読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Margatroid’s blog

ホーネット250でのツーリング日記

■ツーリング記録一覧はこちら

八丈島ツーリング 2016 プロローグその2 ~ 天気と東海汽船編 ~

予約と注意事項

 

八丈島へのアクセスは基本的に羽田から飛行機で向かう。

船だと十時間かかるが、飛行機だと約一時間程度で到着するという。

ただ、自分が計画しているのはツーリング。それも車輌を持ち込んでいく。

一応八丈島にはレンタカーもあればレンタルバイクもある。

ただ、バイクはあって100ccスクーター、基本は50ccのスクーターである。

やはりツーリングには自分のバイクを持ち込んでいきたい。

 

(ちなみにレンタカー(軽自動車)は24時間でも3,000円。

 補償料を合わせても5,000円を切る値段で借りることができるので

 雨の日はレンタカー、ということもできなくない。)

 

しかしそのためにはコストを支払わなければならない。

八丈島へ向かう船は東海汽船の橘丸が就航しているがカーフェリーではないため、

貨物扱いでバイクを運ぶ必要がある。

予約が必須で、乗船日の三日前までに営業時間内に電話予約。

また、貨物として八丈島に運ぶことができるのは

排気量250ccまでとなっている。ホーネットならギリギリOK。

ただし、片道で9,170円(当時)なので、往復2万近くになる。

そこまでして運びたいかというのが最初の”問いかけ”でもある。

ウチはとにかくホーネットで八丈島をツーリングしたいと思っていたので

全くそれ(バイク運賃)は気にならなかった。

 

ただ、オートバイの貨物積み込み受付時間はジョーに厳格らしく、

予約が必須なのは前述通りで、当日の受付時間も

1分でも遅れたらアウト的なことを念入りに言われた。

なので余裕を持ちすぎるくらいがちょうどいい。

最終日でも言及するが、とにかく時間厳守。

あともう一つ。

車体の外にはいかなる積載もしてはならない。

パニアケースはもちろんのこと、ヘルメットをホルダーにかけておいたり、

タンクバッグなどもNGとのこと。

とにかく車体そのままということを言われた。

ウチのホーネットはノーマルなのでヘルメットだけ船内に

持ち込むだけで済むが、パニアケースを取り付けている人は

これを外す必要があるので注意である。

もし装備に傷がついたりするといけないみたいなことを言っていた。

(かといって傷ついてもいいです、でOKにもならない)

微妙な点がある場合にはこの電話予約の時に尋ねておくのがいいだろう。

 

そんでもって東海汽船貨物課に電話をする。

予約をするときに「バイクの車種は?」と訊かれたので

「ホーネット250ccです」と答えたら「ああ、ホーネットね」と

知っている感じでしたw

その際乗船予約をしたときの予約番号も伝える。

なのでまずは船の予約を行う必要がある。

 

バイクを貨物受付場所まで持っていく

 

竹芝桟橋客船ターミナルはレインボーブリッジまたは浜崎橋JCT付近の

「竹芝ふ頭公園」にある。

GoogleMapでいうところのかまぼこ型のような広場だ。

「アジュール竹芝」ホテルの隣にある。

f:id:Margatroid:20170309103219j:plain

f:id:Margatroid:20170309103217j:plain

f:id:Margatroid:20170309103218j:plain

 

その付近にはファミマとデイリーヤマザキがあり、

乗船前に食糧その他調達ができるが、繁忙期は売り切れになるという情報も。

 

で、バイクの持ち込みだが、HPにはここの地図や案内もほとんどない。

最初に簡単に説明してしまうと、「道路から手で押して広場を横断し、

中に入って貨物受付のところまで押していく」が答えである。

一見広場はまだともかくとしても中も入っていくのか?と思った。

普通は貨物受付車輌用の道路とかあるものだと思っていたが。

 

まずは竹芝桟橋入口T字路交差点まで行く。

f:id:Margatroid:20170309103208j:plain

 

広場へ上陸する。

f:id:Margatroid:20170309103209j:plain

 

広場を横断していくと入口がある。

f:id:Margatroid:20170309103211j:plain

 

中に入るとロビーになっており、受付窓口などがある。

f:id:Margatroid:20170309103212j:plain

f:id:Margatroid:20170309103213j:plain

f:id:Margatroid:20170309103214j:plain

 

手荷物取扱所は左手奥の方にあるのでここまでバイクを手押しで運んでいく。

(画像ではシャッターの下りている中すぐに受付カウンターがある)

f:id:Margatroid:20170309103215j:plain

 

こんな感じである。

自分の場合はとりあえず先に乗船受付をするため

入口ガラス扉前に一旦バイクを置いてから行った。

 

2015年の佐渡ツーリングのときにも少し触れたが、

ツーリングで一番重要なのは天気だと考えている。

margatroid.hatenadiary.jp

 

3泊4日の4日間、全て雨だったらまさに悲惨である。

だから難しい。

今回はその天気で本当に翻弄された‥。

本来のツーリング予定日とは別に「予備週」を設けた。

コレは天気が雨だった場合に備えてである。

ただ、自分が予約した宿泊先は割と人気があるようだったので

これはキャンセル料を払うことになってもいいから

先に予約をとっていた。(二ヶ月半前)

ただ、時期がオフシーズンなので大丈夫だとは思っていたが。

キャンセル料は約一週間前から発生するが、

自分は天気を見極めて本当にギリギリまで見るつもりだった。

 

話を戻して船の予約。

どうやら一回に限りキャンセル料は発生しないで日にちの変更が

できるらしい。まぁ実際尋ねたわけではなくネットの情報ですが‥

(ちなみにツーリングでは船もバイク貨物も

 キャンセル料を払うことを前提に予算を組んでいる。

 更に船が欠航もしくはその他アクシデントにより

 足止めを食らうことを想定した余分の予算も盛り込み済み)

 

で、いよいよツーリングの日が近づいてきて、

出発の前週になったところで週間予報が出始めたわけですよ。

そしたら‥でやんの。

まぁでもまだ7日も先の週間予報だから‥と思い八丈島の週間天気予報を

何度もチェックする毎日。

キャンセルするかの最終決断は出発日を含めて3日前。

 

そしたらですね‥出発の5日前かな。この時点で船を入れて

4泊5日の5日間のうち4日間も雨がかぶっているんですよ。

こりゃキャンセル料払って延期か‥って。

その時の予報が確か、

 

出発日:曇り時々(東京)

上陸一日目:降水確率70%八丈町

上陸二日目:曇り時々晴れ(八丈町

上陸三日目:降水確率60%八丈町

最終日:降水確率50%八丈町

 

こんな感じ。ホント怒りたくなるレベル(身勝手)。

出発日と最終日は別に構わないが‥

(最終日も乗船時間が朝の9時半ごろ[ホーネット車輌預け入れは8時半まで]

 なのでいずれにしろ最終日はまわれないので雨でも仕方ない)

 

ところが事態は急変する。

最終決断である出発3日前の午前11時の予報では、

 

出発日:曇り時々雨(東京)

上陸一日目:降水確率60% ただし、雨のち晴れ八丈町)← NEW!

