Margatroid’s blog

ホーネット250でのツーリング日記

■ツーリング記録一覧はこちら

千葉房総ツーリング Jul.2020 ~ かずさグリーンライン・亀山湖・林道川俣押込線/嶺岡中央2号線・奥山仲尾沢線リベンジ・未成道 ~

4ヶ月ぶりのツーリング。

新型コロナの影響で世の中が一変してしまいました。

というわけで今回は極力施設には寄らないようにする計画にしました。

 

R357で千葉県に入る。

舞浜大橋の先の舞浜立体が完成した模様で、

舞浜交差点をオーバーパスできるようになっていた。

 

しばらく走っていき、栄町交差点前後がやや渋滞していたものの、

大きな渋滞もなく幕張を通過。

f:id:Margatroid:20200728104249j:plain

 

千葉市街を抜けてR16に入る。流れもそこそこ順調。

f:id:Margatroid:20200728104255j:plain

 

工業地帯に入る。例の交通標語看板。

「美人多し 脇見運転注意

f:id:Margatroid:20200728104259j:plain

 

順調に走り抜けていく。

f:id:Margatroid:20200728104310j:plain

 

途中木更津のGSで一旦給油。

ついでにトイレも借りておいた。

f:id:Margatroid:20200728104316j:plain

 

途中でR127に入り、左折して県道164号線に入る。

しばらく東へ走っていき、やがてかずさグリーンラインの起点となる

Y字分岐で左に入った。

f:id:Margatroid:20200728104321j:plain

 

A(千葉県) → R16 → ENEOS スプリットセルフ 袖ヶ浦中央SS 日石レオン

         B(R127)C(県道164号線)かずさグリーンライン

f:id:Margatroid:20200728131826j:plain

 

なんとなくGoogleMapでルートを考えていたらたまたま見つけたこの名称。

君津市の塚原から戸崎を経て、R410久留里へと続く。

f:id:Margatroid:20200728132559j:plain

 

聞いたことがなかったし、情報もほとんどなかったので

果たしてGoogleMapの指定区間で正しいのかは不明だが、

今回とりあえずそれをたどってみることにした。

 

ちなみに途中から県道93号線に入るが、以前立ち寄ったラーメン屋が右手に見えた。

博多豚骨系のラーメン屋で結構美味しかった。

f:id:Margatroid:20200728104327j:plain

 

margatroid.hatenadiary.jp

県道93号線は分岐して県道163号線へ。

ようやく景色が国道とは変わってきた。

f:id:Margatroid:20200728104333j:plain

 

林の中を切り開いた道を走っていく。

f:id:Margatroid:20200728104339j:plain

 

途中で左に分岐。

f:id:Margatroid:20200728104344j:plain

 

緑の木々が綺麗だった。

f:id:Margatroid:20200728105514j:plain

f:id:Margatroid:20200728104349j:plain

 

更に途中で左に分岐するのだが、ここがわかりづらく、一旦見逃した。

f:id:Margatroid:20200728104354j:plain

 

同じように両側に木々が生い茂る道を走る。

f:id:Margatroid:20200728104401j:plain

 

道幅もそれなりに広いので走りやすいが、

途中にあるガスセンターとかのための通路みたいなものだろう。

f:id:Margatroid:20200728104407j:plain

 

T字路分岐で右折。

f:id:Margatroid:20200728104412j:plain

 

県道23号線に入る。

f:id:Margatroid:20200728104417j:plain

 

そしてまた右折して県道145号線へと続く。

f:id:Margatroid:20200728104435j:plain

 

また右折。ルートの記憶がおぼろげだったが

何とかストリートビューで予習していたので大丈夫だった。

ちなみに直進は「広域農道」指定となっており、

R410に並行して南に向かっている。

f:id:Margatroid:20200728104429j:plain

 

夏の緑がまぶしい開かれた景色の県道。

f:id:Margatroid:20200728104435j:plain

f:id:Margatroid:20200728104441j:plain

 

気持ちの良い快走路。

f:id:Margatroid:20200728104446j:plain

 

そんな感じで走っていたらルートを外れてしまった(ゎ

GoogleMapで確認して、R410に近いのでそのまま最短で向かうことにした。

f:id:Margatroid:20200728104451j:plain

 

R410に入り南下。

しばらく走って目星をつけていた弁当屋に到着。

f:id:Margatroid:20200728104457j:plain

 

A(かずさグリーンライン[県道33/163/23/145号線])

            → B(R410)としまや弁当久留里店

f:id:Margatroid:20200728135403j:plain

 

「弁当」という看板が特徴的な弁当屋

今までツーリングしていて何度か見かけたことがある。何店舗かあるらしい。

今回は食事は外ですることになっているので、

初めてツーリングで弁当を買うことにした。

 

中に入り、ちょうどできているバーベキュー弁当にした。

ちなみに最初は話題になっていたチャーシュー弁当にしようと思っていた。

それを買ったつもりだったが、見間違えたのかバーベキュー弁当だったw

 

外の自販機で飲み物を買うが、ボタンのところにカエルがひっついていた。

f:id:Margatroid:20200728105519j:plain

f:id:Margatroid:20200728134643j:plain

 

引き続き南下。この近くには久留里城があり、訪れたいと思っていたが、

コロナの影響もあるので今回は断念。

また、四町作第一隧道付近を通るが、時間がないのでそのまま通過。

この先に亀山湖があるのでそこで昼食にしようと考えていた。

 

途中でR465に入り、やがて亀山湖に続く林道川俣押込線に入った。

f:id:Margatroid:20200728104503j:plain

f:id:Margatroid:20200728104509j:plain

 

若干薄暗い林道をゆっくり走っていく。

f:id:Margatroid:20200728104515j:plain

f:id:Margatroid:20200728104520j:plain

 

亀山湖を望む。

f:id:Margatroid:20200728104525j:plain

f:id:Margatroid:20200728104531j:plain

 

湖にある鳥居が見えた。

f:id:Margatroid:20200728104541j:plain

 

先へ。

基本的に車同士での離合は無理な箇所が多い。

f:id:Margatroid:20200728104547j:plain

 

橋を渡る。

f:id:Margatroid:20200728104553j:plain

f:id:Margatroid:20200728104558j:plain

f:id:Margatroid:20200728104603j:plain

 

渡った先で駐車場に到着した。

f:id:Margatroid:20200728104613j:plain

f:id:Margatroid:20200728104608j:plain

 

A(としまや弁当久留里店) → 県道24号線 → B(R465)

        C(林道川俣押込線)亀山湖畔駐車場

f:id:Margatroid:20200729151456j:plain

 

公園の方へ。

f:id:Margatroid:20200728104618j:plain

 

鳥居を望むのぞき穴があった。

f:id:Margatroid:20200728105524j:plain

f:id:Margatroid:20200728104628j:plain

f:id:Margatroid:20200728104634j:plain

f:id:Margatroid:20200728104639j:plain

 

さて昼食にしますか。

ここで弁当がバーベキュー弁当だということに気付いたw

f:id:Margatroid:20200728104645j:plain

 

ところがタレが甘い感じで肉もちょうどいい食感、

ご飯も含めて食べ応えがあって本当に美味しかった。

これはこれで満足でした (^^

いや、本当に弁当もアリだなと思った。

 

昼食を終えてトイレに寄った後、自販機で水を買っておいた。

 

そして林道を戻っていく。

f:id:Margatroid:20200728104651j:plain

 

R465を東に進む。

f:id:Margatroid:20200728104658j:plain

f:id:Margatroid:20200728104704j:plain

 

やがて県道81号線との分岐へ。

もう毎度の県道ですな。逆方面からも何度も来てます。

f:id:Margatroid:20200728104709j:plain

f:id:Margatroid:20200729152121j:plain

 

右折して県道81号清住養老ラインに入る。

f:id:Margatroid:20200728104715j:plain

 

一部狭小区間を通っていく。

先の画像のすぐ先はバイクと自動車同士の離合もギリなレベル。

 

そして電波の届かない静かな場所。

f:id:Margatroid:20200728104720j:plain

 

下は川が流れており、自然を感じさせる。

f:id:Margatroid:20200728104730j:plain

 

この付近も狭小区間だが、待避所はそれなりにある。

f:id:Margatroid:20200728104725j:plain

 

トンネルを抜けて君津市から鴨川市に入る。

f:id:Margatroid:20200728104736j:plain

f:id:Margatroid:20200728104741j:plain

 

こういう市の境って路面の舗装が変わることが多いですな。

 

この先も細い道が続くが、バス停もあるのでバスも通るのだろう。

マイクロサイズでもちょっと大変そうだなあ。

f:id:Margatroid:20200728104747j:plain

 

ようやく道が広くなった。

f:id:Margatroid:20200728104753j:plain

f:id:Margatroid:20200728104800j:plain

 

そして見えてきた現在建設中の天津ループ橋。

f:id:Margatroid:20200728104804j:plain

 

A(亀山湖畔駐車場)B(県道81号清澄養老ライン)天津ループ橋

f:id:Margatroid:20200729154152j:plain

 

警備員が立っていたので工事はちゃんと行われている模様。

f:id:Margatroid:20200728104809j:plain

 

一応工事看板には、来年の1月20日までと書かれていたが、

それがループ橋工事の完了とは限らない。

f:id:Margatroid:20200728104816j:plain

f:id:Margatroid:20200728104823j:plain

 

まぁでも、この看板通りに完成となるのであれば、供用開始はやはり3月なのかな。

元々このループ橋、2020年の春に供用開始予定だったんだけどね。

これが完成すれば割とマシになるのだろうけど、

バス停自体はさっきのようなところにあるからなあ。

けど交通量が分散できればマシですかね。

f:id:Margatroid:20200728104830j:plain

 

ただ、未だにこの天津ループ橋がどこからどこにパスするのか

正確な場所がわからない……

f:id:Margatroid:20200728104835j:plain

f:id:Margatroid:20200728104840j:plain

 

天津ループ橋付近を抜け、R128に入り南西へ向かう。

そして途中国道を逸れて茂みの深い道へ。

f:id:Margatroid:20200728104845j:plain

 

T字路交差点へ。

右折が林道嶺岡中央2号線の起点となる。

f:id:Margatroid:20200728104850j:plain

 

看板が三つもあった。

f:id:Margatroid:20200728104859j:plain

f:id:Margatroid:20200728104905j:plain

f:id:Margatroid:20200728104910j:plain

 

A(天津ループ橋)B(R128外房黒潮ライン)

             C(分岐)林道嶺岡中央2号線

f:id:Margatroid:20200729154603j:plain

 

この林道は終始このような感じの舗装路がずっと続いていた。

f:id:Margatroid:20200728105530j:plain

f:id:Margatroid:20200728104917j:plain

f:id:Margatroid:20200728104923j:plain

f:id:Margatroid:20200728105536j:plain

 

途中にハングライダー発進場がある。

ちなみに現在は封鎖されていた。

f:id:Margatroid:20200728104935j:plain

f:id:Margatroid:20200728104929j:plain

 

先へ。

意外にもこの林道では4、5台ほど車とすれ違った。

f:id:Margatroid:20200728104941j:plain

f:id:Margatroid:20200728104946j:plain

f:id:Margatroid:20200728104951j:plain

 

最後の方は軽自動車くらいの幅員だった。

f:id:Margatroid:20200728104956j:plain

 

林道終点に出る。

f:id:Margatroid:20200728105001j:plain

f:id:Margatroid:20200728105006j:plain

 

A(林道嶺岡中央2号線)R410

f:id:Margatroid:20200729160312j:plain

 

R410に出て南へ快走。かなり快適だった。

f:id:Margatroid:20200728105013j:plain

f:id:Margatroid:20200728105019j:plain

 

途中県道258 号線へ右折して入った。

f:id:Margatroid:20200728105026j:plain

 

田園風景を眺めながら走っていく。

f:id:Margatroid:20200728105031j:plain

f:id:Margatroid:20200728105036j:plain

f:id:Margatroid:20200728105041j:plain

 

続いて山林の中を抜けていく。多分ここは通ったことがあると思う。

f:id:Margatroid:20200728105053j:plain

f:id:Margatroid:20200728105046j:plain

 

途中池があったが、濁っている。

f:id:Margatroid:20200728105058j:plain

 

大規模な土砂崩れか、倒木地帯があり、その斜面の中央辺りで

ブルドーザーが作業していた。

というかあんな傾斜で作業とか怖すぎなんだが……

f:id:Margatroid:20200728105103j:plain

 

やがて県道88号線との交差点へ。

ここを左折して南へと向かう。

f:id:Margatroid:20200728105113j:plain

f:id:Margatroid:20200729155542j:plain

 

一旦道の駅鄙の里三芳村へ寄って、トイレを借りて少し休憩した。

今回は土産の購入は断念。

f:id:Margatroid:20200728105118j:plain

f:id:Margatroid:20200728105541j:plain

 

A(R410)B(県道258号線)C(県道88号線)道の駅鄙の里三芳村

f:id:Margatroid:20200729160614j:plain

f:id:Margatroid:20200728105547j:plain

f:id:Margatroid:20200728105123j:plain

 

出発。

県道88号線からすぐに左折して田んぼの中を走っていく。

f:id:Margatroid:20200728105129j:plain

 

そして林道奥山仲尾沢線の入口へ来た。

f:id:Margatroid:20200728105134j:plain

f:id:Margatroid:20200730144433j:plain

 

A(道の駅鄙の里三芳村林道奥山仲尾沢線

f:id:Margatroid:20200730144754j:plain

 

この林道は前回のツーリング時、まさかの倒木による通行止めで撤退した林道。

margatroid.hatenadiary.jp

 

今回様子を見に来ました。

果たして前回の倒木箇所が復旧されているのか。

一応通行止め看板らしきものは無かった。

まぁ、前回倒木で通れない時も無かったんですが……

f:id:Margatroid:20200728105141j:plain

f:id:Margatroid:20200728105145j:plain

 

最近の雨のせいか、泥が路面にところどころで溜まっていた。

f:id:Margatroid:20200728105151j:plain

 

前回はこの曲がった先で足止めを食らった。

今回は果たして……

f:id:Margatroid:20200728105156j:plain

 

おお!

倒木が取り除かれている!

f:id:Margatroid:20200728105552j:plain

 

ちなみに前回(今年3月)はこんな感じだった。

f:id:Margatroid:20200501153732j:plain

f:id:Margatroid:20200501153601j:plain

 

倒木は斜面の方に移動したようだ。

f:id:Margatroid:20200728105202j:plain

 

これは行けそう……!

とはいってもこの先がどうなっているのかわからない。

とりあえず最初の関門はクリアして先へ進む。

この辺も倒木が脇に寄せられている。

f:id:Margatroid:20200728105206j:plain

 

あと、雨のせいで一部泥はあるのでそこではアクセルを回さないようにした。

特にくぼみに溜まっているところなど。

f:id:Margatroid:20200728105212j:plain

f:id:Margatroid:20200728105218j:plain

 

おっと!

倒木ゲートが出現。とりあえず乗用車クラスまでなら通れそう。

2tトラックくらいの高さになるとアウトかな。

f:id:Margatroid:20200728105224j:plain

 

比較的新しいカラーコーン。

倒木除去作業の際に設置されたのだろう。

f:id:Margatroid:20200728105230j:plain

 

泥のない部分は問題なく走行できる。

ただ、茂みで見通しはあまり良くない。

f:id:Margatroid:20200728105235j:plain

f:id:Margatroid:20200728105557j:plain

f:id:Margatroid:20200728105241j:plain

f:id:Margatroid:20200728105246j:plain

f:id:Margatroid:20200728105252j:plain

 

勾配角度13%。

f:id:Margatroid:20200728105257j:plain

f:id:Margatroid:20200730150101j:plain

 

下っていく。

f:id:Margatroid:20200728105302j:plain

 

すると田んぼと民家が見えてきた。

f:id:Margatroid:20200728105307j:plain

 

そして林道出口に到着。

f:id:Margatroid:20200728105312j:plain

 

で、林道標識を見ると、「3.2km先倒木のため通行止め」という貼り紙があった。

f:id:Margatroid:20200728105324j:plain

f:id:Margatroid:20200728105330j:plain

f:id:Margatroid:20200728105318j:plain

 

距離的にはさっきの倒木ゲートのところだろうか。

いずれにせよ、無事完抜きできて良かった。

 

A(林道奥山仲尾沢線)出口

f:id:Margatroid:20200730151032j:plain

 

ちなみに出口を右に曲がると、林道仲尾沢線へと続く。

f:id:Margatroid:20200728105335j:plain

 

林道仲尾沢線は、例の未成道トンネル「東仲尾沢トンネル」出口先を

縦断する林道で、廃道化が進んでいる。

f:id:Margatroid:20200501153445j:plain

f:id:Margatroid:20200501153440j:plain

f:id:Margatroid:20200501153434j:plain

 

ホーネットでアタックするつもりは毛頭なし(キリッ

f:id:Margatroid:20200728105341j:plain

f:id:Margatroid:20200728105346j:plain

 

軽トラと思われる轍はあるんですがねぇ……

 

さて16時を過ぎているし、そろそろ帰るとしますか。

トンネルを抜ける。

f:id:Margatroid:20200728105351j:plain

f:id:Margatroid:20200728105357j:plain

 

このまま真っすぐ(西方向)に行けば館山道沿いの道で

北上できるようなので進んだ。

f:id:Margatroid:20200728105401j:plain

f:id:Margatroid:20200728105406j:plain

 

正面にトンネルがある。

が、何となく半分塞ぐようにして置かれているドラム型クッション。

少し気になったが、ここから北上するので右折した。

f:id:Margatroid:20200728105411j:plain

 

がっ

f:id:Margatroid:20200728105416j:plain

 

(地元車輌以外)通行止め

f:id:Margatroid:20200730152133j:plain

 

なんと……!

通行止めの理由が書かれていなかったが、恐らく台風関連での

倒木または土砂崩れなのだろうと思った。

まいったなあ……

 

仕方ないのでさっきのトンネルを直進して海側のR127に出ようと思い、戻る。

最初にあるトンネルは「にゅうトンネル」と銘板には記載されており、

漢字で書くと「丹生トンネル」となっている。

ちなみに描かれている絵は「アイリス」というアヤメ科の植物らしい。

f:id:Margatroid:20200728105422j:plain

f:id:Margatroid:20200728105427j:plain

 

丹生トンネルを抜けるとまたすぐに二つ目のトンネルが出現。

こちらは「とよおかトンネル」。

f:id:Margatroid:20200728105433j:plain

 

こちらは2003年完成とまあまあ新しい。

f:id:Margatroid:20200728105438j:plain

 

トンネルを抜けるとそのままやけに幅員の広い道となる。

けれどももうこの辺から嫌な予感がしていた。

f:id:Margatroid:20200728105444j:plain

 

すると片面未舗装の部分があって……

f:id:Margatroid:20200728105449j:plain

 

また綺麗な舗装路が続いて進んでいくと……

 

やっぱりな!

f:id:Margatroid:20200728105454j:plain

 

やっぱり未成道だった。

でもGoogleMap上では繋がっているんですよ。

ただ、さっきのトンネルの手前のドラム型クッション、

そして点灯していないトンネル内照明、

ダメ押しに未舗装な部分……

 

どうやらここは内房線のところらしく、恐らくアンダーパスする予定かと思われる。

 

A(通行止め[地元車輌以外]) → 丹生トンネル → 豊岡トンネル → 通行止め(建設中)

f:id:Margatroid:20200730154940j:plain

 

こりゃまいったね、という感じでUターンした。

f:id:Margatroid:20200728105459j:plain

 

正直、Mapで見ると脇に細い道で西に続いているのだが、

また通れないとかだともう面倒だったので県道まで戻ることにした。

f:id:Margatroid:20200728105504j:plain

 

そして何とかR127に入り、例によって海沿いをひたすら北上していった。

いつもならこの区間、信号も少なくて結構楽に走っているのだが、

何故か疲れが急に出てきてしまった。というかバイクに跨っているのが辛い。

 

休憩を一旦挟もうかと思っていたが、

市街地に入ると何故か回復してきたので事なきを得た。

f:id:Margatroid:20200728105509j:plain

 

というわけで多少のハプニングはあったものの、

久しぶりのツーリングが終了。

 

奥山仲尾沢線を抜けることができたので目的は達成したかな。

まぁあの林道は使用頻度が他の林道と比べて高いので

復旧していたのかもしれない。

それ以外の林道に関しては確認しないとわからないが、

恐らくコロナの影響もあって未だ未復旧の可能性が高い。

 

とりあえず今回は割と楽しかったツーリングだった。

今回の走行距離は301.4kmでした。

f:id:Margatroid:20200730160334j:plain

千葉房総ツーリング Mar.2020 ~ 県道182号線・東仲尾沢トンネル・林道撤退 ~

というわけで春のツーリング第三弾は千葉県です。

今日は気温も上がりそうで天気も良くまさにツーリング日和。

R357でそのまま千葉県に入った。

f:id:Margatroid:20200428143035j:plain

 

千葉市街に入るとやや交通量が増えてきた。

f:id:Margatroid:20200428143040j:plain

 

とはいえ、渋滞というほどの渋滞もなく、R16に入り、工業地帯を走る。

この辺になると割と流れは快適になるが信号がやや多い。

f:id:Margatroid:20200428143045j:plain

 

しばらく走っていき、袖ヶ浦市に入った辺りで一旦給油した。

f:id:Margatroid:20200428143051j:plain

 

引き続きR16を走っていく。

f:id:Margatroid:20200428143055j:plain

 

昼食をとれるタイミングがわからないので一旦ローソンに寄った。

しかし中華まんがやっていなく、Lチキを買う。ついでに水と菓子も買った。

 

出発。

やがてR127に入った。

f:id:Margatroid:20200428143100j:plain

 

A(R357千葉県) → R16 → ENEOSセルフ袖ヶ浦中央店 →

             ローソン木更津16号バイパス店 → R127

f:id:Margatroid:20200428143328j:plain

 

途中で左折し、県道164号線に入る。

県道は右に折れるので、高架下を抜けた先で右折。

f:id:Margatroid:20200428143105j:plain

 

景色がのどかになった。

f:id:Margatroid:20200428143110j:plain

f:id:Margatroid:20200428143115j:plain

 

桜が所々に咲いていた。満開ではなかったが綺麗だった。

f:id:Margatroid:20200501153702j:plain

f:id:Margatroid:20200428143121j:plain

 

少し山の中に入る。

f:id:Margatroid:20200428143127j:plain

 

道が細くなった。県道269号線を思い起こさせる。竹林が美しい。

f:id:Margatroid:20200428143132j:plain

f:id:Margatroid:20200428143138j:plain

f:id:Margatroid:20200428143143j:plain

f:id:Margatroid:20200428143148j:plain

 

細い道を抜けると右折Uターンする形で県道163号線に入る。

f:id:Margatroid:20200428143154j:plain

 

進入禁止標識があるが、規制は土日休日の9-17の時間帯となる。

f:id:Margatroid:20200428143201j:plain

 

道は思ったより広く、路面も舗装路で綺麗だった。

それに、思ったより車の通行があり、5、6台はいた。

f:id:Margatroid:20200501153707j:plain

f:id:Margatroid:20200428143205j:plain

f:id:Margatroid:20200428143210j:plain

 

やがて県道93号線とのT字路分岐へ。

f:id:Margatroid:20200428143217j:plain

f:id:Margatroid:20200428143221j:plain

f:id:Margatroid:20200428143226j:plain

 

そして途中の「田倉方面」の小さな青看で左折。

f:id:Margatroid:20200428143233j:plain

 

A(R127)B(県道164号線) → 右折 → C(県道163号線)

                     → D(県道93号線)分岐

f:id:Margatroid:20200428143333j:plain

 

すぐに私有地とのY字分岐があるので右手へ。

f:id:Margatroid:20200428143239j:plain

f:id:Margatroid:20200428143244j:plain

 

県道に入ってから菜の花をよく見かけた。今がまさに見ごろで綺麗だ。

f:id:Margatroid:20200428143249j:plain

 

T字路分岐。左折。右手は行き止まり。

ここから林道鹿野山線に入るはず。

f:id:Margatroid:20200428143254j:plain

f:id:Margatroid:20200428143259j:plain

 

すると隧道が現れた。

f:id:Margatroid:20200501153145j:plain

 

銘板は外されており、名前は不明。

f:id:Margatroid:20200501153151j:plain

 

隧道を抜けると‥‥Ooops!

