:id:Margatroid:20160726172958j:plain

 

やたら急カーブの警告板が集中している箇所があった。

恐らく事故が続発したのだろう。

f:id:Margatroid:20160726172959j:plain

 

遠くに町が見えてきた。

f:id:Margatroid:20160726173000j:plain

f:id:Margatroid:20160726173001j:plain

 

町中まで下りてきた。

f:id:Margatroid:20160726173002j:plain

 

途中道の駅があったのでトイレに寄った。

さっき県道18号に入る際に青看に書かれていた道の駅くるら戸田。

ここには日帰り温泉もあるらしい。足湯は無料で利用可能。

ちなみに「戸田」は「とだ」ではなく「へだ」である。

f:id:Margatroid:20160726173003j:plain

 

A(県道127号線)B(県道18号線)道の駅くるら戸田

f:id:Margatroid:20170504213001j:plain

 

で、トイレに行き洗面所に行くと‥

 

注意書きをしなければわかりませんか?

 

f:id:Margatroid:20170502220907j:plain

 

よっぽどのことがあったのだろう。管理者の怒りすら感じられる。

ここまで強い表現なのは初めて見た。

一体何を洗ったのだろう?

 

というか暑い。

 

出発。T字路交差点で左折して再び県道17号線へ。

f:id:Margatroid:20160726173004j:plain

 

こちらも道幅が広く走りやすい。

f:id:Margatroid:20160726173006j:plain

f:id:Margatroid:20170502220908j:plain

f:id:Margatroid:20160726173007j:plain

 

途中「碧の丘」という展望台があった。

f:id:Margatroid:20160726173008j:plain

 

駿河湾が一望できる。鳥の鳴き声がほどよく聴こえた。

f:id:Margatroid:20160726173009j:plain

f:id:Margatroid:20160726173010j:plain

 

海沿いの県道17号線を下っていく。

f:id:Margatroid:20160726173011j:plain

 

かなり広めの急カーブ。

f:id:Margatroid:20160726174148j:plain

f:id:Margatroid:20160726174149j:plain

 

海沿いに出る。

f:id:Margatroid:20160726174150j:plain

 

旅人岬という展望台に到着。

f:id:Margatroid:20160726174151j:plain

f:id:Margatroid:20160726174153j:plain

f:id:Margatroid:20160726174152j:plain

 

駿河湾を望む。

f:id:Margatroid:20160726174154j:plain

f:id:Margatroid:20160726174155j:plain

f:id:Margatroid:20160726174156j:plain

 

海が透き通っていて綺麗だ。

f:id:Margatroid:20160726174157j:plain

f:id:Margatroid:20160726174158j:plain

 

それにしてもやはり暑い。よりによって今日が暑いとは‥

ウェアは暑いけど半袖で走る気はやはりしませんな。

 

更に南下し、途中R136に入ると間もなく土肥金山に到着した。

f:id:Margatroid:20160726174159j:plain

f:id:Margatroid:20160726174200j:plain

 

A(道の駅くるら戸田) → 県道17号線 → B(碧の丘)

           C(旅人岬) → R136 → 土肥金山

f:id:Margatroid:20170504213002j:plain

f:id:Margatroid:20160726174201j:plain

 

駐車場はかなり広く、その敷地内?にファミマがあった。

温泉観光地だけあって、施設は充実している。

1Fには広いお土産屋とカフェ、2Fにフードコートがあった。

 

まずは中へ。コインロッカーを探す。

数は少なかったが大きめのコインロッカーにウェアを脱いで

ロッカーの中にいれた。

 

身軽になったところで受付窓口へ。

f:id:Margatroid:20160726174202j:plain

 

どうやら砂金採り体験も一緒にできるらしい。

坑道観光と砂金採り体験のセット券を購入。

 

中は庭園となっている。

f:id:Margatroid:20160726174203j:plain

f:id:Margatroid:20160726174204j:plain

 

結構広い。

f:id:Margatroid:20160726174205j:plain

f:id:Margatroid:20160726174207j:plain

f:id:Margatroid:20160726174208j:plain

f:id:Margatroid:20160726174209j:plain

 

坑道入口へ。

f:id:Margatroid:20160726174210j:plain

 