上陸二日目:曇り時々晴れ八丈町

上陸三日目:晴れ時々曇り 降水確率30% (八丈町)← NEW!

最終日:曇り 降水確率30%

 

もしやウチの怒り祈りが通じたのか、天気が回復傾向にッ

まぁ実際どうなるかわかりませんが大丈夫でしょう。

初日が前半雨のようですが前日の夜からの雨があがるので

恐らく午後には雨はあがる感じ。これなら全然OKですよ。

ここで予定通りの日程で旅行に向かうことが確定しました。

 

橘丸客室概要

 

さて、八丈島に向かう船は橘丸といって、2014年に就航したばかりの

新しい船。

竹芝桟橋から夜の22時半に出発し、三宅島、御蔵島八丈島へと就航。

客室は主に2等、特2等、1等、特1等、特等と分かれており、

特筆すべきは一番安い2等船室。

橘丸の前に就航していた「さるびあ丸」よりも改善されて、

「2等椅子席」が廃止されてその分2等和室などが多くなり、

ただの床広場ではなく頭の部分に仕切りがあるようになり、

隣と顔を合わせなくて済むようになった模様。

上部には返却式のコインロッカー常備。

2等ならば片道8,000円を切る料金で手ごろです。

運賃は安く抑えたい、慣れている人向けですかね。

f:id:Margatroid:20170103165011j:plain

 

続いて特2等。

これも割と人気がある模様。

いわゆる寝台列車のように両サイドに二段ベッドになっており、

カーテンを閉めれば個室のようにもなる。

コイン返却式ロッカーや電源、蛍光灯もある。

2等よりかはプライベート感がアップしている。

料金は片道11,xxx円前後。でもこのクラスが一番コスパがいいと思う。

 

 

1等/特1等。

2等/特2等よりもそれぞれ質がグレードアップ。

枕やら布団やらがグレードアップし、

更に一部屋(1等は8名、特1等は4名)ごとに個室となっている。(カードキー方式)

ただ、1等は個人旅行よりグループ向け。

何故なら相部屋になるから。

一人で旅行して複数人数部屋とはいえ他人と個室一緒となるくらいなら

2等選んだ方がいいわ、って思う。

それに料金も1等は片道15,xxx円前後、特1等が片道18,xxx円前後と

さすがに高め。この料金ならやはり2等選ぶわ、って感じ。

ただ、空いているときなど運がいいと一人で独占できる。

ちなみに1等の部屋は割と少ない。

 

特等。

最上級の部屋。コレは本当にホテルのツインルームをそのまんま

持ってきた感じ。定員2名だが、1名での利用も可能。

料金は20k越えで片道21,500円前後。

 

ちなみに今回は往路に特等、復路に特2等を予約した。

いきなり特等だなんてゼータクすぎだ、と思われるかもしれませんが、

何分夜出発の約十時間という船旅は初めてというのもあるし、寝つきが悪いので‥

本来なら特2等を選んでいましたけどね。

なので特等/特2等客室の設備に関しては一日目の日記で詳しく。

‥というか特等選んで正解だったというオチもあったんですが(汗

 

最後に、料金に関して割引がある。

インターネット予約を行うとなんと20%引きになる。

つまり2等の場合、7,800円だとしたら6,160円になる。

 

更に裏技というほどでもないが、東海汽船には「株主優待券」なるモノが

存在し、それを利用すると繁忙期(夏期)だと25%引き、

それ以外のシーズンオフだとなんと35%引きになるという

大変お得なチケット。

7,800円が5,070円に!!

往復だと7,800×2=15,600円が35%オフで10,140円と、5,460円も得になる!

コレはデカイ。

 

株主優待券は金券ショップやヤフオクで出品されており、

シーズンオフの優待券ならば2枚で1,000~1,500円程度で手に入る。

それを上乗せしてもかなりお得なので、もし東海汽船を利用する場合、

ぜひ優待券を利用することをお勧めする。

ただし、一回の乗船につき一枚必要なので、往復する場合は二枚必要となる。

優待券は当日乗船受付の際に優待券利用の旨を申し出れば良い。

ちなみにウチも優待券を利用したのであります。

 

次へ。

八丈島ツーリング 2016 一日目。 ~ 激動の出発編 竹芝桟橋 → 八丈島 ~

八丈島ツーリング 2016 プロローグ ~ 八丈島上陸作戦 ~。

東京の島。

今まで気にもしなかったのに急激に気になってしまった東京の島。

そもそものきっかけはGoogleストリートビューという適当なもの。

なんとなくGoogleMapを見ていて、伊豆諸島もストリートビューあるのか~

なんて感じで見ていたんですが、見ているうちに思ったよりもツーリングや

ドライブに適しているんじゃないかな、って感じで

八丈島上陸作戦を思い描いていた。

後は伊豆諸島や小笠原諸島が東京都なのに分離された別世界、

という風に不思議な魅力を感じてしまったことですな。

 

ただ、当初の計画では「どうせ八丈島に行くなら東京の孤島と言われる

青ヶ島にも行ってみたい!」と考えていた。

青ヶ島村に行ったことのある人は多くはないだろう。

青ヶ島村へのハードルは高い」と言われるように

島に向かう手段が色々と厳しい。

 

まず青ヶ島村に向かうとすれば八丈島からの船またはヘリのどちらかとなる。

船の場合「あおがしま丸」が就航しており、約三時間で青ヶ島

到着するのだが、就航する日にちが決まっている上に欠航率が高い。

八丈島で足止めを食らうならまだいい。

青ヶ島村で丸一週間も足止めを食らうなんてことも

可能性としてはあり得る。

青ヶ島村への「観光」がいずれ「調査」に変わってしまう悲劇にもなりかねない。

 

まぁそれは極端な例えだが、「足止めを食らう」ということは

八丈島に持ってきたホーネットはその間どうするんだ?という話にもなる。

日数的に不確定要素の多い中、仮に八丈島での宿泊先に置かせてもらう

というのはさすがに気が引けるのでやりたくはない。

 

で、お勧めなのが船よりも就航率が高く、青ヶ島村まで

約20分で着いてしまうというヘリ。

ただ、予約が常に殺到して1日1便、たった9名の枠を電話予約での

争奪戦となってしまう。(ネットでも予約はしているが、電話の方が先に

予約を開始している)

空模様が悪化してキャンセル待ち‥なんてことにもなりかねない。

ついでに片道11,530円(当時)とやや値が張る。

 