「通行止め」看板が立てられていた。

f:id:Margatroid:20200501153156j:plain

 

A(分岐) → 林道鹿野山線 → 通行止め

f:id:Margatroid:20200428143338j:plain

 

これも‥やはり去年の10月に猛威を振るった台風19号のせいなのだろうか‥

f:id:Margatroid:20200501153202j:plain

 

しかしながら景色はとても良い。

f:id:Margatroid:20200501153213j:plain

 

対岸にはこの道の続きの林道が見える。

f:id:Margatroid:20200501153231j:plain

 

結構高い位置にいるようだ。

f:id:Margatroid:20200501153219j:plain

 

ホーネットをここに停めてちょっと先を偵察。

少し土砂崩れが起こっている。いや、起こった後なのかもしれない。

f:id:Margatroid:20200501153224j:plain

 

この先も続いているが、大きく景色も変わりそうにないので戻ることにした。

そういえばサルを見かけたが、戻るときにも別のサルが遠くにいた。

f:id:Margatroid:20200501153236j:plain

f:id:Margatroid:20200501153241j:plain

 

木の枝を踏んでしまい、逃げてしまった。

まぁこっちはフルフェイスにウェアという装備なので

ちょっといかつかったかもしれないw

 

仕方なく撤退。

正直な話、この林道に関しては半ばそんな予感もしていた。

f:id:Margatroid:20200501153246j:plain

 

来た道を戻り、県道93号線を下っていく。

次は昼食をとろうと思い、千葉ツーリングの時の御用達でもある

道の駅とみやまに行こうと思った。

f:id:Margatroid:20200501153253j:plain

f:id:Margatroid:20200501153258j:plain

 

一旦R465に入り、

f:id:Margatroid:20200501153304j:plain

 

そしてすぐ右折して県道182号線に入った。

f:id:Margatroid:20200501153310j:plain

f:id:Margatroid:20200501153315j:plain

 

県道182号線を走るのも久しぶりだった。

一部狭い区間もあるが、概ね他の県道と同様に道幅は広く、

走りやすい快適な県道だった。

f:id:Margatroid:20200501153321j:plain

f:id:Margatroid:20200501153326j:plain

 

すると途中、カーブのところか、センターラインのない道で

警察と救急車が来ていた。

どうやら大型トラックとバイクの事故らしく、

カウル付きのバイクが倒れて割れていた。

カーブでの出合頭の事故だろうか‥気をつけねば。。

 

県道34号長狭街道に入る。

f:id:Margatroid:20200501153332j:plain

 

で、本来は途中で左折して県道184号線に入って南下する予定だったのだが、

いつの間にか通り過ぎていていたことに気付く。

f:id:Margatroid:20200501153338j:plain

 

なかなか青看がないなあ‥と思っていたが、やはり通り過ぎていた。

ちなみに以前全く同じルートを通ろうとした際にも通り過ぎていました (^^;

(その時は早めに気付いてUターンした)

 

仕方ないのでこのまま海側のR127まで行き、

そこから南下して道の駅に行くことにした。

f:id:Margatroid:20200501153344j:plain

 

R127から県道184号線に入り、道の駅富楽里とみやまに到着した。

f:id:Margatroid:20200501153350j:plain

 

A(通行止め) → 県道93号線 → B(R465)C(県道182号線)

    D(県道34号長狭街道)E(R127)F(県道184号線)

          道の駅富楽里とみやま

f:id:Margatroid:20200428143342j:plain

 

外から2Fに上がってレストランへ。

f:id:Margatroid:20200501153723j:plain

f:id:Margatroid:20200501153712j:plain

 

本日のおすすめに「マグロ唐揚げ」があったのでそれにした。

 

マグロの唐揚げにトマトサラダがトッピングされている。

トマトサラダはどうかなと思ったのだが、

マグロの唐揚げは味がしっかりしていて、サラダがいいアクセントになっていた。

f:id:Margatroid:20200501153717j:plain

 

昼食を終えて出発。

県道258号線に入って東に進み、県道88号線に入って南下。

f:id:Margatroid:20200501153356j:plain

 

途中険道185号線の分岐があるが、やはり現在も通行止めだった。

f:id:Margatroid:20200501153401j:plain

 

そのまま引き続き南下していく。

f:id:Margatroid:20200501153410j:plain

 

間もなく例の工事中青看のところで右折し、トンネルを抜ける。

f:id:Margatroid:20200108110118j:plain

f:id:Margatroid:20200501153416j:plain

 

そしてこの片面ガードレールで塞がれた先に進めば‥

f:id:Margatroid:20200501153422j:plain

 

東仲尾沢トンネルに到着。

前回の千葉房総ツーリングに引き続き二回目。

f:id:Margatroid:20200501153428j:plain

 

A(道の駅富楽里とみやま)B(県道258号線)

        C(県道88号線) → 右折 → 東仲尾沢トンネル

f:id:Margatroid:20200428143346j:plain

 

電気のついていない立派なトンネルを突き進んでいくと、

フェンスで塞がれている坑口へ。

f:id:Margatroid:20200501155832j:plain

 

トンネル出口目の前を林道仲尾沢線が通っているが、

せっかくトンネルまで掘ったのに事業休止とはもったいない。

 

今回はワープの呪文を覚えてきたので反対側に移動してみた。

f:id:Margatroid:20200501153440j:plain

 

目の前を交差している林道仲尾沢線は荒れている。

今ウチが入ってきた集落側の方へ続く道はまだ多少マシだが‥

f:id:Margatroid:20200501153434j:plain

 

反対方面の南側の方は見るからに荒れていた。

f:id:Margatroid:20200501153445j:plain

 

銘板。こちら側は漢字表記。

f:id:Margatroid:20200501153452j:plain

f:id:Margatroid:20200501153458j:plain

 

そしてトンネル内に戻る。

戻ってきてから気付いたが、金網に穴が空いていた。

2012年ごろからもうこの状態らしい。

何のためにこの部分だけ空いているのか見当もつかず、まったくわからない(棒)

f:id:Margatroid:20200501153503j:plain

 

改めてこれだけ立派なトンネル。

作ってから使用されないまま放置というのはもったいない。

f:id:Margatroid:20200501153509j:plain

f:id:Margatroid:20200501155838j:plain

 

この辺は携帯の電波(docomo)は届かない。

フラッシュ撮影。トンネル内の消火器。錆び付いている。

f:id:Margatroid:20200501153513j:plain

 

トンネルを出た脇にある分電盤は稼動中。

f:id:Margatroid:20200501153520j:plain

 

さて、戻りますか‥ちなみに集落側のトンネルの前は

ちゃんと携帯の電波は通じている。

f:id:Margatroid:20200501153526j:plain

 

さてどうしようかと考え、それなら久しぶりに奥山仲尾沢線を

走って帰ろうかと思った。

f:id:Margatroid:20200501153727j:plain

 

県道88号線に戻り、またすぐ先で右折。

f:id:Margatroid:20200501153531j:plain

 

突き当り右手に林道奥山仲尾沢線の入口がある。

f:id:Margatroid:20200501153536j:plain

f:id:Margatroid:20200501153542j:plain

f:id:Margatroid:20200501153546j:plain

 

およそ三年ぶりの奥山仲尾沢線である。

ここは舗装路で比較的走りやすい林道というイメージ。

f:id:Margatroid:20200501153550j:plain

 

池がすぐにあった。

f:id:Margatroid:20200501153555j:plain

 

そして池の周りをぐるりとまわった矢先‥

なんと!

f:id:Margatroid:20200501153601j:plain

 

思わず「Wow!」と呟いてしまったw

これは明らかに通行不可レベル。通行止めの看板も何もなかったので

てっきり大丈夫かと思いきや、全然ダメだこりゃw

f:id:Margatroid:20200501153732j:plain

 

奥山仲尾沢線よ、お前もか。

前回途中撤退した林道畑2号線よりひどい。

ちょっとこれは想定外だった。

何となく奥山仲尾沢線なら大丈夫だろうという思いがあった。

 

A(東仲尾沢トンネル) → 県道88号線 → 右折

       B(林道奥山仲尾沢線)通行止め(倒木)

f:id:Margatroid:20200428143351j:plain

 

そばには比較的新しい杭が打たれていた。

復旧工事用の目印だろうか。

f:id:Margatroid:20200501153606j:plain

 

これまたやられたという感じで撤退を余儀なくされた。

 

↓一応前回訪れた記録。

margatroid.hatenadiary.jp

 

仕方ないので来た道を戻る。

池でカルガモが一匹泳いでいた。調べてみるとカルガモではなく、

ホシハジロというカモ科の鳥らしかった。

f:id:Margatroid:20200501153611j:plain

f:id:Margatroid:20200501153617j:plain

 

やたら蛇行方式で泳いでいた。貸し切りですね (^^

 

再び県道88号線に戻り、道の駅鄙の里三芳村へ。

f:id:Margatroid:20200501153739j:plain

 

駐車場の脇には菜の花畑がある。とても綺麗だ。

f:id:Margatroid:20200501153622j:plain

f:id:Margatroid:20200501153627j:plain

f:id:Margatroid:20200501153638j:plain

 

中へ。

f:id:Margatroid:20200501153632j:plain

 

イチゴのソフトクリームを食べた。んー美味しい。

f:id:Margatroid:20200501153744j:plain

 

その後は直売所で野菜を買った。

さて、帰りますか。

いつも通り海岸沿いのR127を北上して帰りました。

 

というわけでこれにて今回のツーリングは終了。

千葉県も未だ林道はダメっぽいです。

が、今回はあくまでも春の心地よいツーリングが目的だったので、

個人的には目的は達成されました。走っていて気持ちよかったです。

 

今回の走行距離は270.3kmでした。

f:id:Margatroid:20200428143356j:plain

神奈川・山梨ツーリング Mar.2020 ~ 犬越路隧道ハイキング・紅富士の湯・深城ダム周辺旧小金沢トンネル ~

今年入って早くも4回目のツーリング。

今回はツーリングというよりも林道ハイキングがメイン。

約二年ぶりに犬越路隧道に行くことにしました。

margatroid.hatenadiary.jp

 

犬越路隧道を再び訪れる予定は元々あった。

前回は南側(山北側)の東沢・犬越路林道から向かったので

次は北側(青野側)の神ノ川林道で行きたかった。

しかしながら神ノ川林道とその手前県道76号線の一部が

台風19号の影響などで未だ通行不可‥

 

ちなみに神ノ川林道の方は綺麗な舗装路である東沢・犬越路林道とは違い、

悪路が続く上に距離もかなり長い。

それにピストン(往復)前提なのでハードルも高い。

いずれにせよ、神ノ川林道ルートが復帰するのはまだ時間がかかりそうだ。

 

というわけで、今回も山北側からのスタートとなった。

 

まだ日も登らない明け方前の時間、R246をひた走る。

f:id:Margatroid:20200401101326j:plain

 

やがてR129との重複区間となるので、R246は左側車線から分離していく。

f:id:Margatroid:20200401101331j:plain

 

まずは朝食タイム。松屋へピットイン。

なんかツーリング時の朝(夜中?)っていつも松屋に行っている気がする‥

まぁ24時間営業で手軽に行けるとなると牛丼屋が一番無難かなと。

 

朝食を終えて出発。

春になり、日中は18℃くらいまで上昇するとのこと。

それにハイキング中心だし、今回は上着はいらないかなと思いつつ

中に二枚着こんでその上からウェアを着ている。

それだけ着れば大丈夫だろうと高をくくっていたのだが、意外と冷え込んだ。

まぁ4℃しかなかったんですがね。

f:id:Margatroid:20200401101336j:plain

 

やがて裾野バイパスに入る。途中のファミマへで水とおにぎりなどを買った。

f:id:Margatroid:20200401101132j:plain

 

このままR246で行ってしまってもいいんですが、

今回も途中に折れる県道76号線に入った。

f:id:Margatroid:20200401101342j:plain

 

R246と並走しているので交通量はほとんどなく、眺めもいい。

f:id:Margatroid:20200401101347j:plain

f:id:Margatroid:20200401101353j:plain

f:id:Margatroid:20200401101358j:plain

 

やがて道の駅山北を通過して丹沢湖方面へ北上。

f:id:Margatroid:20200401101403j:plain

f:id:Margatroid:20200401101409j:plain

 

数ヶ所は離合が難しい箇所があるが、

それ以外は全般的に快適なワインディングロード。

f:id:Margatroid:20200401101417j:plain

f:id:Margatroid:20200401101137j:plain

f:id:Margatroid:20200401101422j:plain

 

やがて西丹沢ビジターセンターに到着した。

f:id:Margatroid:20200401101142j:plain

f:id:Margatroid:20200401100902j:plain

 

A(松屋厚木店) → R246(裾野バイパス) → FM山北町

            B(県道76号線)西丹沢ビジターセンター

f:id:Margatroid:20200401102705j:plain

 

駐車場にはまだ数台程度の車と登山準備をしている人が数名。

f:id:Margatroid:20200401100912j:plain

f:id:Margatroid:20200401101427j:plain

 

まずは準備を行う。今回も熊スプレー・熊鈴を持参してきた。

あと隧道探索用に懐中電灯も。

準備を終えてトイレに寄った。

f:id:Margatroid:20200401100907j:plain

 

6:56、出発。

f:id:Margatroid:20200401100918j:plain

 

キャンプ場横を歩いていく。

f:id:Margatroid:20200401100924j:plain

f:id:Margatroid:20200401100929j:plain

 

途中にある檜洞丸への登山道。

f:id:Margatroid:20200401100934j:plain

f:id:Margatroid:20200401100941j:plain

f:id:Margatroid:20200401100946j:plain

 

東沢林道入口に到着。

f:id:Margatroid:20200401101002j:plain

 

ちなみにここの分岐で直進に向かう用木沢出合への道は

歩行者を含めて通行止めとなっているようだった。

f:id:Margatroid:20200401100952j:plain

f:id:Margatroid:20200401100957j:plain

 

緩やかな坂を登っていく。

f:id:Margatroid:20200401101148j:plain

f:id:Margatroid:20200401101008j:plain

f:id:Margatroid:20200401101013j:plain

 

犬越路隧道までは終始このような緩やかな坂が続く。

 

ビジターセンターを出発して約25分、車輌通行止めゲートに到着した。

f:id:Margatroid:20200401101018j:plain

 

ゲートの脇を抜けて出発。

f:id:Margatroid:20200401101023j:plain

f:id:Margatroid:20200401101029j:plain

f:id:Margatroid:20200401101033j:plain

f:id:Margatroid:20200401101154j:plain

 

すると早々に後方から車の音が聞こえ、軽自動車が走り去っていった。

林業関係者だろうか。

f:id:Margatroid:20200401101038j:plain

 

ちなみにウェアは着たままだったので、中の一枚を脱いで中は半袖だけになった。

f:id:Margatroid:20200401101043j:plain

f:id:Margatroid:20200401101049j:plain

f:id:Margatroid:20200401101054j:plain

f:id:Margatroid:20200401101101j:plain

 

作業道。前回来たときは戻るときに林業関係者の人が作業をしていた。

f:id:Margatroid:20200401101105j:plain

f:id:Margatroid:20200401100631j:plain

 

今日は天気が良い。

f:id:Margatroid:20200401100637j:plain

 

すると例のモニュメントというか、模型がまだ残っていた。

f:id:Margatroid:20200401100643j:plain

f:id:Margatroid:20200401100648j:plain

 

ようやく雪を見かけた。

この分なら隧道までは全く問題ないだろうと思った。

f:id:Margatroid:20200401100653j:plain

f:id:Margatroid:20200401100700j:plain

f:id:Margatroid:20200401100707j:plain

 

そして犬越路林道(左)との分岐に到着した。

f:id:Margatroid:20200401100712j:plain

f:id:Margatroid:20200401103642j:plain

 

分岐と言っても分岐するのは今まで歩いてきた東沢林道の方で、

若干路面が荒れている感じだった。

f:id:Margatroid:20200401100717j:plain

 

ここから犬越路林道となる。

f:id:Margatroid:20200401100723j:plain

 

例の傾いた看板は傾いたままだった。台風にももちこたえたか。

f:id:Margatroid:20200401100728j:plain

f:id:Margatroid:20200401100733j:plain

 

そして東屋があったと思われる場所に到着したのだが‥

f:id:Margatroid:20200401100739j:plain

 

無くなっていた。

f:id:Margatroid:20200401100745j:plain

 

何故撤去されてしまったのだろうか。老朽化かな?

台風の影響とは考えにくい。そこまでボロくはなかったと思う。

こちらは前回(May.2018)の時の在りし日の東屋。

f:id:Margatroid:20180504111843j:plain

 

すると、東屋の残骸と思われる木材が脇に放置されていた。

一部だろうが、何故放置されたままなのかわからない。

さっきのあの傾いた看板でも大丈夫だったのに‥

f:id:Margatroid:20200401100757j:plain

 

建て替えならいいのだが。。

 

先へ。

雪が再び現れた。今度は路面が一部凍結している箇所もあったので

慎重に歩いた。

f:id:Margatroid:20200401100810j:plain

 

橋を渡る。

「なごやか橋」だと思ったら「なかごや」橋だった。

f:id:Margatroid:20200401100816j:plain

f:id:Margatroid:20200401100820j:plain

f:id:Margatroid:20200401100825j:plain

 

再び雪。

f:id:Margatroid:20200401100830j:plain

f:id:Margatroid:20200401100835j:plain

 

で、人と思われる足跡が見られるのだが、かなり縦に長い。

自分の1.7倍くらいの長さがある。二人並んで歩いた模様。

しかも底にまで跡が残っているのでかなりの重さがあると思われる。

ただし靴の溝と思われる跡があるので何かの作業靴とか?