最初は模型の展示が続く。

センサーがあるのか、近付いたタイミングで自動的に音声案内が流れた。

アリの巣のようだが、これが結構わかりやすい。

f:id:Margatroid:20160726174211j:plain

f:id:Margatroid:20170504213003j:plain

f:id:Margatroid:20170504213004j:plain

 

模型による解説の後は坑道らしくなってきた。

f:id:Margatroid:20170504213005j:plain

 

山神社(さんじんじゃ)。

f:id:Margatroid:20160726174212j:plain

 

先へ進む。

f:id:Margatroid:20160726174213j:plain

 

坑内は確かに涼しかったが、佐渡金山ほどではなかった。

20℃近くはあるっぽい。

f:id:Margatroid:20160726174214j:plain

 

手繰り水替。

溜まった水を手動で汲んでいく。

f:id:Margatroid:20160726174215j:plain

 

山留。

落盤や落石を防ぐための作業。特に重労働だったと思われる。

f:id:Margatroid:20160726174216j:plain

 

送風。

文字通り空気を送り込む。酸欠防止のため。

f:id:Margatroid:20160726174217j:plain

 

坑内風呂。

土肥の温泉は金山から湧き出したのが始まりといわれているようだ。

疲れをいやせる唯一のスポットだと言えるだろう。

f:id:Margatroid:20170504213006j:plain

 

これらの他にも色々坑内についての模型と解説が続いた。

f:id:Margatroid:20160726174218j:plain

 

坑道を抜けて外へ。

資料館があるので中に入る。撮影はOKらしい。

f:id:Margatroid:20170505105730j:plain

f:id:Margatroid:20170505105732j:plain

 

250kg、時価12億円相当の世界最大の金塊だそう。

触れることができる。

f:id:Margatroid:20170505105731j:plain

 

資料館の出口にお土産屋があったのでいくつか買った。

 

資料館を出る。

f:id:Margatroid:20160726174221j:plain

f:id:Margatroid:20160726174222j:plain

f:id:Margatroid:20160726174223j:plain

 

続いて砂金採り体験ができる砂金館へ。

f:id:Margatroid:20160726174224j:plain

 

受付を済ませ中へ。

佐渡の西三川ゴールドパークと同様、縦長のコーナー。

スタッフの説明を聞きながら砂金採りを体験。

やり方は西三川のときと同様、円を描くように大きな皿のような

容器を動かしながら砂を落としていく。

ただ、なかなか砂金が出てこず、腰も痛くなるw

このままではタイムオーバーになるかと思われたが、

最後の方でようやく3個とれた。

f:id:Margatroid:20160726174226j:plain

 

ただ、気になったのは佐渡金山は不規則で自然な感じの砂金だったが、

ここのは加工してある砂金だった。まぁいいけどね。

 

砂金館を出て昼食をとることに。2Fの食堂へ。

f:id:Margatroid:20170502220923j:plain

 

メニューの中で気になったしかにく丼なるものを頼んだ。

これが結構美味しかった。

f:id:Margatroid:20170502220924j:plain

 

昼食を終えて下のお土産屋でまたお土産をいくつか買う。

そして純金ソフトを食べる。

f:id:Margatroid:20170502220911j:plain

 

佐渡金山と比べると、やはり温泉地だけあって、こちらの方が

レジャー的な感じはした。

ロボット展示や砂金採り、更には金箔をまぶしたソフトクリームなど

ほとんど佐渡と同じでしたかね。

ただ、こちらは砂金採りと見学がセットでできる。

結構楽しめたと思います。

 

そろそろ出発することに。コインロッカーからウェアなどを取り出す。

出発。R136を南下していく。

f:id:Margatroid:20160726174227j:plain

 

ガソリンが少ないので途中のGSで給油した。

 

しばらくR136を走る。流れは順調。

f:id:Margatroid:20160726174228j:plain

 

途中で右折。

f:id:Margatroid:20160726174229j:plain

f:id:Margatroid:20170504213007j:plain

 

引き続き海岸沿いを走っていく。

f:id:Margatroid:20160726174230j:plain

f:id:Margatroid:20170502220912j:plain

f:id:Margatroid:20160726174231j:plain

f:id:Margatroid:20160726174232j:plain

f:id:Margatroid:20160726174233j:plain

f:id:Margatroid:20160726174234j:plain

 