どちらにしてもハードルが高い。

ただ一つだけ確実に言えるのは。先にも述べた通り、

「不確定な日程の可能性がある間のホーネットの処遇」である。

なので青ヶ島上陸作戦はホーネットのツーリングではなく、

単に観光で向かうことにする。

その際には八丈島へも飛行機で向かうと思う。

 

ちなみにどうせなら、と「小笠原村上陸作戦」も考えたが、

片道で最低20k以上かかる&日数も必要とのことでこちらは保留。

断念ではなく保留。バイクの積み込みなどに関しても情報不足というのも

あるし、まずは八丈島から攻めたいと思った。

重要なのは「断念」ではなく「保留」である。

(一応その後調べてみたらバイクの積み込み料金は排気量で決まり、

700ccクラスが片道14k程度だったことがわかった)

 

色々考えたが今回は東京の島、八丈島に三泊四日、船も入れて四泊五日の

ツーリングとなったわけであります。

 

次へ。

八丈島ツーリング 2016 プロローグその2 ~ 天気と東海汽船編 ~

千葉房総ツーリング Mar.2016 ~ r171/r172/r177・安房グリーンライン ~

春の房総ツーリング。

チバに入るとR357の渋滞ポイントである栄町交差点のだいぶ手前から渋滞‥

立体入ってすぐくらいまで列が伸びていた。

ここってすごく流れの速い区間の後に超渋滞ポイントっていう歪な流れ。

ただ、今回渋滞していたのは事故による片側規制だった模様。

 

栄町を抜け、若松交差点も抜けてようやく道路も快適になるが、

右側車線からいきなり目の前に割り込むように入る馬鹿がいた。

クラクションを鳴らすが、見た感じ運転手はいわゆる高齢ドライバー。

ウインカーも出さずに後方も確認せず車線変更するくらいなら

免許返納してください。

 

更に先に進むとR14との重複区間手前の立体からまたもや渋滞。

f:id:Margatroid:20160726164333j:plain

 

渋滞に巻き込まれて千葉市街に入ってようやく流れ始めた。

f:id:Margatroid:20160726164334j:plain

 

県道14号線との交差点で左折し、しばらく走っていく。

片側二車線になったかと思うとまた一車線に戻った。

途中のミニストップでトイレ休憩。

f:id:Margatroid:20170418150303j:plain

 

A(R357舞浜)B(県道14号線[茂原街道])ミニストップ市原潤井戸店

f:id:Margatroid:20170418150304j:plain

 

出発。

f:id:Margatroid:20160726164336j:plain

 

その先のGSで給油し、ガソリン携行缶にも入れてもらう。

 

すぐ右折し、うぐいすラインという道に入る。

f:id:Margatroid:20160726164337j:plain

f:id:Margatroid:20160726164338j:plain

 

道は空いていて順調。

f:id:Margatroid:20160726164340j:plain

 

途中T字路交差点で左折し、引き続きうぐいすラインを走っていく。

f:id:Margatroid:20160726164341j:plain

 

R409との交差点を通過。

f:id:Margatroid:20160726164342j:plain

 

T字路交差点を右折し、R297との交差点で左折転回してR297に入る。

f:id:Margatroid:20160726164343j:plain

f:id:Margatroid:20160726164344j:plain

 

A(ミニストップ 市原潤井戸店)B(うぐいすライン)R297

f:id:Margatroid:20170418150305j:plain

 

ここも快適な道。

f:id:Margatroid:20160726164345j:plain

 

途中で右折し、県道171号線へ。

最初は道が広く快適だったが、途中から狭くなった。

f:id:Margatroid:20160726164346j:plain

f:id:Margatroid:20160726164347j:plain

f:id:Margatroid:20160726164348j:plain

f:id:Margatroid:20160726164441j:plain

f:id:Margatroid:20160726164442j:plain

f:id:Margatroid:20160726164349j:plain

 

T字路交差点で左折。

f:id:Margatroid:20160726164350j:plain

f:id:Margatroid:20170418150306j:plain

 

A(R297)B(県道171号線)県道172号線

f:id:Margatroid:20170418150307j:plain

 

山道に入る。

f:id:Margatroid:20160726164351j:plain

 

苔の光の反射具合がなかなか良い感じの道である。

f:id:Margatroid:20160726164352j:plain

 

途中の分岐を右へ。

f:id:Margatroid:20160726164353j:plain

 

トンネルが数ヶ所あった。

f:id:Margatroid:20160726164354j:plain

f:id:Margatroid:20160726164355j:plain

 

更に分岐を右へ。

f:id:Margatroid:20160726164356j:plain

 

A(県道172号線)B(分岐その1)分岐その2

f:id:Margatroid:20170418150308j:plain

 

するとやや本格的な山道に入った。

f:id:Margatroid:20160726164357j:plain

f:id:Margatroid:20160726164445j:plain

f:id:Margatroid:20160726164358j:plain

f:id:Margatroid:20160726164359j:plain

 

落石あり。

f:id:Margatroid:20160726164400j:plain

 

 山道を抜け、R465とのT字路交差点で左折。

f:id:Margatroid:20160726164401j:plain

 

そして右折して県道177号線へ。

f:id:Margatroid:20160726164402j:plain

 

のどかな風景が続く。

f:id:Margatroid:20160726164403j:plain

 

途中から快適な広い道になった。

f:id:Margatroid:20160726164404j:plain

f:id:Margatroid:20160726164405j:plain

 

その後はセンターラインがあったりなかったりといった感じだった。

基本的には走りやすい。

f:id:Margatroid:20160726164406j:plain

f:id:Margatroid:20160726164407j:plain

 

T字路交差点で右折し、県道82号線へ。

f:id:Margatroid:20160726164408j:plain

f:id:Margatroid:20170418150309j:plain

 

A(分岐その2)B(県道177号線)県道82号線

f:id:Margatroid:20170418150310j:plain

 

ここも快適に走っていく。

f:id:Margatroid:20160726164409j:plain

f:id:Margatroid:20160726164410j:plain

f:id:Margatroid:20160726164411j:plain

 

やがてR128に出た。

f:id:Margatroid:20160726164412j:plain

 

途中、7-11でトイレ休憩。

その向かいには海岸が見える。

ただ、今日はこないだ寄ったラーメン栄蔵に行こうかと思っていたので

海岸には寄らずにまず先に急ぐことに。

f:id:Margatroid:20160726164413j:plain

 

ところが渋滞に巻き込まれる‥

こりゃ無理だな、と思った。

f:id:Margatroid:20160726164414j:plain

 

なので本来予定していた県道89号線へ。

f:id:Margatroid:20160726164415j:plain

 

A(県道82号線)B(R128 外房黒潮ライン)県道89号線

f:id:Margatroid:20170418150311j:plain

 

こちらも道が広く快適な道路だった。

f:id:Margatroid:20160726164446j:plain

f:id:Margatroid:20160726164416j:plain

f:id:Margatroid:20160726164417j:plain

 