アイゼンにしても長すぎる。

f:id:Margatroid:20200401100840j:plain

f:id:Margatroid:20200401101206j:plain

f:id:Margatroid:20200401100404j:plain

 

そして橋をまた見かけてあれが隧道前の富士見橋かなと思ったが

違うようでまだまだ先だった。

f:id:Margatroid:20200401100410j:plain

f:id:Margatroid:20200401100415j:plain

f:id:Margatroid:20200401100420j:plain

f:id:Margatroid:20200401100425j:plain

f:id:Margatroid:20200401100431j:plain

 

途中向かいの斜面で崩落の音が聞こえた。

犬みたいな動物が二、三匹いたのだが、何の動物なのかわからなかった。

f:id:Margatroid:20200401100436j:plain

 

崩落箇所の脇を通る。

f:id:Margatroid:20200401100442j:plain

f:id:Margatroid:20200401100446j:plain

 

上から今歩いてきたヘアピンカーブを望む。

f:id:Margatroid:20200401100453j:plain

 

そしてようやく犬越路隧道が見えてきた。

f:id:Margatroid:20200401100458j:plain

 

しかし雪も増えてきた。ただし路面には轍が何本か残っている。

最初の方で走っていった軽自動車もまだ見かけていないので

この先へ行ったのだろう。

f:id:Margatroid:20200401100503j:plain

f:id:Margatroid:20200401100508j:plain

f:id:Margatroid:20200401100515j:plain

 

日向の場所と日陰の場所とで残雪度合いが全く違う。

あと、カーブの半分に石が積まれている箇所もあった。

土砂対策なのかよくわからない。崩落の石をまとめるなら

わざわざ見通しの悪いカーブの場所には置かないだろうし。

f:id:Margatroid:20200401100519j:plain

 

犬越路隧道が眼前に迫ってきた。

f:id:Margatroid:20200401100524j:plain

 

富士見橋。

f:id:Margatroid:20200401100530j:plain

 

富士山を望む。

f:id:Margatroid:20200401100539j:plain

 

若干雲がかかっているかな。

 

そしてビジターセンターを出発して約110分、犬越路隧道に到着した。

f:id:Margatroid:20200401100545j:plain

f:id:Margatroid:20200401100551j:plain

f:id:Margatroid:20200401100556j:plain

 

A(西丹沢ビジターセンター)B(東沢林道起点)

          C(犬越路林道起点)犬越路隧道

f:id:Margatroid:20200401104816j:plain

 

それにしても崩落の度合いが前回よりも広がってきている。

f:id:Margatroid:20200401100603j:plain

 

前回(May.2018)はここまで崩落は来ていなかった。

f:id:Margatroid:20180504111910j:plain

f:id:Margatroid:20180504111915j:plain

 

それに上から木ごと落下してきたのか、

ガードレールもひしゃげてしまっている。

f:id:Margatroid:20200401100609j:plain

 

恐らく崩落は隧道を半分くらい塞いでいたのだろうと思われる。

大規模な法面工事などをしない限りはこの繰り返しだろう。

一般車輌に開放できない所以でもあると思われる。

 

隧道の中を望む。青野側の坑口まで見え、中は変わらず綺麗である。

f:id:Margatroid:20200401100127j:plain

f:id:Margatroid:20200401100131j:plain

 

隧道の中を通る前に、ここにきて風が割と冷たい気がしてきたので

中に一枚着ることにした。

 

出発。一応前回訪れたほど風は吹き抜けてはいなかった。

f:id:Margatroid:20200401100136j:plain

 

やはり何ヶ所かは水漏れしている。

f:id:Margatroid:20200401100142j:plain

 

先は暗いが出口は常に見えている。

f:id:Margatroid:20200401100148j:plain

 

そろそろライトをつける。

「700」の文字。向こう側からの距離だろうと思われる。

f:id:Margatroid:20200401100153j:plain

 

そして前回訪れた時も勢いよく水が噴き出ていた箇所。

前回訪れた後に調査したのであろう、「噴出 0.6L/分」という記入がされていた。

f:id:Margatroid:20200401100159j:plain

f:id:Margatroid:20200401100204j:plain

 

先へ進む。

f:id:Margatroid:20200401100207j:plain

 

真ん中前後は水漏れ箇所がほぼなくなっていたが、

青野側坑口が近付いてくるとまたところどころ水漏れ箇所が見られた。

f:id:Margatroid:20200401100213j:plain

 

青野側坑口が近付いてきた。

f:id:Margatroid:20200401100218j:plain

f:id:Margatroid:20200401100224j:plain

 

青野側に到着。

f:id:Margatroid:20200401101217j:plain

f:id:Margatroid:20200401100303j:plain

 

山北側と違い、路面に雪が結構残っていた。

隧道付近も滑りやすかったのでやや慎重に歩いた。

また、前回同様携帯の電波(docomo)は完全に復活した。

f:id:Margatroid:20200401105656j:plain

 

しかしGoogleからゼンリンが撤退してからところどころ地図の線形が

おかしくなっているのは言われているが、

何故真っすぐのはずの犬越路隧道もこんなわざわざ

ぐねって曲げてしまったのだろうか。トンネル表記ですらない。

 

隧道脇にある登山道らしき道も雪でだいたい覆われている。

f:id:Margatroid:20200401105952j:plain

f:id:Margatroid:20200401100230j:plain

 

ところで青野側隧道坑口前には「これより先通行止め」という表記と

この「この先転回できませんのでここでUターン」という標識がある。

東沢林道側に車輌通行止めがある以上、無意味な標識な気がするが、

あちら側の規制はこちら側より後のことだったのかもしれない。

規制前は山北側のスペースなどに車を停めて登山に行っていたのだろうか。

f:id:Margatroid:20200401100237j:plain

 

神ノ川林道の車輛通行止めゲート。前回と同じく半開になっている。

f:id:Margatroid:20200401100242j:plain

 

さっきの軽自動車とはすれ違っていないのでこの先に行ったのだろう。

この辺は雪が厚く積もったままで、足跡がサクサクとついた。

f:id:Margatroid:20200401100247j:plain

f:id:Margatroid:20200401100258j:plain

 

だが、ここまで歩いてきた林道と同じように、日陰の部分だけ残っていて

日の当たる部分はほぼ完全に雪が無くなっているのだろうと思った。

f:id:Margatroid:20200401100253j:plain

 

さて、戻ることにしませうか。

f:id:Margatroid:20200401101223j:plain

f:id:Margatroid:20200401100309j:plain

 

来るときには気が付かなかったが、照明が朽ちて落ちかけていた。

f:id:Margatroid:20200401100316j:plain

 

今は風が割と吹き抜けてきてやや寒く感じる。

f:id:Margatroid:20200401100321j:plain

 

水漏れ箇所はチェックされている。

f:id:Margatroid:20200401100326j:plain

 

これだけ高規格のトンネルなので大丈夫だと思うが、

山北側の崩落などを見るといずれ通行できない(分断)になる可能性が高い。

 

山北側坑口まで戻ってきた。

f:id:Margatroid:20200401095842j:plain

 

坑口横のスペースには倒木などが積まれている。

f:id:Margatroid:20200401095848j:plain

 

そしてその先にある施設だが、見てみると国が設置した観測機で、

酸性雨の測定を行っているらしい。

f:id:Margatroid:20200401100121j:plain

f:id:Margatroid:20200401095853j:plain

f:id:Margatroid:20200401095859j:plain

 

ここで昼休憩とすることにした。

f:id:Margatroid:20200401095906j:plain

 

するとその時、軽自動車が一台隧道の中に入っていった。

f:id:Margatroid:20200401095912j:plain

 

休憩を終え、そろそろ戻ることにした。

すると更にバンが一台同じように隧道に入っていった。

やはりこの林道は結構関係車輌が通っているようだ。

だからあれだけ道も綺麗なのだろう。

f:id:Margatroid:20200401095923j:plain

 

是非今度は神ノ川林道から来たいものだが、

たとえ通行できたとしても距離がこちらの倍近くになるのがハードだ。

 

富士見橋。

雪が解け始めたのかさっきの足跡が消えかけていた。

f:id:Margatroid:20200401095928j:plain

f:id:Margatroid:20200401095933j:plain

 

行きのときの足跡。

f:id:Margatroid:20200401095938j:plain

 

するとさっきのバンが戻ってきていた。そのまま下っていった。

f:id:Margatroid:20200401095944j:plain

f:id:Margatroid:20200401101235j:plain

f:id:Margatroid:20200401095952j:plain

 

途中、二人組の登山者と会った。山の状況を訊かれたが、

あいにくウチは登山者でもなく、この辺の山の名前すらほとんど知らなった (^^;

 

とりあえず自分は隧道まで行っただけで、

雪も青野側の方は結構残っていると伝えた。

大室山に向かうらしいが、あの登山道を見る限りちょっと難しそうな気もした。

 

東沢林道との分岐点を通過。

f:id:Margatroid:20200401100332j:plain

 

立ち並ぶ杉の木。

f:id:Margatroid:20200401100003j:plain

 

キャンプ場が見えてきた。

f:id:Margatroid:20200401100009j:plain

f:id:Margatroid:20200401100016j:plain

f:id:Margatroid:20200401100022j:plain

f:id:Margatroid:20200401100028j:plain

 

そして車輌通行止めゲートを通過。

f:id:Margatroid:20200401100034j:plain

f:id:Margatroid:20200401100040j:plain

 

東沢林道起点を通過。

f:id:Margatroid:20200401100045j:plain

 

ビジターセンターまでひたすら歩く。

f:id:Margatroid:20200401100051j:plain

 

そして出発から約4時間ちょっと、ビジターセンターに到着した。

f:id:Margatroid:20200401100057j:plain

 

ところでトラック通行止めの標識があるが、

ここには県道76号線でないとまず来ること自体不可能な気がするが‥

 

テーブルでウェアの中を脱いだ。次は紅富士の湯に行くし、

太陽の日も昇って中は半袖でいいかなと思った。

 

最後にトイレに寄ってから出発。

すると早々にネコを見かけた。

f:id:Margatroid:20200401095559j:plain

 

快適に下っていく。

f:id:Margatroid:20200401095604j:plain

f:id:Margatroid:20200401095610j:plain

 

で、途中の青看に林道への分岐があって、丹沢湖沿いを通っている。

せっかくなので行ってみたが、確か以前丹沢湖畔を通ったし、

確か一通だった気がした。

 

行ってみるとやっぱり一通出口だった。

f:id:Margatroid:20200401095626j:plain

 

しかし反対側は一般車輌通行禁止の林道。

青看で案内する意味がないというか戻ってくるしかないというトラップ状態。

(画像はMar.2018のもの)

f:id:Margatroid:20180315161757j:plain

 

橋から丹沢湖を眺める。

f:id:Margatroid:20200401095615j:plain

f:id:Margatroid:20200401095621j:plain

f:id:Margatroid:20200401095633j:plain

 

出発。

f:id:Margatroid:20200401095640j:plain

f:id:Margatroid:20200401095646j:plain

 

R246に入る。そして山中湖方面に向かうので県道147号線に入った。

f:id:Margatroid:20200401095651j:plain

 

しかし途中で「チェーン着用」の看板を見かけた。

f:id:Margatroid:20200401095702j:plain

 

雪もなく快適に見えるこの道だが、山の部分は結構傾斜があるし、

何よりさっき犬越路林道を歩いた時にもわかるが

日向の部分は全く問題なさそうに見えても、

日陰になった途端に雪が残っているというパターンも十分あり得る。

バイクならなおさら致命的なのでここは素直にUターンした。

f:id:Margatroid:20200401095656j:plain

 

それにしてもこの道、過去二回向こう側から来ているが、

雪が降ったりしてまともな時に走ったことがない。

 

T字路分岐。方向的には右(西)なので右折した。

f:id:Margatroid:20200401095706j:plain

f:id:Margatroid:20200401095711j:plain

 

快適な道を走っていく。県道151号線に入っていた。

f:id:Margatroid:20200401095717j:plain

f:id:Margatroid:20200401095724j:plain

 

そしてR138に入って紅富士の湯に到着。

f:id:Margatroid:20200401095734j:plain

 

A(犬越路隧道)B(西丹沢ビジターセンター) → R246

   C(県道147号線)D(Uターン)E(県道151号線)

                  F(R138)紅富士の湯

f:id:Margatroid:20200401111557j:plain

 

コロナウィルスの件で休館していたが、営業を再開している。

 

中へ。まずは靴をコインロッカーに預けて券売機へ。

コロナウィルス対策で入場券を渡した後、手を消毒するように促される。

ちなみに入口脇にも消毒液が置かれていた。

 

ウェアやリュックなどを大きなコインロッカーに入れて

貴重品ロッカーに鍵などを預けた後に脱衣所へ。

 

紅富士の湯は規模が割と大きいので浴場のキャパは結構ある。

それでもシーズンの連休中は込み合うこと必至だが。

最初に露天の檜風呂の方に入った。この檜風呂からは

富士山を眺めることができるのが最大のポイント。

 

続いて岩風呂。こちらは熱めのお湯で外のひんやりした空気でも

身体を温めることが十分にできる。気持ちが良い。

 

中に戻り、ジェットバス。

この泡の刺激が心地よく、ハイキングの疲れもマッサージ感覚で取れる気がした。

そして最後に内湯でゆったりつかって風呂を出た。

 

着替えてまずは牛乳を飲む。美味い。

そして食事をとることに。

カツ丼が食べたい気分だったので毎度のごとく素直にカツ丼にした。

ボリュームがある。できたてでとても美味しかった。

f:id:Margatroid:20200401101250j:plain

 

この後デザートにソフトクリームでもと思っていたが、

カツ丼だけでもう十分だった (^^;

 

しばらくゆっくりしてそろそろ出発することに。

次の目的地は再び深城ダムなのだが、せっかくなので山中湖も訪れることにした。

f:id:Margatroid:20200401095739j:plain

 

途中の道で正面に富士山を拝む。雲がかかっておらず、美しい。

f:id:Margatroid:20200401095744j:plain

 

そして山中湖の長池駐車場に到着。

富士山が太陽の光で光り輝いており、とても煌びやかだった。

f:id:Margatroid:20200401095756j:plain

f:id:Margatroid:20200401095801j:plain

f:id:Margatroid:20200401095807j:plain

 

A(紅富士の湯) → 県道729号線 → 長池親水公園駐車場

f:id:Margatroid:20200401123229j:plain

 

出発。

R139に入る。一旦給油しておきたかったので途中のGSで給油した。

f:id:Margatroid:20200401095246j:plain

 

富士見バイパスを下っていく。

f:id:Margatroid:20200401095252j:plain

 

R20との重複区間の交差点を通過。

f:id:Margatroid:20200401095258j:plain

 

そして小菅方面へと左折。

f:id:Margatroid:20200401095554j:plain

 

前々回、前回と引き続いて今回もR139を快走して北上。

f:id:Margatroid:20200401095504j:plain

f:id:Margatroid:20200401101256j:plain

f:id:Margatroid:20200401095510j:plain

f:id:Margatroid:20200401095516j:plain

f:id:Margatroid:20200401095521j:plain

 

唐沢トンネルを通過。

f:id:Margatroid:20200401094851j:plain

 

そして深城ダム管理事務所に続く橋の手前の分岐へ。

f:id:Margatroid:20200401094857j:plain

 

ここはR139のかつての旧道となっており、この先には湖に沈んでいく

トンネルがある。名前は小金沢トンネル」である。

 

小金沢トンネルと言えば、ウチが毎度立ち寄っている小金沢公園前にある

林道真木小金沢の深城側坑口である小金沢トンネルがある。

f:id:Margatroid:20180922181514j:plain

 

名前は一緒だが役割は全く別。なのでそのトンネルを「旧」と言うのには

若干の齟齬があるが、区別するために「旧」という呼称を使用する。

 

分岐を進むとすぐに広場のような場所に出る。

f:id:Margatroid:20200401094902j:plain

 

そしてそのすぐ先にゲートがあり、封鎖されている。

f:id:Margatroid:20200401094907j:plain

 

とりあえずここにホーネットを停めて向かうことに。

f:id:Margatroid:20200401101303j:plain

 

ゲートを越えると普通の落ち葉に半分近く埋もれた舗装路。

f:id:Margatroid:20200401094913j:plain

 

しかしすぐに落ち木や落ち葉のじゅうたんとなった。

f:id:Margatroid:20200401101309j:plain

 

途中にカラーコーンが置かれているが、新しい。

前回ふかしろ湖沿いの旧R139を探索した時に見つけたのも新しかったが、

どちらも最近関係者が入ったのだろうか。

f:id:Margatroid:20200401094918j:plain

 

そしてすぐに旧小金沢トンネルと対面した。

f:id:Margatroid:20200401094924j:plain

 

A(長池親水公園駐車場) → R138 → B(R139富士見バイパス)

        → 旧道分岐 → 車輌通行止めゲート → 小金沢トンネル

f:id:Margatroid:20200401124407j:plain

f:id:Margatroid:20200401130950j:plain

 

GPS

f:id:Margatroid:20200401124627j:plain

 

銘板。

この文体はどこかのトンネルで見た気がする。

同じ知事の時に開通したトンネルだろうが。

f:id:Margatroid:20200401094934j:plain

 

トンネルは雛鶴隧道と同じようにゲートで閉じられている。

幅員は軽自動車同士の離合も難しそうな狭さ。

やはり中は真っ暗で不気味な感じがした。

何故なら反対側は水没しており、途中で封じられていることになる。

f:id:Margatroid:20200401094929j:plain

 

で、ここが旧R139ということで、位置関係をまとめてみた。

昔の地図などと照合してみるとだいたいこんな感じかと思われる。

f:id:Margatroid:20200401125051j:plain

 

ちなみに現道である深城バイパスは、

小金沢橋(真木小金沢林道起点)~現・林道葛野川線への分岐点区間

2002年12月

R139旧道分岐~新小金沢区間2004年12月に開通となっている。

f:id:Margatroid:20200401125209j:plain

 

自分が初めて通行した当時(2001年9月)の時点では

いずれも開通していなかったため、

赤線の旧道(旧小金沢トンネル ~ 林道葛野川線と深城トンネル出口を結ぶ橋

                          ~ 奈良倉・白草トンネル前)

を通っていたのではないかと思われる。

 

ここではっきりしたのは、自分がかつて通ったあの廃道ヘアピンだが、

旧R139ではなく、市道新深城線との連絡道路だったと思われる。

f:id:Margatroid:20170505150919j:plain

f:id:Margatroid:20170505124032j:plain

 

ただ、廃道ヘアピンを通った経緯がちょっと不明だった。

覚えているのは廃道ヘアピンを上から下ってきたことで、

つまり市道新深城線から下ってきたことになる。

 

調べてみると、市道新深城線の葛野川トンネルは2000年に開通しているようで、

つまり走行した2001年の時点ではすでに市道新深城線は

R139まで完成していた(繋がっていた)可能性が高い。

f:id:Margatroid:20200401125631j:plain

 

ということは、葛野川トンネルが完成(市道新深城線が全線開通し、

R139と接続)・開通して以降は、旧道を通行止めにして

市道新深城線を通るルートに切り替わったのではないかと思われる。

 

ただし廃道ヘアピンを経由していることから、旧道を封鎖したのは

R139旧道分岐~旧小金沢トンネル~もう一つのトンネル

(現・深城ダム展望台のある山の中を通っていたトンネル)区間だったと思われる。

 

そうなると、2001年9月ごろの自分の走行ルートは

以下のようになっていたのではと推測され、

廃道ヘアピンを上から下っていったということに合点がいく。

f:id:Margatroid:20200401125846j:plain

 

そして現在林道葛野川線の起点となっている橋を渡り、

現R139に渡ったと思われる。

 

では、葛野川トンネルが開通する直前はどうなっていたか。

1997年の時の地図では市道新深城線が葛野川トンネル手前まで伸びていた。

更に現在は葛野川トンネル坑口付近から廃道が湖に沈んでいるのが確認できる。

沈んだ先は位置的にも小金沢トンネル西側坑口付近になると推測される。

f:id:Margatroid:20200507142735j:plain

 

写真撮影の位置の都合上、マップを逆さにして表すとこうなる。

f:id:Margatroid:20200507142650j:plain

 

葛野川トンネル坑口と下に沈む廃道(連絡通路)。

f:id:Margatroid:20200219204141j:plain

f:id:Margatroid:20200219204448j:plain

 

またマップの上下を元に戻すとこうなる。

f:id:Margatroid:20200401130246j:plain

 

当時まだ葛野川トンネルが建設中だった点、

小金沢トンネル西口坑口と湖に沈む廃道の位置関係、

1997年の地図で市道新深城線が葛野川トンネル手前まで開通している点、

それらをまとめると、葛野川トンネルが開通する直前は

以下のような走行ルートだったと思われる。

f:id:Margatroid:20200401130542j:plain

 

これらは全てあくまでも想像に過ぎないが、合点がいく。

いずれにせよ、自分は旧小金沢トンネルを通っていない可能性があるので

少し残念だった。

f:id:Margatroid:20200401101316j:plain

 

ところが、幸いにも他のSNSにて現役時と思われる写真を見る機会があった。

このトンネルの入口、現役時には「制限高3.3M」という鉄のアーチが

入口前にあったようだ。撮影時期は2001年6月らしいので

ウチが初めて訪れる約3ヶ月前くらいか。

トンネル内部の照明もあり、アーチも年季が入っていて錆びてやや曲がっていた。

 

通行止めにしてからなのかわからないが、

どういうわけかその写真の時よりも今2020年に残されているガードレールの方が

規格が新しく、当時のガードレールには反射板も見かけない。

ついでに現在みられる坑口手前の左側面もモルタル吹付が行われていない様子だった。

閉鎖した後に整備された理由はよくわからない。(工事で通行するためだったかも?)

 

更に今では絶対に見ることのできない、湖に沈んだ側の

超貴重と思われる反対側の坑口の写真もあった。

現在湖に沈んでいる側の方がもっとひびが入って年季が入っている感じで、

トンネル出口を出てすぐ左にカーブしているようだった。

そのすぐ左にカーブしている道というのがさっきの

葛野川トンネル坑口付近から沈んだ廃道(連絡通路)に違いない。

(下の図で言うと①の部分)

 

ということは、やはり葛野川トンネル開通直前(2000年)の走行ルートは、

さっきの水色の推測走行ルートの可能性が高い。

f:id:Margatroid:20200401130542j:plain

 

ちなみに少なくとも2001年6月の時点で赤い点線の通行不可と思われる部分には

もうすでに高いダム建設用の山が造られており、物理的に道はなくなっている。

そして現在ではその山も湖に沈んでいる状態もしくは

ダム完成前に整地されたということになる。

 

いやちょっと待て。

 

上の考察はあくまでも葛野川トンネル開通直前(2000年)のルート。

けど自分が見た旧小金沢トンネルの写真の撮影日時は開通後の2001年6月。

‥あれ?「2000年に葛野川トンネルが開通したので旧小金沢トンネルは閉鎖」という

辻褄(推測)が合わない。。。

 

ただ、ここは強引にこう推察する。

 

 ・写真のExif情報(2001年6月)が正しい可能性は高い

 ・写真はあるけど一般車が通っているかは判断できない(トンネルだけの写真なので)

 ・通行止めにはしているが、車輌通行止めというだけで

  歩行でなら(車輌通行止めゲートをすり抜けて)通ることはできたかも

 ・けど、トンネル照明はついている(←これが一番のポイント)

 

以上の点から‥‥ひょっとして、2001年(葛野川トンネル完成・開通後)も

しばらく両方とも通行できた?

通行止めなのはあくまでも旧小金沢トンネルから出て直進方向だったのだろうか?

それとも単に工事のため?