少し山側の方に入る。

f:id:Margatroid:20160726174235j:plain

f:id:Margatroid:20160726174236j:plain

f:id:Margatroid:20160726174237j:plain

f:id:Margatroid:20160726174238j:plain

f:id:Margatroid:20160726174239j:plain

 

交通量は多くないので快適。

f:id:Margatroid:20160726174240j:plain

 

途中でまた右折。

f:id:Margatroid:20160726174241j:plain

f:id:Margatroid:20160726174242j:plain

 

南端に行くために県道16号線との交差点で右折。右ばっかりだな‥w

f:id:Margatroid:20160726174243j:plain

f:id:Margatroid:20170505105727j:plain

 

県道16号線へ。

f:id:Margatroid:20160726174244j:plain

 

トンネルをいくつか抜ける。

f:id:Margatroid:20160726174245j:plain

f:id:Margatroid:20160726174246j:plain

f:id:Margatroid:20160726174247j:plain

 

途中展望場所があったので寄ってみる。

ここは伊豆半島のほぼ南端で石廊崎の手前、ユウスゲ公園というらしい。

f:id:Margatroid:20160726174249j:plain

f:id:Margatroid:20160726174248j:plain

 

A(土肥金山)B(県道16号線)ユウスゲ公園

f:id:Margatroid:20170505105728j:plain

 

どうやら登っていくようだ。

f:id:Margatroid:20160726174250j:plain

 

先へ。

f:id:Margatroid:20160726174251j:plain

 

変わらず海沿いを快適に走る。

f:id:Margatroid:20160726174252j:plain

f:id:Margatroid:20160726174253j:plain

 

R136に戻り北上。

f:id:Margatroid:20160726174254j:plain

f:id:Margatroid:20160726174255j:plain

 

途中の青看で熱川や伊東までまだ50kmくらいある模様。

結構あるな‥

f:id:Margatroid:20160726174256j:plain

 

下田駅手前でやや渋滞。

f:id:Margatroid:20160726174313j:plain

f:id:Margatroid:20160726174258j:plain

 

実は本来はR414を北上し、天城峠を通りたかった。

以前熱川に旅行に行った際、時間がなくてただ通過しただけだったので‥

しかし今回もちょっと時間がややなかったので

結局海沿いから帰ることにした。

 

この付近は見覚えがある。

以前旅行で来たことがある。その時はバスで行ったのだけれども。

f:id:Margatroid:20160726174259j:plain

f:id:Margatroid:20160726174300j:plain

 

ようやく真鶴道路(真鶴ブルーライン)に到着。

f:id:Margatroid:20160726174301j:plain

 

真鶴道路を通ってR135に合流。

f:id:Margatroid:20160726174302j:plain

 

‥がですね、途中で道を間違えたっぽい。

明らかに国道ではない感じだった。まぁよくあることw

f:id:Margatroid:20160726174303j:plain

f:id:Margatroid:20160726174304j:plain

 

とりあえずR255に出れば大井松田ICに行けるようなので、

青看の「松田」を目指していく。

f:id:Margatroid:20160726174305j:plain

 

大井松田ICに到着。

f:id:Margatroid:20160726174306j:plain

 

東名高速に乗りました。

が、川崎辺りで渋滞らしい。一部工事中になっていた。

いっそSAで夕食を済ませればその頃には渋滞は解消されるかもしれないと思い、

海老名SAに入った。

f:id:Margatroid:20160726174307j:plain

 

2Fフードコートへ。

f:id:Margatroid:20170502220914j:plain

 

ラーメンが食べたかったのでチャーシュー麺とチャーハンのセット。

チャーシュー麺が割と美味しかった。

f:id:Margatroid:20170502220915j:plain

 

夕食を済ませ再び出発。

もくろみ通り、渋滞は解消されたようだ。

最後の方は交通量が増大したが渋滞はなく、東京ICに到着。

f:id:Margatroid:20160726174308j:plain

 

無事に家に帰りました。

 

伊豆半島をぐるりと回るツーリングコースでしたが、

道が広く綺麗で海沿いを快適に走ることができて気持ち良かったです。

ちょっと暑かったですが‥

土肥金山もなかなかでした。

また機会があらば、今度こそ天城峠を攻略したいところです。

 

今回の走行距離は606.1kmでした。

f:id:Margatroid:20170505105729j:plain