途中からセンターラインがなくなったり復活したり。

f:id:Margatroid:20160726164418j:plain

f:id:Margatroid:20160726164447j:plain

f:id:Margatroid:20160726164419j:plain

 

R410へ。

f:id:Margatroid:20160726164420j:plain

f:id:Margatroid:20160726164421j:plain

 

そして県道296号線へ。

やはり間に合いそうな感じがしたのでラーメン店に向かっていくが、

いつの間にか曲がるべき稲交差点を通過していた。

というか稲交差点は県道296号ではなくR128との交差点だった‥

時間に焦ったミスである。

いずれにしろ時間的にはもう間に合わないので、

結局道の駅鄙の里三芳村でやや遅い昼食をとることにした。

f:id:Margatroid:20160726164424j:plain

f:id:Margatroid:20160726164423j:plain

 

A(県道89号線)B(R410)C(県道296号線)

                   道の駅三芳村 鄙の里

f:id:Margatroid:20170418150312j:plain

 

中のレストランへ。さすがにもう14時なので空いている。

野菜天ぷら定食にした。揚げたてでサクサクしていて美味しい。

f:id:Margatroid:20170418150313j:plain

 

昼食を終えてお土産を買う。

駐車場の脇には菜の花がたくさん咲いていた。

菜の花は千葉房総の色んな場所で見られ、県の花でもある。

f:id:Margatroid:20160726164449j:plain

 

道の駅三芳村を後にして、少し遅くなったが安房グリーンラインを目指す。

f:id:Margatroid:20160726164426j:plain

 

T字路交差点で左折し、R128へ。

f:id:Margatroid:20160726164427j:plain

 

稲交差点で右折し、安房グリーンラインに入った。

f:id:Margatroid:20160726164450j:plain

 

15時ごろなので交通量はバイクもほとんどいない。

f:id:Margatroid:20160726164428j:plain

f:id:Margatroid:20160726164429j:plain

 

相変わらず快適な道。

f:id:Margatroid:20160726164430j:plain

f:id:Margatroid:20160726164431j:plain

 

大規模海底地すべり構造の駐車場に到着。

f:id:Margatroid:20160726164432j:plain

f:id:Margatroid:20160726164434j:plain

 

A(道の駅三芳村 鄙の里)B(安房グリーンライン

               大規模海底地すべり構造駐車場

f:id:Margatroid:20170418150314j:plain

f:id:Margatroid:20160726164433j:plain

 

今度は来た道を往復。

f:id:Margatroid:20160726164451j:plain

f:id:Margatroid:20160726164435j:plain

 

小松寺付近でUターンし、駐車場とトンネルを抜けてR410へ。

f:id:Margatroid:20160726164436j:plain

 

道は空いていた。

そのままR127に入り、しばらく走っていくと片側二車線になるも

交通量は増えてきた。

f:id:Margatroid:20160726164437j:plain

f:id:Margatroid:20160726164438j:plain

 

ジョイフルホンダ辺りからは交通量がさらに増えて若干流れが悪くなった。

f:id:Margatroid:20160726164439j:plain

 

途中ファミマに寄ってレッドブルを買って飲んだ。

f:id:Margatroid:20170418150315j:plain

f:id:Margatroid:20170418150316j:plain

 

ついでにガソリン携行缶のガソリンを給油した。

 

外はもうすっかり暗くなっている。

f:id:Margatroid:20160726164440j:plain

 

R16の工業地帯に入ると流れは順調だが信号に結構引っかかった。

懸念されていた幕張以西のR357は特に渋滞もなく千葉県を抜けられた。

 

今回はいつもと違うルートを走ってなかなか楽しかった。

秘境ラーメン店に寄れなかったのは仕方ないかな。

今回の総走行距離は327.5kmでした。

f:id:Margatroid:20170418150317j:plain

千葉房総ツーリング Jan.2016

今年も一発目の千葉ツーリングへ。

ちょっと遅い出発となった。

 

千葉県に入りR357を走っていく。

例の若松交差点手前で若干詰まったくらい。

f:id:Margatroid:20170406163558j:plain

 

千葉市に入っても交通量は多かったが一応流れてはいた。

f:id:Margatroid:20160629175429j:plain

 

そのままR16の工業地帯を走っていく。ここは順調。

f:id:Margatroid:20170406163601j:plain

 

木更津のファミマへ。

f:id:Margatroid:20170406163559j:plain

 

A(R357舞浜)R16B(R127)ファミリーマート

f:id:Margatroid:20170406163603j:plain

 

トイレに行き、肉まんを軽く食べた。

 

R16からそのままR127に入り、南下。

やがてR465へ左折。

f:id:Margatroid:20160629175431j:plain

 

ここからは快適な道が続く。走っていて気持ちいいですな。

f:id:Margatroid:20160629175432j:plain

f:id:Margatroid:20160629175433j:plain

 

県道182号線へ。田んぼが広がっている。

f:id:Margatroid:20160629175434j:plain

 

やはりバイクが多い。

とはいえ、基本的にみんな反対方面(館山側)からだった。

交通量自体もそちらが圧倒的に多かった。

f:id:Margatroid:20160629175435j:plain

f:id:Margatroid:20160629175436j:plain

f:id:Margatroid:20160629175451j:plain

 

長狭街道(県道34号線)に一旦入り、県道88号線へ。

f:id:Margatroid:20160629175437j:plain

f:id:Margatroid:20160629175452j:plain

 

直線を南下し、道の駅三芳村 鄙の里へ。

f:id:Margatroid:20170406163604j:plain

 

ここでちょっと遅い昼食をとることにした。

鄙の里御膳。

f:id:Margatroid:20160629175453j:plain

 

昼食を終えてお土産をいくつか買う。

野菜直売所にも寄って野菜を買った。

 

再び出発。

少し南下して県道296号線に入り、安房グリーンラインへ。

稲交差点を通過。

f:id:Margatroid:20160629175439j:plain

 

ここからは道が広く走りやすい。

f:id:Margatroid:20160629175440j:plain

f:id:Margatroid:20160629175454j:plain

 

バイクは数台すれ違った程度。空いている。

f:id:Margatroid:20160629175441j:plain

 

さすがにねずみ捕りもやっておらず、快適だった。

 

地すべりの駐車場へ。

f:id:Margatroid:20160629175442j:plain

 

A(道の駅三芳村 鄙の里)B(安房グリーンライン

    → 大規模海底地すべり構造駐車場

f:id:Margatroid:20170406163605j:plain

 

自分しかいませんでしたね。

f:id:Margatroid:20160629175444j:plain

 

その後また反対方向を走って小松寺辺りでUターン。

そのままトンネルを抜けて海岸沿いの道を走っていく。

途中、道の駅でトイレに寄った。

f:id:Margatroid:20160629175445j:plain

 

再び出発。交通量も信号も少ないので楽。

f:id:Margatroid:20160629175446j:plain

 