それとも、葛野川トンネルは開通(完成)したが、その先はまだ未成道だった

 

なんてこった。

余計に悶々としてきてしまった(ゎ

であるならば、もしかしたら、旧小金沢トンネルを自分も通行していた可能性が

少なからずあったかも?(自分は2001年9月に初めて深城ダム付近を訪れている)

 

誰か‥‥この謎を、すっきりさせてくださいw

 

もし、旧小金沢トンネルを通行できたいう仮定で、

自分が当時(2000年9月)走行したルートを写真で再現して追っていくと、

まずは深城バイパスができる前の道(左)に進み、

f:id:Margatroid:20200401094857j:plain

f:id:Margatroid:20200401094918j:plain

 

小金沢トンネルを通り、

f:id:Margatroid:20200401094924j:plain

 

小金沢トンネルを抜けて左方向に進んで登り、(現・廃道)

f:id:Margatroid:20200219204448j:plain

 

葛野川トンネル前に出て右折して現・市道新深城線を通り、

連絡通路(廃道ヘアピン)で下って、

f:id:Margatroid:20170616150915j:plain

f:id:Margatroid:20200508165834j:plain

f:id:Margatroid:20170505124032j:plain

 

現・ふかしろ湖沿いの道を通って、

f:id:Margatroid:20200308090930j:plain

f:id:Margatroid:20200308090935j:plain

 

現・林道葛野川線起点の橋(右手)へ進んで、

f:id:Margatroid:20200308090944j:plain

f:id:Margatroid:20200308091336j:plain

 

奈良倉・白草トンネルを抜けて、

f:id:Margatroid:20200308091346j:plain

f:id:Margatroid:20200308163726j:plain

f:id:Margatroid:20200308163739j:plain

 

現旧道となっているR139へ続いたと思われる。

f:id:Margatroid:20200508164102j:plain

 

最後に、葛野川ダムができる前(平成の前)の推測走行ルートもまとめた。

f:id:Margatroid:20200508164354j:plain

 

葛野川ダムを前回訪れたが、その時に閉鎖されたトンネルがあった。

あれはきっとダムができる前に通ったトンネルなのだろうと思われる。

f:id:Margatroid:20200308091209j:plain

 

戻ることに。

スギの木がそびえ立っている。

f:id:Margatroid:20200401094939j:plain

f:id:Margatroid:20200401094949j:plain

 

そして上部には市道新深城線が見えた。

f:id:Margatroid:20200401095003j:plain

 

ゲートまで戻ってきた。

f:id:Margatroid:20200401094956j:plain

 

ついでなので小金沢公園の方へ。

f:id:Margatroid:20200401095008j:plain

 

こちらが現在の小金沢トンネル。

万年閉鎖の林道トンネル。

f:id:Margatroid:20200401095013j:plain

 

小金沢橋を望む。

f:id:Margatroid:20200401095020j:plain

 

さて帰りますか。来た道をひたすら下っていく。

f:id:Margatroid:20200401095025j:plain

f:id:Margatroid:20200401095031j:plain

 

ちょっと炭酸を飲みたい気分だったので途中、ハッピードリンクショップ

自販機に立ち寄った。

実はハッピードリンクショップを利用するのは初めてである。

f:id:Margatroid:20200401095042j:plain

f:id:Margatroid:20200401101321j:plain

 

山梨をよくツーリングに出かけるのでたくさん見かけてはいた。

 

オロナミンCで。

f:id:Margatroid:20200401095048j:plain

 

ファイト一発してR20に向かう。

f:id:Margatroid:20200401095053j:plain

 

大月以西も流れは悪くなく、順調に帰還しました。

f:id:Margatroid:20200401095058j:plain

f:id:Margatroid:20200401095103j:plain

 

二回目の犬越路林道もなかなか楽しめました。

神ノ川林道側が復旧するのはいつのことか‥

小金沢トンネルも何気にその存在は何となく知っていたものの

訪れることがなかったので対面できてよかった。

湖に沈む廃道など、想像を掻き立てる道はとても面白い。

深城はお気に入りの場所です。

 

今回の走行距離は367.7kmでした。

f:id:Margatroid:20200401130958j:plain

山梨・奥多摩ツーリング Mar.2020 ~ R139旧道・林道葛野川線・葛野川ダム・林道小菅線・白糸の滝・奥多摩周遊道路・林道風張線 ~

今回も深城ダム周辺~奥多摩と、つい二週間前の山梨ツーリングの続編的な感じ。

margatroid.hatenadiary.jp

まぁ前回は高尾山に登るのが目的で、ツーリングは半ばおまけ的な感じでしたので、

今回もコースはほぼ同じながら個人的にまだ行ったことのないところへ

行くのも目的でした。

 

というわけでまだ日の昇らない明け方に出発。

家を出るときピューっと風が吹いていて

コレはちょっと極寒ツーリングになるやも‥と危惧していました。

f:id:Margatroid:20200308090530j:plain

 

まぁでも出発してみると風は思ったより吹いていなく、

ウェアの上に上着を着こんでいるので大丈夫かなという感じでした。

ただ、日野バイパスに入ったころ(午前5時過ぎ)、

さすがに少し冷え込んできた。

f:id:Margatroid:20200308090535j:plain

 

今回も松屋へピットイン。

f:id:Margatroid:20200308090343j:plain

 

豚生姜焼き定食をいただきました。おかわり自由。

f:id:Margatroid:20200308090350j:plain

 

お腹いっぱいになったところで出発。

f:id:Margatroid:20200308090541j:plain

 

甲州街道に合流して北大通り。少し明るくなってきた。

f:id:Margatroid:20200308090546j:plain

 

再び甲州街道に入って高尾付近を通過。

f:id:Margatroid:20200308090552j:plain

 

高尾山口付近を通過し、大垂水峠へ。

f:id:Margatroid:20200308090556j:plain

 

相模原市に入る。指先がやや冷たくなってきた。。

f:id:Margatroid:20200308090602j:plain

 

今回はガソリン携行缶を持ってきていないので、

早めに一旦満タンにしておきたかった。

上野原を通過して途中のGSにて給油した。

f:id:Margatroid:20200308090607j:plain

 

ついでに7-11が隣接されていたのでお菓子と水を買った。

 

しばらく走っていき、県道505号線に入る。

やや狭い道を路線バスが走っていた。

f:id:Margatroid:20200308090615j:plain

 

R139に出た。ここまで前回と全く同じルート。

f:id:Margatroid:20200308100754j:plain

f:id:Margatroid:20200308090355j:plain

f:id:Margatroid:20200308090620j:plain

 

深城ダム管理事務所に到着。

f:id:Margatroid:20200308090724j:plain

f:id:Margatroid:20200308090401j:plain

f:id:Margatroid:20200308090633j:plain

f:id:Margatroid:20200308165549j:plain

 

A(R20日野バイパス) → R20(甲州街道) → 大垂水峠

 → ENEOS セルフ上野原給油所 B(県道505号線旧甲州街道

                 → C(R139)深城ダム管理事務所

f:id:Margatroid:20200308170518j:plain

 

トイレを借りた。

ダムの見学は休止中。コロナウイルスの影響はここにも来ている。

f:id:Margatroid:20200308090627j:plain

 

ふかしろ湖を望む。

f:id:Margatroid:20200308090638j:plain

 

ダムを出発。

で、いつもの小金沢公園手前の橋から再びふかしろ湖を望む。

f:id:Margatroid:20200308090735j:plain

 

何か線のような物が動いているなと思ったらカルガモらしき鳥が2羽泳いでいた。

f:id:Margatroid:20200308090730j:plain

 

で、小金沢公園の方を見ると、前回貼ってあった「冬季閉鎖中」の

貼り紙がなくなっていた。

f:id:Margatroid:20200308090743j:plain

f:id:Margatroid:20200308171732j:plain

 

公園の方に行ってみると、確かに前回入口前に置いてあった

カラーコーンなどがなくなっていた。3月に解除されたのかな?

f:id:Margatroid:20200308090801j:plain

 

万年閉鎖の小金沢トンネル。

f:id:Margatroid:20200308090811j:plain

 

深城トンネルを抜けて林道葛野川線の入口前に到着。

今回の目的地の一つ。

f:id:Margatroid:20200308090817j:plain

f:id:Margatroid:20200308090822j:plain

 

A(深城ダム管理事務所)林道葛野川

f:id:Margatroid:20200308200300j:plain

 

ここもずっと閉鎖されたままの関係車輌専用の林道。

今までスルーしていたここを今回は散策する。

というのも、以前のツーリングでR139の旧道から葛野川ダムトンネル入口まで

行ったときにそういえば葛野川線からダムへ通じているんだよなと思い、

何となく興味が出てきたので‥

 

とりあえずホーネットを国道側の脇に停めて中へ。

f:id:Margatroid:20200308090829j:plain

 

ここで散策用の装備を行う。冬なので大丈夫だと思うが一応今回も

熊スプレーと熊鈴を持ってきた。

あと自分は花粉症ではないのだが、今はスギ花粉が飛んでいる時期なので

なるべく吸い込みたくないのでマスクをした。

 

まず橋の先はT字路分岐となっており、向かって右手が林道葛野川線となっている。

f:id:Margatroid:20200308090839j:plain

 

そして向かって左手がふかしろ湖に沿って伸びている道。

f:id:Margatroid:20200308090834j:plain

 

深城ダム(深城バイパス)ができる前の旧R139だとか。

ついでなのでこちらにも行ってみることにする。

ちなみにゲートがあるが、開きっぱなしになっている。

f:id:Margatroid:20200308090844j:plain

 

落ち葉がたくさん落ちている。

路肩が決壊していると思われる場所に赤いカラーコーンが置かれているが、

いつから置かれているのだろう。ずっと使われていないはずなので

かなり前からと思われる。

f:id:Margatroid:20200308090406j:plain

 

歩いていくと足が割と沈み込む箇所があった。

倒木も目立つ。

f:id:Margatroid:20200308090850j:plain

 

ぬお。

崩落をネットがかろうじて防いでいる。

f:id:Margatroid:20200308090855j:plain

 

その脇をそっと通り抜けようとしたら足首近くまで沈み込んだ。

泥水でぬかるんでいるのはわかっていたが、ズブッといった。

なのでガードレールにつかまりながら探りつつ慎重に進んだ。

 

カーブミラー。もうその役目を果たすことはないのだろう。

f:id:Margatroid:20200308090900j:plain

 

カーブを曲がるとその先も同じように落ち葉のじゅうたんと倒木。

それほど障害ではなさそうだが、さっきみたいな足が沈み込む可能性が

あるので慎重に進んだ。

f:id:Margatroid:20200308090905j:plain

 

するとそこでガードレールが塞ぐようにして‥

f:id:Margatroid:20200308090922j:plain

 

道の終わりを示しているかのように、大崩落でひしゃげていたのだった。

f:id:Margatroid:20200308100759j:plain

 

ここでもネットさんが頑張って食い止めているものの、

進めるのはここまでのようだ。これ以上はさすがにリスキーすぎる。

万が一足を滑らしたらすぐ左手は湖。冬の寒中水泳はしたくない。

 

GPS現在地。

f:id:Margatroid:20200308174233p:plain

 

引き返す。引き続きぬかるんでいる足場には注意した。

f:id:Margatroid:20200308090930j:plain

f:id:Margatroid:20200308090935j:plain

 

分岐まで戻ってきた。

f:id:Margatroid:20200308090944j:plain

 

続いて林道葛野川線へ。

f:id:Margatroid:20200308090949j:plain

f:id:Margatroid:20200308090955j:plain

 

下には土室川が流れている。

f:id:Margatroid:20200308091307j:plain

 

路面を見てわかる通り、関係車輌が通行しているのがよくわかる。

そのためか、落ち葉などは少なく路肩に寄せられており、路面は比較的綺麗だ。

f:id:Margatroid:20200308091124j:plain

f:id:Margatroid:20200308090410j:plain

f:id:Margatroid:20200308091031j:plain

 

一部崩落個所があった。

f:id:Margatroid:20200308091037j:plain

 

ここにも轍がある。

落ち葉と土の上に残っているということは、比較的最近っぽい。

f:id:Margatroid:20200308091043j:plain

 

そして、カーブミラーと共に「洞門内点灯」の標識があった。

f:id:Margatroid:20200308091048j:plain

 

ロックシェッドが出現。

f:id:Margatroid:20200308091053j:plain

 

中を通る。綺麗だ。

f:id:Margatroid:20200308091059j:plain

 

ロックシェッドを抜ける。このロックシェッドこそR139の旧道、

白草トンネルを抜けたところから見えた所に違いない。

 

それを裏付けるかのように正面上部には道が見える。

f:id:Margatroid:20200308091113j:plain

 

白草トンネルを出たところだろう。

右手に延びるのはR139の旧道・現県営林道松姫峠線(閉鎖中)。

f:id:Margatroid:20200308091302j:plain

 

そして左手方向に伸びるのは葛野川ダムへのトンネル脇から伸びる、

葛野川ダムへ通じる道路。

f:id:Margatroid:20200308091118j:plain

 

前回確認したフェンスゲートも確認できる。

f:id:Margatroid:20200308091123j:plain

 

あと、分岐の橋の下の方にガードレールが見えた。

崩落で落ちたガードレールと思われる。ネットらしき物もある。

f:id:Margatroid:20200308091128j:plain

 

再び先へ進む。

ロックシェッドを抜けてすぐの所に何かの観測器のような物が立っていた。

f:id:Margatroid:20200308091105j:plain

 

見てみると「濁度計測盤」と書かれていた。

そんな計測器もあるのか。

f:id:Margatroid:20200308100805j:plain

 

「桟道」とだけ表記されている橋。

f:id:Margatroid:20200308091139j:plain

f:id:Margatroid:20200308091144j:plain

 

竣工年度が書かれていたが、年度の頭が読めなかった。

f:id:Margatroid:20200308091156j:plain

 

「昭和*六年三月竣功」と表記されている。昭和56年だろうか。

f:id:Margatroid:20200309161149j:plain

 

そして桟橋の上の方につららを発見。

f:id:Margatroid:20200308091152j:plain

 

今はそこまで冷え込んでいないから溶けてしまうかな。

 

そして、ダムが見えてきた。

f:id:Margatroid:20200308091203j:plain

 

進むと正面に閉じられたトンネルがあった。

f:id:Margatroid:20200308091209j:plain

 

広場になっており、葛野川ダムとご対面。

深城ダムと同様、重力式コンクリートダムである。

f:id:Margatroid:20200308091215j:plain

f:id:Margatroid:20200308091248j:plain

 

林道葛野川 → 分岐 → R139旧道? → 通行止め(大崩落) → 分岐 → 葛野川ダム

f:id:Margatroid:20200308205536j:plain

 

看板があり、拡大して読んでみると「水利使用標識 土室川発電所と書かれており、

許可年月日が「平成10年3月16日」で、許可期限が「平成34年3月31日」

許可権者名が当時建設省だったため、建設大臣となっていた。

ダムは閉鎖されているが、二年後は更新するのだろうか。

f:id:Margatroid:20200308091226j:plain

f:id:Margatroid:20200308091232j:plain

 

そしてその先はゲートで閉じられていた。

f:id:Margatroid:20200308091221j:plain

f:id:Margatroid:20200308091238j:plain

 

葛野川ダムとの対面も果たしたので戻ることにしますかね。

f:id:Margatroid:20200308091254j:plain

f:id:Margatroid:20200308091257j:plain

 

そういやロックシェッドの壁には(傷で)落書きがしてあった。

ここにやってくるのは一部のマニアのような人間だろうが、

何故壁の落書きはレベルの低い物ばかりなのだろうか。

ああ、そうか。落書きはレベルの低い人間がやることだった(ゎ

f:id:Margatroid:20200308090416j:plain

f:id:Margatroid:20200308091316j:plain

 

所々にサイレン用のスピーカーがある。

林道の入口や他の場所にもあった看板にも書いてあったが、

ダムの放水時にサイレンを流す役目を果たしていた。

f:id:Margatroid:20200308091320j:plain

f:id:Margatroid:20200308181335j:plain

 

分岐に戻ってきた。

f:id:Margatroid:20200308091325j:plain

f:id:Margatroid:20200308091332j:plain

f:id:Margatroid:20200308091336j:plain

 

出発。

R139旧道となった奈良倉トンネル。

f:id:Margatroid:20200308091346j:plain

 

今回再び徒歩で中へ入ります。

前回訪れた時とは時間が違い、太陽も昇っているので奈良倉トンネルでは

懐中電灯が必要ないまま出口まで歩くことができた。

f:id:Margatroid:20200308163722j:plain

 

と、トンネルを抜けたらですね‥車が一台停まっていたんですよ。

「あ、(通行止めのゲートを抜けてきて)何か言われるかな」と思いつつ

スルーしながら先に進んだ(ゎ

f:id:Margatroid:20200308163726j:plain

f:id:Margatroid:20200308163734j:plain

 

エンジンをかけて中に乗っている様子だった。

もしバイクで乗り込んでいたらさすがに何か言われたかも‥

というかまさか車がいるとは思わなかった。

 

そして二つ目のトンネル、白草トンネル。

f:id:Margatroid:20200308163739j:plain

 

さすがにこのトンネルは少し長いので懐中電灯で照らしながら行く。

f:id:Margatroid:20200308163747j:plain

f:id:Margatroid:20200308163753j:plain

 

歩くこと約五分。出口が見えてきた。

f:id:Margatroid:20200308163758j:plain

 

旧道と土室日川線・葛野川ダムへのトンネル前分岐に到着。

f:id:Margatroid:20200308163818j:plain

f:id:Margatroid:20200308163804j:plain

 

A(林道葛野川線)B(R139旧道;奈良倉トンネル)分岐

f:id:Margatroid:20200308203740j:plain

 

前回は茂みに隠れていた林道看板も、冬で木の葉が散って姿が完全に表れた。

f:id:Margatroid:20200308163813j:plain

 

分岐から下を眺めると、まさにさっきいた林道葛野川線の

ロックシェッドが目視できる。

f:id:Margatroid:20200308163859j:plain

f:id:Margatroid:20200308211719j:plain

 

さて戻ろうかと思ったとき、サルに出くわした。

お邪魔してすみませんね。

f:id:Margatroid:20200308212052j:plain

 

更に次は後ろからエンジン音が。さっきの車だ。

そのまま葛野川ダムトンネルの中に入っていった。

f:id:Margatroid:20200308163854j:plain

 

その後カシャーン、という音が聞こえたので、

恐らく直進方向のゲートを抜けたのかもしれない。一緒に行きたい。

 

そんなわけで今度こそ戻りますかね。

f:id:Margatroid:20200308163904j:plain

 

そういえば何をどうしたのか路面に斜めに傷が入っている箇所があった。

何でこうなったんだろう。

f:id:Margatroid:20200308163912j:plain

 

奈良倉トンネルを抜けて出口に戻ってきた。

f:id:Margatroid:20200308163920j:plain

f:id:Margatroid:20200308163926j:plain

 

松姫トンネルを抜ける。

f:id:Margatroid:20200308091342j:plain

 

次に向かうのは白糸の滝で駐車場にトイレがあるらしいが、

冬季閉鎖の可能性があると思い、念のため道の駅こすげに行った。

f:id:Margatroid:20200308091418j:plain

f:id:Margatroid:20200308090421j:plain

 

すると、コロナウィルスの影響で温泉だけでなく、道の駅自体が休業となっていた。

f:id:Margatroid:20200308091354j:plain

f:id:Margatroid:20200308100815j:plain

 

よって、駐車場はほぼ空だった。

f:id:Margatroid:20200308091411j:plain

 

こうなると道の駅たばやまも危うい。そこで昼食をとる予定なのだが‥

下手すれば以前クリスタルラインへツーリングしたときのように

昼食を食べ損ねてさっき買った水とポテトチップだけということも‥

そういやクリスタルラインの時も水とポテトチップだったような

 

とりあえず次の目的地である白糸の滝へ向かう。

迂回路看板。

f:id:Margatroid:20200308091424j:plain

f:id:Margatroid:20200309161155j:plain

f:id:Margatroid:20200308091431j:plain

 

迂回路を経て県道508号線に入る。

f:id:Margatroid:20200308091437j:plain

f:id:Margatroid:20200309161159j:plain

f:id:Margatroid:20200308091442j:plain

 

集落を抜けると木々のトンネルへ。

f:id:Margatroid:20200308091448j:plain

 

そしてここからダートに切り替わった。

f:id:Margatroid:20200308091458j:plain

f:id:Margatroid:20200308091453j:plain

f:id:Margatroid:20200308091503j:plain

f:id:Margatroid:20200308093517j:plain

 

久しぶりのダート路なのでゆっくり進んだ。

やはり見通しの悪いカーブなんかは気を遣う。

f:id:Margatroid:20200308090433j:plain

f:id:Margatroid:20200308091510j:plain

f:id:Margatroid:20200308091514j:plain

 

そういえばこの辺で登山者と思われる男性が一人 歩いて向かっていた。

 

「林道小菅線」という杭が立っている。どうやらここは林道小菅線となるらしい。

さっきのダート路からだろうか。

f:id:Margatroid:20200308091520j:plain

f:id:Margatroid:20200308091532j:plain

 

その先にも林道の標柱があった。

f:id:Margatroid:20200308091537j:plain

 

そしてここが白糸の滝駐車場だった。

f:id:Margatroid:20200308090439j:plain

f:id:Margatroid:20200308091557j:plain

 

A(R139旧道分岐) → 松姫トンネル → 県道18号線 → B(道の駅こすげ)

           C(県道508号線) → 林道小菅線 → 白糸の滝駐車場

f:id:Margatroid:20200309094337j:plain

 

案の定トイレは冬季閉鎖となっていた。

道の駅に寄っておいて正解だった。

f:id:Margatroid:20200308091547j:plain

 

トラックと軽自動車が並んで停まっているが、林道関係者だろう。

f:id:Margatroid:20200308091553j:plain

 

さすがに暖かくなってきたので上着を脱いだ。そしてまたマスク着用。

 

駐車場を出発。ゲートは開いている。

f:id:Margatroid:20200308091605j:plain

 

舗装路を歩く。

f:id:Margatroid:20200308091611j:plain

 

間もなく白糸の滝入口に到着した。

f:id:Margatroid:20200308091616j:plain

 

すると入口の足元に白い部分が。

雪ではなく消毒用の石灰らしかった。どうやら豚熱に感染したイノシシが

発見されたらしい。

しかし消毒といってもどういう風に消毒すればいいのかわからなかった。

靴で何度か踏めばいいのだろうか。

f:id:Margatroid:20200308091728j:plain

f:id:Margatroid:20200309095719j:plain

 

橋を渡るとまた正面に橋が見えた。

f:id:Margatroid:20200308091654j:plain

f:id:Margatroid:20200308091659j:plain

f:id:Margatroid:20200308091732j:plain

 

橋を二本渡ると遊歩道が続いていく。

少し登ったりもしたが、距離は短そうだった。

f:id:Margatroid:20200308091736j:plain

 

更にもう一本橋があった。

f:id:Margatroid:20200308091757j:plain

f:id:Margatroid:20200308091813j:plain

 

すると橋から白糸の滝が見えた。

細いながらも水量はそこそこで、高低差も割とあった。

f:id:Margatroid:20200308091823j:plain

f:id:Margatroid:20200308091829j:plain

 

橋を渡ると展望台があるので登ってそこから滝を眺める。

すると、滝つぼ辺りで虹がかかっていて綺麗だった。

f:id:Margatroid:20200308091939j:plain

f:id:Margatroid:20200308091933j:plain

 

さっき渡った橋の手前から分岐してもう少し滝のそばに行けそうだったので

そちらから滝の方へ。

今の時間の太陽の向きで虹が架かるのだろうか。 

よく見るともう一本上の方に虹が架かっているのがわかる。

f:id:Margatroid:20200308091947j:plain

 

しばらく滝と虹を堪能して戻ることに。

f:id:Margatroid:20200308091953j:plain

f:id:Margatroid:20200308091958j:plain

 

駐車場に戻ったとき、さっき追い越した登山の男性が通りかかっていた。

 

出発。コンクリート舗装路でもガタガタ揺れた。

f:id:Margatroid:20200308092003j:plain

 

その後はダートとコンクリ舗装の繰り返しだった。

f:id:Margatroid:20200308092009j:plain

 

すると大菩薩峠への登山口があった。

さっきの男性はここを目指していたのだろう。

f:id:Margatroid:20200308092015j:plain

 

そこから約800m進むと、雄滝駐車場があった。

f:id:Margatroid:20200308100826j:plain

f:id:Margatroid:20200308092051j:plain

 

今回は時間の都合で雄滝はスルー。

トイレはもちろん冬季閉鎖だった。

f:id:Margatroid:20200308092059j:plain

f:id:Margatroid:20200308092105j:plain

 

とりあえず一旦水分補給で休憩。

f:id:Margatroid:20200308090445j:plain

 

とりあえず終点まで行ってみようと思った。

休憩しているとき、車が一台向かっていった。

 

出発。

f:id:Margatroid:20200308092111j:plain

 

で、雄滝入口前のカーブを曲がったところからダート路に。

f:id:Margatroid:20200308092147j:plain

f:id:Margatroid:20200308092111j:plain

 

さすがにもう慣れてきたものの、さっきより石が大きい。

ガタガタしまくりでバランスよりもホーネットへの車体のダメージが気になった。

 

すると、再び大菩薩峠への登山口が現れた。

ここからも登れるらしいが、さっきと光景が同じなので

一瞬ループしているのかと思った。

f:id:Margatroid:20200308092321j:plain

 

終点に到着。さっきすれ違った車がいた。

釣りをしに来たのだろうか。

f:id:Margatroid:20200308092256j:plain

f:id:Margatroid:20200308092359j:plain

 

A(白糸の滝駐車場)B(雄滝駐車場)終点

f:id:Margatroid:20200309102400j:plain

 

さて戻りますか。

f:id:Margatroid:20200308092334j:plain

 

だいぶ慣れてきたが、とにかくガタガタした。

f:id:Margatroid:20200308092339j:plain

f:id:Margatroid:20200308092343j:plain

f:id:Margatroid:20200308100728j:plain

 

県道まで戻って舗装路になった。

f:id:Margatroid:20200308092355j:plain

 

やっているかわからないが、とりあえず道の駅たばやまに向かう。

f:id:Margatroid:20200308092409j:plain

f:id:Margatroid:20200308092431j:plain

 

ついこの間通ったばかりの道。

f:id:Margatroid:20200308092439j:plain

f:id:Margatroid:20200308092615j:plain

 

道の駅たばやまに到着。

f:id:Margatroid:20200308092630j:plain

f:id:Margatroid:20200308090456j:plain

 

A(林道小菅線終点) → 県道508号線 → B(県道18号線)

                     → R411 → 道の駅たばやま

f:id:Margatroid:20200309155020j:plain

 

どうやら営業しているようで、軽食堂もやっていたので良かった。

中に入り、今回は鹿肉カレーにコロッケを追加した。

f:id:Margatroid:20200308090337j:plain

 

ドロッとした感じのカレーが美味しい。鹿肉も柔らかくて良かった。

コロッケも美味しかった。

 

昼食を終えて外へ。

のめこい湯はコロナウィルスの影響で臨時休業。

f:id:Margatroid:20200308092547j:plain

f:id:Margatroid:20200309161202j:plain

 

直売所へ。

おみやげをいくつか買ったが、前回購入した柿の種。

賞味期限がまた前回と同じく迫っているというかもう切れる寸前の物があった。

在庫チェック‥しないだろうなあ。とりあえず今回は新しい方を購入した。

 

その後いちごのソフトクリームを食べた。

f:id:Margatroid:20200308090451j:plain

 

次目指すのは林道入間白岩線。

R411で奥多摩方面に向かう。

f:id:Margatroid:20200308092639j:plain

f:id:Margatroid:20200308092625j:plain

 

やがて奥多摩周遊道路に入った。ほんの二週間ぶり。

f:id:Margatroid:20200308092632j:plain

 

今日は路面の状態も良く快適。

交互片側通行も一ヶ所だけだった気がする。

 

月夜見第一駐車場へ。

f:id:Margatroid:20200308092648j:plain

f:id:Margatroid:20200308090501j:plain

 

割と車が停まってた。

奥多摩湖を望む。

f:id:Margatroid:20200308092637j:plain

f:id:Margatroid:20200308092642j:plain

 

出発。

以前から気になっていたこのゲート。

f:id:Margatroid:20200308092704j:plain

 

風張峠駐車場向かいにある。風張林道というらしい。

風張林道と言えば例の檜原きのこセンターに向かう林道である。

ここに通じているということなのだろうか。

今日もきのこセンターに行こうと思っていたので行ってみようと思った。

 

一旦都民の森駐車場へ。

f:id:Margatroid:20200308092805j:plain

 

売店はコロナウィルスの影響で休止中。

f:id:Margatroid:20200308092741j:plain

 

トイレだけ借りた。

 

引き続き周遊を下っていき、やがて林道入間白岩線との分岐へ。

右カーブの途中にあるが、ここを左へ。

f:id:Margatroid:20200308092747j:plain

 

林道看板が新しく変わっていた。

f:id:Margatroid:20200308092809j:plain

 

A(道の駅たばやま) → R139 → B(奥多摩周遊道路)

            月夜見第一駐車場林道入間白岩線

f:id:Margatroid:20200309155025j:plain

 

先へ進んでいくと例の「シャッターポイント」という看板のある場所へ。

確かに夕陽の時は綺麗だろうなと思う。

f:id:Margatroid:20200308092813j:plain

f:id:Margatroid:20200308092820j:plain

 

そして廃軽自動車も健在。いや、「健在」というのはちょっと表現が違うかw

f:id:Margatroid:20200308092824j:plain

f:id:Margatroid:20200308092833j:plain

f:id:Margatroid:20200308090506j:plain

f:id:Margatroid:20200308092813j:plain

f:id:Margatroid:20200308092847j:plain

f:id:Margatroid:20200308090512j:plain

 

そして最後に舗装された部分へ。所々に木々が落ちている。

f:id:Margatroid:20200308092853j:plain

 

終点。

T字路分岐となっており、左は林道倉掛線。

右手がきのこセンターに通じる林道風張線の入口に向かう道。

f:id:Margatroid:20200308100738j:plain

 

右手へ進む。

f:id:Margatroid:20200308092928j:plain

 

風張林道入口に到着した。左側の上り坂が風張林道。

f:id:Margatroid:20200308092934j:plain

 

ひたすら続くこの坂。この勾配は激坂と言ってもいいだろう。

ウチには絶対無理 (^^;

f:id:Margatroid:20200308093003j:plain

f:id:Margatroid:20200308093032j:plain

f:id:Margatroid:20200308093039j:plain

 

登ったところで檜原きのこセンターに到着。

f:id:Margatroid:20200308090517j:plain

f:id:Margatroid:20200308093045j:plain

 

A(林道入間白岩線)B(風張林道)檜原きのこセンター

f:id:Margatroid:20200309155029j:plain

 

中へ。売店コーナーに行き、舞茸を一袋購入した。

ちょうどパックした分は最後の一袋だったらしい。

まぁ元々一袋だけのつもりでしたがw

 

で、外に出るとさっきいたバイク乗りの男性に話しかけられた。

その方も購入したらしく、少し話が弾んだ。

 

出発。

今回はこの先へ進んでいく。

f:id:Margatroid:20200308093051j:plain

 

緩やかな登り坂となっている舗装路を走っていく。

すぐに二台のバイクとすれ違った。

f:id:Margatroid:20200308093058j:plain

f:id:Margatroid:20200308090521j:plain

f:id:Margatroid:20200308093105j:plain

 

すると、絶景スポットがあった。

f:id:Margatroid:20200308093435j:plain

f:id:Margatroid:20200308093312j:plain

 

向こうに見えるは八王子市街と都心方面かな。

f:id:Margatroid:20200308093440j:plain

 

けど、ガードレールがないのでちょっと怖いw

 

更に登っていくと一台車とすれ違った。

さっき周遊側にいたとき、中に停まっていた車だとわかった。

やはりあそこに通じているのか‥

f:id:Margatroid:20200308093427j:plain

 

終点に到着。やはり周遊道路のゲートだった。

f:id:Margatroid:20200308093153j:plain

 

A(檜原きのこセンター)林道終点(ゲート)

f:id:Margatroid:20200309155033j:plain

 

自転車と歩行者はここから抜けられるようだ。

f:id:Margatroid:20200308093204j:plain

 

カブくらいなら頑張って担いで抜けられそうだが、階段になっている。

 

さっき通ったばかりの周遊道路。

f:id:Margatroid:20200308093211j:plain

f:id:Margatroid:20200308093217j:plain

 

するとさっききのこセンターで話をした人も来ていた。

この人もこちら側から来るのは初めてだったようだ。

いや、あそこから通じているのがここだとわかると面白いものです。

 

何故向こう側はゲートが無くて、こちら側にはゲートがあるのかは

理由は明らかですが、もしこちら側にゲートが無かったら、

かなりのバイクが林道に流入して支障をきたすのだろう。

f:id:Margatroid:20200308093359j:plain

f:id:Margatroid:20200308093312j:plain

 

この付近は転回場所になっており、広くなっている。

f:id:Margatroid:20200308093413j:plain

 

観測器のようなものもあった。

f:id:Margatroid:20200308093335j:plain

 

右左口峠や笹子峠にあるものと一緒かな。

 

とりあえず場所を確認できたので戻ることに。

f:id:Margatroid:20200308093426j:plain

f:id:Margatroid:20200308093453j:plain

f:id:Margatroid:20200308093517j:plain

 

林道入口まで戻ってきた。

f:id:Margatroid:20200308093532j:plain

 

ここを下った隣の広いスペースに工事看板がある。

通行止めのお知らせだが、片付けずに放置されてますな‥

f:id:Margatroid:20200308092959j:plain

 

民家を抜けていく。

f:id:Margatroid:20200308093541j:plain

f:id:Margatroid:20200308093546j:plain

 

立派な橋とその旧道らしき道。落石注意標識が見える。

f:id:Margatroid:20200308093553j:plain

f:id:Margatroid:20200308093558j:plain

f:id:Margatroid:20200309155825j:plain

 

檜原とうふちとせ屋に到着。

f:id:Margatroid:20200308093606j:plain

 

店の裏側にある駐車場へ。ここは傾斜があるのでバイクの場合はやや注意。

 

店の中へ。うの花ドーナツに、コンニャクと、

店の前にパンも販売していたのでパンも買った。

うの花ドーナツをいただく。やはり何度食べても美味しい。

f:id:Margatroid:20200308090526j:plain

 

その後は向かいのトイレに寄って帰ることに。

県道33号線を五日市方面に走っていく。

少し迷ったが、今回も秋川街道で八王子方面に向かった。

秋川街道は最後の方は渋滞で動かないということもあるので‥

f:id:Margatroid:20200308093612j:plain

 

なんとか渋滞には巻き込まれずに八王子市街の方の甲州街道まで出た。

f:id:Margatroid:20200308093616j:plain

 

そして無事に帰還しました。

 

R139の旧道や林道葛野川線の散策は割と楽しかった。

できればあの大崩落の反対側からアクセスしてみたかったが、

湖に沈んだ道だとしたら不可能だろう。

あと、風張林道がああいう風に繋がっていたのは知らなかったので

色々と収穫のあるツーリングでした。

 

今回の走行距離は300.1kmでした。

f:id:Margatroid:20200309160536j:plain

高尾山・山梨・奥多摩ツーリング Feb.2020 ~ 高尾山6・4号路・深城ダム・のめこい湯・奥多摩周遊道路 ~

今年一発目の高尾山。

その後は深城ダムから温泉にでも入りに行こうと思います。

真冬の真夜中ツーリングスタート。

 

最低気温が2-3℃なので寒いは寒いですが、手がかじかんで仕方ないほどでもなく、

風も吹いていないのでまだマシなレベルでした。

日野バイパスに入って途中の松屋で早めの朝食。

f:id:Margatroid:20200220153742j:plain

 

ちなみにおかわり自由の店舗で、ご飯がちょうどいい炊き加減?で美味しかった。

おかわりは一回で十分だったw

 

日野バイパス甲州街道ときて、八王子付近で北大通りに入る。

f:id:Margatroid:20200219203232j:plain

 

北大通りを抜けて高尾付近を通過。

f:id:Margatroid:20200219203243j:plain

 

ちなみに日の出の時間は6時20分ごろ。

‥まだ4時半。いくらなんでも早すぎるので一旦高尾先のファミマにピットイン。

f:id:Margatroid:20200220153604j:plain

 

イートインで30分ほど時間を潰させていただきました。

f:id:Margatroid:20200219210739j:plain

 

店を出て高尾山口へ向かう。

そういえばもう何度も早朝に高尾山に行っていますが、

「ドコにバイクを停めているのか?」という質問を受けたので

今更ながら駐輪ネタを。

 

まず、125cc以下のバイクに関しては、高尾山口駅横の高架下の駐輪場が

24時間いつでも無料で停められる。(羨ましい)

f:id:Margatroid:20200220160648j:plain

 

高尾山口付近でバイクの駐車場は主に氷川神社臨時薬王院祈祷場駐車場

祈祷場向かいの民営駐車場などがある。

ただ、駐車場はいずれも8時から営業のところがほとんどなので、

結局のところ125ccを超える二輪車は時間外に停められる場所がない。

24時間稼働のコインパークはあるが車専用でバイクはもちろん停められない。

 

ところが、氷川神社臨時駐車場は融通をきかせてくれて

時間外(早朝)に来て先に駐車しておき、出庫時に料金を支払うことができる。

氷川神社臨時駐車場は高尾山口駅極楽湯入口すぐ隣に入口があり、

看板に「自動車1500円 バイク1000円」と書かれている。

バイクの停め場所は以前は入口入ってすぐ左手のスペースだったが、

今は入口入って奥の左側となっている。

(「バイク」の札がある赤いカラーコーンが目印)

f:id:Margatroid:20200220161706j:plain

 

こんな感じ。

f:id:Margatroid:20200220161442j:plain

 

ちなみに出庫するときには赤いカラーコーンがバイクの前に置かれ、

バイク車体とカラーコーンにそれぞれ車輌ナンバーの記載された紙が貼られる。

そこに携帯電話番号が記載されているので、

連絡をして出庫する旨を伝え、料金を支払うシステムとなっている。

 

ちなみに今回利用した時にはまだ貼り紙がされていなかった。

その場合は駐車場入口付近にスタッフのいるボックスがあるので

そこに声をかけて支払った。

(入口付近にいるおじさんたちでも対応してもらえる)

 

続いて薬王院祈祷場駐車場。こちらは車に人気のある駐車場。

氷川神社臨時のように高尾山口駅前すぐの好立地ではなく

歩いて五分ほどの場所、R20沿いにある。

少し離れているせいか、こちらは車もバイクも何と500円で利用できる。

f:id:Margatroid:20200220161437j:plain

 

ただ、バイクの場合は微妙で、本来ならば入口入って一番奥の方に

バイク用スペースがあるのだが、日によってその部分が使えないことがあり、

営業が開始しないとわからないとのこと。

f:id:Margatroid:20200220161631j:plain

 

次は利用したことがなく、スタッフも見かけないのでちょっと不明だが、

R20から極楽湯または氷川神社に入る入口脇に

「レイジーサン むささび駐車場」という駐車スペースがある。

「バイク駐車可」の表記があるのでバイクも停められると思われるが、

スタッフを見かけなかったのでシステムが不明だった。

f:id:Margatroid:20200220160638j:plain

 

ちなみに「レイジーサン」というのは氷川神社臨時駐車場と管理が同じようである。

確かに料金看板が同じフォントだった。

 

あと、祈祷場駐車場向かい側にも個人でやっていると思われる駐車場があり、

「バイク OK 500円」という小さい看板もある。

しかし恐らく営業時間前は無理だと思うので日中利用でしょうな。

 

なので結局のところ氷川神社臨時が一番無難で、

早朝に停められる場所があるというだけで大助かりである。

 

さて本編へ。

まずはホーネットを駐車場に停める。

f:id:Margatroid:20200221163843j:plain

 

続いてコインロッカーにウェアなどを放り込んだ。

f:id:Margatroid:20200219203248j:plain

 

バイク乗りの場合はコインロッカーは大事。

車だったら小仏駐車場から景信山に登山とかできるのに。

まぁバスが稼働してからの時間だったらできるけど。

 

高尾山口駅

f:id:Margatroid:20200221163822j:plain

 

薄暗い道を通っていく。

(毎度ですが、HDR撮影なので、実際の明るさはこの半分程度)

f:id:Margatroid:20200219203254j:plain

 

この時、先の方で5-6人くらいのパーティが先行していた。

 

高尾山ケーブルカー乗り場前広場へ。

f:id:Margatroid:20200219203300j:plain

f:id:Margatroid:20200219203304j:plain

 

稲荷山コース登山口。

f:id:Margatroid:20200219203310j:plain

 

今回は6号路へ向かうので先へ進む。

2tトラックが通った。

f:id:Margatroid:20200219203315j:plain

f:id:Margatroid:20200219203320j:plain

 

6号路登山口に到着。現在6時過ぎたばかり。日の出の時間は6時20分過ぎ。

実際はここまではこのくらいの暗さだった。

f:id:Margatroid:20200219203325j:plain

 

まだ暗いので懐中電灯を照らしたが、最初の方は街灯があるので大丈夫だった。

f:id:Margatroid:20200219203330j:plain

f:id:Margatroid:20200219203337j:plain

 

日もあと15分ほどで昇るので、うっすらと空が見えてきた。

f:id:Margatroid:20200219203341j:plain

 

琵琶滝分岐。

f:id:Margatroid:20200219203346j:plain

 

琵琶滝の方へ。

f:id:Margatroid:20200219203350j:plain

 

まぁまだ入れませんがね。8時からかな?

f:id:Margatroid:20200219203355j:plain

 

分岐に戻り、先へ進む。

やや強化された屋根付きの道。

f:id:Margatroid:20200219203400j:plain

 

沢沿いの道を歩いていく。

視界もようやく少し明るくなってきた。

f:id:Margatroid:20200219203408j:plain

f:id:Margatroid:20200221163827j:plain

 

途中ベンチと看板があるのだが、

f:id:Margatroid:20200219203413j:plain

 

看板の真裏にこんな貼り紙が。

f:id:Margatroid:20200219203418j:plain

 

わざと騒音を鳴らす迷惑な輩がいたらしい。

以前貼り紙をしていたのだろうか。

 

6号路は基本平坦な道が多いので歩きやすい。

f:id:Margatroid:20200219203422j:plain

f:id:Margatroid:20200219203427j:plain

f:id:Margatroid:20200219203432j:plain

 

路肩が決壊している箇所もあった。去年の台風の時のだろうか。

f:id:Margatroid:20200219203437j:plain

 

途中休憩を挟みながらマイペースで歩く。

f:id:Margatroid:20200219203442j:plain

f:id:Margatroid:20200219203448j:plain

 

硯岩(すずりいわ)。

f:id:Margatroid:20200219203452j:plain

f:id:Margatroid:20200219203458j:plain

 

この先に大山橋があるが‥

f:id:Margatroid:20200219203502j:plain

f:id:Margatroid:20200219203507j:plain

 

橋を渡ったところでベンチがあったと思うのだが、無くなっていた。

切り株だけがあった。

f:id:Margatroid:20200219203512j:plain

 

ここで少し休憩。

どうやら伐採されたようだ。この付近がスッキリしている。

f:id:Margatroid:20200219203516j:plain

 

台風が関係していたのかな。

 

出発。大木が倒れている。

f:id:Margatroid:20200219203521j:plain

 