房総フラワーラインを走っていく。

この辺りにはその名の通り道の両サイドに花が植えられていた。

f:id:Margatroid:20160629175447j:plain

 

八幡海岸交差点で右折し、R127に向かう。

その途中、以前立ち寄った安房グリーンラインの秘境ラーメン店の

元の焼き肉店「栄蔵」を見かけました。

f:id:Margatroid:20170406163600j:plain

f:id:Margatroid:20170406163602j:plain

 

margatroid.hatenadiary.jp

 

鋸山付近を通過。そろそろ暗くなり始めている。

f:id:Margatroid:20160629175449j:plain

 

そのまま北上して帰りましたが、幕張を過ぎた辺りから大渋滞でした。

f:id:Margatroid:20160629175450j:plain

 

今回の走行距離は300.6kmでした。

天気も良く走りやすかったです。

今年一発目のツーリングとしてはちょうどいいくらいかな。

f:id:Margatroid:20170406163606j:plain

高尾山&奥多摩・河口湖ツーリング Dec.2015 二日目 ~ 河口湖・御坂峠 ~

少し遅めに7時半に起床。朝食は8時前くらいに向かった。

するともうレストランには数人くらいしかいなかったので空いていた。

f:id:Margatroid:20170308163715j:plain

 

朝食を終え、部屋に戻ってゆっくりする。

荷物をリュックに詰めるがやはり厳しい。

フロントに内線して宅配の取り扱いをやっているか訊いてみる。

取り扱いはしているが、箱は用意していないらしい。

仕方ないので近くのコンビニで段ボールを入手して送ろうか。

 

で、ありがたいことにチェックアウトをするときに

スタッフが箱をいくつか用意してくれた。

なのでそれに荷物を詰め込んでここで発送受付をした。

リュックの中がだいぶ楽になり助かった。

 

ホテルを出る。今日もいい天気である。富士山がよく見えた。

f:id:Margatroid:20160622175339j:plain

f:id:Margatroid:20160622175340j:plain

 

河口湖を軽く一周してみる。

f:id:Margatroid:20160622175341j:plain

 

ただ、日陰部分は路面が濡れていて、凍結している可能性もあった。

f:id:Margatroid:20160622175342j:plain

f:id:Margatroid:20160622175343j:plain

f:id:Margatroid:20160622175344j:plain

 

やがて河口湖南側の道の駅かつやまに到着。

f:id:Margatroid:20160622175350j:plain

f:id:Margatroid:20170308163717j:plain

f:id:Margatroid:20160622175351j:plain

f:id:Margatroid:20170308163716j:plain

 

まずは向かいの小梅公園を散策。

f:id:Margatroid:20160622175345j:plain

 

河口湖南岸の水田発祥の地らしい。

f:id:Margatroid:20160622175346j:plain

 

前回来たときは夏前だったので緑色の芝生がまぶしかった記憶が。

f:id:Margatroid:20160622175347j:plain

f:id:Margatroid:20160622175349j:plain

 

河口湖。今日は風が強かった。

f:id:Margatroid:20160622175348j:plain

 

道の駅に戻りお土産を買った。

 

御坂みちへ。

f:id:Margatroid:20160622175352j:plain

 

流れが速いのがちょっと厳しい。

というのも、カーブは流れの速さで曲がろうと思えば曲がれるが、

凍結していたら転倒確実なのでいつも以上に減速して

慎重に走らざるを得ない。

 

御坂トンネル手前、旧道入口で右折して旧道に入った。

f:id:Margatroid:20160622175353j:plain

 

天下茶屋は営業中との看板が出ていた。

 

旧道を走っていく。路面は日なたの部分が多いので問題なかった。

f:id:Margatroid:20160622175354j:plain

f:id:Margatroid:20160622175355j:plain

 

車とバイクが一台ずつすれ違った程度か。

f:id:Margatroid:20160622175356j:plain

f:id:Margatroid:20160622175357j:plain

 

天下茶屋前に到着。

f:id:Margatroid:20160622175452j:plain

 

A(道の駅かつやま)天下茶屋

f:id:Margatroid:20170308163718j:plain

 

人はまあまあ来ていたかな。

秋の紅葉シーズンだと車であふれてそうだ。

トンネルから先は冬季閉鎖となっている。

f:id:Margatroid:20160622175451j:plain

 

ここからも富士山を望むことができる。

f:id:Margatroid:20160622175453j:plain

 

トイレに行き店内へ。お土産を買った。

ほうとうをここで食べてみたいといつも思っているが、

いつもお腹が空いていないタイミングなんだよなあ。

お客さんは結構いました。

 

休憩を終えて出発。来た道を戻っていく。

f:id:Margatroid:20160622175454j:plain

 

御坂みちの現道へ。

本来はここからさらに笹子峠を目指すのだが、冬季閉鎖なので行けない。

なのでツーリングらしく県道を走って帰ることに。

f:id:Margatroid:20160622175455j:plain

 

おひめ坂通りという道を通り都留バイパスを目指す。

途中ローソンでトイレを借りて、ENEOSで給油した。

 

R139は交通量が多く流れが悪かった。

ようやく都留バイパスに入る。

f:id:Margatroid:20160622175457j:plain

f:id:Margatroid:20160622175456j:plain

 

途中から完全な直線バイパスとなっており、快適だった。

f:id:Margatroid:20160622175458j:plain

 

県道35号線へ。

f:id:Margatroid:20160622175459j:plain

 

A(天下茶屋B(おひめ通り)C(都留バイパス)県道35号線

f:id:Margatroid:20170308163719j:plain

 

いつもは道志みち(R413)を通っていくので、

こちらの県道はちょっと気になっていた。

民家が割とあり、基本的にはのどかな風景が続いて良かった。

f:id:Margatroid:20160622175501j:plain

f:id:Margatroid:20160622175502j:plain

f:id:Margatroid:20160622175503j:plain

f:id:Margatroid:20160622175504j:plain

 

路面が濡れている箇所も少なく、割と走りやすい。

f:id:Margatroid:20160622175505j:plain

 

すると途中で通行止めとなっていた。

迂回路として県道517号線に向かうことになる。

まぁ県道517号線から県道76号線に出て南下して道志みち

走って帰る手もある。

f:id:Margatroid:20160622175506j:plain

f:id:Margatroid:20160622175507j:plain

 

県道76号線に出て南下。

f:id:Margatroid:20160622175508j:plain

f:id:Margatroid:20160622175509j:plain

 

道志ダムを通過。

f:id:Margatroid:20160622175510j:plain

 

道志みちに入った。

f:id:Margatroid:20160622175511j:plain

 

株など路面が濡れているのでここもやや慎重に走る。

 

青野の7-11へ。

トイレを借りて中華まんを食べた。

f:id:Margatroid:20160622175512j:plain

 