途中ちょっと気になったポイントが。

地面の真ん中手前の部分からチョロチョロと水が流れている。

中に空洞があるのかな?

f:id:Margatroid:20200219203525j:plain

 

陽が射し始めている。現在7時。

ここで後ろから一人挨拶を交わしながら先へ行った。

f:id:Margatroid:20200219203529j:plain

f:id:Margatroid:20200219203536j:plain

f:id:Margatroid:20200219203542j:plain

 

飛び石コースへ。

f:id:Margatroid:20200219203547j:plain

 

が、水が極端に少ないというかほとんど流れていない。

冬だから?

f:id:Margatroid:20200221163832j:plain

 

飛び石コースから上に上がっていく。

東を向いているのか正面から太陽の陽が当たった。

f:id:Margatroid:20200219203557j:plain

 

ここで初めて階段が出現。

f:id:Margatroid:20200219203602j:plain

 

ズンズン登っていたらやや息が上がった (^^;

f:id:Margatroid:20200219203606j:plain

 

休憩。

f:id:Margatroid:20200219203612j:plain

 

すると緩やかな舗装路へ。ここまで来るともうゴールは目の前。

f:id:Margatroid:20200219203616j:plain

 

車輌通行の看板が新しく設置された模様。

確かに朝の時間帯だと割と車が登っていきますからね。

f:id:Margatroid:20200221164722j:plain

 

霜柱。

f:id:Margatroid:20200219203621j:plain

 

ウチはシモバシラが見たい。

 

坂を登っていく。あともう少し。

f:id:Margatroid:20200219203626j:plain

 

1号路に合流。山頂への最後の上り坂。

稲荷山コースの最後の階段より遥かにマシ。

f:id:Margatroid:20200219203632j:plain

 

山頂に到着。高尾山口駅から約100分。

f:id:Margatroid:20200219203637j:plain

f:id:Margatroid:20200219203641j:plain

 

大見晴台へ。富士山を拝む。

f:id:Margatroid:20200219203646j:plain

 

何度見ても美しい。

f:id:Margatroid:20200219203655j:plain

 

山々。

真ん中のくぼみ辺りが犬越路らしい。

f:id:Margatroid:20200219203650j:plain

 

犬越路といえば犬越路隧道。

ウチは南側の東沢/犬越路林道から歩いたことはあるが、

今度は北側の神ノ川林道から行きたいと思っていた。

が、あっち側は台風で現在も通行止め‥。。

margatroid.hatenadiary.jp

 

少し休憩するが、ここにきて冷たい北風がかなり吹いていて寒かった。

手も素手ではちょっときついくらい。

山頂広場には5、6人ほどいた。

 

下山開始。

いつもは薬王院経由の1号路なのだが、今回は4号路で下っていくことにした。

f:id:Margatroid:20200219203701j:plain

 

山頂直前のもみじ台と同じく、最初に階段があるので逆から来る場合は

ややキツイかも。

f:id:Margatroid:20200219203707j:plain

 

そのすぐ先も下りが続く。

f:id:Margatroid:20200219203713j:plain

f:id:Margatroid:20200219203718j:plain

 

いろはの森コースなどとの分岐。

4号路はここを左。

f:id:Margatroid:20200219203729j:plain

f:id:Margatroid:20200219203734j:plain

f:id:Margatroid:20200219210744j:plain

f:id:Margatroid:20200219203739j:plain

 

吊り橋が見えてきた。

f:id:Margatroid:20200219203743j:plain

 

吊り橋入口へ。

f:id:Margatroid:20200219203749j:plain

 

しっかりとした吊り橋である。

f:id:Margatroid:20200219203754j:plain

f:id:Margatroid:20200219203759j:plain

f:id:Margatroid:20200219203804j:plain

 

みやま橋という。

f:id:Margatroid:20200219203813j:plain

f:id:Margatroid:20200219203808j:plain

 

吊り橋を渡って先へ。

大木が崩れ落ちてきている。

f:id:Margatroid:20200219203817j:plain

 

地面に刺さっているところを見ると結構前からなのだろうか。

f:id:Margatroid:20200219203822j:plain

 

土砂崩れ対策か、比較的新しい木の柵が設けられていた。

f:id:Margatroid:20200219203827j:plain

 

途中気になっている木が。

f:id:Margatroid:20200219203836j:plain

 

トカゲが木に登っているような感じの形。偶然の産物。

f:id:Margatroid:20200219203844j:plain

 

ここから見えるのは高尾山ICか。

f:id:Margatroid:20200219203850j:plain

 

階段を下っていくと、2号路との分岐があった。

f:id:Margatroid:20200219203855j:plain

f:id:Margatroid:20200219203901j:plain

 

分岐を通過すると1号路に合流した。

f:id:Margatroid:20200219203906j:plain

f:id:Margatroid:20200219203911j:plain

 

ここからは1号路で下っていく。

f:id:Margatroid:20200219203916j:plain

 

たこ杉。

f:id:Margatroid:20200219203921j:plain

 

街並みを望む。

スカイツリーなど若干霞んではいるものの、輪郭は見える。

f:id:Margatroid:20200219203925j:plain

 

舗装された下り坂を下っていく。

f:id:Margatroid:20200219203932j:plain

 

ようやくぱらぱらと登山客が見え始めた。

f:id:Margatroid:20200219203937j:plain

 

沢沿いまで下ってきた。時折車が通り抜ける。

f:id:Margatroid:20200219203943j:plain

 

ゴール。

f:id:Margatroid:20200219203947j:plain

f:id:Margatroid:20200219203952j:plain

f:id:Margatroid:20200219204002j:plain

 

かなり閑散としている。

花粉症の季節というのもあるが、例のコロナウイルス関連だろうか。

f:id:Margatroid:20200219203956j:plain

 

店もまだ開いていない。

とりあえず高尾山口駅前の水場で靴の泥を落とした。

f:id:Margatroid:20200219204006j:plain

f:id:Margatroid:20200219204010j:plain

 

コインロッカーからウェアを取り出し、準備ができたところで駐車場へ。

しかしまだカラーコーンも貼り紙も貼られていなかったので

入口付近のボックスの人に声をかけて料金を払った。

 

さて出発。現在9時半。

大垂水峠方面へ向かう。

f:id:Margatroid:20200219204016j:plain

f:id:Margatroid:20200219204020j:plain

 

峠を越えて相模原市へ。

しかしながら大型トラックが前の方にいて流れが悪い。

平均時速は40km/hを切っていたかも (--;

 

そんな状態がずっと続いて途中のローソンへピットイン。

この後深城ダムの方へ行き、丹波山村の方へ行くが、

昼食をとれるのが少し遅くなりそうなのでここでちょっと食べました。

朝食をとったのも朝4時台なので‥

f:id:Margatroid:20200219210749j:plain

 

出発。

途中県道505号線に折れ、民家の付近を通り抜けていく。

f:id:Margatroid:20200219204024j:plain

f:id:Margatroid:20200219204029j:plain

 

そしてR139に入った。

f:id:Margatroid:20200219204034j:plain

 

基本的に交通量の少ない道幅の広い快適な道が続く。

f:id:Margatroid:20200219204041j:plain

f:id:Margatroid:20200220150808j:plain

f:id:Margatroid:20200219204047j:plain

 

姫神社。

f:id:Margatroid:20200219204052j:plain

 

そういえば途中で以前から工事している箇所があるが、

どうやら新しいバイパス・トンネルを建設しているらしい。

f:id:Margatroid:20200219204059j:plain

f:id:Margatroid:20200219204104j:plain

 

建設しているのは上和田バイパスという名称で、

松姫バイパス(トンネル)開通による 交通量増大に対応するためのバイパスらしい。

計画では平成29年度に完成しているはずだったようだが、

用地取得や地質調査による工事方法計画の変更等で

平成28年度の時点での進捗率は50%を切っていた模様。

しかしながら土地の用地取得がようやく完了したようで、

工期が延期され、開通予定は平成34年度、

つまり令和4年度=2022年度ということになる。

確かにこの辺は集落があるので、狭い道にトラックが多くなると

危険なのだろう。

f:id:Margatroid:20200223110448j:plain

 

唐沢トンネルを通過。

f:id:Margatroid:20200219204108j:plain

 

トンネルを抜けると深城ダムが見えてきた。

f:id:Margatroid:20200219204114j:plain

f:id:Margatroid:20200219204119j:plain

f:id:Margatroid:20200219204123j:plain

 

その先の展望場所からふかしろ湖を望む。

f:id:Margatroid:20200219204129j:plain

f:id:Margatroid:20200219204134j:plain

f:id:Margatroid:20200220150813j:plain

f:id:Margatroid:20200220150818j:plain

 

対岸に葛野川トンネルが見えた。

f:id:Margatroid:20200219204141j:plain

 

例の湖に沈んでいく廃道ヘアピンも見える。

f:id:Margatroid:20200219204146j:plain

f:id:Margatroid:20200219204152j:plain

 

で、いつも通り小金沢公園に行こうと思ったのだが‥ん?

f:id:Margatroid:20200219204156j:plain

 

ん?

f:id:Margatroid:20200223111001j:plain

 

冬季閉鎖されているのはトイレの話では‥と進んでみると

本当に公園自体が冬季閉鎖っぽい。

f:id:Margatroid:20200219204203j:plain

 

これだけ前面にカラーコーンを置いているということはそうなのだろう。

トイレが冬季閉鎖になることは知っていたが、

公園が冬季閉鎖になったとは知らなかった。

 

A(高尾山口 → R20(甲州街道) → 大垂水峠

   → ローソン大月富浜店 → B(県道505号旧甲州街道

          C(R139)小金沢公園(冬季閉鎖中)

f:id:Margatroid:20200223112036j:plain

 

そしておなじみの万年閉鎖中の真木小金沢林道深城~大峠区間

f:id:Margatroid:20200219204209j:plain

 

林道自体も今は冬季閉鎖中ですがね。

 

で、逆に冬季閉鎖されていると思っていた展望台の方の道のゲートが開いていた。

f:id:Margatroid:20200219204215j:plain

 

廃道ヘアピンの見える橋の方へ。

f:id:Margatroid:20200220150822j:plain

 

すると見覚えのない物が建っていた。

f:id:Margatroid:20200219210802j:plain

 

カメラ付きらしい。

f:id:Margatroid:20200219210734j:plain

 

防犯も兼ねているが、湖の様子を監視するための物なのだろう。

それが設置されたおかげか、以前は生い茂っていた木々が伐採されて

廃道ヘアピンが再び見やすくなっていた。

f:id:Margatroid:20200219204235j:plain

f:id:Margatroid:20200219204224j:plain

f:id:Margatroid:20200219204229j:plain

 

というかさっきから風がかなり強い。風速5m以上はある。ついでに風が冷たい。

湖に時おり波ができるくらいだった。

f:id:Margatroid:20200219204240j:plain

 

小金沢公園入口前の橋の方に戻る。

ダム湖。前回は台風で茶色に濁っていた。

margatroid.hatenadiary.jp

f:id:Margatroid:20191018155955j:plain

 

すっかり元の緑色に戻った。

f:id:Margatroid:20200219204251j:plain

f:id:Margatroid:20200219204256j:plain

 

出発。

深城トンネルを抜けるとすぐに林道葛野川線があるが、

ずっと前からゲートで塞がれたままである。

f:id:Margatroid:20200219204303j:plain

f:id:Margatroid:20200219204307j:plain

 

この道は割と続いていて、真木小金沢ツーリングの時にR139旧道を歩いた際、

上からロックシェッドの洞門などが見えていた。

 

松姫トンネルと旧道奈良倉トンネル。

f:id:Margatroid:20200219204312j:plain

f:id:Margatroid:20200219204317j:plain

 

ちなみに旧道のゲートは左側が微妙に隙間が空いているが、

小菅村との境のゲートはがっちりゲートなので抜けられませんw

(画像は2017年の物)

f:id:Margatroid:20200303181635j:plain

 

現在12時半。この後は温泉入って帰る予定なのだが

まだ時間も少しあるので深城ダム管理事務所にちょっと戻ることに。

f:id:Margatroid:20200219204346j:plain

 

深城ダム管理事務所に到着。

f:id:Margatroid:20200220150837j:plain

f:id:Margatroid:20200219204519j:plain

f:id:Margatroid:20200219204513j:plain

 

A(小金沢公園;冬季閉鎖中)B(廃道ヘアピン観察)

        C(奈良倉トンネル)深城ダム管理事務所

f:id:Margatroid:20200223115627j:plain

 

上からダムを望む。

f:id:Margatroid:20200219204356j:plain

f:id:Margatroid:20200219204401j:plain

 

ダムの上を歩く。

一時期クマ出没のためここの通行が制限されていた。

f:id:Margatroid:20200219204351j:plain

f:id:Margatroid:20200219204405j:plain

f:id:Margatroid:20200219204410j:plain

f:id:Margatroid:20200219204419j:plain

f:id:Margatroid:20200219204424j:plain

 

深城ダム展望台。

f:id:Margatroid:20200219204433j:plain

 

先へ。

斜め向かいに管理用の坑口があり、中は扉で閉まっている。

f:id:Margatroid:20200219204415j:plain

 

流木の置き場だろうか。路肩にたくさん積まれている。

f:id:Margatroid:20200219204429j:plain

 

進んでいくと、右手に湖に沈んでいく廃道があった。

f:id:Margatroid:20200219204438j:plain

 

いつも見ていた廃道ヘアピンと湖底で繋がっているのだろうか。

f:id:Margatroid:20200219204448j:plain

 

地面が割れて穴が空いていた。

f:id:Margatroid:20200219204452j:plain

 

先へ進むと、さっきいつもの廃道ヘアピンを観測した道の先にある、

葛野川トンネル脇の所に出た。

f:id:Margatroid:20200219204442j:plain

 

管理事務所の方へ戻る。トイレを借りて出発。

f:id:Margatroid:20200219204523j:plain

f:id:Margatroid:20200220150843j:plain

 

若干雪が残っていた。

f:id:Margatroid:20200219204530j:plain

 

GoogleMapで何となくわかっていたが、一部工事のため迂回した。

f:id:Margatroid:20200219204535j:plain

f:id:Margatroid:20200301154741j:plain

 

次の目的地は道の駅たばやま近くにあるのめこい湯。

f:id:Margatroid:20200219204540j:plain

 

丹波山村に入った。

f:id:Margatroid:20200219204546j:plain

f:id:Margatroid:20200219204552j:plain

 

R411に入り、道の駅たばやまに到着した。

f:id:Margatroid:20200223102838j:plain

f:id:Margatroid:20200220150849j:plain

 

A(深城ダム管理事務所) → 松姫トンネル → B(県道18号線)

                C(R411)道の駅たばやま

f:id:Margatroid:20200301162013j:plain

 

のめこい湯は道の駅の下、裏側の方にある。

f:id:Margatroid:20200219204602j:plain

 

裏側にまわると吊り橋が下に見えた。

f:id:Margatroid:20200219204607j:plain

 

本日二回目の吊り橋を渡る。

f:id:Margatroid:20200219204611j:plain

f:id:Margatroid:20200220150853j:plain

 

のめこい湯に到着。

道の駅たばやまには何度か来ていて気になっていた温泉。

f:id:Margatroid:20200219204616j:plain

 

中へ。

まずは靴を靴ロッカーに入れ、券売機で入浴券を購入。

ちなみに貴重品ロッカーがカウンター向かいにあり、

自動音声な感じでタッチパネルで操作するというハイテクな感じだった。

 

脱衣所へ。

ロッカーは30Lのリュックが余裕で入る大きさ。

ウェアと上着もあったので複数使わせてもらいました。

ツーリング時の温泉のロッカーは調査必須。

 

浴場へ。

中は内湯、熱めのお湯、水風呂の他に外に露天風呂とイベント風呂がある。

ちなみに毎日男女ローマ風風呂と和風風呂の入れ替え制で、

今日はローマ風呂だった。

 

露天風呂は外はもちろん寒かったがその分熱い露天風呂につかると気持ち良かった。

また、樽風呂なる風呂があり、一人用でお椀の中に入るような感じだったが

割といい感じで浸かることができた。

最後に内湯でゆっくりした。

 

風呂からあがってさっぱりした後にレストランへ。

現在14時過ぎの遅い昼食。

お腹が割と空いていたのでカツなどが食べたくなったが、

松屋で肉系の定食を食べたので、ここは山女魚の塩焼き定食を選ぶ。

 

券売機で食券を購入すると、出来上がったときに番号で呼ばれるので

そのまま席に着くセルフ式。

やがて番号を呼ばれて取りに行った。

 

が、数秒フリーズ。

 

何故か?

f:id:Margatroid:20200220153748j:plain

 

‥おわかり頂けただろうか?

いや、自分にしかわかるまい。

とても美味しそうである。が、が、が、

 

とろろがああああ(大の苦手)

f:id:Margatroid:20200301161809j:plain

 

ぐっ‥…!な、何故‥

さっきのメニューの写真では‥‥とろろは入っていなかった。

が‥、小鉢が変更になるのは世の常‥!

 

((どうしよう))

 

千葉ツーリングの時にも触れたのだが、

ウチはとろろが苦手というかトラウマを抱えていた。

 

とはいえ、一切手を付けないというのもアレなので、tryすることに。

とろろ自体は2015年の佐渡ツーリングの際、朝食で出た

漬けマグロのとろろ和え的なモノを食べて何とか大丈夫だった。

 

とろろってどうやって食べるんだっけ?というレベル。

醤油を混ぜればいいのだろうか。わさびはちょっとやめておいた。

醤油を少しずつ垂らして混ぜる。

そして‥ご飯にかけてみる。少しずつ。

 

食べてみる。うっ‥

サクサクの天ぷらや、山女魚の塩焼きは美味しかった。

ただ、とろろを処理するのにだいぶ頼ってしまった。

ご飯も大盛りにすればよかった。いや、とろろがついてくるなんて

知らなかったから仕方がない。

 

なんとかとろろは3分の2近くは食べました。

味はまあ‥悪くはない。問題はやはり食感。

納豆は大好きだが、このねばっとした水っぽい感じがダメだ。

吐くことはしなかったが、やっぱりとろろはダメだという結論に。

納豆もウチはあまり混ぜないですしね‥

 

まさかの試練を終えて食堂を出る。

ウェアなどをロッカーから取り出して準備をした。

 

のめこい湯を出て道の駅たばやまに戻る。

f:id:Margatroid:20200219204621j:plain

 

直売所でお土産をいくつか買った。

f:id:Margatroid:20200219204626j:plain

 

ちなみに辛い柿の種がお気に入りでいつも買うんですが、

賞味期限が迫っている物しかなかった。

あと半月で2個食べなきゃ (^^;

 

道の駅を出発。

R411を奥多摩方面へ快走。

f:id:Margatroid:20200219204632j:plain

f:id:Margatroid:20200219204637j:plain

f:id:Margatroid:20200219204641j:plain

 

やがて周遊道路へ入った。

f:id:Margatroid:20200219204646j:plain

f:id:Margatroid:20200219204651j:plain

 

時期が時期なので路面状態を探りながら走る。

対面からは数台車とバイクを見かけたが、もう15時を過ぎており、

かなり閑散としていた。

 

月夜見第一駐車場へ。

写真を撮っている人が数人いた。

f:id:Margatroid:20200219204701j:plain

f:id:Margatroid:20200219204705j:plain

f:id:Margatroid:20200220150858j:plain

 

奥多摩湖を望む。

f:id:Margatroid:20200219204656j:plain

 

出発。

路面の方は終始大丈夫な感じだった。

 

数馬を越えてだいぶ下りてきた。

f:id:Margatroid:20200219204710j:plain

 

県道33号線との分岐。

上野原の方から帰ることにした。

f:id:Margatroid:20200219204714j:plain

f:id:Margatroid:20200219204720j:plain

f:id:Margatroid:20200219204725j:plain

f:id:Margatroid:20200219204730j:plain

 

途中速度防止のための段差が続く。

二輪車にはつらい (^^;

f:id:Margatroid:20200220150801j:plain

 

途中から少し飛ばしている軽がいて、前方の車を煽っていた。

煽り運転ダメ、絶対。

f:id:Margatroid:20200219204736j:plain

f:id:Margatroid:20200219204741j:plain

 

ま、今は後方レコーダーを搭載している車輌も珍しくないですが‥

 

やがて甲州街道に入った。

大垂水峠を越え、高尾山口を通過。今朝寄ったファミマに再びピットインした。

ここでレッドブルを注入し、下道も空いていたので下道で帰りました。

 

今年一発目の高尾山登山に温泉と定番のコースでした。

とろろにはしてやられましたが、のめこい湯もなかなか良かった。

山梨の温泉レパートリーに追加決定ですな。

小金沢公園が冬季閉鎖になるのは知らなかったなあ‥

 

今回の走行距離は282.3kmでした。

f:id:Margatroid:20200302104701j:plain

千葉房総ツーリング Jan.2020 ~ 東仲尾沢トンネル・安房グリーンライン・林道畑2号線(撤退) ~

年明け一発目の恒例の千葉ツーリング。

しかし本来の計画ではちょっとした登山か、遊歩道を歩くプランなどがあったが、

いずれも台風の影響で未だ復活できていないとのことで先延ばしになった。

とりあえず今回は千葉房総に走りに行きたい気分だったので出発。

 

R357で千葉県に入り、千葉市街を抜けてR16に切り替わる。

f:id:Margatroid:20200107180248j:plain

 

工業地帯へ。こちらも順調に抜けていく。

f:id:Margatroid:20200107180252j:plain

 

途中、県道300号線に入って更に県道24号線で南下。

片側二車線、国道並みの高規格道路。

f:id:Margatroid:20200107180256j:plain

 

そのままR410との重複区間となる。

f:id:Margatroid:20200107180302j:plain

f:id:Margatroid:20200107180307j:plain

 

途中道の駅があったのでトイレ休憩とすることにした。

木更津うまくたの里というらしい。

f:id:Margatroid:20200107181115j:plain

 

A(R357) → R16 → B(県道300号線)

            C(県道24号線)道の駅木更津うまくたの里

f:id:Margatroid:20200108092032j:plain

 

千葉県の特産品である巨大なピーナッツのモニュメントが目立つ。

f:id:Margatroid:20200108091131j:plain

 

そのモニュメントが示すように、ピーナッツ関連の菓子などのお土産が

非常に充実しているようだ。

また、お土産だけでなくグルメにも力をかなり入れているようで、

地元の有名な店とコラボしたレストランもある。

 

トイレ休憩を終えて出発。

途中県道163号線に入った後、県道145号線へ左折して入って更に南へ進む。

f:id:Margatroid:20200108093046j:plain

f:id:Margatroid:20200107180313j:plain

f:id:Margatroid:20200107180319j:plain

 

県道145号線は途中左に折れていくがそのまま直進していく。

f:id:Margatroid:20200107180324j:plain

 

「広域農道」という標識があった。

f:id:Margatroid:20200108093220j:plain

 

この辺は伐採した枝や葉などの野焼きが行われている。

煙の香りがすると田舎にきたなあという感じがしますな

f:id:Margatroid:20200107180330j:plain

f:id:Margatroid:20200107180335j:plain

 

のどかな道を快走。

f:id:Margatroid:20200107180339j:plain

f:id:Margatroid:20200107180344j:plain

 

市街地以外はグッと交通量が減るので快適である。

f:id:Margatroid:20200107180348j:plain

 

千葉県でよく見られる地層。

f:id:Margatroid:20200107180354j:plain

f:id:Margatroid:20200108093740j:plain

 

時折草などが白くなっているのが見られる。

やはり霜のようだ。今日は風がないためそこまで体感的には寒くないが、

日陰部分では寒い箇所もあった。

f:id:Margatroid:20200107180400j:plain

 

途中にあるR410旧道への分岐へ。

逆光でややフレアがかかっていて見づらい‥

f:id:Margatroid:20200107180404j:plain

 

ちょっと進んでみるとT字路交差点になっており、

f:id:Margatroid:20200107180409j:plain

 

右手は閉鎖されたR410旧道で、

f:id:Margatroid:20200107180418j:plain

 

左手は林道淵ヶ沢奥米線。‥通行止め。

f:id:Margatroid:20200107180423j:plain

f:id:Margatroid:20200108094937j:plain

 

倒木、崩落、、はい、台風。

f:id:Margatroid:20200108094941j:plain

 

A(道の駅木更津うまくたの里) → 県道163号線 → B(県道145号線)

          C(広域農道)D(R410/R465)分岐(通行止め)

f:id:Margatroid:20200108094513j:plain

 

東に淵ヶ沢奥米線が、そしてR410の現道に沿って旧道が続いている。

f:id:Margatroid:20200108095537j:plain

 

これは撤退するしかない。

そもそも何故ここの分岐を行こうとしたのかと言えば、

この先にあの有名な廃車のランクルがある三島隧道があり、

ランクル側は台風の被害で進むのがかなり困難になっているだろうが、

反対側なら林道をまわって(封鎖された)隧道坑口を拝めるかなと思ったからである。

 

A=現在地

f:id:Margatroid:20200108101940j:plain

 

撤退を余儀なくされた。

f:id:Margatroid:20200107181120j:plain

 

ただ、GoogleMapを見ると反対側の方から伸びている道がある。

こっちから行けないだろうかと思った。

f:id:Margatroid:20200108102528j:plain

 

なので県道34号線まで南下し、途中で右折して北上。

f:id:Margatroid:20200107180427j:plain

 

田んぼの道を進む。

f:id:Margatroid:20200107180433j:plain

f:id:Margatroid:20200107181125j:plain

 

途端に竹林の中という感じになった。

f:id:Margatroid:20200107180438j:plain

f:id:Margatroid:20200107181131j:plain

 

抜けるとまだ民家があり、先に進む。

f:id:Margatroid:20200107180443j:plain

 

が、ゲートがあった。

f:id:Margatroid:20200107180448j:plain

 

見るからに獣用の柵なんだろうが、何も書かれていないのが逆に入るのをためらわれた。

ちなみに鍵は開けようと思えば開けられる一般的な獣用ゲートだった。

 

結局ここで再度撤退することにした。

ただ、後で調べてみると反対側から来た人のブログもいくつかあり、

ゲートの前でUターンした人もいれば柵を開けて抜けた人もいる。

 

更に追記しておくと、ここは林道大幡線というらしく、

反対側の林道看板には「電気柵有 許可者以外通行不可」という但し書きもあるらしい。

まぁそれはともかくとして、結局のところここで撤退を決めたのも

さっきのパターン(淵ヶ沢奥米線)からし

接続する横尾林道の無理だろうという推測があったからである。

実際はどうかわかりませんが‥

 

それにしても傾斜のかなりあるカーブの途中なので慎重にUターン‥

f:id:Margatroid:20200107181136j:plain

 

ちなみにここが林道大幡線ということに気付いたのはこのUターンの後。

林道看板を見て知った。こっち(県道34号線)方面にしか無いのは何故だろう。

一応この場所が3分岐になっているからだろうか。

f:id:Margatroid:20200107180459j:plain

f:id:Margatroid:20200108105505j:plain

 

A(通行止め) → R410君鴨トンネル → B(県道34号長狭街道) → 右折 → 林道大幡線

f:id:Margatroid:20200108112026j:plain

f:id:Margatroid:20200107180505j:plain

 

気を取り直して次の目的地へ向かう。

県道34号長狭街道から県道88号線に入って南下。

f:id:Margatroid:20200107180511j:plain

f:id:Margatroid:20200107180516j:plain

 

千葉県の県道は山梨とはまた違う落ち着いた雰囲気がある。

f:id:Margatroid:20200107180520j:plain

f:id:Margatroid:20200107180526j:plain

 

険道185号線。

当然、通行止め。

f:id:Margatroid:20200107180536j:plain

f:id:Margatroid:20200108105952j:plain

 

更に南下していくと「工事中」と記載された青看がある。

f:id:Margatroid:20200107180541j:plain

f:id:Margatroid:20200108110118j:plain

 

「0.7km先 ×」と記載されている。この先に何があるのか。

今までここを何度か通っていたけどあまり気に留めなかった。

 

ここで右折するとまず新しそうなトンネル。

f:id:Margatroid:20200107180546j:plain

 

西之谷トンネル。ちなみに「にしのやつ」と読む。

反対側坑口。

f:id:Margatroid:20200107180711j:plain

 

共に描かれているのは里見八犬伝に出てくる伏姫と犬。

f:id:Margatroid:20200108110649j:plain

 

あいにく古文や文学の知識に乏しいウチは「里見八犬伝」という

単語しかわからないレベルで、内容も知らないし読んだこともない。

ここで「ああ、『南総』(=千葉)で『里見』(=里見氏)か」と

やっと気付いたレベル(ゎ

 

トンネルを通過するとのどかな田園風景。

f:id:Margatroid:20200107180551j:plain

 

で、少し進むと半分だけガードレールで塞がれている。

その先も二車線で続いているような感じ。

f:id:Margatroid:20200107180556j:plain

 

先へ進むと、車線の半分が倒木などで埋まっている。

手入れがされていないことが早々にわかる。

f:id:Margatroid:20200107180601j:plain

 

そして現れたのがまた立派なトンネル。

「東仲尾沢トンネル」という。

f:id:Margatroid:20200107181140j:plain

f:id:Margatroid:20200108111314j:plain

 

 

A(林道大幡線) → 県道34号線(長狭街道) → B(県道88号線)

             → 右折 → 広域農道 → 東仲尾沢トンネル

f:id:Margatroid:20200108112851j:plain

 

完成したのは2000年12月らしい。今から19年前。

f:id:Margatroid:20200107180606j:plain

 

中はそのまま幅の広い二車線道路が続き、特に歩道の広さが目を引く。

f:id:Margatroid:20200107180611j:plain

 

ところがこのトンネルは完成してから一度も供用に至っていない。

何故なら

f:id:Margatroid:20200107180616j:plain

 

こうなっているからである。

f:id:Margatroid:20200107180621j:plain

 

出口がバリケードで塞がれている。

要するにこの先の道が造られていない。

目の前はダート路のような小道が横断している。

f:id:Margatroid:20200107180641j:plain

 

反対側へ出て見たかったが、脇もがっちりゲートで固められていた。

f:id:Margatroid:20200107180636j:plain

 

南京錠もかけられている。

f:id:Margatroid:20200107180646j:plain

 

ただ、後にして思えばベルリンの壁よりも低いゲートくらいなら

軽く越えられただろうと後悔。

 

結局2000年末期に完成したトンネルはそのまま放置されて

手入れもされていない状態が続いている。なんかもったいない。

恐らく一度も点灯したことがないであろう照明もそのままである。

f:id:Margatroid:20200107180625j:plain

 

ただ、トンネル入口の分電盤らしきボックスには通電しているようだった。

f:id:Margatroid:20200107180655j:plain

 

房総半島を横断する安房二期広域農道に指定されている。

何故トンネルまで掘って二十年近くも放置されてしまったのか。

まぁそこには予算と計画、その他諸々の事情があるのだろう。

f:id:Margatroid:20200107180630j:plain

 

引き返す。

トンネル出口前の小道に行けないものかとまわり道して探ってみるが‥

f:id:Margatroid:20200107180701j:plain

 

通行止めの看板があった。

f:id:Margatroid:20200107180706j:plain

 

ちなみにここは林道入口らしく、林道看板が見える。

f:id:Margatroid:20200108114636j:plain

 

かろうじて「仲尾沢線」と読める。

恐らくさっきの出口側に通じている林道なのだろうと思われる。

f:id:Margatroid:20200108115733j:plain

 

林道仲尾沢線はやがて南側を通る林道奥山仲尾沢線に接続するようだ。

 

ちなみに林道奥山仲尾沢線は以前走ったことがある。

ストリートビューカーも通っている、走りやすい舗装路の林道だった。

margatroid.hatenadiary.jp

 

県道88号線に戻り、引き続き南下。

途中の道の駅鄙の里三芳村にてトイレ休憩。

f:id:Margatroid:20200107181146j:plain

 

すると移動交番という警察車輌と、警察官が立っていた。初めて見たかも。

f:id:Margatroid:20200107180717j:plain

 

トイレに寄って出発。

と言ってもこの先R128曲がったところにある店で昼食タイム。

たちばなというそばうどんのお店。

f:id:Margatroid:20200107180721j:plain

 

A(東仲尾沢トンネル) → 県道88号線 → B(道の駅鄙の里三芳村たちばな

f:id:Margatroid:20200108120908j:plain

 

中へ。

最初は天重か天丼にしようかと思ったが、「期間限定」につられ

「天付きたちばな」というセットにした。

そばかうどんを選べるのでそばにした。本来ならうどんで良かったのだが、

あいにく朝にうどんを食べてきてしまったのだ。

f:id:Margatroid:20200108120541j:plain

 

釜揚げそばに天ぷらの盛り合わせ、田舎汁となっている。

天ぷらはサクサクでそばも美味しい。

田舎汁は味が結構濃い感じだがやはり美味しい。

最後に蕎麦湯でいただいた。

f:id:Margatroid:20200107180241j:plain

 

食事を終えて会計を済ませると、粗品として七味のりをいただいた。

七味が好きなウチとしては嬉しい。

 

さて次は安房グリーンラインへ。

稲交差点からグリーンラインに入る。

f:id:Margatroid:20200107180726j:plain

 

快適に流すが、白バイには警戒していた。

f:id:Margatroid:20200107180731j:plain

f:id:Margatroid:20200107181151j:plain

f:id:Margatroid:20200107180736j:plain

 

数台すれ違ったが、バイクは見かけなかった。

というよりここまでバイクをほとんど見かけていない。

f:id:Margatroid:20200107180741j:plain

f:id:Margatroid:20200107180745j:plain

f:id:Margatroid:20200107180751j:plain

 

大規模海底地すべり構造駐車場に到着。

f:id:Margatroid:20200107180755j:plain

f:id:Margatroid:20200107180804j:plain

 

A(たちばな) → R128(外房黒潮ライン)

    → B(安房グリーンライン大規模海底地すべり構造駐車場

f:id:Margatroid:20200108154141j:plain

 

地すべり跡。

f:id:Margatroid:20200107180809j:plain

f:id:Margatroid:20200107180814j:plain

 

一部土砂崩れしそうな箇所もあった。

f:id:Margatroid:20200107180800j:plain

 

林道畑3号線入口。

入口脇にカラーコーンの残骸が置かれている。

f:id:Margatroid:20200107180818j:plain

 

隧道。

通行止めになっているかはわからない。

f:id:Margatroid:20200107180823j:plain

 

そして斜め向かいは畑2号線。

f:id:Margatroid:20200107180837j:plain

 

こちらは明確にカラーコーンとバーが置かれている。

f:id:Margatroid:20200107180833j:plain

 

ちょっと徒歩で先の様子を見に行ってみよう。

落ち葉や木々が多いが何となく行けそうな感じだった。

f:id:Margatroid:20200107180843j:plain

f:id:Margatroid:20200107181155j:plain

 

なので行けるところまでちょっと行ってみることに。

f:id:Margatroid:20200107180848j:plain

 

早々に落ち木が多くなってきた。

f:id:Margatroid:20200107180855j:plain

f:id:Margatroid:20200107181201j:plain

f:id:Margatroid:20200107180901j:plain

 

ちょっとした絨毯のようでもある。

f:id:Margatroid:20200107180906j:plain

 

倒木。

かろうじて端の方が通れそうだ。

f:id:Margatroid:20200107180912j:plain

f:id:Margatroid:20200108140755j:plain

 

ここで落石が目立ってきた。

f:id:Margatroid:20200107180917j:plain

 

すると間もなく倒木により通行できなくなった。

f:id:Margatroid:20200107180925j:plain

 

A(大規模海底地すべり構造駐車場)B(畑3号線)C(畑2号線)通行止め

f:id:Margatroid:20200108154144j:plain

 

恐らくこのすぐ先に隧道があるのだろう。

正直なところいっそ清掃作業でもやりたいくらいだ。

f:id:Margatroid:20200107180932j:plain

 

撤退。

今日は一度も完抜きできていない気がする (^^;

f:id:Margatroid:20200107180936j:plain

 

なんというか、やっぱりこういう道って孤独を感じるんですよね。とても。

f:id:Margatroid:20200107181205j:plain

 

撤退して安房白浜トンネルを抜ける。

f:id:Margatroid:20200107180941j:plain

 

で、畑2号線の反対側からはどうだろうかと思い、行ってみるが‥

f:id:Margatroid:20200107180946j:plain

f:id:Margatroid:20200107180952j:plain

 

う~ん、、行く気しない。。

f:id:Margatroid:20200107180958j:plain

 

A(倒木)安房白浜トンネル → B(通行止め)

f:id:Margatroid:20200108154721j:plain

 

退散した。

R410で西へ。

f:id:Margatroid:20200107181004j:plain

f:id:Margatroid:20200107181010j:plain

 

道の駅白浜野島崎へ寄ってみる。

f:id:Margatroid:20200107181211j:plain

 

ここの道の駅は過去に2、3回ほど帰りに寄っているが、

本当に何もない、ただトイレくらいしかないような道の駅だった。

ただ、近年リニューアルというか、「Farmers Conclerge」という

農家の野菜やおみやげなどを置くようになって少しは道の駅らしくなった模様。

 

中に入ってみるとこじんまりとはしているが、

農作物やおみやげなどが販売されており、

またベーカリー販売も行われていて焼き上げたパン類があった。

縦に長いチュロスのようなカレーパンも販売している。

f:id:Margatroid:20200108170258j:plain

 

そしてここの売りの一つであるスムージー販売もされていたので

ストロベリースムージーを試してみた。

f:id:Margatroid:20200107181215j:plain

 

コレがお世辞抜きに美味しいと思った。

イチゴの果肉がコリコリとした感じで感じられるし、味も割と濃厚だった。

スムージーには全部で4種類あり、それぞれ色んな果物がミックスされている。

パンに合うのではないかと思う。

 

道の駅を出発。

海に向かって西進。

f:id:Margatroid:20200107181015j:plain

 

渚の駅たてやまという場所へ。

目の前には大きなレストランがある。

f:id:Margatroid:20200107181220j:plain

 

そしてその隣の建物は博物館となっている。

f:id:Margatroid:20200107181026j:plain

f:id:Margatroid:20200107181021j:plain

 

入ってみることに。

f:id:Margatroid:20200107181030j:plain

 

千葉房総半島における海の漁に関する船や使われていた道具などの

資料が多数展示されており、漁の歴史を知ることができる。

また、一部さかなクンのコーナーもあった。

 

三十分ほど見学して2Fデッキの方へ。

海を一望。雲がちょっと多いかな。

f:id:Margatroid:20200107181035j:plain

f:id:Margatroid:20200107181225j:plain

 

出発。

次はいつもの道の駅富楽里とみやまへ。

個人的に一番気に入っている道の駅である。

f:id:Margatroid:20200107181231j:plain

f:id:Margatroid:20200107181040j:plain

f:id:Margatroid:20200107181045j:plain

 

A(畑2号線通行止め) → R410 → B(道の駅白浜野島崎)

     → 県道250号線 → C(渚の駅たてやま) → R127 → 道の駅富楽里とみやま

f:id:Margatroid:20200108154153j:plain

 

2Fのレストラン、食事コーナーへ。

f:id:Margatroid:20200107181235j:plain

 

総菜の店があり、ここではつみれ汁も販売している。

今回は鯨の竜田揚げとつみれ汁をいただくことに。

そしたらもう夕方だからと値引きしてくれた上に

つみれ汁のつみれを1個サービスしてもらいました (^^

f:id:Margatroid:20200107181241j:plain

 

鯨肉って初めて食べた気が‥?

レバーに近いような味で美味しい。つみれ汁も変わらず美味しかった。

 

1Fでお土産をいくつか買い、帰ることに。

f:id:Margatroid:20200107181049j:plain

 

いつも通り海沿いのR127で北上していく。

f:id:Margatroid:20200107181056j:plain

 

そういえば何度も通っているのですが何となくスルーしていたあの場所。

途中のトンネル脇のところにこんな変な場所がある。

道の片方が「私有地」とされており、トンネルが約3分の2ほど塞がれている。

f:id:Margatroid:20200107181246j:plain

 

トンネルの中に入ると私有地側?には資材が少し置かれていた。

f:id:Margatroid:20200107181100j:plain

 

どういう事情でこういう形になったのかわからない。

わざわざトンネルまであんな風に塞がれていると揉めたのだろうか

などと思わず勘ぐってしまう。

 

その後は順調にR16に入り、目立った渋滞もなく無事に帰還しました。

f:id:Margatroid:20200107181109j:plain

 

今回は色々と通行止めで頓挫続きだったが、まぁそれでも千葉の道は

走りやすく、東仲尾沢トンネルみたいな場所もなかなか面白かった。

しかし山梨の林道も全滅していたし、台風の影響は大きい。

畑2号線は復活するかは非常に疑問、廃道化してしまうのではないかと思う。

後は当初計画していた場所などが復活してくれることを祈りたい。

今回の走行距離は302.8kmでした。

f:id:Margatroid:20200108155140j:plain

高尾山&山梨ツーリング Nov.2019 ~ 高尾山稲荷山コース・林道菱山深沢線・山梨県道113号甲府精進湖線・右左口峠 ~

先週笛吹市身延町へツーリングに行ったばかりだが、

二週連続でまたツーリングにでかけることになった。

というのも‥‥山梨県道113号甲府精進湖線がようやく通行止め解除となった!

f:id:Margatroid:20191201104511j:plain

 

ここのところ毎日山梨の県道交通規制情報をのぞいていたら

いつの間にか右左口峠のところの通行止めマークが消えていたので

チェックしたら本当に規制解除となっていた。

テンションが一気に上がりました↑

 

‥で、今回無事に走破できたんですが、最初に言わせてください。

もうお腹いっぱい、十分ですw

ええ、一度走れたんで良かったです。多分、もう行きません。

ウチにとってはハードルがちょっと高かったです (^^;

やっぱりホーネットは大人しく舗装路を走るべきだと思いました。

 

まあ前置きはともかくとして、今回は高尾山も登ります。

何気に今年は登っていなかったと思うので。

日の出と共に登るのでやっぱり夜中に出発。

f:id:Margatroid:20191127083414j:plain

f:id:Margatroid:20191127083420j:plain

 

今回はウェアの上に上着を着ていった。ちょうどいい感じ。

 

高尾山口駅までやってきた。

f:id:Margatroid:20191201104704j:plain

 

現在5時40分。もう始発の動いている時間。

日は間もなく昇り始めるころ。

ちなみに駅前ロータリーの鳥居の入口は工事のため封鎖中。

f:id:Margatroid:20191127083424j:plain

 

案内所のところに登山コースの状況が載っていた。

現状6号路のみ通行止めの箇所がある模様。

f:id:Margatroid:20191201120111j:plain

 

コインロッカーにウェアなどの余分な荷物を入れ、

トイレを済ませてから登山口に向かう。

f:id:Margatroid:20191127083434j:plain

 

ケーブルカー乗り場前広場。

まだここにも人は見かけなかった。シーズン中なので

高尾山口駅前にも数人はいるかと思ったが。

f:id:Margatroid:20191127083439j:plain

f:id:Margatroid:20191127083444j:plain

 

今回は稲荷山コース。

f:id:Margatroid:20191127083450j:plain

f:id:Margatroid:20191127083455j:plain

 

登山開始。暗い。

f:id:Margatroid:20191127083459j:plain

 

路面は水たまりがあったりと、基本ウェットだった。

昨日雨が降ったと思われるのと、結露だろう。

 

日の出の時刻になり、少し明るくなり始めた。

f:id:Margatroid:20191127083505j:plain

 

少し息が上がるが、ゆっくり登っていった。

 

朝焼けのような光が差し込む。

木々に彩りを与えているかのよう。

f:id:Margatroid:20191127083510j:plain

 