再び出発。

道志みちを走っていき、市街に出ると渋滞し始めた。

帰りは保土ヶ谷バイパスを通って南から帰ろうと思った。

 

ところが渋滞の列が結構あって込んでいた。

なので八王子バイパスで北上し、R20で帰ることに。

16時を過ぎると割と寒くなってきた。

f:id:Margatroid:20160622175513j:plain

 

結局そのまま下で帰った。

 

今回の総走行距離は385.3kmでした。

高尾山に関しては城山まで初めて行くことができたし、

奥多摩周遊道路も久しぶりに行くことができた。

ただ、思わぬタイムロスがあったのが想定外だったかなと。

温泉にも行くことができなかったし。

また、冬のツーリングもやはり避けた方が無難ですな。山は。

路面が濡れていると凍結していたりするので

カーブでかなり気を遣う。

とはいえ、今回は天気にかなり恵まれたので景色は良く見えたかなと思った。

f:id:Margatroid:20170308163720j:plain

高尾山&奥多摩・河口湖ツーリング Dec.2015 一日目 ~ 高尾山・奥多摩周遊道路 ~

恒例の高尾山登山を兼ねたツーリング。

またもや道の空いている夜中に出発。

 

R20日野バイパスに入り、高尾山に行くときや

山梨方面ツーリング時によく寄っているすき家で朝食。

f:id:Margatroid:20170301173934j:plain

 

まだ朝定食時間前だったので普通の豚汁・納豆定食で。

 

朝食を終えて日野バイパスから甲州街道へ。

f:id:Margatroid:20160622175228j:plain

 

高尾を通過。

やや風が吹いており、寒い。

f:id:Margatroid:20160622174810j:plain

 

高尾山口手前までやってくるが、まだ暗いので手前のファミマで

時間を少しつぶすことにした。

f:id:Margatroid:20160622174811j:plain

 

水とレッドブルを買い、イートインで少し待つ。

f:id:Margatroid:20170301173935j:plain

 

ほんの少し明るくなり始め、出発。

高尾山口に到着し、まずはウェアや不要な荷物をコインロッカーに入れる。

f:id:Margatroid:20160622174812j:plain

 

時間的にはもう始発が出ている時間である。

f:id:Margatroid:20160622174813j:plain

 

登山口に向かう。一応、まだ薄暗い。明るいのはHDRモード撮影なので。

f:id:Margatroid:20160622174814j:plain

 

人はほとんどいない。

f:id:Margatroid:20160622174815j:plain

f:id:Margatroid:20160622174816j:plain

 

で、今通った道の途中にトイレがあったと思ったのだが撤去されたのだろうか。

ケーブルカー乗り場のトイレは稼動してからでないと入れない。

結構行きたい感じだったのでやむなく甲州街道沿いの

サンクスまで行き、トイレを借りた。

f:id:Margatroid:20160622174817j:plain

 

ついでに水なども買った。

 

なんだかんだで結局登り始めたのは7時前くらいで、

もうかなり明るくなっていた。

 

今回は稲荷山コース。基本的に6号路か稲荷山のどちらかしか登らない。

f:id:Margatroid:20160622174818j:plain

 

最初の方では路面が濡れている箇所が割とあった。

f:id:Margatroid:20160622174819j:plain

 

最初の登り階段で息が少し上がる。だいたいいつものことである。

f:id:Margatroid:20160622174820j:plain

 

陽が射してきた。

f:id:Margatroid:20160622174821j:plain

 

見晴台に到着。

f:id:Margatroid:20160622174822j:plain

 

靄がかかっているがスカイツリーの輪郭は見えた。

f:id:Margatroid:20160622174823j:plain

 

ここの休憩所で少し休憩。暑くなったので上着を脱いだ。

 

出発。数人すれ違った程度か。

f:id:Margatroid:20160622174824j:plain

 

やはり休憩していると結構涼しいというか、

さすがに12月だけあって少し寒く感じられた。

最後の登り階段。ここは一気に登る。

f:id:Margatroid:20160622174825j:plain

 

山頂に到着。

f:id:Margatroid:20160622174828j:plain

 

見晴台からは富士山がくっきり見えた。美しい。

f:id:Margatroid:20160622174826j:plain

f:id:Margatroid:20160622174827j:plain

 

山頂広場には多少人がいた。もう8時半近くなので当然だろう。

ちなみに年始の入山規制についての看板が立っていた。

年末年始には行ったことがないが、滅茶苦茶込むのだろう。

全く行きたいと思わない。

f:id:Margatroid:20170307165216j:plain

 

するとテーブルの上にネコを発見。

f:id:Margatroid:20160622174830j:plain

 

警戒しているっぽいので少し離れて見守りましたw

 

さて、今回は城山まで向かう。

恥ずかしながら、高尾山には十数回来ているものの、

もみじ台より先へは行ったことがない。

おおよその所要時間の書いてある看板があるが、陣馬山って‥‥。

f:id:Margatroid:20160622174829j:plain

 

まぁウチの場合は高尾山口から出発し、

徒歩で高尾山口に戻ってくる前提なので、

せいぜい城山までがいいところですな。

 

もみじ台手前の最初の階段が結構長い。

戻ってきたときが地味にキツそうだ。

f:id:Margatroid:20160622174831j:plain

f:id:Margatroid:20160622174833j:plain

 

ここから奥高尾。

f:id:Margatroid:20160622174832j:plain

 

もみじ台。

f:id:Margatroid:20170307165217j:plain

f:id:Margatroid:20170307165218j:plain

 

ん?

f:id:Margatroid:20170307165219j:plain

 

熊が出たですと?

遭遇したらどうすれば‥そんなとき武井壮先生がいれば

 

割と長い階段。

f:id:Margatroid:20160622174834j:plain

 

その後は平坦な道が続く。

f:id:Margatroid:20160622174835j:plain

f:id:Margatroid:20160622174836j:plain

 

途中、鉄塔があった。

f:id:Margatroid:20160622174837j:plain

f:id:Margatroid:20160622174838j:plain

 

一丁平に到着。

f:id:Margatroid:20160622174840j:plain

f:id:Margatroid:20160622174839j:plain

 

少し休憩してまた登ると見晴台があった。

f:id:Margatroid:20160622174841j:plain

 

やはり今日は富士山が良く見えていいな。冬の空気は澄んでいていい。

f:id:Margatroid:20160622174842j:plain

 

先へ。やや登っていく。

f:id:Margatroid:20160622174843j:plain

f:id:Margatroid:20160622174844j:plain

 

城山までもう少しか。

最後の階段。

f:id:Margatroid:20160622174845j:plain

 

城山茶屋に到着。

f:id:Margatroid:20160622174846j:plain

 

見晴台。

f:id:Margatroid:20160622174847j:plain

f:id:Margatroid:20160622174848j:plain

f:id:Margatroid:20160622174851j:plain

 

人はまあまあいる。

で、城山といえば‥ネコ。

f:id:Margatroid:20160622174849j:plain

 

こいつら、人に慣れ過ぎている。

f:id:Margatroid:20160622174850j:plain

 

高尾山のネコと違って警戒どころかどんどんすり寄ってくる。

エサくれってことなのでせうか?