木が倒れかかっている。元からかな?

f:id:Margatroid:20191127083514j:plain

 

もうすでに暑い。けれどもこの季節なので時折吹く風は冷たくて気持ち良い。

 

稲荷山山頂の小屋へ。

f:id:Margatroid:20191127083519j:plain

f:id:Margatroid:20191127083523j:plain

 

眺望。スカイツリーが割とよく見える。

f:id:Margatroid:20191127083528j:plain

f:id:Margatroid:20191127083533j:plain

 

ここで休憩して水分補給した。その時に一人先に行っていた。

 

休憩を終えて出発。

f:id:Margatroid:20191127083538j:plain

f:id:Margatroid:20191127083542j:plain

 

木の階段があったり平面だったりと、稲荷山コースはバランス的には

ちょうどいい気がする。

f:id:Margatroid:20191127083549j:plain

 

時折吹く冷たい風が心地よい。やはり山を登るのは秋冬がいいですな。

f:id:Margatroid:20191127083553j:plain

 

6号路との分岐。

f:id:Margatroid:20191127083558j:plain

 

ロープが張られ、通行止めとなっている。

f:id:Margatroid:20191127083604j:plain

f:id:Margatroid:20191127083609j:plain

 

下の案内所にあった通り、6号路で通行できるのは

高尾山口から琵琶滝までとなっている。

f:id:Margatroid:20191127083614j:plain

 

引き続き山頂方面に向かって登っていく。

f:id:Margatroid:20191201103905j:plain

 

最後の登り階段へ。

f:id:Margatroid:20191201103911j:plain

 

さすがに一気にというわけにはいかず、

途中で二回ほどインターバルを入れて登った。

 

ようやく高尾山頂に到着。

f:id:Margatroid:20191201103916j:plain

f:id:Margatroid:20191201103921j:plain

f:id:Margatroid:20191201103935j:plain

 

富士山がくっきりと見えた。

f:id:Margatroid:20191201103925j:plain

 

美しい。

f:id:Margatroid:20191201103930j:plain

 

山頂広場。一部色づいているが、本格的な紅葉はもう二週間くらい先か。

f:id:Margatroid:20191201102439j:plain

f:id:Margatroid:20191201104716j:plain

 

別の展望場所からは横浜の方が見える。

雲というか霧で覆われている。

f:id:Margatroid:20191201102450j:plain

 

水飲み場で水を飲んだ。美味しい。

ここでしばらく休憩。

f:id:Margatroid:20191201102456j:plain

 

休憩を終えて下る。登ってくる登山客がちらほら。

f:id:Margatroid:20191201102501j:plain

 

日影林道も通行止め。

f:id:Margatroid:20191201102506j:plain

f:id:Margatroid:20191201102514j:plain

 

高尾山不動堂など。

f:id:Margatroid:20191201102520j:plain

f:id:Margatroid:20191201102524j:plain

f:id:Margatroid:20191201102530j:plain

 

薬王院本堂。

f:id:Margatroid:20191201102535j:plain

f:id:Margatroid:20191201102539j:plain

f:id:Margatroid:20191201102550j:plain

f:id:Margatroid:20191201102555j:plain

f:id:Margatroid:20191201102600j:plain

 

お土産付近。思ったよりまだ人はいなかった。

f:id:Margatroid:20191201102545j:plain

 

参道の途中で土砂崩れの箇所があった。台風19号の影響か。

f:id:Margatroid:20191201102605j:plain

 

分岐を右手に進み、男坂を下る。ぱらぱらと登山客が増えてきた。

f:id:Margatroid:20191201104722j:plain

f:id:Margatroid:20191201102611j:plain

f:id:Margatroid:20191201102617j:plain

 

 

山道へ。

緩やかな坂を下っていく。

f:id:Margatroid:20191201102623j:plain

 

金比羅台の方へ。

f:id:Margatroid:20191201102628j:plain

 

金比羅神社

f:id:Margatroid:20191201102646j:plain

 

金比羅台からの眺め。

色づき始めた甲州街道沿いのイチョウ並木が見える。

f:id:Margatroid:20191201102634j:plain

f:id:Margatroid:20191201102641j:plain

 

さて下っていくが、ここでT字路分岐となっている。

右がいつも下っている高尾山口方面、左が高尾駅となっている。

f:id:Margatroid:20191201102651j:plain

f:id:Margatroid:20191201110701j:plain

 

若干遠回りになるが、今回は高尾駅方面に下ってみることにした。

f:id:Margatroid:20191201102656j:plain

 

ここは金比羅台歩道という。

高尾山には何度も来ているが、ここを下りていくのは初めてだ。

f:id:Margatroid:20191201102702j:plain

 

道はやや細く、1号路にいた人気は一気になくなった。

あと蜘蛛の巣があり、そのうち二ヶ所は道を塞ぐように

大きなクモと巣があったので、一部お邪魔して下からくぐった。

f:id:Margatroid:20191201111120j:plain

 

景信山山頂手前の切り通しのような場所もあった。

f:id:Margatroid:20191201102707j:plain

f:id:Margatroid:20191201111258j:plain

 

途中から結構ウェットな状態になった。

葉っぱも濡れている。

f:id:Margatroid:20191201102712j:plain

f:id:Margatroid:20191201104736j:plain

 

足を滑らせないようにしながら進んだ。

f:id:Margatroid:20191201102718j:plain

 

手すりが出現。

f:id:Margatroid:20191201102723j:plain

 

ようやく下に降り立った。民家がある。

f:id:Margatroid:20191201102728j:plain

f:id:Margatroid:20191201102738j:plain

 

いま下ってきた登山口。

f:id:Margatroid:20191201102733j:plain

 

ちょうど数人のパーティがここから登り始めるところだった。

 

甲州街道に出た。

f:id:Margatroid:20191201111544j:plain

 

高尾山口駅に戻ると登山客が集まっている。

f:id:Margatroid:20191201102743j:plain

 

ケーブルカー乗り場前。ここはそれほど人は多くなかった。

係員が拡声器で広報していた。

f:id:Margatroid:20191201102759j:plain

 

お土産を買う。ウチが気に行っているのは高尾山せんべい。

f:id:Margatroid:20191201102748j:plain

f:id:Margatroid:20191201102808j:plain

 

駅入口に戻り、洗い場で靴の泥を落とした。

f:id:Margatroid:20191201111811j:plain

 

コインロッカーから荷物を取り出し、出発。

f:id:Margatroid:20191201102814j:plain

 

高尾ICのところに警察官がいた。取り締まり?

f:id:Margatroid:20191201102821j:plain

 

大垂水峠へ。

一部工事による交互片側通行があった。

f:id:Margatroid:20191201102826j:plain

f:id:Margatroid:20191201102831j:plain

 

大垂水峠を越えて相模原市へ。

f:id:Margatroid:20191201102836j:plain

 

そのまま順調に走って行き、大月ICまでやってきた。

この先は例の法雲寺橋が崩落しているので通行止めとなっている。

f:id:Margatroid:20191201102841j:plain

 

今回も一度ここのキグナスで給油しておいた。

 

Uターンして大月ICへ。

f:id:Margatroid:20191201102846j:plain

 

新笹子トンネルを通り、勝沼ICで降りてR20を大月方面に戻る。

f:id:Margatroid:20191201102851j:plain

 

県道217号線へ。

f:id:Margatroid:20191201102856j:plain

 

ここは7月の林道ツーリング以来。

margatroid.hatenadiary.jp

あのときは菱山深沢線の途中からが工事による通行止めになっていたが、

現在は工事は行われているものの規制解除されている。

皮肉なことに現在は前回通行止めだった菱山深沢線だけが走行可能で、

それ以外の前回走行した林道(嵯峨塩深沢・砥山・

焼山沢真木西・入間白岩・日川)は全て通行不可となっている。

 

というわけで、「前回の補完」という意味で菱山深沢線へ向かう。

f:id:Margatroid:20191201102902j:plain

 

工事の看板はまだ残っていた。「規制なし」という貼り紙が貼られている。

f:id:Margatroid:20191201102908j:plain

f:id:Margatroid:20191201102914j:plain

 

林道菱山深沢線入口に到着。

f:id:Margatroid:20191201102918j:plain

f:id:Margatroid:20191201102923j:plain

 

A(高尾山口大垂水峠キグナス大月ICSS → B(大月IC)

  中央自動車道 → 笹子トンネル → C(勝沼IC)

    → R20(勝沼バイパス) → 県道217号線 → 林道菱山深沢線

f:id:Margatroid:20191119163911j:plain

 

前回はこのT字路を間違えて右に曲がってすぐ通行止めだった。

f:id:Margatroid:20191201102927j:plain

 

一部は路面が濡れているものの、走行には支障なし。

f:id:Margatroid:20191201102932j:plain

f:id:Margatroid:20191201102938j:plain

f:id:Margatroid:20191201102942j:plain

f:id:Margatroid:20191201112946j:plain

 

林道嵯峨塩深沢線(右)との分岐。

f:id:Margatroid:20191201102959j:plain

 

現在は台風19号の影響で通行止めとなっているが、

入口には通行止め看板がなかった。

ただ、このすぐ先にゲートがあるのでそこで通行止めになっているのだろう。

f:id:Margatroid:20191201103004j:plain

 

二枚目の工事看板。

f:id:Margatroid:20191201103010j:plain

f:id:Margatroid:20191201103015j:plain

 

富士山が見えた。

f:id:Margatroid:20191201103020j:plain

f:id:Margatroid:20191201103027j:plain

 

景色も良い。

f:id:Margatroid:20191201103031j:plain

f:id:Margatroid:20191201103036j:plain

f:id:Margatroid:20191201103041j:plain

f:id:Margatroid:20191201103048j:plain

f:id:Margatroid:20191201103053j:plain

 

若干落ち葉が増えてきた。

f:id:Margatroid:20191201103059j:plain

f:id:Margatroid:20191201103104j:plain

 

ゲートを通過して、

f:id:Margatroid:20191201103110j:plain

 

大滝山不動尊入口。

車が一台停まっていた。この先に登っていったのだろう。

f:id:Margatroid:20191201103115j:plain

 

三枚目の工事看板。

駐車スペースは相変わらず工事中というか、

ショベルカーや残土置き場と化している。

f:id:Margatroid:20191201103120j:plain

 

前回はここまで。今回は先へ進む。

f:id:Margatroid:20191201103125j:plain

f:id:Margatroid:20191201103131j:plain

 

一部水浸しになっていた。

f:id:Margatroid:20191201103135j:plain

 

やはり秋の林道は木々が綺麗だなあ。

f:id:Margatroid:20191201103141j:plain

 

現在も工事している箇所と思われる。この先に工事の人も数人いた。

f:id:Margatroid:20191201103146j:plain

 

その先も秋の雰囲気を感じさせる。

f:id:Margatroid:20191201103152j:plain

f:id:Margatroid:20191201103159j:plain

f:id:Margatroid:20191201103204j:plain

 

日影笹子線を思わせるような木々が美しい。

f:id:Margatroid:20191201103209j:plain

 

勝沼の町並みが見える。

f:id:Margatroid:20191201103214j:plain

 

するとゲートが出現した。

f:id:Margatroid:20191201103219j:plain

 

こちら側には何も書いていないし、「さわるな!」という警告があった。

電気を流している模様。

f:id:Margatroid:20191201113610j:plain

 

さすがにこのゲートには流れていないと思うがグローブで慎重に

鍵を開けてホーネットを通した。

f:id:Margatroid:20191201103230j:plain

 

やはり鳥獣対策用のゲートだった。

恐らく電気自体は有刺鉄線の方に流れているか、

もしくは流していないのかもしれない。

f:id:Margatroid:20191201103225j:plain

 

この類のゲートは前回のツーリングの黒坂里道林道でもあった。

 

そこを抜けると視界が開けてきた。

f:id:Margatroid:20191201103234j:plain

f:id:Margatroid:20191201103239j:plain

 

町が近いのでもうすぐ終点か。

f:id:Margatroid:20191201103243j:plain

 

下までやってきた。

f:id:Margatroid:20191201103248j:plain

 

林道の標柱。どうやらこちらが起点らしい。

f:id:Margatroid:20191201103254j:plain

 

フルーツラインへ。

f:id:Margatroid:20191201103301j:plain

 

A(林道菱山深沢線)フルーツライン

f:id:Margatroid:20191121155427j:plain

 

快適な道を南に向かって走る。

f:id:Margatroid:20191201103308j:plain

 

勝沼バイパスで西へ。

f:id:Margatroid:20191201103312j:plain

 

現在14時になろうとしている。

まずは一旦昼食もとりたかったが、この次は本命の甲府精進湖線に向かうので

あまり遅くはなりたくなかった。

とりあえず道の駅がこの先にあるようなので向かう。

f:id:Margatroid:20191201103317j:plain

 

道の駅とよとみに到着。漢字で書くと「豊富」。

かつて2006年まで2月まであった村の名前らしい。

f:id:Margatroid:20191201103322j:plain

 

A(フルーツライン) → R20(勝沼バイパス)

               → R140(笛吹ライン) → 道の駅とよとみ

f:id:Margatroid:20191121155813j:plain

 

すると納豆の自販機があった。

f:id:Margatroid:20191201103326j:plain

 

納豆好きとしては反応してしまう。

 

レストランへ。ポークカツ定食にしようと思いきや売り切れ?らしかったので

ポークソテーにした。

f:id:Margatroid:20191201104742j:plain

 

ジューシーで美味しいんですが、時間が少し気になって

あまりゆっくり味わえなかった (^^;

 

道の駅を出発。現在15時過ぎ。時間的にはまだ大丈夫かな。

f:id:Margatroid:20191201103331j:plain

f:id:Margatroid:20191201104746j:plain

 

集落を過ぎて山の方に入っていく。

f:id:Margatroid:20191201103336j:plain

f:id:Margatroid:20191201103340j:plain

 

甲府精進湖線の開通記念碑。

陸上自衛隊が開通した道路らしい。

f:id:Margatroid:20191201103349j:plain

 

右左口神社の鳥居があった。

f:id:Margatroid:20191201103353j:plain

 

R358の橋桁をくぐる。

f:id:Margatroid:20191201103359j:plain

 

ゲート前にやって来た。すぐ隣をR358が通っている。

f:id:Margatroid:20191201103404j:plain

 

A(道の駅とよとみ) → 県道29号線 → 県道113号線(甲府精進湖線)

f:id:Margatroid:20191121161027j:plain

 

いざダート路を登っていく。

f:id:Margatroid:20191201103411j:plain

 

早々に舗装&地割れの道に。

f:id:Margatroid:20191201103417j:plain

 

厄介なのが地割れ&大きめの落石。

f:id:Margatroid:20191201103422j:plain

f:id:Margatroid:20191201104751j:plain

f:id:Margatroid:20191201103427j:plain

 

ほとんど1速で走行していた。

f:id:Margatroid:20191201103432j:plain

f:id:Margatroid:20191201103437j:plain

 

というかいきなり苦戦していた。とにかく地割れと落石が厳しい。

一度そこでバランスを崩しそうになって何とか停車したものの、

停止した場所が地割れ&落石箇所で、発進しようとするとリアが

不安定な石の上にあるため、空転して横にズズッと滑り出すして、

倒れそうになるし、慎重にクラッチを繋ぎながら本当に少しずつ登った。

f:id:Margatroid:20191201103443j:plain

 

最初からこんなに苦戦してこのまま突っ込んで本当に大丈夫だろうか?

なんて思っていた。

f:id:Margatroid:20191201103447j:plain

f:id:Margatroid:20191201103454j:plain

 

普通のダート路なら全然マシ、けど地割れのところはかなり神経使って

すでに汗だくになっていた。

f:id:Margatroid:20191201103458j:plain

f:id:Margatroid:20191201121746j:plain

 

極力凹凸の無い側を通って行く。

f:id:Margatroid:20191201103505j:plain

f:id:Margatroid:20191201103510j:plain

 

息を切らしながら眼下に見える甲府市を望む。

f:id:Margatroid:20191201103515j:plain

 

地割れ&凹凸が続く。

f:id:Margatroid:20191201103519j:plain

f:id:Margatroid:20191201103525j:plain

 

ちなみに携帯の電波は割と通っていた。右左口トンネルが近いからだろうか。

f:id:Margatroid:20191201103531j:plain

 

それにしても峠はまだだろうか‥なんて思いながら走っていた。

f:id:Margatroid:20191201103536j:plain

 

ダートに走り慣れていないウチとしてはこういう道が厳しい。

f:id:Margatroid:20191201114741j:plain

f:id:Margatroid:20191201114737j:plain

 

「落石注意」の看板。嫌というほど落石に注意している。

f:id:Margatroid:20191201103546j:plain

f:id:Margatroid:20191201103551j:plain

 

少し走りやすくなってきた。

f:id:Margatroid:20191201103555j:plain

f:id:Margatroid:20191201103600j:plain

f:id:Margatroid:20191201103604j:plain

f:id:Margatroid:20191201104800j:plain

 

「日陰山の枕状溶岩」という自然記念物の看板があった。

f:id:Margatroid:20191201103614j:plain

 

上の丸く斜めになっている部分がそうらしい。

f:id:Margatroid:20191201103619j:plain

 

先へ。

峠はまだ見えない。慎重走行が断続的に続いて結構疲れてしまった (^^;

f:id:Margatroid:20191201103624j:plain

 

そしてようやく右左口峠に到着した。

f:id:Margatroid:20191201103629j:plain

f:id:Margatroid:20191201103635j:plain

 

合併前の旧上九一色村と中道町の境界看板がある。

f:id:Margatroid:20191201103640j:plain

f:id:Margatroid:20191201103646j:plain

 

この道は中道往還と呼ばれている。

f:id:Margatroid:20191201103653j:plain

 

笹子峠と同じく、観測所があった。

f:id:Margatroid:20191201103700j:plain

 

それにしても疲れた~

ヘルメットを脱いで休憩。汗も出たので水分補給も行った。

 

やっと半分だろうか。わからないがここからは下りで、

もしさっきのような道があると危険だなと思った。

それにそろそろ薄暗くなってしまう。

f:id:Margatroid:20191201103705j:plain

f:id:Margatroid:20191201103710j:plain

 

ただそういった懸念とは裏腹に、中道側と比べて上九一色側の方は

基本的に典型的なダート路だったのでかなり楽だった。

f:id:Margatroid:20191201103716j:plain

f:id:Margatroid:20191201103722j:plain

 

一部走りづらい箇所もあったが、中道側に比べれば全然マシな気がした。

f:id:Margatroid:20191201103727j:plain

f:id:Margatroid:20191201103733j:plain

f:id:Margatroid:20191201103737j:plain

f:id:Margatroid:20191201103742j:plain

 

舗装路が現れた時には思わず「HOSOU!」と口に出してしまった。

f:id:Margatroid:20191201103747j:plain

f:id:Margatroid:20191201103753j:plain

f:id:Margatroid:20191201103758j:plain

 

順調に下っていく。

f:id:Margatroid:20191201103803j:plain

f:id:Margatroid:20191201103808j:plain

f:id:Margatroid:20191201104814j:plain

 

現道(R358)が見えた。あともう少しか。

f:id:Margatroid:20191201103812j:plain

f:id:Margatroid:20191201103817j:plain

そしてようやく終わったと思ったら‥‥あれ?

f:id:Margatroid:20191201103823j:plain

 

ゲートが閉まっている‥何故?

規制解除となっているはずなのに‥。

ただ前回来た時に確認していたが、勾配のあるカーブの途中にあるゲートなので、

内側は地面から高さがあるのでホーネットだけならくぐることが可能。

 

無事に脱出した。

f:id:Margatroid:20191201103828j:plain

 

それにしても何でゲートが下りているのだろう?

正直な話、もしここが普通のゲートで脇も通れないとなったら

車体を倒してでも抜けようと思っていた。

下にウェアでもなんでも敷いて‥それがダメなら林道事務所に

電話して訊いてみるとか‥

 

確かめていないが、ひょっとしたらこのゲートは施錠されていないのかもしれない。

そもそも二重の意味で運が良かった。

一つはもしこちら側から向かっていたら通行止め?ってことで

断念していたかもしれないし、

二つ目はゲートの高さがあったのですぐに脱出できたこと。

 

いずれにせよ今からまた中道側の入口まで引き返すなんて

とてもじゃないけど絶対に嫌だったw

かなり暗くなるだろうし‥

 

とにかくこの甲府精進湖線は無事突破です。

 

A(県道113号甲府精進湖線)B(右左口峠)R358

f:id:Margatroid:20191121163356j:plain

 

一時間以上かかった‥

f:id:Margatroid:20191201103832j:plain

 

ちなみにこちら側の方には特に通行止めの看板はなかった。

f:id:Margatroid:20191201103837j:plain

 

R358に入り、快適に走っていく。快適!

f:id:Margatroid:20191201103841j:plain

 

御殿場方面に向かって東名を目指す。

f:id:Margatroid:20191201103847j:plain

 

しばらく走って行き、道の駅朝霧高原があったので一旦そこに寄ることにした。

f:id:Margatroid:20191201103853j:plain

 

トイレに行き、お土産屋によってお土産を買った。

もう閉店間近だったが、牛乳が美味しいらしいので牛乳を買って飲んだ。

はあ~

f:id:Margatroid:20191201104659j:plain

 

そろそろ寒くなってきたので上着を着た。

 

そういえばやけに快適な道路だなとは思っていたが、

途中から自動車専用道路にある緑色の看板や、ICの看板があった。

ここはR139富士宮道路といい、どうやら昔は有料道路で、

現在も自動車専用道路らしい。

 

そしてR469/246/138と乗り継いで東名に乗り、無事に帰還しました。

 

甲府精進湖線(中道往還)は予想以上でした。

中道側はウチにとってはハードルが高かったです。

けどようやく走ることができた点に関しては満足しました。

今回の走行距離は394.2kmでした。

f:id:Margatroid:20191121164500j:plain