テーブルの上でもくつろいでいるし。

f:id:Margatroid:20170307165220j:plain

 

見よ、この勇姿を。

f:id:Margatroid:20160622175548j:plain

 

しかし冬は寒くないのかね?

 

ネコと散々たわむれた後、ここからも富士山を望む。

f:id:Margatroid:20160622174851j:plain

f:id:Margatroid:20170307165221j:plain

f:id:Margatroid:20170307165222j:plain

f:id:Margatroid:20170307165223j:plain

 

 さて戻りますか。

下りだと幾分気が楽である。

f:id:Margatroid:20160622174852j:plain

 

まき道を通ってみた。

思ったより茂みが多かった。

f:id:Margatroid:20160622174853j:plain

 

ここから日影方面に分岐できるらしい。

f:id:Margatroid:20160622174854j:plain

 

さっきの石階段。膝がちょっと痛くなってきた。

ふくらはぎも少しつりそうになるし、運動不足過ぎ。

f:id:Margatroid:20160622174855j:plain

 

高尾山頂に戻ってきた。汗が出た。

11時半過ぎなので人は結構多い。多いつっても早朝に比べると、の話である。

そもそも自分はここ数年高尾山頂には早朝にしか来たことがない。

売店が営業しているが、営業しているのを見たのは十年近くくらいぶり。

f:id:Margatroid:20160622174856j:plain

 

昼食にはちょうど良い頃合いだったので、店で月見そばを食べた。

山菜が結構入っていて美味しかったです (^^

f:id:Margatroid:20160622175549j:plain

 

昼食を終えて下山することに。1号路で下る。

f:id:Margatroid:20160622174857j:plain

f:id:Margatroid:20160622174858j:plain

 

高尾不動堂。

f:id:Margatroid:20160622174859j:plain

f:id:Margatroid:20160622174900j:plain

f:id:Margatroid:20160622174901j:plain

 

薬王院付近。

f:id:Margatroid:20160622174902j:plain

 

おみくじは吉だった。

 

下っていく。

f:id:Margatroid:20160622174903j:plain

 

途中で三福団子を食べた。

変わらずタレの甘辛さと適度な焼いた餅が美味い。

f:id:Margatroid:20160622175550j:plain

 

先へ。

f:id:Margatroid:20160622174904j:plain

f:id:Margatroid:20160622174905j:plain

 

ゴール。

f:id:Margatroid:20160622174906j:plain

 

登山開始から6時間ほど経っている。

予定より二時間ほどオーバーした。

 

駅前の靴洗い場で泥を落とし、駐輪場へ。

料金を払って高尾山口を出発。

f:id:Margatroid:20160622174907j:plain

 

大垂水峠を通過し神奈川県へ。

流れはちょうどいい感じ。上野原手前のGSで給油。

ガソリン携行缶にも入れようとしたが、ここはセルフだった。

 

今回はR20から奥多摩周遊道路に向かうので、県道33号線に入る。

f:id:Margatroid:20160622174908j:plain

 

A(高尾山口県道33号線

f:id:Margatroid:20170307165224j:plain

 

路面が濡れている箇所がある。

割と滑りそうだったので慎重に走った。

f:id:Margatroid:20160622174909j:plain

f:id:Margatroid:20160622174910j:plain

 

のどかな風景がいいですな。

f:id:Margatroid:20160622174911j:plain

f:id:Margatroid:20160622174912j:plain

f:id:Margatroid:20160622174913j:plain

 

檜原街道に到着。

f:id:Margatroid:20160622174914j:plain

 

やはり路面は濡れているので慎重に走る。

一度、真っすぐ走っているのに一瞬ズルっときた。恐い。

f:id:Margatroid:20160622174915j:plain

 

数馬のトイレへ。

ここのトイレの存在はありがたい。

f:id:Margatroid:20160622175214j:plain

 

A(県道33号線)B(檜原街道)数馬のトイレ

f:id:Margatroid:20170307174122j:plain

 

奥多摩ゲートのあった場所に到着。

f:id:Margatroid:20160622175215j:plain

 

周遊道路を走っていく。全般的には大丈夫だったが、

やはり日陰部分は濡れているので、どこで滑るかわからないので

流す感じで走った。

ここもそうだったが、工事中で交互片側通行の箇所がいくつかある。

車は多少走っていたが、さすがに二輪車はほとんど見かけなかった。

まぁもう15時近いからだろうが‥

 

浅間尾根駐車場に到着。

f:id:Margatroid:20160622175216j:plain

f:id:Margatroid:20160622175217j:plain

f:id:Margatroid:20160622175218j:plain

 

ここには誰もいなかった。

f:id:Margatroid:20160622175219j:plain

 

月夜見第二駐車場の方では自転車で来ている人が何人かいたか。

f:id:Margatroid:20160622175220j:plain

 

さすがに指先が冷たくなってきたので冬用グローブに変えた。

そこからは基本的にすれ違いもなく、月夜見駐車場だかで

数台バイクがいた程度。

 

R139T字路交差点。

f:id:Margatroid:20160622175221j:plain

 

奥多摩湖

f:id:Margatroid:20160622175222j:plain

 

R139を南下していく。

f:id:Margatroid:20160622175223j:plain

f:id:Margatroid:20160622175224j:plain

 

松姫トンネル。

f:id:Margatroid:20160622175225j:plain

 

トンネル後にアメリカンなバイク数台とすれ違ったが、

もうそろそろ日が暮れるだろう。

f:id:Margatroid:20160622175226j:plain

 

甲州街道近くまでやってきた。

f:id:Margatroid:20160622175227j:plain

 

途中トイレに行きたくなりコンビニでトイレへ。

 

河口湖付近に到着し、ホテルの前にコンビニで買い物。

まだ17時半だが、もう辺りは真っ暗。

f:id:Margatroid:20160622175228j:plain

 

やがてホテルに到着。

今回宿泊するのはルートイン河口湖。何度か利用しています。

f:id:Margatroid:20160622175229j:plain

 

A(数馬トイレ)B(R139)C(R20)ホテルルートイン河口湖

f:id:Margatroid:20170307201009j:plain

 

ロビーに入るとちょうど中国人の団体客がいて騒々しかった。

受付で担当したスタッフも中国人で、団体客対応で入っているのだろう。

日本語はやや片言だったが、懇切丁寧で印象は良かったです。

 

とりあえず部屋へ。

f:id:Margatroid:20160622175230j:plain

 

ネットは有線・無線LANを完備。

 

とりあえず夕食はレストランが混雑しているだろうから、

先に風呂に入ろうと思った。

 

個人宿泊客には大浴場とは別の浴場が利用できる。

チェックイン時に受け取った専用のカードキーを入口のドアに

挿し込むと中に入ることができる。

ゆっくりと風呂につかる。本当は紅富士の湯あたりの温泉に

行く予定だったが、高尾山で予定より時間オーバーしたのと、

結構疲れたので仕方がない。

 

風呂からあがって部屋に戻る。

夕食は20時前に行こうと思ったが、19時半過ぎに向かった。

 

夕食バイキング。人はもうほとんどいなく、食材も余り物って感じだった。

けれどもないわけではない。量がそれなり、という感じ。

まぁ団体客の後だしね。ただ、今回は品数が若干少ないような‥

けれども空になることはなく、常に補充はしてくれていた。

また、カニは思っていた以上に身が詰まっていてボリュームがあった。

結局十分すぎるほど食べてしまった。

 

本日の走行距離は196.6kmでした。

f:id:Margatroid:20170307201010j:plain

 

次へ。

高尾山&奥多摩・河口湖ツーリング Dec.2015 二日目 ~ 河口湖・御坂峠 ~

佐渡島ツーリング Nov.2015 最終日 ~ 佐渡島 → 東京帰還 ~

最終日となり今日で東京へ帰る。

 

6時半に起床。朝風呂に行きサッパリしてきた。

その後朝食へ。

f:id:Margatroid:20160612121202j:plain

 

朝食を終えて出発の準備。今日は雲がやや多い模様。

9時前にチェックアウト。その際新米のコシヒカリをいただきました (^^

 

フェリーの乗車時間は12時過ぎなのでまだ時間がある。

かといってあまりどこかに寄る‥というのは遅れてしまうリスクがある。

(ちなみにここはフェリー乗り場のある両津港の真反対側)

f:id:Margatroid:20170226125548j:plain

 

なので、海沿いの佐渡一周道路(県道45号線)をここから北上時計回りで

海沿いツーリングも兼ねて行くことに。

 

ただ、天気が微妙というかほんの少しぱらついてきた。

今日の天気予報は大丈夫だが、山の方に濃い雲が浮かんでいるのが気になる‥

f:id:Margatroid:20160609125128j:plain

 

とりあえずもし降っていたらカッパを着ようと思った。

 

昨日引き返した道を走っていく。

f:id:Margatroid:20160609125129j:plain

f:id:Margatroid:20160609125130j:plain

f:id:Margatroid:20160609125131j:plain

 

昨日引き返したポイント。

f:id:Margatroid:20160609125132j:plain

 

大野亀手前までやってきた。

f:id:Margatroid:20160609125133j:plain

 

大野亀に到着。

f:id:Margatroid:20160609125134j:plain

f:id:Margatroid:20160609125135j:plain

 

トイレ休憩。

 

出発。ここから更に走りやすくなる。

f:id:Margatroid:20160609125136j:plain

f:id:Margatroid:20160609125137j:plain

 

海岸沿いに出ると道は細くなりますが、快適。

f:id:Margatroid:20160609125139j:plain

f:id:Margatroid:20160609125138j:plain

 

途中雨が降った後か、路面が濡れていた。

結局雨には降られなかったのでよかった。

 

やがて内海府側へ。

f:id:Margatroid:20160609125140j:plain

 

両津港付近に到着。

f:id:Margatroid:20160609125141j:plain

f:id:Margatroid:20170226125549j:plain

 

駐輪場にホーネットを停めて移動。

再びおけさばし。

f:id:Margatroid:20160609125142j:plain

 

リュックをコインロッカーに入れてお土産売り場へ。

f:id:Margatroid:20160609125143j:plain

 

しばらくお土産を見ながらぶらついて、やがて時間になりホーネットを

船場所に移動することにした。

 

今回乗船するおけさ丸。

f:id:Margatroid:20160609125144j:plain

 

車輌乗り場へ移動。

ゲートを入った先で乗船券をスタッフに提示し、

例によって先頭につけるように指示される。

f:id:Margatroid:20160612121205j:plain

 

乗船時間になり乗船口手前まで移動。

フェリーに乗り込み、また例によってロープで固定してもらう。

f:id:Margatroid:20160612205029j:plain

 

客室へ。コインロッカーに荷物やウェアを入れる。

まずは食事をとることに。たれカツ丼にしました。

なかなか美味しかったと思う。

f:id:Margatroid:20160612121206j:plain

 

昼食を終えてデッキの方へ。

やはり佐渡は雲が覆われていて雨が降りそうな感じ‥

f:id:Margatroid:20160609125145j:plain

 

やがて出発。佐渡に別れを告げます。

f:id:Margatroid:20160609125146j:plain

 

1等椅子席へ移動。

行きに乗ったあかね丸よりも間が広く、ゆったりできました。

f:id:Margatroid:20160612121143j:plain

 

到着時間が近づいたのでコインロッカーから荷物を取り出し、ウェアを着る。

そして下の車輌待機所へ。やがてゴゴゴゴゴという音と共に到着した模様。

少しして看板が開き、フェリーを降りた。

f:id:Margatroid:20160612205030j:plain

 

さて、新潟市に上陸して高速を目指す。

f:id:Margatroid:20160609125148j:plain

 

どうしても道に迷うんだよなあ‥ちょっと時間をロスした。

新潟中央ICに到着。

f:id:Margatroid:20160609125149j:plain

f:id:Margatroid:20170226125550j:plain

 

高速に乗る。

ガソリンが思ったよりも減ったので途中の黒崎PAで給油。

 

続いて越後川口SAに到着。

少し早いが夕食をとることにした。

f:id:Margatroid:20160609125150j:plain

 

豚とろ丼。柔らかくてなかなか美味しかった。

f:id:Margatroid:20160612121208j:plain

 

夕食を終えて外に出るとさすがにもう暗くなり始めていた。

交通量も少しずつ減っていく。

 

谷川岳PAに到着。

f:id:Margatroid:20160609125151j:plain

 

トイレ休憩。レッドブルも注入。

谷川岳ということもあり、水が汲めるようでした。

f:id:Margatroid:20160609125152j:plain

 

ここから先はすっかり暗くなり、暗黒の世界に入った感じで、

ハイビームでないとほとんど見えない状態。時には前後一台もいない状態に‥

バイクだとコレは寂しい。

 

半分を超えてようやく交通量も微妙に増えてきた。

そしてようやく練馬ICに到着した。

 

A=新潟中央IC、B=黒崎PA、C=越後川口SA、D=谷川岳PA、E=練馬IC

f:id:Margatroid:20170226125551j:plain

 

総走行距離は984.8kmと前回とほぼ同じでした。

今回は天気に左右されて急な変更となりましたが、結果的に天候には恵まれて

良い決断だったと思います。次の週の天気は雨のようでしたし‥

佐渡金山やルートなど若干反省点もありましたが、今回も楽しかったです (^^